人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
朝シャン    せと
4月1日月曜日。
 本の山を店の隅から隅へ移動したりしなかったり。ある程度時も経ち移動を繰り返した本の山に対して、最初よりも期待値が徐々に減っていくという傾向に気付く。自信がなくなっていくのか、動かしてその重量を感じ、付き合いが深まるほど、あぁ多分安いな、と思う。

 収納場所に悩みつつ、買い入れ品を箱から出したりまた入れたり。

 夜、「ビリギャル」観る。

4月2日火曜日。
 市場準備をひたすら。体調の悪さにピンとくる。これは扁桃腺炎への助走路だ、とわかるようになってきた。ビタミンCを多めに補給。

 店番タイタイが別にアルバイトをしているF書店さんは催事などで大量の本の束を移動させまくるスーパーマンなので、ふとタイタイに本を縛ってもらったらとても上手で素早い。新たな地平を見つけた気分。

 夜、ひととおり作業が終わったので誘われて法明寺で花見。テレビ収録を終えたばかりのハッチも合流してくれた。ハッチ橋本さんの『ドライブイン探訪』についての広報運動は、充実していて激しいのに無理がない。勉強になる。なにかを売りたい、と思ったときの心構えとして。硯家にてあなご天うどん。

4月3日水曜日。
 市場準備をひたすら。

 夜、車に積みっぱなしの大山を一旦おろして本郷の巨大な古いお宅へ出張買取り。歴史を感じつつ。戻って下ろしてまた大山を積み込む。

4月4日木曜日。
 午後、調子にのって記事になり辛いことをべらべら喋っても許されるタイプの取材。取材してくれたライターさんが、以前往来座でアルバイトをしていたコミネ君の友人だった。余計軽口を叩き余計記事にはならない。

 読了するつもりで読み進めていた『ベルサイユのばら』だったが、少女漫画的大仰ドラマチック表現に窒息しそうになり断念することにする。アニメは観れたのだが。

4月5日金曜日。
 夕方から一件ご近所様へ出張買い取り。雑司が谷細道ラビリンス。紙袋に詰まった「ふたりエッチ」。けんちゃーん!これ古本屋さんにだしちゃっていいのねー!?と奥の部屋へお尋ねになるお母様。玄関へ出てきて紙袋の中を見たけんちゃんは「し、知らねぇよ!俺んじゃねーもん!」と仰っていた。店に戻ってから確認するとなかなかエロかった。じっくり読みたいが時間が無い。
 
 古書信天翁サキ先輩のお引っ越し手伝い。真っ白な壁を間接照明の灯りが包むキラキラした新居の廊下に立つセンパイがなんだか可笑しくて噴き出す。
 作業を終えて升三にて軽打ち上げ。朝シャンをしなければモテないと思春期の少年少女に刷り込む → ハゲる → 育毛剤が売れる、という業界の一生をかけた作戦。がん保険はがんが直接の死因でなければ適用されない(普通は肺炎や心不全)件。などをセンパイから教わる。

4月6日土曜日。
 夕方から市場へ出品。台に積み上げ途中の束が動いて手前の床に落ちたのでウワーっと驚く。後ろから束を押したドS書房Aさんがニタニタなさっていた。落ちる寸前で止めるつもりだったAさんは謝罪の意を込めて平凡社の記念品「ミニ百科事典」をくれた。

 夜、「この世界の片隅に」観る。涙は浮かぶがこぼれない感覚。もう一度観ねばと思う。

4月7日日曜日。
 徹底的に休みたくて眠る。午後からナイツ、サンドウィッチマン、川柳川柳、他のユーチューブを観続ける。
 夜、山吹を憶える。ハナニラちゃんかわゆい。
朝シャン    せと_f0035084_20303863.jpg

by ouraiza | 2019-04-30 20:13 | Comments(0)
穴    せと
3月25日月曜日。
 休眠して後、午後に出勤して市場準備。縛りをほどきまくり区分け、店番ノムが線引きチェックをひたすら。
 夜散歩に出て、店の近隣のローソンから池袋西口のローソンに移動したサトウさんのお顔を見に行き、ココナッツディスクでNさんがダンボール3箱をいかに東北へ持参するか悩んでいる様子を眺める。

 池袋西口公園の大部分を囲んでいる工事フェンスに貼られた完成予定図をみて唸る。ステージ部分が半地下っぽくてかっこいい。

 古着の多いブックオフ要町店で以前買った216円の赤いズボンに味を占めて540円の赤いズボンを買う。

 無印良品で心の物欲肥大豚の首を絞めるがなかなか息の根を止められず組み付かれたまま転がりリング下に落ちる。このまま両者リングアウトの引き分けにもちこもうと物欲肥大豚と地面で抱き合い続けたがいじわるなレフェリーがなかなかカウントを始めない。

