島    せと
 先日の東京蚤の市で会った名古屋出身の徒然舎タイコーちゃんが、「(重いものを連続して運んで)腰がぶっこける」と言っていて、「ぶっこける」って趣があるなあ、と思った。

 5月29日火曜。時間がとれず手をつけられないでいたジャングルブックスさんの移転後の新店舗で使われる棚についてかんがえる。
 だいたい頭にあった形で設計図を書く。
 夜、ビバホームへ行き材料の下見。
 深夜、再放送していたNHKの海洋自然界紹介番組、ブループラネットをなんとなく観て、すぐに引き込まれて感動する。ドローンなどの機器の影響なのだろう、子供にころに観たネイチャー番組から格段に進化している映像だと思った。カツオノエボシ、とんでもない生物だ、、、。

 5月30日水曜。名画座かんぺ最新号の表紙カット作り。配置。
 昨日下見した材料にあわせて設計図の練り直しと木材の取り方図作成と見積もり。
 夜、ジャングルケンさんに資料を見せ了承を得る。

 名画座かんぺ作成で疲れた店員ノムに業務連絡をするとUSBのことを「ユーエスベー」と言った。ちょっとおしゃれだなと思う。

 5月31日木曜。ジャングルケンさんとビバホームへ木材と備品を買いに行く。下見して売っている木材の規格を調べ、先にその木材から部品をどう切り取るかという図があると話が早い。いつもの作業員さんではなかったので少し心配だったが切断をお願いして店に戻る。

 6月1日金曜。心ここに全然あらずで店番した後、切ってもらった木材を取りに行く。確認するとミリ単位までぴったり正確で感動。ホームセンターの材料を切ってくれるシステム、ほんとに助かります。1切断50円で41切断していただいた。
 店に戻ってさて組み立てに取り掛かろうとしていると、予期せず仙台から古書水の森の水ちゃんが遊びに来てくれていた。
 工作はひとまず保留して水ちゃんを講師として居酒屋バシトンで経営セミナー。記憶に無いが手帳には「乳首はリターンキー 【大事】」とメモが残っている。火星の庭さんにイタ電する、など。

 2日土曜。二日酔いでふんわり浮きながら工作に従事。店番中は小さな穴開けまで。後に外ガレージで専念。狙っていた20時には終わらず22時半に完成。
 ジャングルケンさんに完成の連絡をして缶チューハイで放心。

 傾斜した棚板。
 傾斜した分斜めになる棚板の前面を天板や横板と平行になるようカット。
 コンパクトなキャスター付きラックとして個別にも使え、集えば島になる。
 集ったとき、横板に空けた取っ手の穴を利用して面陳ボードを装着可能。
 面陳ボード装着には棚の順序を選ぶ必要が無い。
 一つで小島、二つで中島、四つで大島。
f0035084_15120570.jpg
f0035084_15121049.jpg
f0035084_15121457.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2018-06-06 18:42 | 工作 | Comments(0)
FOURTEEN    せと
 5月24日木曜。開店して諸事後、中山の値段付け。
 戦前絵葉書を市場へ出品。エンタイヤというジャンルについて勉強したい。
 戻って要町公徳堂へ備品買い出し。土曜からの古書信天翁さんのブースの一角をお借りして出品する東京蚤の市で使いそうな手提げ袋。
 夜、東武練馬にて気晴らしの飲酒。友人たちの名言をメモする。「野球の外野守備はキャパの最後の写真。戦場なのに凪」、「サッカーはリズム、野球はメロディ」、「歴史イメクラ」、など。楽しくて終電を逃し徒歩で帰宅。

 5月25日金曜。午前から調布の東京蚤の市会場、京王閣へ搬入。中央道に入るまでの首都高が大渋滞していてやきもきするも、高速が怖いのでありがたくもある。
 停めるところがわからずふらふらしていたら、久しぶりに会った徒然舎のタイコーちゃんとツレッチがリボンのついた大きな荷物を運転中のぼくに渡してくれた。「祝14周年」。そうだった、、、昨日が往来座の開店記念日だった、、、と驚きながら缶ビール2ダース(神泡体感キット付き)を頂戴する。ビールももちろん、気付かせてくれたことに大感謝。その日に気付いていてくれたのは76億人のなかの徒然舎の2人だけである。14歳ということは中学2年生。なるほどそういう感じあるな、と思う。

