<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
縫    せと
 雑司ヶ谷霊園から夜空を見上げるとひとつの星がひときわ赤く光っていた。火星が近づいている、と聞く。うぉータコみたいなのがいっぱい来るぞ、と友人が言った。国立天文台「火星大接近2018」

 23日月曜。埼玉の熊谷では気温41.1度で日本で過去最高の暑さだったらしい。豊島区は39度。これが体温だったら病院で解熱剤をもらって絶対安静、クーラーを効かせて寝そべって長編漫画を読み耽りたいところ。
 休眠してドラマ「カーネーション」に集中。戦争が早く終わってくれと切に願う。喜びのワット数が高いがために悲しみの影が濃い。鮮やかな悲劇。全話で泣く。主人公のモデルである和洋裁家、小篠綾子さんは1913(大正2)年生まれで、千葉に住む和裁の得意なぼくの祖母は1919(大正8)年生まれ。祖母に以前縫ってもらった浴衣を箪笥から出して羽織り、縫い目を眺める。

 24日火曜。少し早く番をあがらせてもらって実家で軽作業。父親の塑像作品寄贈を一部受けてくださる団体への引き渡し。ビバホームに寄りコロを2台購入。病院へ父の見舞い。アイスの実ブドウ味、オレンジジュース、かりんとう。

 25日水曜。夕方から名画座手帳の打ち合わせ。
 夜、店に寄ってくれた近所のMくんが、孤独で孤独でどうしようもない、、、と言うので缶ビールを飲みながらパートナー開発の方策を適当にかんがえる。1・職場周辺から同業を探す→経験上イヤ。2・習い事など環境を変えて出会いを求める→金が無いから無理。3・出会い系サイトにトライ→相性のよい人が現れるまで待つ根性が無いから無理。とのこと。どうしよう。とりあえずもう一本飲む。

 26日木曜。夕方、隣町へ出張買取りお預かり。
 夜、カーネーション。

 27日金曜。昼に店に行くと仙台から古書水の森の水ちゃんが来ていたので一緒に五反田古書会館の催事へ。多分単行本未収録の短い随筆が多く収録されている『俳句』臨時増刊、西東三鬼読本を買う。全句集などに併載されているのだろうか。『西東三鬼全集』はまだこの世にない。店で遅番ののち水ちゃんと居酒屋升三。「雨の日の方がネットが売れる」と水先生から聞く。やはりインターネット空間は、いつもダメだが雨だともっとダメな店の救世主なのだと思い、水平線のように続く広大な屋根を想う。いまさら気付くのだが、ネット上の書店では、その運営における実際の現場はとりあえず無視して対外的な面だけ見れば、風雨を避ける必要が無く、キャスターが擦り減らず、ネジが緩まず、蛍光灯が切れず、虫に追われず、ホコリが積もらず、ガムも落ちていないのである。

 28日土曜。台風接近のため、完全ガードシフトで開店して諸事。
 一日中カキピーからピーだけを抜き出すことに集中していた気がする。

 29日日曜。ついに戦争が終わった後半の「カーネーション」をずっと観る。このドラマの面白さはつまりダイナミズムではないだろうかと思う。前衛と後衛。新と旧。許容と拒絶。間に合うことと間に合わぬこと。巨大なシーソーの両端とその中心の支点。大仰な説明の無さと絶妙な配役とあいまって、もう目尻がふやけてきた。

 ある時ふと店員ノムが、とりあえずどうでもいいから描けと言うので描いた似顔絵。川崎敬三、勝新太郎。メールで褒めてくれて欲しいとまでいうハイセンスな仙台の若き同業者へ使っていない額に入れて送る。本望なものではないのに捨てづらく、片付いてよかった。大事にしてくれるに違いない。
f0035084_20060394.jpg
f0035084_20050901.jpg

 

[PR]
by ouraiza | 2018-07-31 13:28 | Comments(0)
おにぎり    せと
 今年は暑さが酷すぎて蚊が少ないと聞いた。確かに、蚊の羽音に悩んで眠れない夜が今年は少ない。

