港    せと
 4月28日土曜。早朝の新幹線に乗るため5時に起床。料理番組で土井さんという方が白身魚のオムレツとマッシュルームの味噌汁を作っていて、なんと美味そうな、と目を覚ます。
 店に寄って荷物などを準備し駅に向かう道中、普段履きのクロックスから一張羅の靴に履き替えるのを忘れていることに気付いたが店に戻っている時間はなく諦める。去年仙台に行ったときと全く同じミス。夜勤明けの宮本くんと大宮駅で合流。
 ブックオフで買ったレイバンでキメて久しぶりの仙台でびしっといこうと、サングラスをかけることに挑戦していたが、なんだかかっこつけてる心性が自分で耐えられなくなってきて途中で放擲。慣れるのは難しそうだ。

 行ったことのなかった、いや、去年コボスタジアムには行った、仙台の東側の、若林区新寺という地域で開催されている「新寺こみち市」に出店なさっているブックカフェ火星の庭さんのお手伝い。火星の庭さんが参加なさっているBook! Book! Sendaiというイベントが10周年を迎え、今年は毎月開催されている「新寺こみち市」の一角で祝賀的に開催されるという趣旨。
 東側というのが新鮮でもっといろいろ歩いてみたいと思う。持っていった仙台周辺関連紙モノでは塩釜が人気だった。郷土史に興味をお持ちのお客様たちが戦前の絵葉書やパンフを手にいろいろ熱心に教えてくださる。塩釜の埋め立てのこと。仙台駅前にあった仙台ホテルや芭蕉の辻のこと。春の陽がさす気持ちのよい午後に、とても愉しい時間だった。水を買いに自動販売機を目指してふと会場から抜けると、道端に見たこともない大輪のタンポポが咲いていた。

 29日日曜。昼、昨晩の打ち上げで飲み過ぎはしゃいだことによる内向的呪詛が漏れ出ぬよう奥歯を抑えながら(「死にたい」発言1回100円という賭けをムトさんとする)、仙台駅横の展望テラスから仙台の西と東を見る。太白山の突出感すげぇと思いながら二日酔いが気持ち悪くテラスの端のベンチで寝る。

 仙台で運営されている伊達バイクというレンタサイクルシステムで移動をしようとその集積所に行ってみたが、登録にはスマホでなんらかの操作が必要なようで、バッテリーが10分も保たないスマホでは無理だと諦める。
 火星の庭さんにてセイロンカレーとバナココシェイクで癒されてから、元往来座店員のうすだ王子を訪ねて遊ぶ。すぐ近くを何度も通過していたのに知らなかった「花京院(かきょういん)」という地域を歩くことができた。
 前日からずっと付き合ってくれている仙台の新派美術系ネット(実は店あり)古書店、古書水の森さんの、歪んだ自意識の軋みから滲み出た眩惑のバイブスに撃たれ続ける。その水ちゃんからDJ機材、ミキサーの「ウーレイ」について教えてもらう。さっぱりわからなかったけど欲しい。

 うすだ王子の風通しのいい空間の作り方や、打ち上げで聞いたアブクマさんのご商売のお話、水の森さんの偏執的写真集の店、火星の庭さんの破顔と懊悩などに触れ、古本屋ってもっと広々とした感覚で自由にやっていいんだな、と勇気をもらう。
 夜、ぶ厚い焼肉は焼け具合が視えない、と知る。

 30日月曜。仙台で必ず食事する立喰い寿司店のシャリが若干小さく細くなっているように思う、と言うと、「羽生結弦クンが細いからだろ、シャリのユヅ化じゃん」と同行していたムトさんが興味なさげに言った。確かに仙台では羽生さんの祝賀パレードがちょうど一週間前にあったばかりだ。

 とりあえず仙台港の端から海を眺めることを目指して仙石線に乗り、中野栄駅から散歩。なんとなく潮を含んだ空気を感じながら、3年前に仙台から塩釜まで約6時間かけて歩いた宮本くんに見覚えの有無などを尋ねる。三井アウトレットモールを通過して観覧車に乗り、仙台港中央公園の山頂で休む。観覧車からの眺めでうすうす気付き始めていたが、仙台港は「港」ということばから脳天気な観光者が安易に連想していたいわゆる「漁港」ではなかった。「港の種類」によると日本に18箇所ある「国際拠点港湾」の一つで、大企業の倉庫なのか運輸の拠点なのか、広い敷地がそれぞれ鉄柵で仕切られ、その横を大きなトラックが走っている。カモメの声をコーラスに、海原に遠い目を向けシッティンオンザドックオブザベイ、という環境ではなかったが、一箇所作業中のタンカーの横で釣り人たちがヒップホップを聴きながら釣りをしているスポットを見つけそこに佇み、海気分をかなり片付けることができた。
 祝日だからかたくさんの釣り人で賑わっていた公園の釣りスポットでふと尋ねると、釣れるのはアイナメ、イワシ、シャコ、他失念。釣果が確実にありそうな手応えのある雰囲気が漂っていた。おばあちゃんが恐る恐る竿を上げ、糸の先にぶらさがる小さなイワシをおじいちゃんがひやかし、お孫さんが竿を上げるおばあちゃんを手伝う。

