カテゴリ:工作( 98 )
2012/2/27        せと
 店員のむみちが制作発行している『名画座かんぺ』の創刊記念激励のような会をしたので、なにかおくりものを、と作った木版画[飯田蝶子]。のむみちさん一番の贔屓なので。反転を忘れていて着物の合わせが逆になった。似てる度はまあ6.5(/最高10)、なかなか、よくできた、と自己判定し持ち込んだが、会場にて皆様の反応から察した実際の似てる度は2。この件にあまり触れていただかぬよう、無視しながら時間を過ごした。
f0035084_1222382.jpg


『高橋由一画集』 土方定一編
昭和47年 限定500部 講談社
外箱に少破けあり
販売中 売切
f0035084_21153184.jpg

 展覧会があります。「近代洋画の開拓者 高橋由一」。ゆういち、だと思っていましたが、ゆいち。チラシ、店頭にて配布しております。
f0035084_21225765.jpg

[PR]
by ouraiza | 2012-02-28 03:40 | 工作 | Comments(0)
ヘヴンを四つ       せと
 本日で年内の営業が終了いたしました。今年もたくさんのお客様のお世話になりました。誠にありがとうございました。来年もなにとぞ、よろしくお願い申し上げます。
 毎年年末に、この一年はあっという間だった、と感想を持つのですが、ぼくは今年が長く感じました。早く終わって欲しいとさえ思います。二つほど、年内にやっておくべきかもしれない仕事を放棄しました。3月11日の大地震以降、無常観の霧雨とでも言いましょうか、多かれ少なかれその雨に濡れていて、偶然また永い時間が経ったときに肌が乾いていたとしても、もとの肌と同じではないでしょう。よいお年を、と例年通りのご挨拶をする都度、これが最後の「よいお年を」なのかもしれないという感覚に、例年とは違って、少し、襲われます。明日は店の大掃除の日。もうそんなの全然やりたくなく、一刻も早くその後の店員だけの忘年会に行っててきとうに笑いたい。

 最後の最後に、念願のことができた。外の特価本棚の棚変更。2台試作を重ねたヘヴン(試作YouTube  )をいよいよ本格始動。4台作った。
f0035084_16181467.jpg

 試作ヘヴンではできなかった斜めカット。天板を斜めにして面出し仕様の時に、くっついているとなりのヘヴンと壁で隔たれることなく本を陳列できる。
f0035084_16182157.jpg

 天板を斜めにする仕組み。L字のネジを切って作る。斜めにしない時の使い方が難しいかもしれない。
f0035084_16183458.jpgf0035084_161843100.jpgf0035084_16185286.jpg

 これも試作になかった持ち手穴。難しかった。
f0035084_1619986.jpg

 開店以来6年半使い続けた棚。つぎはぎ、補強の跡がひどく、動かすのに失敗すると血が流れた。これらを変えたかった!!
f0035084_16192353.jpg

 ヘヴン!!肝心なところでピカってしまった。
f0035084_21592789.jpg


 来年早々、7日(土曜日)17時から、ユーストリーム放送「わめぞTV」の特番で盲本道対決の特番、「盲本道合戦 2012新春トーナメント」をやります。7日8日に行われる鬼子母神通り外市に合わせたものです。外市ゲスト出店の店主たちが歴代チャンピオンに挑む!! 勝ち進むたびに微々たる賞金があります。優勝すると、外市のために運送した商品の送料ぐらいにはなるかもしれません!!
 ぼくの予想では、優勝はナンシー。
f0035084_22365449.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-12-29 22:38 | 工作 | Comments(0)
2011/12/27          せと
 お茶の水の古書会館に寄り、東京堂書店に駆け込む。年内に必ず買いたいのだ、とじりじりしていた本を買う。荒川洋治『昭和の読書』西野嘉章『新版 装釘孝』宮本輝『流転の海第6部 慈雨の音』。流転の海は完結するのか?!帯をみるだけでは終わってなさそうだ。熊吾がんばれ! 新刊本を買うよろこびを、久しく忘れていてとまどう。
 さて暮だしゆっくり仕事して早く帰るもしくは遊びに行こう。特価本スタンドのキャスターがついに不調で、自前のキャスターボードに交換しよう。しかし、以前から断続的に続けている交換作業における、元キャスター28個分の最後の2個だけがどうしても抜けない。今まですんなりいったのに、最後の2個だけが抜けない。金切りノコで切る伐る斬る。つまるところ、いつも扉と壁は同時にあって、どちらかというと壁のほうが面積が広く、壁のほうが自分の近くにある。つまり、ビタミンCは大切。
f0035084_336564.jpg