 16日月曜。休眠して少しだけ店、久しぶりに洋服を買いにとりあえず無印良品へ。制服を白シャツから紺シャツへ変化させていく作戦。白いシャツをすぐに黒く茶色く黄色く汚してしまう。池袋ユザワヤ、東急ハンズ、ネットでボタン探し。

 17日火曜。小、中規模家具類の置き場に困りながら開店して諸事。
 小山を方向付け、値段付け。

 18日水曜。思い立って、かねてからの計画でもあった、入り口入ってすぐの「雑司ヶ谷霊園に眠る人々」の解体を始める。店を紹介してくださる雑誌の取材のときなど、特徴の無い店の微々たる特異点として話がしやすく便利ではあった。しかしそのコーナーをそれとして意識してくださるお客様は、多分3%くらいだろう。残り97%のお客様とっては、夏目漱石、泉鏡花、永井荷風、サトウハチロー、福永武彦、竹久夢二、中川一政などのビッグネームの席が、普通にあるべき棚に無い、のであった。
 タイタイが雑司ケ谷霊園に眠る人々を店の各所に散らす。

 19日木曜。「雑司ヶ谷霊園に眠る人々」コーナーに使っていた棚をどかして掃除。とりあえず小、中規模家具類を重ねて積み上げる。追い追い別のコーナーに替える。
 夕方、不要になった棚を倉庫で使ってくれるという同業の店へ運ぶ。
 先月末に入荷した山脈が片付いたことで茫然自失。手近なやる気スイッチを見失う。

 20日金曜。ぼけーっと空虚な番をして夜、上京中の火星の庭前野さんと居酒屋升三。入店してすぐに前野さんの携帯が鳴り、偶然近くにいらっしゃった前野さんのご友人のシンガーソングライターTさんが合流なさることになる。ぼくにとっては一時期どっぷりヘビーローテーションで聴いていた方だったので、緊張して浮き上がって足が地面につかず、のぼせた脳から声が出る。雑司ヶ谷霊園へ続く道でTさんが「モンパルナス」とおっしゃり、そうか、池袋にいるとついつい反射的に「モンパルナス」を西側の池袋モンパルナスの専売特許だと捉え連想にふたをしがちだが、雑司ヶ谷霊園って、パリのモンパルナス墓地みたい、と言うことができるのだな、と気付く。移動したサン浜名でTさんが注文なさったおにぎりはフリスビーぐらい大きかった。

 21日土曜。昨晩のことを思い出して穴にダイブしたい気持ちだったがそれは往々にして自意識過剰が生みだす幻想にすぎないことはわかる。シジミ汁でオルニチンを摂取。
 茫然として夕方から棚裏に積んでいた文庫、新書、ペーパーバックの市場準備、方向付け。車に積む。
 
 22日日曜。新宿岡田屋でボタンを探して入手。橋本倫史さんのドライブイン写真展を観る。ファミリーマートでお会計がぴったり1000円になり店員さんと笑う。サッポロ黒ラベル。
 夕方から古書組合北部支部総会。池袋甘太郎で瓶ビール。
 夜、千駄木にて橋本倫史さんトークショーを途中から。ペチコートレーンさんでおいしいサワーの後、中華料理屋さんでレモンサワー。
 
f0035084_19415176.jpg
f0035084_19420080.jpg

[PR]
by ouraiza | 2018-07-28 19:42 | Comments(0)
陸閘    せと
 先月、金沢へ旅行した友人に、以前金沢に赴任していた兄からのお土産として食べて美味しくてもう一度、と願っていた「いしり」を買ってきてもらった。いしりは能登地方名産の魚醤。フィッシュソース。イカ風味の醤油。入手した2種のうち1種に「いしり」、1種に「いしる」とラベルにあり不思議に思って検索すると、「いしり」は原料がイカ、「いしる」はイワシや鯖など青魚、なのだそうだ。やはりとても美味しく、いっそ飲んでみようと思ってツーフィンガー分コップに注いだが、しょっぱ死にしそうな気がして止した。