 搬入から戻り夜の番をしていると、用事のついでに仙台のうすだ王子が立ち寄ってくれた。今日さ、搬入だったのよ、蚤の市の搬入。はんにゅうゆづる。王子は愛想笑いをしてくれた。

 5月26日土曜。少しだけ店の番をしてから午後、東京蚤の市の番へ。新宿駅で京王線のホームになかなかたどり着けず。
 夜、初日打ち上げでサイゼリアへ。例によって楽しくて飲み過ぎ、マッサージが苦手だというタイコーちゃんをこちょこちょと指圧する。
 深夜、飲み過ぎが続いたせいだろう、腹の中でビッグバンが起きる。

 5月27日日曜。6時起きで東京蚤の市の番へ。高速道路は空いていた。
 やはり腹をやられている友人Pさんも手伝いに来てくれた。搬入ゆづるからずっと快晴で気持ちが良く、お客様もたくさんでよかった。
 帰路の運転のためビールを耐える。甲州街道を走りながら、甲州街道はもう秋なのさ、はどんな歌だったかはっきりとは思い出せなかった。
 
 5月28日月曜。休眠して後、持ち帰った荷物を店に降ろす。
 病院へ父の見舞い。父の作品を販売することについて、いろいろ判明してよかった。アイスの実ぶどう味と桃味。

 束見本。
f0035084_16110044.jpg
f0035084_16110615.jpg



[PR]
# by ouraiza | 2018-06-06 14:42 | Comments(0)
『名画座手帳2018』
f0035084_15182321.jpg
『名画座手帳2018』HP meigazatecho.blogspot.com
完売いたしました。まことにありがとうございます。

[PR]
# by ouraiza | 2018-05-31 13:59
2018/5/29    のむのノミムメモ
twitterより。

5月11日
リツイート
5月12日
古書往来座、宝田明氏サイン入り&「宝田明かんぺ」付き『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』、売り切れました…!
お買い上げくださった皆々様方、誠にありがとうございます❤️
尚、少しだけお時間をいただきますが、再入荷の予定もございます!

銀ゴジが…銀ゴジがテレビに。。

5月15日
『福耳』、泣ける。。オカマの宝田さんもですが、クドカンファン、田中邦衛ファンも必見ですぞ!

5月16日
不味い
f0035084_03123575.jpg
『真赤な恋の物語』と『嵐を呼ぶ楽団』はほんとに同じ梅次だろうか。

今回宝田明映画祭を企画するにあたり、シネマヴェーラ側が、宝田さんの映画祭でこれかけない訳にはいかないでしょ、とわざわざキネマ洋装店ラインナップから譲ってくださった作品が『二人の息子』です。
フィルムの状態は悪いです。でもだからこそ、観られる内に観ておいたほうがいいかも案件。何卒!

5月17日
地震、ちょうど妹(藤山陽子)の通夜に宝田さんが実家に来たとこで、ああこの名作を観ながら死ぬのも悪くないかもな〜、などと……。>二人の息子

自分の葬式の葬儀屋も沢村いき雄と小川安三だったらちょっと嬉しい、、

『世界大戦争』の星由里子は、当時17歳……ありえない!天晴れ!

今週の『週刊ポスト』の「ボイン特集」でこの写真を見ていたので、こないだの『嵐を呼ぶ楽団』では、朝丘雪路のおっぱいばっかりに目が行ってしまった。中田康子とどっちがボインなのかしら(『銀ゴジ』参照)と思いを巡らすも、2人とも粂子には敵うまい、との結論に達する。
f0035084_03104506.jpg
さーて、日付変わって本日、宝田明映画祭@新文芸坐、いよいよ楽日でございます!宝田さんの俳優人生を語る上でハズせない『放浪記』、石原慎太郎が宝田さんに当てて原作を書いた(役名は高田明)『接吻泥棒』の2本を、宝田さんのトークとサイン会と共にお楽しみください!!