 目的の一つだった、路上のカケラ拾い、も成果があった。赤錆のボルト、ナット、ワッシャー、クギなど。歩道の植樹帯にネコジャラシが群生しているが、ベルベットような手触りの、密で重量感のある、初めて見る種類のネコジャラシだった。ネコジャラシではないのかもしれない。後に調べたのだがわからない。
 散歩道と言うよりはトラックの行き交う車道だが、時間切れで行けなかった港の東端にいつか行ってみたい。
 帰りの仙石線車内でスマホを立ち上げ、仙台港周辺のの7年前の被災状況を検索し言葉をなくす。さっき缶チューハイ片手にふらふらしたばかりの、午後の光を浴び子供たちがバーゲン台の周りを走り、カップルや家族連れで賑わうアウトレットモール。

 夕方から火星の庭前野さんと古書水の森の水ちゃんたちと仙台駅近くで再び乾杯。前野さんが水ちゃんが着ていた自称GUCCIの白いパーカーに黒ビールをぶちまけ、トイレの水道で洗う。タバコを吸いに外の喫煙所へ行こうと席を立ったとき、水ちゃんの白いシャツにもビールの黒い染みが浸透しているのが見えたが黙っていることにする。駅前まで見送ってくれたユヅ化している前野さんとびしょ濡れのパーカーを着た水ちゃんとハグ。2時間半後には蒸し暑い池袋にいた。
f0035084_17453470.jpg
f0035084_17415326.jpg



 
 
 
 
 

[PR]
# by ouraiza | 2018-05-12 03:23 | Comments(0)
2018/5/10    のむのノミムメモ



twitterより。

5月9日
『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』(宝田明 著/のむみち 構成/筑摩書房 刊)
古書往来座、スペシャル売り場が完成いたしました〜〜〜ッ!
宝田明氏による識語署名入り、古書往来座限定付録「宝田明かんぺ」付き!
税込2160円です
f0035084_02284955.jpg
4月28日
「銀ゴジ」先行販売、売り場完成しました〜!@北とぴあ「伊福部昭百年紀vol.6」
宝田さんのサイン入り、限定50部です!!!

完売いたしました!!!

【伊福部昭百年紀vol.6@北とぴあ】
惚れました、オーケストラ・トリプティーク。特にティンパニとピアノの方々と指揮者の水戸博之さん!
宝田さんのタクトも大変サマになっておりました
吹奏楽でやってたトロンボーン、やめなきゃよかった、と初めて思った昼下がり。伊福部昭、バンザイ

宝田明映画祭チラシ、今日のイベントでも挟み込みがされていましたが、古書往来座でも配布開始いたしました!
宝田さんのこの二枚目っぷり。。(ため息)
尚、解説はおなじみ若井信二さんですが、執筆の際に該当作品の「銀ゴジ」のゲラをお渡ししており、大変に熱の入った解説を書いてくださいました!
f0035084_02291118.jpg
4月29日
自撮りが地鶏にしか聞こえない宮崎県人です。。

本日のかんぺ作業を終え、今しがた帰宅したら、『ジャックと豆の木』第5号が届いてたー。リニューアルされて、非常〜にわたしがヨワい感じのデザインになってて感動……!(デザイナーは桜井雄一郎さん)
あ、そういえばわたしベストテンに参加したんでした(誌面デザインに見惚れてて忘れてた笑)。
f0035084_02290379.jpg
そもそも紙媒体が「ひと回り小さくなる現象」に弱い。

4月30日
【名画座かんぺ「銀ゴジ」号】
完成いたしました〜〜〜〜!!
f0035084_02322211.jpg
5月1日
アトロク「名画座特集」、お聴きくだすったみなさま、ありがとうございました!!
づ が れ だ ー

5月2日
昨夜のアトロク、写真音声、諸々UPされたようです。聞き逃した方いらっしゃいましたら
(宇垣アナの目、わたしの3倍くらいある……きゃわ〜)
5月3日
みなみなさまがた、何卒何卒、よろしくおたの申し上げます……!
太田(和彦)さんより「銀ゴジ」むさぼるように読了のメール届き、泣きそう。。
ちなみに実家の父親からも電話がありました。「字が小さい」とのことです。。