 高田小跡地の公園作り。 ついに更地になった雑司が谷の高田小学校跡地。校庭が開放された日の夕方五時過ぎには監視する人もいなくなるので何度かキャッチボールをしたことがあった。公園化計画のページに載っている予定図にはなんと「ボールひろば」がある。嬉しい。しかし往々にしておじさんたちには利用できない規約だったりするので心配。

 7月2日月曜。昼まで休眠後に出勤。昨日お引き取りした落語関連ものを仕分け、市場準備。背表紙より中に入ったことのないまったく未踏の地なので詳しい友人に教えてもらいながら。ついでに番台前に半年以上放置されていた額類を整理。会津八一学規の色紙額をどうしようか悩んだが、なぜか相田みつお風書体で印刷されているので処分。それにしても「日々新面目あるべし」、難しいことだ。
 深夜、ワールドカップ日本対ベルギーを観戦して呆然とする。負けはしたが日本代表には新面目があった気がする。

 3日火曜。古本販売サイト「日本の古本屋」の即決注文システムにおける送料の設定に悩む。各運送会社のもろもろ複雑かつ流動的な配送料金に一件ずつのご注文をあてはめて右往左往するのがイヤなので、独自の一定送料を設定してしまいたい。
 ちょっとしたテレビの撮影。プロデューサーの方がずっとうちの店のことを「じゅうらいざ」と仰っていたので心配だったが、後にいただいたお電話で訂正のお願いをすることができた。
 深夜、ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」を観始める。1話目の半分ほどのところで、これ一度観たな、と気付いたがまあいいか長瀬君だから。

 4日水曜。開店して諸事後、ツイッターや地下の更新。
 夕方病院へ父の見舞い。アイスの実ぶどう味、かりんとう、オレンジジュース。

 5日木曜。開店直後にいらっしゃったお客様がその時間に店員ノムと会合の約束があるとのことなのに、ノムが約束をうっかり忘れていて来ないのでぼくがベラベラ喋る。
 やっと気持ちの中で確定してきたネット販売における段階的一律送料の設定を閉店前までずっと。
 深夜、NHKオンデマンドにて「カーネーション」を観はじめ、泣く。

 6日金曜。やらねばならないとわかっている特殊なことが目前にあるのになぜか日常的な作業に埋没してしまうことってあるな、と思う。
 夕方から店の奥をつぶしている山脈を削って外のガレージに運び出して市場準備。大判は先週終わったのでA5判を。全然終わらず。

 7日土曜。撮影があるので昨日一旦奥にしまいこんだ山脈の一部を開店前に外ガレージへ運び出す。束80本。2000冊ほど。
 背が高い、本がお好きな女優さん。お会計の際、棚のかなり上の方に飾っていた商品を番台へ置かれたのでびっくり。
 夕方からガレージにて市場準備。こういう時いつも閉店の22時に間に合わず綿々と作業を続け、例えば0時に作業が終わったとしても、翌日開店するための作業の痕跡の片付けを一人でグダグダやるので結局2時くらいまで店にいることになる。そこで今回は作業を途中で中断、店員ノムに片付けを手伝ってもらう作戦を実行し、うまくいった。片付けを一人でやらないのは楽で嬉しい。

 8日日曜。断続的に買い取りにお呼びくださっていたお客様宅へ、建物解体前最後のお伺い。ブツを車で2往復。数回お伺いしただけの一片付け業者ですが、知性とユーモアと歴史が染み込んだ一軒の木造住居で、とても勉強になりました。詮無きことながら、淋しい。店史上ベストな軽さと高さの脚立を記念にいただく。
 夜、目白を散歩して営業時間外の中村彝アトリエ記念館を外から眺める。
 ニュースに「長良川の陸閘が封鎖」とあり、その漢字の読み方がわからないのと同時にもしやと思い検索すると、数年前岐阜へ旅行したときに徒然舎さんに案内してもらいつつ散歩した長良川の岸近くにあったあの門のことを「陸閘(りくこう)」と言うのだと知った。あの時は冗談めかして「えーこの門閉まるのマジで〜」「そうとうヤバイね〜」という感じだった。しかし岐阜の印象として強く胸に残っている景色。それが大雨で長良川が増水、14年ぶりに閉まったのだ。徒然舎さんたちのツイッターで定点ライブカメラがあると知り、閉じられた陸閘が仕事をすることが無いよう祈りながらじっと見る。