日付変わって昨日、本特集でようやっと一万慈鶴恵のクレジットが。
『二人の息子』では、浜美枝のお母さん(?)で礼服(着物)、後ろ向き。『世界大戦争』ではフランキー家の近所のおばさんで割烹着。
ツー万慈鶴恵デー。

5月19日
近年、名画座で特集が組まれることのなかった宝田さんの特集上映を、宝田さんの本の刊行記念という、最高の形で企画できたこと。そして何よりそれを宝田さんがお元気なうちにできたことを本当に嬉しく思います。

今回のラインナップ、何人かの方から「狙ったとしたらすごい」と言われた案件がいくつか。
初日の『美貌の都』『香港の夜』は、母と娘のドラマもテーマのひとつで、奇しくもその日「母の日」だったこと。
『ミンボーの女』を上映した日が伊丹十三の誕生日だったこと。
『二人の息子』『世界大戦争』がどちらも北区のご当地映画で、宝田さんが育ち住んでいるのが北区であること。
編成のお手伝いをさせてもらった者としてはここで一発ドヤ顔を決めたいところですが、これぜ〜んぶ単なる偶然でーす。
みんなそういうの、よく気づくねえ。そして、『世界大戦争』を上映した日の夜中に星由里子さんの訃報。楽日に上映した『接吻泥棒』が奇しくも追悼になったこと。ラピュタ阿佐ヶ谷の『戦国野郎』と併せて、これも悲しい偶然でした。
これら全て、偶然とはいえ、なにか大きな力が働いたんじゃないかみたいな、不思議な気持ちです。

JAZZ喫茶映画館さんから出版祝いの差し入れを頂いたので、これよりビールおばさん化させていただきます。
か〜〜ッ、うンめーーーっ
強力な助っ人(アトロクの古川〈コガワ〉さん)の出現により、先ほど無事全5本、飲み干しましてございます。ごちそうさまでございました。

5月23日
ヴェーラ、女子トイレに、列!!

えんちゃんにのむさんは何を確認しに来たの、と突っ込まれました。>粂子と雪路の共演

5月24日
どうなることかと思ってましたが、みなさんお楽しみいただけたようで嬉しかったなあ。
今度の6/3もどうなることかと思わないでもないですが、きっと楽しいイベントになるのではないかと〜♪
ご予約はどうぞお早めに!!(入門編、鶴恵クラブ共に)
5月25日
『トラベシア』vol.3、キターーーっ!首を長くして待っておりました。早く読みたい、早く早くゥ〜!

「銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生」が都内の図書館に蔵書され始めてて感激。。
小さい頃、図書館ごっこが大好きで、自分の本の後ろ見返しに貸出カードポケットをテープで付けて遊んでた(古本屋で働く今、その頃の自分をシバきたい)。
本当にいろんな図書館の蔵書にお世話になってできた本なので。

5月26日
銀ゴジのAmazonランキングがちょっぴし上がったみたいなんだけど、九州の姉が3冊買ってくれたのが反映されただけかな〜♪

そういや昨晩びっくりガードんとこ歩いてたら、前からチウラさんが歩いて来て、わ!って嬉しくなってじーっとニコニコ(ニヤニヤ)しながら見てたら、あと50センチってとこで別人だと気づき慌てて微笑み(ニヤケ)を引っ込めた。

リツイート
橋本倫史個人刊『月刊ドライブイン』vol.11、古書往来座入荷いたしました!
「海辺」と「川辺」と。岩手「レストハウスうしお」の磯ラーメン、食べたすぎる。。
『月刊ドライブイン』は、腹が減ってるときに読むとツラい思いをします。税込500円。
f0035084_03105213.jpg
\おかえり、アキラ/
大変長らくお待たせいたしました!
宝田明氏直筆識語署名入り・のむみち作「宝田明かんぺ」付き『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』(宝田明 著/のむみち 構成/筑摩書房 刊)、古書往来座再入荷いたしました〜〜!!数に限りがございますので、お早めにどうぞ♥

5月27日
「銀ゴジ」完売いたしました……!!
また再入荷の手配をするつもりですが、入荷時期は未定です。宝田さんのサイン入りを激しくご希望の方は、前もってご予約いただければ取置きいたします!

5月28日
\週刊ポスト本日発売/
今週のチームPCRは、パツキン秋本センセが『男と女、モントーク岬で』よりニーナ・ホス、妄想兄さんの碇本さんが『馬の骨』、週かんのむみちが『遊撃戦』より第9話「十万元の戦い」です(無理矢理いき雄♥)!村西とおる特集やヌードグラビアで田中真理らも。シクヨロよー

f0035084_03161217.jpg
バンザーイ
「銀ゴジ」、わが豊島区立中央図書館に所蔵されましたー!!しかも貸出中。。司書さんたち、巻末の「豊島区立中央図書館」クレジット、気づいてくれたかなあ

[PR]
# by ouraiza | 2018-05-30 02:25 | のむのノミムメモ | Comments(0)