蜂    せと
 22日日曜。正午に極ご近所様へ出張買取。美術全集端本など。UFOキャッチャー景品は遠慮する。
 午後、原宿にて買い物。ホープ軒の大盛りチャーシュー麺で腹がボムしそうになりながら建設中の国立競技場を眺める、など。
 夜、テレビゲーム『ICO』がエンディングを迎える。静かでとてもいいゲームだった。クリア特典で2周目もできるとわかり嬉しい。

 23日月曜。昼、ビバホームで備品調達と下見。
 月末の仙台行きに備え、早めに「名画座かんぺ」の表紙カットをかんがえ始める。
 店で時間を浪費しているうちに夜になり居酒屋バシトン。青汁ハイにレモンを絞ったグリーンレモンハイを定番にしつつあったが、青汁ハイの料金にカットレモンの料金が加算されるという当たり前の事実に気づき、方向転換の協議。ハリルホジッチ監督は継続するべきだし、これで政治家官僚の信頼は地に墜ちた、っていやいや、今まで墜ちていなかった時なんかないじゃんベイベー。

 24日火曜。開店して諸事後、大山の一角である小山を値段つけ。
 仙台の催事に参加させていただくとき、ご常連で紙モノコレクターのNさんに「仙台に関するものなにか、、、」とお願いしておくと膨大なコレクションの中から仙台関連だけを選んで持参してくださり仕入れさせてもらっていたのだが、前回で「もう仙台はない」とのことだった。今回念のため「もうないっすよね、、、?」と尋ねていたら数日後、やっぱりあった、とのことで、絵葉書とリーフレット類、吉田初三郎ではない鳥瞰図を仕入れさせていただく。
 夜、病院へ父の見舞い。アジフライ、いちご。

 25日水曜。大山の切り崩しの続き。
 夕方、表と裏の両面を見せたい柔らかな紙モノの台紙にするA4判くらいの透明な塩ビ板を探して池袋を巡る。手頃な消耗品値段では見つからず、結局いつもどおり、100円ショップのA3判プラスチックカードケースをカッターで切りまくる。
 名画座かんぺの表紙カットを彫って刷る。

 26日木曜。午後、市場の準備をして出品。
 仙台関連紙モノの商品化に没頭。戦前の絵葉書に「芭蕉の辻」が多い。芭蕉の辻とはなになのか、検索するよりも現地で現地の人に尋ねようと思う。

 27日金曜。鳩ほどの大きさのスズメ蜂に追われ、いざ対決、というシーンでぼくの攻撃をかわしたそのグロテスクな蜂が急接近して額に停まり、ミュートされたトランペットみたいな叫び声を上げながら目が覚めた。
 旅行前の”目の前の事象をすべて解決して気がかりを一つも残してはいけない症候群”を必死に抑えつつ、中山の方向付け、値段つけ。
 なぜかご近所の常連さんが持ってくる粗大ゴミ、棚板や突っ張り棒や衣装ケースなどが溜まったので電動丸ノコで斬る。鉄も斬れる刃が便利。

新入荷販売中。昭和10年、満州国皇帝陛下奉迎記念メダル。
f0035084_13061420.jpg
f0035084_13062130.jpg
市電二十五周年プレート(文鎮?)
f0035084_13062840.jpg
f0035084_13063419.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2018-05-05 00:12 | Comments(0)
2018/4/27    のむのノミムメモ
twitterより。

『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』
<著:宝田明 構成:のむみち 刊:筑摩書房 2000円+税>
5月9日水曜発売!!!
f0035084_01002960.jpg
4月17日
\週刊ポスト発売中/
この限られた文字数(240字)の中に、作品情報(『七つの弾丸』)、新刊情報(『村山新治 上野発、五時三五分』)、他館情報(「大映男優祭」、「白黒映画」@新文芸坐)、全部盛り込んであります!
f0035084_01003529.jpg

見納めなう。
f0035084_01004358.jpg

芦田伸介がっごええ。。
イナちゃんの猫ーーー❤
イナちゃんの指ペロペロしとったね。

\開催決定です/
5/13日『美貌の都』『香港の夜』
5/14月『緯度0大作戦』『ゴジラ』
5/15火『福耳』『ミンボーの女』
5/16水『大当り三色娘』『嵐を呼ぶ楽団』
5/17木『二人の息子』『世界大戦争』
5/18金『接吻泥棒』『放浪記』
※トークショー企画中のため、上映時間未定

本っ当に偶然だったのですが、シネマヴェーラ渋谷のキネマ洋装店特集と、ただの1日も重ならなかった奇跡を神さまに感謝したいです!

リツイート
4月18日
リツイート
今夜はチーム・ミチヨでおつかれさまの会。
(昨日が責了だったのでしタ!>『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』)
さあ、あとは見本が上がるのを待つのみ!!