 9日月曜。cahierはえーとカイエ、、、、など、主にフランス語だが、字面を見て内容を想像するのに時間がかかり手が止まってしまうので、外国語がぼくよりは得意な店番のノムに洋書を担当してもらって市場準備。
 夜、サン浜名で慰労会中、突然背中に水滴のノックを受け、クーラーの結露かと思って上を見上げてもクーラーは無く、換気扇の上の天井から水が滲み出てついに水滴となり勢いを増しながら降ってくるのが見えた。ご主人が2階のサン浜名中華部門へ確認に行かれその報告によると、古い蛇口が折れて水が噴出している、とのことだった。面白かった。
 サン浜名のご主人はお店のすぐ近くで行われた「池袋ウェストゲートパーク」の撮影期間中に長瀬智也さんを見たそうだ。

 10日火曜。しばらく放心して後ひたすら市場準備。夕方から出品へ。A5判が終わってホッとした。

 11日水曜。しばらく放心して連絡事項とメール数件。
 日曜日にお引き取りした家具類を拭く。タバコのヤニと経年のホコリが激落ちくんによって剥けるように落ちて、やっぱ激落ちくんすげー、となる。マジックリンとのタッグが最強だった。

 12日木曜。しばらく触れず溜まっていた小山をミックスして方向付け、一部値段つけ。
 小、中規模の家具類に適当な値段をつける。
 鳥料理居酒屋サンダーバードにて酢入りレモンサワー。

 13日金曜。小山を方向付け、値段付け。
 午後からひたすら店内奥の山脈を削ってガレージに運び出し、四六判の市場準備。松坂が先発するオールスターを観たかったが帰れず。着ていたライオンズ森友哉Tシャツの全面に汗の塩分でできた白い波紋が柄のように浮かび上がり、やっと本を車に積んで駐車場に戻ったとき、森友哉選手がMVPを獲得したとカーラジオで知った。
 
 14日土曜。市場準備の続き。
 夕方に出品へ。四六判が終了。店内奥に積み上げた山脈のうち文庫と新書を棚の裏に隠し、ついに片付けることができた。
 暑い日が続き、明治通りを歩くと、前方の景色が蜃気楼で揺らいでいた。

 15日日曜。近所の鬼子母神堂と大鳥神社で手創り市が開かれる賑やかな雑司が谷サンデイ。細かなブツ類を外に出すのと同時に家具類をガレージに並べる。猛暑でタイミングが悪い。
 何も言わず番台から見えないところで携帯電話を使い店内画像を撮影する人が特に週末に増えていて気になってしまう。一言声をかけてくれればレジの中身でも薄い頭頂部でも撮影をOKするのに。そういう方を見かけ、「ひと声かけてください」とお願いする都度、ぼくが常識と感じていることのほうが間違っているのではないかと悩む。具体的に困ることがあるわけではないので結局気分の問題なのだが。
 寝不足で朦朧、早めに帰宅し、高校生のころにとびきりのエロ本を開いた背徳感を思い出しながらドミノピザの「ウルトラ盛 4倍!チーズ」を注文、ワールドカップ決勝戦をテレビに映しながら白目をむいてむさぼった。
f0035084_02091057.jpg
f0035084_02092139.jpg
 
 

[PR]
by ouraiza | 2018-07-25 02:10 | Comments(0)
2018/6/4    のむのノミムメモ
twitterより。

6月13日
ここのところお世話になってた、旧作が結構置いてあったTSUTAYA。昨日行ったらコーナーが丸ごと見当たらず、訊いたらやめて解体になった、と、、、ショック。一部は残して普通の邦画に混ぜたらしいが、それでも解体前にはあったはずのお目当ての作品は、在庫なし。むーん。