 新しめの本入荷いたしました。販売中!!!
f0035084_3361268.jpg
f0035084_3362187.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-12-28 03:36 | 工作 | Comments(0)
2011/12/16       せと
 「来年もあるんだよ」と友人が言っていた。最近この友人はジョン・レノンなのではないかと気付いた。十二月には十二月だけの焦りがある。一年が幕を閉じる直前に、まだやり足りないことがなかったか、よく検討もせずに焦っている。焦らされている。とはいえ、昨今なかなかやる気が起きない。もう今年は、いいじゃないか、という想いも胸にある。脳が走って胸が寝ている。今年中にやった方が売れますよ、正月の読書用に特価本どんどん出したら売れますよ、と店員のうすだ王子が言うので、棚の配置換えにともなわせて整理。言われなければやる気になれない。新書を大幅に減らして前から考えていた映画本コーナーの拡張。一冊も拡張後の映画本の用意が無い。大きな水槽にメダカが数匹だけ泳いでいる。
f0035084_21393226.jpg

 特価本スタンドに傘ホルダーを装着した。雨が降ると毎回100円ショップで買った万力でどうにか傘を着けていたが、楽になるだろう。筒に刺すだけでいい。
f0035084_21394974.jpgf0035084_2140317.jpg

森永アラモード 空き缶
横幅約323mm
2100円 販売中!!
f0035084_21403155.jpg


f0035084_2140422.jpg


f0035084_21405657.jpg

チョコレートSMARTIES 空き缶
直径約125mm
500円 販売中!!
f0035084_21411388.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-12-16 21:44 | 工作 | Comments(0)
2011/10/27      せと
 おととい、郵便局へ向かう道、鬼子母神横、ひぐらし文庫さん前の道が、建築解体現場の足場が道路側に倒れたとのことで通行止めになっていた。封鎖テープの先に、道路がジャングルジムでとうせんぼされているような変な状況がみえた。そんなことがあるのだなあ。
 青聲社さんの本棚作製中、外枠だけの状態で横になった本棚があまりに寝るのにちょうどだったので休んでいるところ。
f0035084_4393696.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-28 04:39 | 工作 | Comments(0)
17日(月)12:00、目白台に「古本と古道具 青聲社」開店!!   せと  
 一箱古本市や鬼子母神通りみちくさ市や、イケブックロ、あいおい古本まつりなどに「寝床や」として出店なさっていた豊蔵ユウスケさんが目白台にお店を開く!執拗なまでの律儀さと風俗話と落語ともも色クローバーと広島カープ好き、BOEESのキーボード担当でもあるお方です。ぼくは本棚を作らせてもらったり、準備の手伝いを少しさせていただきました。青聲社開店前日画像集でございます。
 いやはやー落語を中心にした演芸、文芸、変な本、おもしろそうな本がたくさんあります。そしてかなりマイルドでフレンドなプライスです。
2011/10/17(月曜日)12:00開店
青聲社(せいせいしゃ)
12:00〜21:00 不定休
112-0015 東京都文京区目白台1-24-8
TEL・FAX 03-6902-2580
twitter
地図