3月26日火曜日。
 開店してすぐ、クロネコヤマトのお兄さんがお届けものです、とダンボール箱を帳場前に降ろす。はいはい、と判子を用意している間にクロネコさんが箱をもう一つ取りに行く。あれ、と思いぼくも外へ見に行くとバックドアを開けたクロネコさんの軽ワゴンの荷台に同じ柄の箱がみっちり詰まっている。結果120サイズのダンボールが47箱。ありがたき買い取り。店内が無理なのでガレージに積む。

 いつも独自のギャグばかりおっしゃるご近所の90歳のおばあさんが、「うちの旦那、ドーナツをつまみに酒飲むのよ、、、なにそれバカじゃないのって昔注意したらさ、ドーナツなんて序の口で俺の会社の上司は羊羹をつまみにしてるんだぞ、なんて威張ってさ、、、、そんなにドーナツが好きなら穴まで残さず食いやがれ!って言ってやったわ。」と言っていた。
 
 夕方から隣々区へ出張買い取り。

 22時ごろ、郵便の手配ミスがあり店と本局を2往復。

3月27日水曜日。
 郵便手配ミスの対処の続き。一段落してぼーっと無為な時間を過ごす。

 夕方、新宿世界堂にて樹脂粘土というものを購入。粘土のように成型できて乾くと樹脂のように硬い、はず。店に戻って先週古書信天翁さんの引っ越しをお手伝いしたときに店主センパイが捨てると言っていたので預かることにした古書信天翁さんの店名看板を樹脂粘土で修理する。

3月28日木曜日。
 夕方から先日送っていただいた47箱を開けて方向付けを始める。居合わせた朝倉さんが積み上がった段ポール47箱を見て「郵送大変だったでしょうね、、、赤穂四十七士がひとつずつ運んだら一気に終わりますね」と仰っていてまったくだと思う。

3月29日金曜日。
 午後、父親の入院費を病院に問い合わせて前回同様、凍る。保険大事。

 市場準備をひたすら。

3月30日土曜日。
 夕方から市場へ出品へ。古書会館備え付けの空きカーゴが見つからず台車でぼちぼちと。じっくり出品作業をしたいときはカーゴで一気に運ぶよりも台車でちょっとずつがいいのかも、と気付く。

3月31日日曜日。
 板橋区清水町の桜並木を運転しながら「サクラダファミリア」と言う。父親の塑像作品を樹脂粘土で補修しようと一度預かってもらった像を受け取る。
 ユキヤナギ、を覚える。それにしても、ゼラニウムとシクラメンの違いが難しい。
 病院へ父の見舞い。実家に立ち寄ってからビバホームにて猫の餌を調達。

 雑司が谷、都電線路沿いの環状5号線工事。今年の年末に終わる告知。トンネルどんな感じだろう、、、。平成31年ではなく令和元年だが、12月27日は金曜日。たのしみ。
穴    せと_f0035084_21542605.jpg

平凡社「太陽」創刊100号記念ミニ百科辞典 ライト付き書架付属
販売中 売切
穴    せと_f0035084_21472134.jpg


by ouraiza | 2019-04-29 18:50 | Comments(0)
サンテンニーイチ    せと
3月18日月曜日。
 実家にて父親の彫刻作品寄贈の件で会議。

 病院へ父を見舞い、ビバホームにてトイレで排便できないノイローゼ(以前同居していた猫アオにさんざん途中で襲われたので)の猫、タマ用のトイレの代用となる布を買う。など。

 シアトルマリナーズの東京ドームでの公式戦初戦のチケットが欲しかったのだが、先月調べた時には時すでに遅く、公式戦前の巨人などとの練習試合の外野席チケットしか残っていなかったので諦めた。動いている生のイチローを応援することが目的で、練習試合にイチローは出場しない、となぜか当たり前のように思い込んでいたのだ。テレビを観るとイチローがばっちり出場していて驚く。

3月19日火曜日。
 父親の彫刻作品寄贈の件で無視できない課題、像の指先が欠けている、などがあり作戦を練る。

 先日お預かりし店内奥に積み上げた縛りをほどいて査定を始める。

 夜、アニメしか観たことのなかった『ベルサイユのばら』原作漫画を読み始める。壮大。オーストリアとフランス。西洋史の勉強になる。

3月20日水曜日。
 もろもろについての連絡事項、調べ事など。ぼーっと外の棚を地面に膝をついて直していると後ろに出ていた右足をご婦人が引いていたコロコロカートに轢かれた。轢き逃げ。など。

