人気ブログランキング |
<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
たばこの箱    せと
5月13日月曜
 休眠から目覚めて午後、プレステ2でクロックタワー3に励む。
 夕方から実家にて捜しものを3つ。3つとも見つからず。セーブした箇所から後日またやりなおさねば、とひとまずオフ。
 夜、病院へ父の見舞い。

5月14日火曜
 うちのビルゲイツ店員タイタイが、番台上の省スペースのためにノートパソコンを斜めに立てかけるスタンドを導入したのだが、ふとネット入力などの作業中のはずのタイタイをながめると、斜めに坂になったノートパソコンのモニターに丸めた紙くずを投げて当て、狙ったところに転がり落ちるのを楽しむ原始的ゲームに興じていた。

 夜、店から居酒屋バシトンに流れつつ『名画座手帳』来年版についての会議。まだ今年版の宣伝ポスターを剥がしてもいないのに来年が始まろうとしている。「受注産業」、「左の肺のタイフーン」など。

5月15日水曜
 公費購入による特別な書式の書類作成など郵便のことでバタバタ。
 となりのLA100さんのポストに投函した郵便物に同封した書類に判子を捺し忘れたと思い、ムトさんに店番をしてもらい、外に出て20分ほどポストを開けることのできる集配人さんを待つ。やっとポストから取り戻せた封筒を開けてみるとちゃんと判子が捺してありズコる。

5月16日木曜
 天気が良いのに、もしくは天気が良すぎて、お客様がまったくいらっしゃらないまどろみを過ごしつつ、ふと隣のLA100さんのポストへ投函して出たところで歩道のガードレールから「お疲れ様です」と声をかけられた。見ると驚いたことにウーバー配達待機中の古書信天翁センパイが座っているではないか。サングラスがかっこいい。店の事務机をひとときの待機場にしてもらいつつアイスコーヒーをいただく。

 夜、父親の彫塑作品のなかでも小さいものをリスト化するべく写真撮影。

5月17日金曜
 パソコンにてリスト作りや著作権に関する書類作成。
 夕方から散歩。
 東京福祉大学の看板が大きすぎる。
 池袋東口、24時間営業の「生そば玉川」がとても気になる。

 夜、居酒屋バシトンにて「こころ実在臓器説」をぶっていて説明がそのサイズに及ぶと、同席した友人の一人が、あ、これくらいだね、とメビウスの箱を指さした。そうか、そうだったのか、ぼくのこころという臓器はちょうどメビウスロングボックスと同じサイズなのだ。101×56×23mm。

5月18日土曜
 夕方、日取りを間違えてなかなか出品できなかった荷物を市場へ持って行く。喫煙所でとぐろを巻いていたドS書房Aさんがぼくの顔を見るなり「んだよ、ざっけんなボケ、、、」とおっしゃる。調子がよさそうだ。

5月19日日曜
 先日金沢の出版社龜鳴屋さんが、ムトさんの新刊『銭湯断片日記』を数十部送ってくださった。以前お手伝いさせていただいたこともありそれらの各章扉に我々が装飾の小片を貼り本が完成、そこにムトさんがサインを入れて、サイン本を売ってくださるお店へ一部を発送。一部を龜鳴屋さんへ返送した。すると今日ムトさんが、「オイラ龜鳴屋さんに返送した分にサインし忘れた!」と叫んだ。龜鳴屋さんは白紙の見返しを見てさぞや驚かれたことでしょう、、、。ムトさんはそれが一番すっきりする、とのことで明日金沢へ行くことに。池袋東口のJTBでのチケット手配について行く。
 夕方、ユニクロ、ブックオフ、セイユーという池袋東口ゴールデンルートを巡行。
 夜、「いだてん」。クロックタワー3をクリア。ユーチューブでの「中田敦彦のYouTube大学」が面白くて寝落ちまで視聴。
たばこの箱    せと_f0035084_14460885.jpg
 

by ouraiza | 2019-07-29 17:56 | Comments(0)
灯籠    せと
5月6日月曜日。
 土曜日に出品できなかった分を午前中に市場へ持っていこうと予定していたが、朝目覚めねばと重いまぶたを半分開けたところに金色のラッパを持ったキュートな天使がベランダからふわふわと浮かびながら入ってきて、市場に行くのは今度でいいさ、よくお休みよ、と優しく囁くのでサボることにする。深夜にユーチューブで観たフランダースの犬の影響だろう。