最寄駅は有楽町線護国寺か副都心線雑司が谷、JR目白からも歩けますがバスもあります。目白通り沿い和敬塾と椿山荘の間、ピザハットの隣です。
f0035084_2057100.jpg
f0035084_21527.jpg
f0035084_211350.jpg
f0035084_214677.jpg
f0035084_213692.jpg
f0035084_212153.jpg
f0035084_215585.jpg
f0035084_21292.jpg
f0035084_221418.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-17 02:36 | 工作 | Comments(0)
2011/10/12     せと
 きのう深夜、残すは着色と金具取り付け設置、までのところまでできた、ネディのお店(目白台・開店準備諸々不確定要素過多のため未公表一応17日月曜開店なのかもしれない予定)の本棚。今日明日、着色の修羅場と化すことだろう。
f0035084_0403374.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-13 00:46 | 工作 | Comments(0)
2011/10/11      せと
f0035084_1615713.jpg BOEES(ボエーズ/イラストレーターと古本屋などの反技法派不協和音やけくそバンド)のキーボード担当であるネディの開くお店に本棚を設置するための、木材が届いた。今日火曜日夜が組み立ての本番。一応の開店設定が17日、来週月曜。間に合うのか!!
f0035084_162465.jpg 土曜日、不忍ブックストリートの「秋も一箱古本市」に、チームBOEESとして参加させていただいた。
 お客様、運営本部の青秋部様、運営委員の皆様、会場の古書ほうろう様、誠に、ありがとうございました。
 BOEESの密やかな目標は、全賞受賞。結果、とうてい無理でございました。ぼくは意識過剰の薄ら寒い品揃え。ドラム王子は黙々と空振り。キーボードネディは開店準備に忙殺されていて品物はあっても売上0。ベース羊三さんは激しい二日酔いで10回以上嘔吐しながらも特大ホームラン1発(「あれだけ持っていけばよかった・・・」と)。しかし自分で最近買ってまだ読んでいないものまで激安商品にしたレコーディングハッチは大健闘。ハッチ、橋本さんが出演なさるイベント。お客様から依頼を受けたら500円で色紙になんでも描く、ことを商品にしたヴォーカル、イラストレーター武藤さんがすごかった。ふつう色紙は5分くらいで、さらさら、しゅ、ぴゅっ、てへ、と器用に書くものだと思っていたが、武藤さんはそれぞれだいたい10分から30分、うむむ‥‥、ぎしぎし、ごしごし、うーむ‥‥、と苦悩しながら描いていらっしゃった。「(本職仕事と比べて)ぜんぜん本気じゃねえよ!」とおっしゃっていた。もっとできたはずだ、と後日描き直しが3点。ああテレビ携帯インターネット、哺乳類人間目ヒト科はだんだんこのようなごしごしを忘れかけていっているのかもしれない!などと思いました。
 売ることの難しさと楽しさの絶妙なハーモニー。勉強になり、とても楽しい一日でした。誠にありがとうございました。

f0035084_162148.jpg 武藤さん製、衝撃の看板。色絶。「希望も絶望もボエーズ」とかTシャツをお作りになっていたところ、気付かずにこうなっていたとのこと。
 下は武藤さんが地面に敷いていた受注表。完売後。
f0035084_1622117.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-11 16:19 | 工作 | Comments(0)
2011/10/4        せと
秋も一箱古本市 10/8(土)【雨天時10/9(日)に延期】
に出展するBOEES!!!!!!!!
のために作った、いや、作らされた一箱。ボエックス。一応規定のサイズ内で展開する。
f0035084_22383831.jpg

内部にはあらかじめキットが入っている。キットを抜いて純粋な箱として使用できる。
f0035084_22384925.jpg

ファーストトランスフォーム。平行と垂直とホンドラ×2。
f0035084_22385739.jpg

セカンドトランスフォーム。バロメーターはこれでマックス。
f0035084_2239616.jpg

ライトホンドラには、あらゆる展示方法に備えたキャノンが搭載されている。
f0035084_22391713.jpg

レフトライト、両ホンドラはもちろんワンタッチダイナモです。
 なにとぞよろしくお願い申し上げます。
f0035084_22392518.jpg

『アンドロギュのスの裔』渡辺温 昭和47年初版 薔薇十字社
15000円 販売中!!!

 「裔」は「ちすじ」と読むようです。
f0035084_22393335.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-04 22:39 | 工作 | Comments(0)
2011/9/27      せと
 小さな棚を作った。時間がかかり、そのわりには小さなもので、なんだか哀しみがあった。小さなものなら、ダボ穴を開けて、レールではなくて板に直接あいた穴にダボを差す仕様にすることが自分でできるようになった。「ツメ」とか、「アレ」とか、いろいろ呼ばれるが、とりあえず「ダボ」であろう、棚を四辺で支える突起物。かんがえてみれば、ダボは本屋にとって最重要な具ではなかろうか。本棚の枠があって、棚板がある。さて、ダボはどこだ? え!! 無い!?困る。棚に本が入ってからは、もうずーーーっと、その身にひたすら荷重を背負い続けている。「ダボになりますか?ハゼになりますか?」と問われたらどうしよう。ダボは大変だなあと感じる。
f0035084_2243646.jpg
f0035084_22425853.jpg

植木入れ 把手の最上部までの高さ約45センチ
1000円 販売中  売切

 ふんいきのよろしい素材のよくわからない入れ物でおます。
f0035084_2242508.jpg
f0035084_22424310.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-09-27 23:00 | 工作 | Comments(0)