5月4日
【名画座かんぺ5月号・誤字ッター】
すみません、やってしまいました、、
深く考えず目の前の文字を書き写した結果、、、
「今月その他の上映会など」の労働鑑賞映画会の上映作品名、鎌田→蒲田、でした。

リツイート
遠くの親より近所のゼロリーマン
5月6日
そういえば。
先日「尾崎世界観」が表紙の本を手に取ったお客さん(年配の女性)に話しかけられて、なんか話が噛み合わないなあ、そもそも尾崎世界観って年配の方にも知られてるんだスゴイなあ、と思ってたら、そのお客さんは「尾崎(豊の)世界観」についての本だと思って話してたみたい。

5月7日
実は、先週の火曜日は、こちらの収録もあったのでした!
明日正午、オンエアです〜〜📻(ラジコでも聴けます)
こちらの収録の方が先だったので、収録とはいえ、宇多丸さんのときより緊張してるかな、、ひー。。
https://twitter.com/radionikkei_jp/status/993416005429809152

リアルアナウンサーの喋りを間近で見たのはこの時がおそらく初めてで、その発声(呼吸とか)にちょっと感動。中野アナ、カッコ良かった!

5月8日
『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』、Amazon「在庫あり」になりました!
みなさまよろしくよー!
「閲覧に基づくおすすめ商品」で、小西康陽さん責任編集の『いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。』が一緒に並んでるのがとても、とても嬉しい。

5月9日
「宝田明かんぺ」はオモテが「宝田明と◯◯」シリーズ、ウラが「出演監督リスト」「共演女優リスト」「共演男優リスト」となっております。
お楽しみに
f0035084_02323228.jpg
あ。。ありがとうございますっ
坂口さん、ありがとうございます!
こんな風に書いていただき、感激。。

リツイート


[PR]
# by ouraiza | 2018-05-11 01:37 | のむのノミムメモ | Comments(0)
蜂    せと
 22日日曜。正午に極ご近所様へ出張買取。美術全集端本など。UFOキャッチャー景品は遠慮する。
 午後、原宿にて買い物。ホープ軒の大盛りチャーシュー麺で腹がボムしそうになりながら建設中の国立競技場を眺める、など。
 夜、テレビゲーム『ICO』がエンディングを迎える。静かでとてもいいゲームだった。クリア特典で2周目もできるとわかり嬉しい。

 23日月曜。昼、ビバホームで備品調達と下見。
 月末の仙台行きに備え、早めに「名画座かんぺ」の表紙カットをかんがえ始める。
 店で時間を浪費しているうちに夜になり居酒屋バシトン。青汁ハイにレモンを絞ったグリーンレモンハイを定番にしつつあったが、青汁ハイの料金にカットレモンの料金が加算されるという当たり前の事実に気づき、方向転換の協議。ハリルホジッチ監督は継続するべきだし、これで政治家官僚の信頼は地に墜ちた、っていやいや、今まで墜ちていなかった時なんかないじゃんベイベー。

 24日火曜。開店して諸事後、大山の一角である小山を値段つけ。
 仙台の催事に参加させていただくとき、ご常連で紙モノコレクターのNさんに「仙台に関するものなにか、、、」とお願いしておくと膨大なコレクションの中から仙台関連だけを選んで持参してくださり仕入れさせてもらっていたのだが、前回で「もう仙台はない」とのことだった。今回念のため「もうないっすよね、、、?」と尋ねていたら数日後、やっぱりあった、とのことで、絵葉書とリーフレット類、吉田初三郎ではない鳥瞰図を仕入れさせていただく。
 夜、病院へ父の見舞い。アジフライ、いちご。

 25日水曜。大山の切り崩しの続き。
 夕方、表と裏の両面を見せたい柔らかな紙モノの台紙にするA4判くらいの透明な塩ビ板を探して池袋を巡る。手頃な消耗品値段では見つからず、結局いつもどおり、100円ショップのA3判プラスチックカードケースをカッターで切りまくる。
 名画座かんぺの表紙カットを彫って刷る。

 26日木曜。午後、市場の準備をして出品。
 仙台関連紙モノの商品化に没頭。戦前の絵葉書に「芭蕉の辻」が多い。芭蕉の辻とはなになのか、検索するよりも現地で現地の人に尋ねようと思う。

 27日金曜。鳩ほどの大きさのスズメ蜂に追われ、いざ対決、というシーンでぼくの攻撃をかわしたそのグロテスクな蜂が急接近して額に停まり、ミュートされたトランペットみたいな叫び声を上げながら目が覚めた。
 旅行前の”目の前の事象をすべて解決して気がかりを一つも残してはいけない症候群”を必死に抑えつつ、中山の方向付け、値段つけ。
 なぜかご近所の常連さんが持ってくる粗大ゴミ、棚板や突っ張り棒や衣装ケースなどが溜まったので電動丸ノコで斬る。鉄も斬れる刃が便利。