 池袋南口の駅から至近なのに不思議な虚空だった区画についに建った西武本社ビル「ダイヤゲート池袋」。夜、周囲の囲いがなくなりビルのすぐそばを通行できるようになった、と教えていただき散歩途中に立ち寄り興奮。巨大なV字の柱に触ってみる。駅とつながるデッキが伸びている途中、っぽく見えて楽しみ。池袋イメチェンへの大きな希望。西武ライオンズ頑張れ、と思う。

3月21日木曜日。
 春分の日だとニュースで知る。全身のスイッチが接触不良でぼーっとする。必ず天気のお話しをするご常連のお客様が二名いらっしゃるが、好い天気だと盛り上がらない。

 隣町の大学へ出張買取り、というより研究室からのお引っ越しのお手伝い。鯛焼きをいただく。老化現象の一つだろう、最近あんこを美味しく感じることがある。

 19時半、野球を携帯電話でチェックすると、イチロー引退のニュースが流れた。
 東京ドームに連日観戦に行っている草野球団ホトトギスのキャプテン、内田ペッペ氏の、チームのグループラインでうらやましがられて後の返信を無断で一部引用させてください。「26年前の春分の日もこのレフトスタンドに座っていました。巨人とオリックスのオープン戦。まだブレイク前の鈴木一朗が外野を守っていました。」
 深夜、記者会見をテレビとネットを駆使して観る。

3月22日金曜日。
 開店前に銀行へ両替に行きコンビニに立ち寄ると、レジ横のスポーツ新聞各紙一面がイチロー一色だったので買い集める。

 海外文芸の中山に値段付け。

 夜、3.21を記憶したくて新聞を額に入れる。3紙を上手く収めたかったが寸法がうまく合わず断念。引きの写真が一番大きかったスポーツ報知を前面に。

3月23日土曜日。
 夕方から信天翁サキセンパイのお引っ越しお手伝い。作業の途中、センパイが1990年代に働き若者数名で古書ほうろうさんを開業するきっかけになった書店の社長さんにお会いする。同じ頃にぼくが仕えていた上司を痛烈に懐かしく思い出す。動くのを止めない孤高の鮫のオーラ。

3月24日日曜日。
 昼から出勤して大山を市場準備。「いだてん」までに帰りたくて必死に、とりあえずA5判と四六判のみ。
 
サンテンニーイチ    せと_f0035084_19583747.jpg


 
 

by ouraiza | 2019-04-14 18:57 | Comments(0)
赤は東    せと
3月11日月曜日。
 昼、お借りしていたDVD「男たちの旅路」をお返しする前に、第4部第3話「車輪の一歩」を再観賞する。最後に、今回の全編振り返りで一番印象に残った、第4部第1話「流氷」における、ついに失踪中の憧れの上司を発見した杉本陽平に見せた吉岡晋太郎(鶴田浩二)によるはにかみながらの徹底的に優しい「よぉ」、を繰り返し観て練習する。

 夜、北方から要人来る。渡世上の行きがかりでこの日に東北を離れている状況にあることの容易ならざる心境をお聞きする。他に、風水では赤いものは東に置くのだ、など。ぼくが最近得意になっている赤いペンダントライトはばっちり店内の西端に設置されている。

3月12日火曜。
 中山と小山数個を合体して方向付け、値段付け。

 夕方あずま通りを歩いていて、名刺をお願いしている、素晴らしくお仕事が早いけどいつも眼が赤く心配になった印刷屋さんが無くなっていることに気付く。この印刷屋さんが入っていた物件は、往来座が今の場所を見つける前の最終候補の一つだったが審査に落ちたのだった。印刷屋さんの前の洋服屋さんは、店長が空き巣の常習犯だったとかですぐに無くなった。さて名刺をどうしよう。

 夜、テレビを観ていると速報でピエール瀧さんのニュースが流れた。無頼鮨の梅頭さん!仕方がないじゃないか、と思う。「あまちゃん」がオンデマンドで観られなくなるのは悲しいが、DVDをいつか買えばいいのだ。

3月13日水曜。
 連絡事項を数件。請求書を書く、など。

 調子のいい赤いLED電球に味を占めて、同メーカーの黄色のLED電球を購入。

 夜、居酒屋バシトンにて「いだてん」におけるピエールさんの代役は誰がいいのか俄ファンの乏しい知見を総動員して会議。

3月14日木曜。
 夕方からご近所の大学研究室へ出張買取り。生徒さんたちが作業を手伝ってくれてとても楽しい。久しぶりに車で二往復。全て店に降ろすのは無理で一回分だけ。

