人気ブログランキング |
<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
腹    せと
 10月22日月曜。土曜日の草野球による筋肉痛が日曜日をまたいで月曜日にやってくる。
 午後出勤して工作物をはめる。赤い布を貼ったべニア板を大判面出し棚の背板にする。クリーム色の棚板と赤い背板の中途半端なマッチングが奇妙なラグジュアリー感を生んでいて、予想以上にダサいがまあよしとする。

 10月23日火曜。セロテープの貼り替えなどの諸事。アイドルものをまとめて市場へ出品。
 夜、池袋の安い居酒屋開拓作戦として西口の帆立屋へ。とてもよかった。ミントの入ったレモンサワー。この日の手帳には「コーシーマヒン」とメモがある。

 24日水曜。オカルト系、演芸系を市場準備。
 夜、準備をしていたウェブショップを開店させる。初めてのシステムなので不安。
 深夜、「おっさんずラブ」を観始める。2話目までは設定の面白さで観ることができる。しかし以降、恋愛を主軸とした物語が嫌いなので、設定や演出がおもしろくても無理だった。決定的なリアリティの無さは、それを前提として娯楽を提供するメルヘン少女漫画に似ているかもしれない。

 25日木曜。昨晩開店したウェブショップからいただいたご注文の梱包、発送。サイト内の発送へのルートがシンプルでよかった。
 夕方市場準備をしていると、懐かしい奥様がご来店。ご自身の服の中に手を入れて腹をボリボリ掻きながら豪快な笑顔で特価の料理本を毎回買ってくださっていた方。「通りかかってもいつもやってないから絶対潰れたと思ってたのよ~~ でもなんで次の店に変わらないのか不思議だったの~~」とのことで、開店前の午前中にいらしていたのでしょうとお尋ねすると、いや午後に来たときも開いてなかった、と。不思議なのだが、そういう、店側とお客様側との時空のズレはたまにあること。ズレを正すのが大切なこととも思えないので、ピントの合わない淡いグレーの不可解を転がして、なんとなく楽しむことにしている。

 26日金曜。市場に出品する準備にいそしむ。ホラーオカルト系。
 夕方から高校の同級生宅へ出張お片付け手伝い。美術雑誌と図録。査定が終わって宴に混ぜてもらう。同級生のやや変わった立場からの新鮮な発想、主に移住計画、に刺激を受け無性に楽しい。ビールを痛飲。終電がなく3駅分を歩いて帰宅。

 27日土曜。市場へ出品。
 入荷した段階で嬉しく、店頭で販売するイメージも湧いて、配架することを楽しみにしている商品を、商品化する前に金欠な月末に市場に出品せざるを得ない問題、をしみじみかんがえる。このサイクルから抜け出すには。

 28日日曜。午後、隣区へ出張買い取り。オリコン10個。
 その帰路、金曜日にお邪魔した同級生宅に寄って査定済みの本を積む。彼がベンツ、奥様がBMWを自家用車にしているのを目撃し、じぇじぇじぇ!と内心で叫びながら帰宅。
f0035084_14094281.jpg
f0035084_14094959.jpg



by ouraiza | 2018-11-20 13:42 | 工作 | Comments(0)
コボレギー    せと
 10月15日月曜。『名画座手帳2019』の特典折りたたみペーパー『BYCATS10 旧作邦画の脇猫10匹』の表紙を作成。背景はデジタル処理。内部も完成してコンビニで量産後、フォントサイズの間違いに気付く。

 16日火曜。夜、上板橋の寿司屋さんで宴。おいしい。

 17日水曜。『名画座手帳2019』の納品をジリジリと待つ。再配達がなかなか来ない。
 付録に関する印刷所のミスでどたばた。
 夕方に到着後、店内奥を封鎖して数人で『名画座手帳2019』商品化作業。付録を折る(予定外)、付録を入れる、製本チェック、帯を巻く、特典を折る、店販売分に特典を入れる、シール付きOPPに封入する。例年に無い種類の製本ミスもあり、その後数日間バタバタする。
 クライマックスシリーズ広島対巨人、西武対ソフトバンクをラジオでザッピングしながら今までいただいた帯文生原稿を額に入れる。
 閉店後、『名画座手帳2019』売り場を作る。

 18日木曜。少し早めに出勤して『名画座手帳2019』を販売開始。
 間に合っていない片付けをしずしずと。
 大阪からの出張のついでに手帳を買いに来てくださった客様が熱いお言葉をかけてくださり目頭が熱くなる。
 さて新しい名画座手帳。赤、とはいいながら印刷の都合で赤ではなかった文字の色が、ちゃんと赤になっていて、この点はとても大きい。

 19日金曜。スマホの電池が充電できず、ログイン時の2段階認証が届かず。画面に五寸釘を打ち込みたい。

 20日土曜。午後急いで市場へ出品。
 久しぶりに機が許すので草野球団ホトドギスの試合に参加させてもらおうと夕方出発。駅へ向かう途中にスコールに遭い、開催を危ぶみながらもキャプテンが送ってくれる開催可否情報を逐一チェックしようとすると、キャップをはずして逆さにしたペットボトルのようにスマホのエネルギーがこぼれ落ちていくので慌てて閉じる。
 とりあえず試合前の練習として和光市のバッティングセンターへ行くと、いつもは受付に座っているおじさんがちょうど外から入口のドアの鍵を閉めていた。ぽかんと立ち止まったぼくに気付いたおじさんは、強い雨の後は古い電気設備のブレーカーが落ちて危険なので閉場せねばならないことを丁寧に教えてくださった。こちらもこぼれるエネルギーの問題。
 小降りになった雨のなか朝霞のグラウンドまで歩きながら開催の可能性は低いと予想して発泡酒を2本飲む。もし開催されてもバットを振るのが前回の打席以来という準備不足、酔いによる意識の底の集中力不足。
 果たしてグラウンドに着くまでに雨は止み試合が始まった。ボテボテのサードゴロとショートゴロ。ライトフライも捕れず、ボテボテと帰宅。

 21日日曜。休眠して午後、クライマックスシリーズをラジオで聴きながら工作。布をアイロンで伸ばし、スプレーのりでベニア板に貼り付ける。スプレーのりがハンズで一缶3000円弱と高額なのに途中でなくなり買い足す。ペンキやスプレー塗料で塗装するより効率がよくムラなくきれいに仕上がりはするが経費が高いのだなと気付く。
 ひいきの森友哉選手がセカンドゴロでゲームセット。西武がとても強いけど最終的にはソフトバンクに刺されるのではないかという当初の危惧が一番最後に顕在化してしまった。
 夜、「あまちゃん」最終回と紅白歌合戦特別版を観賞。終わってしまった。小さな脳内テレビドラマ史に深く杭が打ち込まれた。魔法のような面白さ。面白さの双璧である「カーネーション」との違いをかんがえるのが楽しい。荘厳なオーケストラと賑やかなビッグバンド。
f0035084_16040676.jpg



 

by ouraiza | 2018-11-06 19:00 | Comments(0)