人気ブログランキング |
カテゴリ:台所大賞(休止 多数「工作」に移動)( 62 )
台所大賞1311    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
店員のむみち氏発見 ペーパータオル がガラス窓を拭くのにとても便利

 2013年は毎月一度店のガラス窓を拭きました。それまでは気が向いたときに、季節ごとぐらいにガラスを拭く程度で、どうも、くもったり汚れていることが常態になるのはいけないなあと思いました。ガラス窓がきれいだと、すがすがしいものです。
 ガラスマジックリンを吹きかけ、濡らしたスクィージーでカコカコし、残った水分をペーパータオルで拭き取ります。ペーパータオルは、ティッシュペーパーとキッチンペーパーの中間ぐらいのペーパーです。今までで一番、ムラができず、やりよいペーパーです。
f0035084_1946278.jpg

by ouraiza | 2013-12-26 21:56 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1309    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
該当無し

by ouraiza | 2013-12-26 21:54 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1308    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
該当無し

by ouraiza | 2013-12-26 21:53 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1307    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
該当無し

by ouraiza | 2013-12-26 21:52 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1306    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
該当無し

by ouraiza | 2013-12-26 21:51 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1305    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
該当無し

by ouraiza | 2013-12-26 21:50 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1304    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は
該当無し

by ouraiza | 2013-12-26 21:49 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1303    せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013〜)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにしました。■■■
先月の台所大賞は

 
洋書の刊行国を表示するときに国旗を描くとなんとなくかわいらしいこと


 洋書にフランス刊とか仏刊とか独刊とかなるべく示すのですが国旗はカラフルで楽しいです。値札や帯を付ける時だけです。
 もとは店員のむみちの発見。
f0035084_17245120.jpg

by ouraiza | 2013-04-24 22:25 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1302
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
先々月の台所大賞は

 
ショーウィンドウの空いたところに変なものを置くと可笑しいこと


 空いたところを埋めるものがない時。変なオブジェが欲しいです。
 下画像は店員うすだ王子の作品。
f0035084_17232858.jpg

by ouraiza | 2013-04-24 22:20 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)
台所大賞1301  せと
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。(追記2013/1)受賞が難しい状況なため、新しい一面ならなんでもいいことにします。■■■
今月の台所大賞は

レジロールペーパーが少し便利

f0035084_16441274.jpg だいたいケースで買って備えておくレジロールペーパー。
f0035084_16442682.jpg 裸本の表紙に巻いて
f0035084_16443612.jpg 表示に使えたりして。

 この縦に巻く表示ではなくて、横に巻く帯になる紙を探すことが多い。ほんとはそっちのほうがいい。レジロールは横巻きの帯にするには薄すぎる。

by ouraiza | 2013-02-20 22:43 | 台所大賞(休止 多数「工作」に移動) | Comments(0)