3月15日金曜。
 やらねばならないことが山盛りなときほど爽やかな風が脳に吹いて何もしない慣例。今でなくてもまったく構わない、絵葉書の枚数を慎重に数えての整理。1枚ずつファイルに入れる。など。
 夕方、昨日降ろしきれなかった荷物を車から店に降ろす。

3月16日土曜。
 車検の予定と買取りの予定が重なってしまい、いつも車を整備してくれるペッペに相談して延期してもらう。

 必要があって父親の実家周辺の地図を作るが、山のふもとだからなのか公的な番地がなく、最終的に手描きする。

 夜、翌日の出張買取りのために渋滞中のオリコンを12個分空ける。

 記憶のための手帳に「ボサエ ボシア ボテラセ前」と書いてあるがなんのことだかまったく思い出せない。

3月17日日曜。
 午後、ご近所の大学研究室へ2回目の出張買取り。快晴の日曜日なのでピクニック気分になって緩んでしまう。


 ここ2年ほど気まぐれにやっていた「往来座地下」(旧「古書往来座 ちょっとご報告」「往来座通信」)の13年前の最初の記事からさかのぼって、工作と、工作には満たない工作的なこと、についての記事を新カテゴリ「工作」にまとめる作業が終了いたしました。


仏語版西遊記。
赤は東    せと_f0035084_04085154.jpg



by ouraiza | 2019-04-11 02:49 | Comments(0)
モリオン    せと
3月4日月曜日。
 帳場内の足元のコードが危ないのでガードになる筒をかぶせる。など。

 夜、病院へ父の見舞い。

3月5日火曜。
 小山数個をまとめて値段付け。しばらく続けるとリズムを獲得しはじめノる。

3月6日水曜。
 週末の予定を忘れていて出張買取りの予約を入れてしまいあわてて変更していただく、など。

 少しずつ、海外文芸の棚拡充作戦に手をつけ始める。

3月7日木曜。
 午後すぐ、受験前に数度小説を探しに来てくれていた予備校生が、本番を終えてご近所の大学の合格の報せを持って来店してくれた。第一候補の学部ではなかったとのことだが、学部なんて関係ないさ、といいかげんに励ます。店は止まっているがお客さんは進んでいる。待っていた花が咲いた気分。

 ノムが出勤後、雑司が谷案内処へご近所関連本の追加分を持っていってもらうが、追加分を入れた袋を重そうにそっくりそのまま持って帰ってくる。案内処は木曜日が休み。そういえば先週も同じことをしたのだった。

 海外文芸棚拡充計画を少し進める。

 夜、ゆるい定例の主に東京北部の素敵な大衆酒場を巡る飲み会。初めての角打ちというのか酒屋さんの隅でそのまま飲める大山の三河屋酒店、と餃子の末っ子。「じぇじぇじぇ」を肉体化する問題、「わざわざ来たんだからわざわざ帰ればいい」という大吉のセリフ(あまちゃん第3話)のこと、ガソリンを入れながら空を見る高倉健さんのこと、など。恒例の「駅 STATION」と「冬の華」どっちがいいか抗争、U氏の近所のツタヤでは「駅」がレンタルDVDが2点あってどちらも貸し出し中、一方「冬の華」1点はあった、という現場からの検証報告あり。

3月8日金曜。
 海外文芸棚拡充計画を進める。

 夕方、近所の大学研究室へ出張買取り。ぼくも通った大学だが、その変貌ぶりに驚く。あの歪んだ気持ちをグズグズと引きずって歩いた校庭がすっかり明るく綺麗になっている。植えられたばかりのたくさんの木について、呼んでくださった先生が、あんなに木があって成長したらその木陰でどうしてもあるでしょう不純異性交遊、まったくもう、と心配なさっていて可笑しい。

 初期工作物の筆頭「ホンドラⅡ」にちょっとした改造を思い付き実行。本が後傾するように本を乗せる棚板部分を下から金槌でたたき斜めにする。7台分。一見安定を得た工作物も、よくみるとさらに改良できる可能性があり、完成がない。

 夜、霊的感性の鋭いお客様がご来店くださり、お土産にと真っ黒い玉を頂戴する。「モリオン」と呼ばれる黒い水晶。魔除け 。すがりたい。
モリオン    せと_f0035084_19262785.jpg