6月15日
よき日じゃった。


6月21日
『いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。』(3240円)
売場完成いたしましたー!
商品はシュリンクパックされておりますが、本紙サンプル数枚、手に取ってご覧いただけます☆
f0035084_02324043.jpg
6月22日
古書往来座、『縄文ZINE』どかんと入荷いたしました!絶賛配布中です〜
ドキ♡モテヘアアレンジやってみたい。
顔ハメンドラ・太郎バリさんもご寄稿なさってます!
お早目にどうぞ☆
f0035084_02261277.jpg
6月23日
「ワカキコースケのDIG!聴くメンタリーvol.8」
\featuring濵田研吾(脇役盤)/
日時:7/15(日)19時開演 場所:ポレポレ坐(東中野) 料金:2000円(1ドリンク付)
チラシ絶賛配布中です!
f0035084_02260591.jpg
入荷しました。
小島ケイタニーラブ「It's a cry run.」。
2016年のアルバムですが、出会った今が、わたしには新譜です。小島ケイタニーラブの音楽を聴くと、好きな人に会いたくなる。
店でかけてたら、早速売れました。嬉しい。あと4枚です。
3曲目「走馬灯はハイウェイ」で、去年中村佳穂を知った時以来の鳥肌。これ誰これ誰これ誰〜ってジャケットみたら、優河、という人でした。
中村まりさんに似たテイストの方かな??深い声で、ちょいアメリカンフォークな。
f0035084_02255872.jpg
6月25日
本日発売の雑誌AERAで、宝田さんと一緒に『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』のインタビューをしていただきました☆
北條さん!ほんとにありがとうございます!
f0035084_02255150.jpg

みちとあきら、のツーショット写真はコチラです

\週刊ポスト本日発売/
今週のチームPCRは、パツキン秋本先生が『女と男の観覧車』のケイト・ウィンスレット、妄想碇本(イカリモト)さんが『パンク侍、斬られて候』、週かんのむが『椿三十郎』、です!
そして今号で、週刊名画座かんぺも丸1年続いたことになります…!母さん、わたし頑張ったよ…
f0035084_02315984.jpg
6月29日
いよいよ発売!祝
梅雨明けたらしいって聞いて白目。
こんな暑さが?これから?毎日?

6月30日
横尾忠則さんの『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』評、こちらから全文読めるみたいです!
ほんとーーに、ビックリしました。。
朝日新聞の書評の威力。。
なお、担当A木氏によれば、昔なら朝日に書評が出れば週明けの増刷決定は確実だったそうな。昔なら……

うおーーーっ!!!>かんぺ完成

7月1日
【名画座かんぺ7月号】
出来たよーーん
配布はすみません、退勤後夕方17時以降となります!古書往来座は開店(12時)より配布開始いたしますー。
f0035084_02320735.jpg
キノハウス着いたら、1Fのイベントスペースのスクリーンにでかでかと小池タマ雄が映ってて、ギャっとなる。
頼光さん出演イベントやってたのか今日!

【雑誌の「ぴあ」がアプリで復刊!】
かんぺにも書きましたが、「ぴあ」のアプリができてます!スマホのApp Store から無料でダウンロードできます。ぜひお試しあれー
あてくし、その中の「今日の水先案内人」コーナーで案内人をしております!今回取り上げた作品は『恋文』『ひろしま』『愛の歴史』。

清水将夫と三津田健が両方出てると、こっちがシミマサ、あっちがミツケン、と自分に言い聞かせるのに30分くらい要する。まだまだだな。

7月3日
\宝田明・著者インタビュー2連発/
本日発売の「サンデー毎日」(左:聞き手岡崎武志さん)と「週刊女性」(右:聞き手南陀楼綾繁さん)に宝田さんの『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』のインタビューがどかんと載っております!
是非、お手にとって見てみてくださいませ〜。

「AERA」では天使でしたが、「サンデー毎日」では時の氏神になっております>わたす

7月4日
記事中に出てくるフィルムメンテナンス担当の伊藤岳志氏通称タケちゃんは、古本大學時代からの古〜いお客さん(当時は大学生)なのです!古書往来座のブログ「往来座地下」にも登場します(代表も参加の草野球チーム「ホトトギス」メンバーでもあり)。タケちゃんいい仕事してはる〜〜カッコいい!
リツイート








[PR]
by ouraiza | 2018-07-05 02:20 | のむのノミムメモ | Comments(0)