人気ブログランキング |
<   2020年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
優しいランドセル    せと
9月14日月曜日。
 定休日。隣区のデザイン会社さんへ出張買い取り。社内の可動式本棚の片付けで、”オフィス”というものに縁遠く憧れがあるので楽しい。選ばしていただくタイプの買い取りで、本の列を見ていると後ろからキーボードを叩くパシャパシャが聞こえてきて素敵。しかし今回もラベル(管理シール)あり。同じ風は続けて吹く。
 オリコン4つを店におろして先週準備をした市場出品物を載せる。
 大きめの仕入れが続き奥の棚の4分の1が埋まってしまった。

 夜、東京に久しぶりに仕入れに来ていた岐阜・徒然舎のつれっちとタイコーちゃんとお久しぶり宴を雲吉さんにて。ああほんと、いつも話をしたいことの前章までで夜が更ける。タイコーちゃんのNURO光は調子がいいようだ。タイコーちゃんの親知らずの酷い話、「ロキ断」(ロキソニン遮断)、アマプラの「ザ・ボーイズ」、「ハムスターの手術」、「キャンプ」など。徒然舎カーの荷台にちらっと乗せてもらったが、本よりもキャンプ用品が多く乗っていて可笑しい。

 深夜、明日が締め切りの古書月報作文を書き始める。

9月15日火曜日。
 昨日徒然舎さんたちがおみやげにくれた子持ち鮎の甘露煮をおかずに昼食。とても美味しい。骨がサクサク。
 
 古書月報原稿間に合わず遅れる件をメール。欠勤することにして午後中作文に集中。ミステリー調なのだが現象とその説明だけに追われ描写の希薄な総じてうわすべりしている創作となる。

 夜、プレステ2の鬼武者3をクリア。操作性、爽快感、中年でも頑張ればなんとか進行できて攻略サイトを覗く必要がない程よい難易度、とても良かった。時空の行き来、時空間でのアイテム転送、面白かった。

9月16日水曜日。
 午後から店にて作文の続き。うわすべりの対策を思いつかないまま完了。
 先週末からの入荷で奥をふさいでいる山脈を仕分けねばならないのにまったくやる気が起きず、ボーっとする。

 夜、東池袋サン浜名さんにて懐かしき方々と会合。サン浜名さんは1階(和洋居酒屋)と2階(中華居酒屋)があり、ネット検索では2階の電話番号が表示される。1階は店主さんの携帯のみ。ぼくはそれを知らず確認も怠り、1階にお伺いする予定が2階を予約してしまっていた。2階の店主さんに謝罪。「んなもんどっちでもいいよ〜」と笑ってくださった。会合にてやはりベーコンエッグ。大前提が決定。
優しいランドセル    せと_f0035084_16412980.jpeg

9月17日木曜日。
 午後早く、ご婦人が、捨てるにはもったいなさ過ぎて、、、と外箱も残っているランドセルを買い取りにお持ち下さった。一見新品に見えたので、由来をお尋ねして驚いた。このピカピカのランドセルは息子さんが普通に6年間使ったもの、なのだそう。「とっても優しい子で、全てのものを丁寧に扱って、放り投げるなんて絶対しないんです、、、」。記憶にある、無理につぶされたりサンドバック代わりにされた1980年代のランドセルたちを想う。

 店奥山脈の仕分けになかなか手が着かなかったが、意を決して店横のガレージに一部を運び出す。気になっていた御蔵書だったので、楽しみながらじっくり見る。教養への太い熱やしんとした読書の時間が伝わってくる。オリコン12個分完了。

 編集作業の大詰めを迎えている『名画座手帳2021』の編集会議がここ数日短時間ずつ閉店後にある。ここで楽しくなってぼくは缶チューハイを飲み過ぎる。

 深夜、傷だらけの天使第11話。オサムとアキラが文字通り「くんずほぐれつ」している。これはくんずほぐれつドラマだと思う。

9月18日金曜日。
 山脈仕分けの続きを計画していたが、外は凄い風。強風での屋外仕分けは辛い。悩んだが、ブックスタンドを通路をふさぐ配置にし、店内奥を封鎖して作業に集中。書き込みや挟みものチェック、天に積もったほこり払いも同時にやるのでやや時間がかかる。A5判約60本終了。

 めずらしいことりさんがジーンズと上着を納品くださる。

 『名画座手帳2021』軽会議。朝さんが「最近どうもそういう年齢なんでしょうか、蚊に刺されてもぜんぜん痒くないんです。」などと仰るのでまた缶チューハイを飲む。公園のベンチに座っていたら蚊がバッとたくさん脚に寄港していたということはつまり蚊に興味を無くされているわけではないのだが、痒くない、とのことだった。缶チューハイをおかわりする。