3月9日土曜。
 棚移動の続き。市場の準備。

 イレギュラーシフトで長めの番の後、市場へ出品へ。

 くたびれてお見舞いをサボる。

3月10日日曜。
 午後、自宅から数十秒で行ける雑司ヶ谷霊園を少し散策。大森兵蔵、安仁子夫妻の墓所を見つけ、激しく咳き込む竹野内豊さんと、心配そうにそれを見守るシャーロット・ケイト・フォックスさん(しまった、CMトリバゴの女優さんは違う人だったのか)を想いながら手を合わせる。都電の停留所から近く、電車の発着が絶えず隣にある場所。それにしても、バスケットボールとバレーボールを日本に輸入したというのは、とんでもないことだ。『スラムダンク』発生の大いなる一因。体育の時間に燃焼したあの時間の祖。

 以前から課題だった、道端に咲いている植物の名称を言えるようになりたい問題、にムトさんを師として少し取り組む。パンジー、シクラメン、デイジー、ハボタンを必死で憶える。雑司が谷の軒先には圧倒的にパンジーが多い。
モリオン    せと_f0035084_19482832.jpg

by ouraiza | 2019-04-07 18:18 | Comments(0)
ソーセージ    せと
2月25日月曜日。
 古書信天翁センパイのお片付けをお手伝い。
 作業を終えてからセンパイに立ち食いの「一由そば」へ連れて行ってもらう。値段、量、味、ジャンボイカゲソの食べ応え、通える環境の人が非常にうらやましい。
 日暮里駅にてJRキン肉マンスタンプを手帳に捺す。タイルマン。

2月26日火曜。
 慌てて仙台のthe6という施設で販売していただく本の荷造り。27日着でお送りする約束だったのに遅くなってしまった旨Mさんにメール、など。
 市場の準備をして出品。
 戻ってから『名画座かんペ』最新号の表紙カットを作る。

 夜、郵便局本局へ仙台への荷物を持っていく。
 伝票の内容欄への記入を忘れていて、ぼくの滑舌が悪いのだが、
受付の方「中身はなんですか?」
私「あ、書籍です」
受付の方「、、、?え、あの、、、?」
私「えっと、、しょせき、です」
受付の方「、、、、ソーセージですね!」
 という一幕があって和んだ。

2月27日水曜。
 もろもろの予定を組み立てる。
 父親の彫刻寄贈の件で進展がありその調整。など。

2月28日木曜。
 夕方から信天翁さんのお手伝い。教わったばかりの「団子坂」を使う。豊島区から日暮里、千駄木方面へのアプローチ法として、画期的な道だった。以降「団子坂」をリフレイン。乏しい脳内東京道路マップが少し広がった。
 夜、3年に1度くらい訪れるアルコール限界無視自失昏倒の日。支荷泰造さんこんにちは。これから数日お世話になります。

3月1日金曜。
 布団とトイレにまき散らした赤黒い嘔吐物を掃除。自宅内階段を何度か落ちたような朧なフラッシュバックがあり体中が痛い。
 夕方から古書信天翁さんにて荷物の詰め込み。団子坂。

3月2日土曜。
 夕方、市場へ出品。
 夜、岐阜から徒然舎ツレッチとタイコーちゃんが遊びに来てくれる。オードリー武道館ライブ帰りのお二人が「リトルトゥース」Tシャツを着ていてかっこいい。ぼくは吐きすぎて食道が痛く、あまり飲食ができないので静かに宴。「せとちゃん!あの赤いランプやたら赤くない?!」。「そ、そうなのよ!」。店員すら気付かない、先週交換した赤いLED電球に真っ先に気付くタイコーちゃん。嬉しい。岐阜名物「やな」、郡上踊り、泥酔した古本屋がよく倒れて肋骨を折るから大丈夫、など。

3月3日日曜。
 「いだてん」。竹野内豊さんが演じる大森兵蔵、その妻安仁子の墓所が雑司ヶ谷霊園にあると気付く。調べると多摩霊園にも分骨されているらしい。その他、今までの「いだてん」関連で雑司ヶ谷霊園に墓所があるのが、冒険小説家押川春浪(演:武井壮)、初代早稲田応援隊長吉岡信敬(演:満島真之介)。吉岡信敬についてはウィキペディアに記述があるだけで、墓所番地など詳細不詳。所収人数が最多だと思われる多児貞子さんの「掃苔録」のリストにも名前が無い。4代目橘家圓喬(演:松尾スズキ)のお墓は店からさらに近所の法明寺にある。ああ、ドラマではもうすぐ大正がきてしまう。
ソーセージ    せと_f0035084_17010892.jpg




by ouraiza | 2019-04-07 16:24 | Comments(0)