 午後、隣区の大きな古いお宅へ出張買い取り。本を50束ほど縛り終え、もろもろのブツを閲しているうち、「灯籠は持っていってくれる?」とのことで拝見すると、あまりに巨大で普通に立派な灯籠だったのでお断りせざるを得ず。

 夜、三ノ輪の信天翁センパイへ届け物をし、ウーバーイーツ業務で道に詳しいはずのセンパイと道に迷いながら日暮里まで散歩。あれ、ここどこだろう、まぁとりあえず缶チューハイを買って歩きましょう、みたいな茫漠とした時間て最近まったく無かったな、と無性に楽しい。

5月7日火曜日。
 不動産屋さんへ支払日に関する連絡。緊張。つくづく経営者には向いていない。エア社長が欲しい。

5月8日水曜日。
 夜、要町ブックオフまで散歩し、プレステ2の「クロックタワー3」を買う。現実世界で絶えず鳴っているホラー音響がゲーム内のホラー音響によって一時的に和らぐ。

5月9日木曜日。
 夕方、病院へ父の見舞い。手帳の見開きメモページいっぱいに「令和」と書いて寝ている父の目線に掲げる。寝たきりの父は脳内で何時代を生きているか。時間感覚が高次脳機能障害でちょっとおかしいから、今度訊いてみよう。

5月10日金曜日。
 夜、古書組合にて合同会議。支部総会が近くその書類の相談のため会議後にラーメン屋へ。難しい。難しくてぽかんとしながらもラーメンが美味しい。

5月11日土曜日。
 夕方急いで出品物をまとめて前回出品できなかった市場へ持っていく。古書会館前に車を止めバックドアを開けカーゴに積み始めようとしたところで荷捌き場にいたA処さんが「あれ?来週市場ないっすよ。」とさらっと教えてくださった。同行していたムトさんに「バカか!」と詰られているぼくを見て憐れんだA処さんがぶどうジュースとお茶を買ってくださった。

 夜、日暮里から散歩して往来堂書店さんにて島田潤一郎さん著『90年代の若者たち』を購入。さらに足を伸ばして池之端で開店準備中の古書ほうろうさんへご挨拶へ。なんてステキな新店舗。サイズ感が時代に調和している。車両編成を身軽にした機関車が疾走する様が脳裏に浮かぶ。細部を拝見しているとイメージが暴走して勝手な妄想を楽しんでしまいうるさくご迷惑をおかけしてしまうことを恐れつつ。すぐ近くの不忍池の水面がきらきら光っていた。
 日暮里小奈やさんで信天翁センパイと軽宴会。センパイにウーバーのリュックをお借りしどんな感じなのか少し背負わせてもらう。「タンスはうまく運べない」。「高樹澪」。「『バナナフィッシュ』受容における世代差と滝田ゆう受容における出身地差」。などを聞く。

5月12日日曜日。
 歩道橋、南池袋から目白へ山手線の上を渡る”花のはし”の横についているエレベーターに乗ってしまいハッとする。駅でも階段ではなくエスカレーターに乗ることの方が多くなったかもしれない。悔しい、、、とかんがえながら花のはしの上を自転車で走っていたら虫が左眼に飛び込んで来た。それには少しふさわしくない大きさの虫で非常に痛い。店に戻って水道で洗う。
 思い立ってウーバーを利用させてもらいマクドナルドに注文。ノムがチーズバーガーとアイスコーヒーとポテトのセットでぼくがビックマックとアイスコーヒーとポテトのセット。ノムのスマホにRというかわいい名前のイケメンが配達者として表示され、初めてのことなのではしゃぐ。ノムがRくん来てくれるかしら〜とウキウキで店の外で待つ。ついにRさんが現れいそいそと店内に戻ってきて袋を開けるノム。出てきたのはエビフィレオバーガーとコーラとポテトの1セット。Rくん! 対処の電話をかけながら、たいていこういう成り行きを引き寄せるのよね我々、と感慨深かった。

 夜、いだてんを観てクロックタワー3をプレイ。
灯籠    せと_f0035084_03310195.jpg



by ouraiza | 2019-07-02 20:00 | Comments(0)