9月19日土曜日。
 せっかくの連休なのに店内奥を封鎖したまま。雨が降ってお客様が少ないことを願うが晴れ。

 午後から実家にて軽作業と同級生税理士Yと打ち合わせ。安心する。帰路立ち寄ったラーメン大番で、Yがしゃっくりを続けていたのに急に「止まった」と宣言。以降本当に無しゃっくりだったので驚く。感知できるものなのか。

9月20日日曜日。
 涼しくてクーラーのスイッチを押さず。弱雨予報だったので、角だけ出したカタツムリシフトで開店。

 午後店番をノムと交代後、エンジンのかかりの悪い胸のギアにアイスコーヒーオイルを流し込んで店内奥山脈仕分けの最終段階。連休中なのに奥を閉じているのが悲しい。ノムに痛みとほこりを気にしながらの全集の巻数、月報、書き込みチェックという辛そうな仕事を押し付ける。
 閉店後まで少し残業。へろへろで車の積み込みには至らず。

 深夜、傷だらけの天使。オサムとアキラのほとんどセリフが聴き取れないくんずほぐれつを眺める。
優しいランドセル    せと_f0035084_16415558.jpeg


by ouraiza | 2020-09-22 20:03 | Comments(0)
蛇    せと
9月7日月曜日。
 昨日お預かりした大山の片付けが終わらず定休日出勤、続きをやる。ラジコにて爆笑問題カーボーイ。西を通過している台風の影響で断続的に大雨が降る。ラジオ代わりにYOUTUBEにて古館伊知郎「街のすき間を描写する」を聴く。面白い。
 貸し出し仕様で管理シールが貼られた大山から商品になるものを抜くのが脳の別の部位を使わねばならず難儀。やっと完了。

9月8日火曜日。
 体調不安あり徹底休み。
 プレステ2鬼武者3が面白くしつこくプレイ。

 夕方、西友への散歩ついでにサンシャイン内くまざわ書店さんに寄り荒川洋治『霧中の読書』を買う。そういえば、と思い出し財布に数年間入りっ放しだった図書カードを使ってみようとしたが、磁気が破損しているらしく使えず。店員さんが日本図書普及株式会社宛の封筒をくださり、破損したカードを送ると新しいものと交換してくれるとのこと。なるほど、と思いボールペンとセロテープをお借りしてその場で封書を作る。帰路投函。

9月9日水曜日。
 出張買い取りの連絡2件。

 教会図書室からの大山の便再び。
 店の横に車を停めて積んである山脈を整理。96%ほどがツブシとなる。前回車内整理をした時は汗とホコリでぐちゃぐちゃになったが、少し涼しいせいだろう、今回は楽だった。

9月10日木曜日。
 昨日お預かりした教会からの便を仕分け。これも85%ほどがツブシ。
 数年ぶりにタテバへ行こう、と車に積んだが積みきれず。過積載。

 夜、ついに『ドカベン』48巻を胸震わせながら読み終える。少年時代に読んだはずだが、まったく内容を忘れていた。もちろんどうしても主軸は山田太郎、なのだが、岩鬼で始まり岩鬼で終わっている。岩鬼、殿馬、里中、などが実は「サブ」キャラクター以上の存在感を発揮している。描かれていない3年の夏に明訓高校ナインと別漫画の主人公たちが甲子園に集う『大甲子園』に行き着くことができるだろうか。やはり、そのために3年生の春までしか描かれていない別漫画たちを読まねばならないだろう。なんたるスペクタクル。

9月11日金曜日。
 午後、ノムと番を交替してすぐにタテバ(建場:古紙回収場)へ。お兄さんに積み過ぎだよ〜と笑われる。

 帰りに池袋公徳堂に寄り、続きそうな大型買い取りに備えてスズラン紐を多めに調達。
 店に戻って大山の仕分け、市場の準備。

 夜、数日前から店先に「差し上げます」として出していた、胸の高さまである金箔漆塗りの東洋アンティークな台(なんだかわからない。壷もしくは花瓶的な用途だろうか)に、ついに引き取り手が現われる。マイティ・ソーに似た若者で、そのままかついでバスで運ぶとのこと。まさにそういうマイティ・ソーを待ってました、と嬉しかった。