4月20日
今年もこの季節がやってきた。
f0035084_01005010.jpg

4月21日
カピバラヤバイ

ノラオンナ52ミーティング@吉祥寺スターパインズカフェ
究極贅沢なノラオンナさんのウクレレ弾き語りオンリーライブ。過去ナンバーの朗読と弾き語りが1部で、11月発売のニューアルバム「めばえ」全篇お披露目が2部。開演前、休憩中、終演後に小西さんのDJ。それをお酒飲みながら。嗚呼、至福。。
「愛して」るし「好き」だし「口づけ」するし「抱かれ」るし、オンナ全開の前半に対して、後半の「めばえ」には「まち(町?街?)」というキーワードが入ってくるのが、今のノラオンナさんぽいなあ、と、ニワカノラオンナファンながらに感じたことでした。11月のアルバムリリースがすごーく楽しみ❤️

4月22日
かんぺ期、inしました。
最初のマス(新文芸坐5/1)で早くもつまづいております……

4月23日
\週刊ポスト本日発売/
今週のチームPCRは、パツキン秋本センセが『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビー、妄想碇本(イカリモト)さんが『ラプラスの魔女』、週かんのむが『座頭市血笑旅』でしたー。
週刊ポストにエロが戻って来た!と喜びを隠せない代表です。

4月25日
告知が出てしまった…(↓2:58:30頃)

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」

5/1(火)20時台のコーナーで「名画座かんぺ」の話や「銀ゴジ本」のプロモーションなどさせていただきます!胃が痛い!!
4月26日
\銀ゴジ、見本出来!!/

驚きです。本当に、ちゃんと本になっています…!(「なってなきゃ困るよ…」by担当編集者)
『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』(宝田明/構成:のむみち/筑摩書房刊)
発売は5/9(水)!(地域により多少前後アリ)
2000円+税です!
きゃー
f0035084_01005620.jpg

中村文昭さん主宰「詩と評論と文芸作品の詩誌」フリーペーパー(といってもA4版56ページのどっしりしたやつ)の『えこし通信 23号』、届いております!
数に限りがございますので、お早目に。
吉行和子のインタビューあり!
f0035084_01010381.jpg

かんぺと蝶子と鶴恵。
山野楽器さんは、いつも「名画座かんぺ」を追加コピーしてくださり、トータルで毎月7〜80部配布してくださっています。
こんなお店、しかも楽器店って、世界中探してもないです。足向けて寝られません!
町井さん、感謝〜〜。。






[PR]
# by ouraiza | 2018-04-28 01:02 | のむのノミムメモ | Comments(0)
deck    せと
 ビックリガード横に建設中の西武鉄道本社ビルの上棟式があったとのこと。https://news.mynavi.jp/article/20180409-613925/。明治通りを南下したところの谷から眺めた北の空が変わった。風の通り道も変わるのだろう。

 火曜日。開店して諸事して呆然。
 やる気が金縛りに遭って極小山を値段付けのみ。
 うちのビル・ゲイツ、店番タイタイが、使っていないクロームブックというノートパソコンをくれた。作図などの重い作業はできないようだが、本体が軽く通信も軽快。ほこりとダンボールとヒモの切れ端と消しゴムカスにまみれた帳場から脱出し、スターバックスでキャラメルマキアートしながらこれをぱっと開いて日給2万円貰いたい。
 病院へ父の見舞い。リクエストされていた松前漬けを準備できずコンビニでサラミソーセージとチーズのおつまみセット。

 水曜日。開店して諸事。深夜にネット徘徊して野球動画を観ることが習慣化していて寝不足のため早く帰宅して昏倒。

 木曜日。夕方、練馬区へ出張買取り。車の窓を開け放って風を通していても暑い。光が丘公園の並木の緑が盛ん。山手樹一郎など。
 店に戻って中山ふたつを方向付け。
 この一週間程、あるお客様が平均一日一箱ぐらい買取り品を郵送してくださっていて、早く商品化したい山が番台上でどんどん育っているのをただ眺める。

 世に現われるのが早すぎた蚊に刺され、まだ逃げ慣れない優雅な二匹を空中で掴んで捕まえた。

 金曜日。BSアンテナが無く、エンゼルス大谷選手が観たくてネット世界を右往左往。結局ライブ映像は見つからなかったが、mlb.comの一球速報を楽しむ。日本のそれより更新が早い気がする。ダゾーンに加入したり有料アプリを入れたりすればいいのだが、英語の野球用語に戸惑いながらの一球速報も面白い。デッドボールはhit by pitch。on deckはネクストバッターズサークルで待っている次打者。など。三振はknock outだと思っていたがstrike outだった。
 開店して諸事後、ミャンマー語の本を案配。粘着の強い海外のラベラーシールにてこずる。
 病院へ父の見舞い。リクエストのあったちりめん山椒ふりかけを店番ノムに出勤途中で入手してもらい、16時半という早い夕飯時間に間に合わせるため急いだが、熱があるため食事制限中とのことで差し入れ果たせず。
 店で作業しながら閉店前から缶チューハイを飲み、閉店後にまた集いで飲んで酩酊。夜の店番はすでに一軒目と認識し、二軒目は重々気をつけねばならないと自戒。