新入荷販売中。昭和10年、満州国皇帝陛下奉迎記念メダル。
f0035084_13061420.jpg
f0035084_13062130.jpg
市電二十五周年プレート(文鎮?)
f0035084_13062840.jpg
f0035084_13063419.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2018-05-05 00:12 | Comments(0)
2018/4/27    のむのノミムメモ
twitterより。

『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』
<著:宝田明 構成:のむみち 刊:筑摩書房 2000円+税>
5月9日水曜発売!!!
f0035084_01002960.jpg
4月17日
\週刊ポスト発売中/
この限られた文字数(240字)の中に、作品情報(『七つの弾丸』)、新刊情報(『村山新治 上野発、五時三五分』)、他館情報(「大映男優祭」、「白黒映画」@新文芸坐)、全部盛り込んであります!
f0035084_01003529.jpg

見納めなう。
f0035084_01004358.jpg

芦田伸介がっごええ。。
イナちゃんの猫ーーー❤
イナちゃんの指ペロペロしとったね。

\開催決定です/
5/13日『美貌の都』『香港の夜』
5/14月『緯度0大作戦』『ゴジラ』
5/15火『福耳』『ミンボーの女』
5/16水『大当り三色娘』『嵐を呼ぶ楽団』
5/17木『二人の息子』『世界大戦争』
5/18金『接吻泥棒』『放浪記』
※トークショー企画中のため、上映時間未定

本っ当に偶然だったのですが、シネマヴェーラ渋谷のキネマ洋装店特集と、ただの1日も重ならなかった奇跡を神さまに感謝したいです!

リツイート
4月18日
リツイート
今夜はチーム・ミチヨでおつかれさまの会。
(昨日が責了だったのでしタ!>『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』)
さあ、あとは見本が上がるのを待つのみ!!

4月20日
今年もこの季節がやってきた。
f0035084_01005010.jpg

4月21日
カピバラヤバイ

ノラオンナ52ミーティング@吉祥寺スターパインズカフェ
究極贅沢なノラオンナさんのウクレレ弾き語りオンリーライブ。過去ナンバーの朗読と弾き語りが1部で、11月発売のニューアルバム「めばえ」全篇お披露目が2部。開演前、休憩中、終演後に小西さんのDJ。それをお酒飲みながら。嗚呼、至福。。
「愛して」るし「好き」だし「口づけ」するし「抱かれ」るし、オンナ全開の前半に対して、後半の「めばえ」には「まち(町?街?)」というキーワードが入ってくるのが、今のノラオンナさんぽいなあ、と、ニワカノラオンナファンながらに感じたことでした。11月のアルバムリリースがすごーく楽しみ❤️

4月22日
かんぺ期、inしました。
最初のマス(新文芸坐5/1)で早くもつまづいております……

4月23日
\週刊ポスト本日発売/
今週のチームPCRは、パツキン秋本センセが『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビー、妄想碇本(イカリモト)さんが『ラプラスの魔女』、週かんのむが『座頭市血笑旅』でしたー。
週刊ポストにエロが戻って来た!と喜びを隠せない代表です。

4月25日
告知が出てしまった…(↓2:58:30頃)

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」

5/1(火)20時台のコーナーで「名画座かんぺ」の話や「銀ゴジ本」のプロモーションなどさせていただきます!胃が痛い!!
4月26日
\銀ゴジ、見本出来!!/

驚きです。本当に、ちゃんと本になっています…!(「なってなきゃ困るよ…」by担当編集者)
『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』(宝田明/構成:のむみち/筑摩書房刊)
発売は5/9(水)!(地域により多少前後アリ)
2000円+税です!
きゃー
f0035084_01005620.jpg

中村文昭さん主宰「詩と評論と文芸作品の詩誌」フリーペーパー(といってもA4版56ページのどっしりしたやつ)の『えこし通信 23号』、届いております!
数に限りがございますので、お早目に。
吉行和子のインタビューあり!
f0035084_01010381.jpg

かんぺと蝶子と鶴恵。
山野楽器さんは、いつも「名画座かんぺ」を追加コピーしてくださり、トータルで毎月7〜80部配布してくださっています。
こんなお店、しかも楽器店って、世界中探してもないです。足向けて寝られません!
町井さん、感謝〜〜。。






[PR]
# by ouraiza | 2018-04-28 01:02 | のむのノミムメモ | Comments(0)