新入荷熟読中
雑司ヶ谷在住紙人形師西澤康臣様、ご好評につき新製造「福郎」!!今回も黄色い本を読んでます!蝶ネクタイは前回無かった新機軸です。前回同様哀愁の後姿!当店ショーウィンドウにて読書中、12000円です。あの、本のページがちゃんと1枚1枚になっているんです。f0035084_235289.jpgf0035084_2354166.jpg
f0035084_2355112.jpg

f0035084_2361485.jpg昨日に続き我がいとこアーさんより投降写真いただきました。キヌタのウルトラマン第2段。
「商店街が終わって、しばらく行った所を飛んでいるため、気が付いてもらえないウルトラマンの姿。商店街在住の子が「えっ!?、こんなところに、あったんだ~!」と驚いていました。」
とのこと。そういえば池袋西口の要町通りが「乱歩通り」になったんだそうです。え、こんなところにも乱歩、ってなりますでしょうか。アーさんありがとう!!
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-04-27 23:06 | Comments(0)
ウルトラツツジジョン
f0035084_220510.jpg明治通りに咲いたツツジのピンクはなかなかに鮮烈です。ジョン・レノンベスト盤をかけっぱなして改まってじっくり聴いたのですが「God」にシビれて以降そればっかりです。♪アイドントビリーブinエルビス♪アイドントビリーブinビートルズ!

f0035084_2212670.jpg右は我がいとこアーさんより投稿写真、キヌタのウルトラマン。
「ウルトラマン前で待ち合わせ…してる人いないです。」
とのこと。んーむ? アーさんありがとう!
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-04-26 22:12 | Comments(0)
「ちょっと谷根千」
偶然関連もの入荷ありまして、極々小さなものですが期間限定特集「ちょっと谷根千」作りました。あっ谷根千が谷根チになってる!!ぼかぁばかです。
f0035084_1751817.jpg『文京区の散歩道 その歴史をたずねて』 江幡潤著 S50 第3改訂版 函 三交社 1370円
『新編・谷根千路地事典』 上野・谷根千研究会 H7 初 カ 住まいの図書館出版局 1050円
「日本地図選集 安政三年根岸谷中繪圖」 人文社 940円
『東京遺産 保存から再生・活用へ』 森まゆみ著 H15 初カ帯 岩波新書 380円
『昭和ジュークボックス』 森まゆみ著 H15 初カ帯 旬報社 700円 (在庫2冊) 
『明治東京畸人傳』 森まゆみ著 H8 2刷カ帯 新潮社 700円
『鷗外の坂』 森まゆみ著 H10 4刷カ帯 新潮社 840円
『鷗外の坂』新潮文庫 320円
『プライド・オブ・プレイス』 森まゆみ著 H17 初カ帯 みすず書房 1200円
『不思議の町 根津 ひっそりした都市空間』 森まゆみ著 H9 初カ帯 ちくま文庫 ヌレヨレあり 300円
『江戸東京物語』 全3巻揃 新潮文庫 1150円
『東京人』NO133 H10/10 東京の町並み大研究(谷中6頁) 350円
 『東京人』NO151 H12/3 写真が語る東京 (谷根千ナシ?) 500円
 『東京人』NO159 H12/11 東京23区大事典 350円
『散歩の達人』 H9/9 谷中・根津・千駄木 200円
『散歩の達人』 H13/5 谷中・根津・千駄木 200円

まったくほんの少しで申し訳ありません。しかし周辺事項を含めるといろいろとんでもないことになりそうな特集です。急場しのぎ!!ひとまずご報告でした~。
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-04-26 18:13 | Comments(0)
本築道4 (番外不認可集)
前回の発表よりはや3ヶ月弱、その間、せと梅郎氏(2級)よりの3度の投稿全て不認可とす。今後も新展開期待できずここに万感の期待を込め不認可作品を掲載す。と言いますか、そうか、不認可にして載せれば胸のつかえが降りるぞ!というアサハカな思惑でございます。せと梅郎、一見にして心理的窒息如実なり。今後は現段階にて最高段位ホルダーのむみち(1級)に期待!!

■本築とは本の建築のこと。茶道は茶を点て、華道は花を活け、本築道は本を築く。段位は厳密適当なる審査のもと自分で勝手に授与される。眼目は構造の高さ、本の内容に無し、ただ熱意と気分にある■

0603??
f0035084_2316439.jpgf0035084_23162133.jpg流派を変える趣向おおいによしとするも未だ2級の身を粉にしてその道に精進すべし。浮き足立った先走り。ちなみに本築道史上最重要事件であった流派分割、「縛築革命(ばくちくかくめい)」については追々触れることになるだろう。「個築流」と「縛築流」と今のところは呼ばれ、写真は個築流に専念すべき作者の苦し紛れの縛築流作品。不認可。

0603??
f0035084_2331859.jpgf0035084_23302826.jpg基本形のうちの一つで最も高度とされ、その高度さゆえに長い歴史の中で徐々に禁じ手とされていった「ますらお」作品。現在本築道の本質は競うことに無く、競技会が頻繁に催された本築バブル時代なら通ずるものではあるが、本末転倒。酔いの末の興味本位。酔拳ならぬ酔本築、年季が足りぬ。不認可。

0604??
f0035084_23401449.jpgあちゃーこりゃヒドイ。「変わり積み」という手は地味な本築の世界にあって一閃の光を放つ妙技と成り得るも、この道の第一義は本との心の交流の温度にあり、その交流を全き自然体にて表現することにある。本から聞こえる悲鳴に耳をふさぎたくなるこの変わり積みは本築とは認められず。狙いすぎのアクの強さ、厚化粧、進級を急ぐあまり無垢な気持ちを捨て明日を失う。反省すべし。不認可。

いやはやこの道険しいです。でも、だからこそやりがいがあるのです!!キビチー!!
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-04-25 23:50 | Comments(0)