 土曜日。午後、雑司が谷内で移転なさるジャングルブックスさんのまだスケルトンな新店舗内部を拝見する。構成や配置を勝手に想定し、空間の先行イメージと実際の結果にいかなる相違が出るのか怖がる。おもしろい。
 夕方から番。
 和本のフォントを使って文言を作りたく、著作権の無さそうな明治刊の和本の文字を拾ってスキャン。どうしても見つからない文字は部首だけ切り取って組み合わす。
 極小山を配架。
 
 内容不詳、ミャンマー語の本、各200円にて販売中です。
f0035084_14523120.jpg
f0035084_14523677.jpg


[PR]
# by ouraiza | 2018-04-20 14:52 | Comments(0)
paint it red    せと
 先週、前店舗時代からのお客様で友人タケちゃんをポケットビリヤードに誘い西池袋ロサ会館へ。何日でも寝ずにプレイしていたい。池袋西口繁華街の変化を眺めつつの道中、夕方でもまだ陽が落ち切っておらず、マクドナルドの香りと街の嬌声の隙間に春を感じる。同級生が勤めていて何度か贈答用テンガを購入したアダルトメディア屋さんも無くなっていて淋しい。

 7日土曜。開店して諸事の後、白い医療用ガラス戸棚を「激落ちくん」を駆使して磨く。途中で激落ちくんが消耗してなくなりツルハドラッグに買いに行くと激落ちくんは品切れで、「激落ちくんファミリー」シリーズの「激ママ」だけが売っていて、とてもよく汚れが落ちた。

 8日日曜。昼から宅買いを2件。1件目と2件目のお宅の距離が450メートルという近さで驚く。密教関連洋書、LP、CD、ブツ。精神世界、マインドコントロール、インディアン、少女マンガ。
 店の設備としていただいた木製脚立が底が幅広い極端なA型で、置く場所に困窮。
 「うぬぼれ刑事」鑑賞終わる。クドカン演出にははまれるときとはまれないときがあるなあ、と思う。

 9日月曜。休眠して留守宅の猫番少々。大山二つを車から降ろす。
 夜、居酒屋バシトンで経営セミナー。靴下留めのガーターは「garter」、ボーリングのガターは「gutter」で別のモノ。など。
 そういえば、野球の三振のことを「K」と表わすのはなぜか、という問題。ぼくは「KNOCK OUT」のKだと思っていたが、諸説あって未確定だと検索でしった。
 裸の木の尖ったシルエットが夕闇に映えていた雑司ヶ谷霊園が急に緑でいっぱいになっている。

 10日火曜。大山二つを進めなければと焦りつつも手が着かず、数個の小山を方向付け、値段付け。
 市場に預かり品を出品。
 父の見舞い。フライパンで焼いた粗挽きソーセージ。
 文化放送ライオンズナイターをカーラジオで聴きながらの帰り道、待っていた森友哉選手の打席でちょうど車はガード下に入り赤信号で停まる。カーラジオは電波が届かず聴き取れない雑音を流す。信号が変わりアクセルを踏みガード下を抜け出すと打席には森選手の次打者中村選手が立っている。注意深く聴き耳を立てていると、アウトカウントが一つ増えていることをアナウンサーが伝えてくれた。

 11日水曜。強風の中開店直後から店の外を使ったネット配信ドラマの撮影があった。とてもスピーディに撮影作業が終わってしまい、松本穂香さんにサイン色紙をおねだりしそびれてしまった。
 吹き荒れる強風で外に置いていた木製ブックスタンドがからからと動いて敷石から地面に落ちて壊れる。倒れぬように縛るヒモを店内へ取りに行くほんの数秒目を離した間だった。一瞬でも油断したことが悔しくてすぐに修理し始める。割れた天板を交換。どうせなら進歩を、と赤く塗る。できれば店の全部を赤くしたいのだが。
 大山二つの整理は延期。

 12日木曜。開店して諸事後、懸念の大山二つのうちの一つを方向付け。

 13日金曜。大山のもう一つを方向付け、夜になっても終わらず、父の見舞いをサボる。市場行き荷物を車に積み込む。

 14日土曜。夕方市場に出品後、新宿花園神社で公演中の水族館劇場「望郷オルフェ」を観劇。幻想世界構築へのエナジー。雨音が聞こえたのだが、外で生暖かく降ったり止んだりしている雨がテントにあたる音なのか、演出の雨音なのかわからなかった。

 15日日曜。午後から長年のお客様宅にて買取りの下見というか相談というか歓談。
 深夜、プレステⅡのゲーム「ICO」をやり始める。なるほど、ホラー音響少なめのパズルアドベンチャー。プレッシャーのかかる時間と体力のゲージがなくゆったり静か。

 16日月曜。休眠の後、店で中山を方向付け、一部値段付け。
 夜、居酒屋升三にて友人たちとトマトハイなど。店で作業中の段階から缶チューハイを飲んでいたので酩酊、放言。死ぬほどアルコールの濃いトマトハイ、と注文後、店員さんがそれを出してくれながら、かろうじて赤く見えるのは色付けのためだけに少し入れたトマトジュースの色、と伝えてくれた。
f0035084_16194349.jpg
f0035084_16195671.jpg



  



[PR]
# by ouraiza | 2018-04-16 19:34 | 工作 | Comments(2)