 居酒屋升三さんにてSさんHさんと小宴。「ピエン超えてパオン」をSさんから教わる。宴ではしゃぎすぎる自分がますます嫌になる。消滅したい。「夜に於いての恥ずかしいこと、醜態を極めたこと、みさげはてたること、野卑と愚劣との外の何物でもないやうな記憶の再現は、砒毒のやうな激烈さで骨の髄まで紫色に変色する」from萩原朔太郎「宿酔いの朝に」(所収『宿命』1939創元社)。

9月12日土曜日。
 ノムと早く交替してご近所様へ出張買い取り。数年前からぼんやり気になっていたご蔵書で、ご依頼はありがたくも怖くもあった。
 手伝ってくれたムトさんがオリコンに入れまくりぼくが縛りまくり、体力と時間切れ。オリコン12個をとりあえず店に降ろす。それにしてもぼくは一目散に縛ることができなくなり(昔はできていたような気がする)、よいしょよいしょとゆっくり縛る。なんだろう、スポーティが足りない。

9月13日日曜日。
 古書信天翁センパイに手伝ってもらい、午前10時から縛った束の積み込みと、まだ残っていたものの縛り。午後から別業者さんが来るとのことで急いで終わらす。車にちょうど一杯分、約100束。500本(束)ぐらい縛ったつもりだったのに。
 店に降ろし、労をねぎらうため皆でしゃぶしゃぶ食べ放題のランチ。生肉を見てもそれが何の肉かわからない問題。肉ばかり注文しようとするがムトさんに叱られて苦しい。

 家に戻る途中、車から私物を持ち出そうと駐車場によると、ムトさんがおわっと声をあげた。「ヘビ!」近付くと、かなり大きなヘビがするすると車の下に潜り込んでいった。スマホカメラは間に合わず。小さなヘビは雑司ヶ谷霊園で見かけたことがあったが、全長2メートルはあるのではないかと思われる本格的なヘビは雑司が谷で初めて見た。恐る恐る周囲を探したがいなくなってしまった。何かの使者なのではないか、と胸の片隅にその細長い影を抱える。

 夜、店員ノムから借りた漫画『ふしぎの国のバード』(佐々大河著ビームコミックス途中からハルタコミックス)を読む。歴史好きなお客様からしょっちゅうその名を聞いていたイザベラ・バード。他、古本屋の歴史コーナーのクリーンナップ助っ人選手、ハリー・パークスもジェームス・カーティス・ヘボンも登場。コミカライズ前提としてもとても面白い。
蛇    せと_f0035084_19262262.jpeg

by ouraiza | 2020-09-22 17:55 | Comments(0)
ノーマット    せと
 鬼子母神そばのスーパーマーケット、オレンジマートオークラは、驚くほどクーラーが効いている。春や秋には寒すぎて震えてしまうが、夏の猛暑日にはとても涼しく気持ちがいい。もともと魚介に強い割烹大倉の系列だから鮮魚が充実していて、その鮮度を保つための、スーパーの形をした冷蔵庫。熱中症寸前のお客を毎年数人は救っているのではないだろうか。毎度店を出た直後、ムトさんの眼鏡が気温差で降りた霜のせいで白いサングラスになっている。

8月31日月曜日。
 昨晩店に戻った20時頃、明治通り対岸のセブンイレブン付近に消防車が集まっていて、なにごとかがあったのだな、と思っていた。そういえば昨日の午後には、セブンイレブンより少し北、往来座目の前のビックリガードに続く細道の途中に消防車や救急車が集っていたので、店員ノムとなんだろうと怪しんでいたのだった。さらにその後のノムからのメールによると昨日の夜、池袋側のマイバスケット近くでボヤ騒ぎがあったとのこと。とてもイヤな予感に充ちていて、友人宅の猫番後に休むつもりだったが出勤して様子をみる。いたって穏やかな晴天の日は余計に怖い。ネット業務をしてブログを書く。

 夜、傷だらけの天使。
 友人から借りた録画DVDで「人間狩り」(1962松尾昭典監督)を観る。先日観たばかりのカーク・ダグラスの「探偵物語」(1951)にテーマが酷似していて驚く。正義感の相克。容認の苦悩。

9月1日火曜日。
 通風再発(薬を変えたことによる前提反応らしい)のTTに代わり一日番。
 めずらしいことりさんの商品には洋服があり、ラガーシャツを買ってくださったお客様がいたのだが、ビニール手提げに入れる習慣はなくなりつつあるし、はい、とそのまま本をお渡しする日常なので、うっかりラガーシャツをそのままお渡ししてしまった。お客様がささっと畳んでらっしゃるのを見て、あ、洋服は畳むものだ、と痛烈に気付き反省。てへへ、とお客様に謝罪。

 ご常連のお客様がいらしてくださり、生花をくださった。レジ横に飾る。きれいな赤。

 ムトさんが新しい真っ赤なオリジナルマスクを作ってくれた。

 営業中に終わらそうとしてできなかった名画座かんペ最新号の表紙を閉店後に作成。
ノーマット    せと_f0035084_15321947.jpeg
9月2日水曜日。
 急いで開店して、通風でヨタヨタ動くおじいちゃんみたいなTTと交替。

 午後、店員ノムの手伝いで運搬作業。成増から新宿。川越街道の南側地域で、高島平、蓮根辺りと、成増の南がつながっていることにやっと気付いた。

9月3日木曜日。
 昨日の夜からの雨が止み、すっきりした青空が気持ちいい。と思っていたら、ニコニコ笑顔の空が笑顔のまま懐から急にドスを抜いて刺してくるような雨。天気雨、日照雨、軽検索によると沖縄ではティーダアミ(太陽雨)と呼ばれるらしい。

 めずらしいことりさんが、ご自身が退職なさる際に職場に挨拶のために配った手拭いを納品くださった。抜群にキュート。商品化の作業中、なにか細かいものをいじくりながら、めずらしいことりさんが「ふわっと捨てちゃおう」と仰ってそれをゴミ箱の上辺にふわっと置いた。例えば誰かの何かのいわくがあるなんとなく捨て辛いものをどうしようか悩んでいるとき、「ふわっと捨てる」のはとてもいい選択肢だと思った。

 夜、『名画座手帳2021』の会議。ある小さな変更を決定。

9月4日金曜日。
 猛暑。数えてみると大小13機のブックスタンド、ラック、箱を、晴れた日の開店と閉店時に外に出し入れしているのだが、開店しただけでシャワー上がりのように汗でびしょびしょになる。次の作業開始までが遠い。

 保留していた額ものに触り調査、商品化。灘本唯人、江南史朗、など。

 夜、傷だらけの天使。

9月5日土曜日。
 午後、実家に都内の親族が父の簡易仏壇の線香を灯しに来てくださる。昔話はおもしろい。

 店に戻って番台上の大山開墾に着手。暑くて作業ではなくアイスコーヒーばかり進展する。

 途中、あまりの痒さに我慢できず、ツルハドラッグでアースノーマットとついでにコンバットを買って設置。アースノーマット点火後、あんなに痒さに苦しんだのにすぐに蚊がいなくなりびっくりした。

9月6日日曜日。
 15時半、解体される教会からの図書室本の大山が某書店さん経由で届き、仕分けをしている時にお電話をいただいた。7月にご予約いただいていた15時の出張買い取りのことをすっかり忘れてしまっていた。幸いご近所だったので慌てて準備して出発。優しいお客様で安堵。スケジュール管理は大事。出張買い取りは減らす方向性にある。

 片付けねばならない大山が2件あるが、外に広げるにはゲリラ豪雨の怖さがあり、店内でよちよちと仕分け作業。

 夜、ミヤモトくんが立ち寄ってくれて、ある名称をかんがえたい、とのことで居酒屋バシトンにて会議。
ノーマット    せと_f0035084_15324627.jpeg

by ouraiza | 2020-09-22 15:29 | Comments(0)
塩の中の米    せと
 薬局で猫の缶詰や砂を買った際、中身が見えないビニール袋に入れるかどうか問われ、それは共同住宅のルールをかいくぐるため、と以前学んだことがあった。
 もうひとつ。
 近所にあるコンビニの一つで猫の缶詰を買うと必ず「お箸はお付けしますか?」と精算しながら店員さんに尋ねられる。初めはぼくが食べるための道具として箸が必要かどうか、というなんて鋭いジョークだろうと可笑しくて笑っていたが、先日ハッと気付いた。猫の食事どころに缶詰の中身を取り出して置くための箸、のことを仰っていたのだ。家の中で、特に外で。
 袋も箸も、説明が無くなんとなく小声、なところが店の妙技。

8月24日月曜日。
 定休日のため徹底休み。地下を書く。
 夕方散歩に出てブックオフにてプレステ2の「鬼武者3」と「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」を買う。鬼武者1:2001年、鬼武者2:2002年、鬼武者3:2004年、新鬼武者:2006年、と、たいていは新シリーズが新ハードに移行するのに、鬼武者はプレステ2だけでゲームの進化を体験できて楽しい。2004年の鬼武者3でついに主人公のスティック操作ができるようになった。

8月25日火曜日。
 先週末にお預かりした大山の整理。別荘として賃貸なさっていたアパートの一室を御本人不在でお片付けした一件。隣県のお住まいへお送りする本4箱分を抜き出し、数日後に引っ越し屋さんが荷物をまとめるアパートの部屋の前に台車で持っていく。

 細かなメール連絡や諸事。

 夜、プレステ2にて鬼武者3。進行から角が取れている。

8月26日水曜日。
 数件の電話連絡と乾いたセロテープを貼り替えるなどの諸事。

 夕方神田川方面へ散歩に出てめったに行かないスーパーマーケット「よしやセーヌ目白高田店」へ。高田方面のお客様お二人をお見かけする。猛暑のなか雑司が谷と高田をつなぐ宿坂を上がる。

 夜、ムトさんが仕事の資料として「銀座カンカン娘」を観るために動画配信サービスU-NEXTの無料体験に登録。「銀座カンカン娘」の岸井明という俳優の体格の大きさが面白い。旧作邦画内にでかい人、というイメージが無かった。古今亭志ん生も噺というより佇まいを観ているだけで非常に可笑しい。
 さらにドラマ欄でみつけた「傷だらけの天使」を観始める。
 さらに大量のアダルト動画のめくるめく世界を血眼で探索。
 約束された寝不足。プロミスドレッドアイ。

8月27日木曜日。
 雨予報だったので屋外ガードシフトを組むが降らず。
 『名画座手帳2021』の表紙と扉についてかんがえる。

 夜、めずらしいことりさんがエコバッグの追加を納品にいらっしゃる。
 深夜、傷だらけの天使。

8月28日金曜日。
 昼、焼き鳥母家さんのテイクアウト焼き鳥丼を買ってきてもらい食べる。

 なんとなくネットサーフィンをしてなにも憶えていない数時間を過ごす。

 去年ご近所に移転してこられたIさんからお電話をいただく。「あの、実は、、、ちょっと相談したいことがあるのですが、、、今からお邪魔します、、、」と仰るので、少し心配になりつつお待ちしていたら数分後に
いらっしゃった。
 Iさんはカバンから厚い函入りの学術書を取り出して「本体が函から出なくて、、、」と仰った。なんだか安心しながら、ちょっとした引っかかり、もしくは時の運の問題だったのだろう、函を振って本体を出し、函にOPPを被せる応急処置。

 夜、印刷屋さんを交えて名画座手帳2021の会議。編集部のIさんから西武ライオンズ森友哉選手のプロ野球チップスカードをいただく。とても嬉しい。昨日のネットニュースより、森友哉選手の涙
塩の中の米    せと_f0035084_23220571.jpeg
 仙台出身の新担当の方から「北辰鮨」の名称変更についてお聞きし、最後はキャプテン翼のテーマをYOUTUBEで流し終会。

8月29日土曜日。
 暑すぎてぐずぐず。暑い時に暑いと嘆いても涼しくはならねぇぜ!と去年まで威張っていたが、午後中ずっと暑い暑いと嘆く。

 昨日をコピペしたかのように、なんとなくネットサーフィンをしてなにも憶えていない数時間を過ごす。
 オリコン3つを仕分け。

 夜、古書信天翁センパイと近藤十四郎さんと久しぶりの「ハマナナイスデイ」(近藤さん造語)で東池袋サン浜名さんへ。父の逝去などがあってなかなか会えなかった勝手に国宝指定ベーコンエッグを抱きしめる。「魚ーザ」「シャービック」「ウェス(布)・モンゴメリー」「体温計の計り終わりの音が聞こえない」「短期間しか存在しなかった和式水洗便所」「うんこが立ったという友からの電話報告」「レストランや喫茶店のテーブルに常備してある塩の瓶に、米粒が入っていた件(ぼくは生まれていない)」など。

8月30日日曜日。
 午後から板橋の実家にてお香典や返礼品の事務。父が趣味で収集した骨董品がたくさんあり、どうしようか皆で悩む。まず母が父の遺したメモをもとに調査を進めることにする。

 深夜、傷だらけの天使第4話「港町に男涙のブルースを」(柛代辰巳監督の回)を観て驚く。今よりも、自明か暗黙かを問わず放送規範がかなり少なかったのであろう1974年に放送。毎回そうだが特にセリフが聴き取れないし、物語の流れも判然としないが、なんたる熱さだろう。くらくらした。
塩の中の米    せと_f0035084_23222762.jpeg

by ouraiza | 2020-09-03 01:14 | Comments(0)