◆『名画座手帳2019』販売中!!
f0035084_17013834.gif





定価1944円 (1800円+税)  ISBN978-4-909397-19-5 C0074 A6(文庫)判 2色 288P
古書往来座販売限定特典 折りペ『BYCATS10 旧作邦画の脇猫10匹』(のむみち選)付き
ホームページ ⇒ https://meigazatecho.blogspot.com

# by ouraiza | 2019-01-30 12:00 | Comments(0)
ふるえ    せと
 雑司が谷大鳥神社横の踏切りを渡ろうとすると、前方に店番タイタイと同じ背格好で同じ徒歩フォームの人が歩いていたので、自転車で近付いて軽くラリアットをして驚かそうとすぐそばまで来て腕を伸ばそうとした瞬間、あ、タイタイではない!と気付き急にハンドルをきって事無きを得た。その翌日、同じ踏切りで信号待ちをしているあの白いボルボ、運転席のサングラスに長髪はジャングルブックスのケンさんだ、車体の横に自転車でちょっとぶつかって驚かそう、と思いペダルのアクセルを強め前輪が運転席横のドアに触れそうな瞬間、あ、ケンさんではない!と気付き急ブレーキ、知らん顔で都電の通過を待った。危なかった。なんだろう、ヒト間違いも老化の症状だろうか。

1月14日月曜。
 帳場内で足元の暖をとっていた遠赤外線ストーブが先々週ぐらいから気まぐれについたりつかなかったりするようになったので寒い。叩いたり撫でたりするのも疲れたのでアマゾンで注文。

 年末に定めた目標の一つだった岩波文庫<赤>を翻訳文庫著者名五十音順に混ぜる作業をノムとタイタイが終わらせてくれていた。

15日火曜。
 経理に関する連絡など諸事。
 昨日注文して届いたファンヒーターが思っていたより小さく、ネットショッピングにおけるサイズチェックの重要性を思い出す。
 入谷コピー文庫さんのアンケート用紙に記入。
 急いで市場準備。

 ご近所様へ出張買取り。その足で市場へ出品。ちょうど組合から出てきたドS書房Aさんを早稲田までお送りして帰る。この日は優しいバージョンだった。「オレぁ今よ、ンにもキョーミねぇんだ、、、いや、風向きだけは気になるな、、、」とサーファーのAさんは言っていた。

16日水曜。
 午後から雑誌の撮影。被写体の女優Hさんの首がスティック糊ぐらいの細さだった。

 「神戸」になんとなくな憧れがぼくにはあるのだが、神戸に居住歴のあるお客様が、他県から来て神戸に住むことの難しさを教えてくださった。やはり実際に生活をするとなると排他性などいろいろあるのかもしれない。

 タイタイに教わりながらドロップボックスをダウンロード。画像の移動をスムーズにしたい。

17日木曜。
 外の漫画と絵本を整理。40冊ほどツブし。軽くする。
 新しい看板の下書き。
 週末に向けて外に出す絵本を方向付け、準備。
 父の見舞い。病院の輪郭を包む冴えた夜空に太めの三日月が光っていた。

 夜、ユーチューブの高木豊チャンネルがとても面白く熱中。

18日金曜。
 外の特価本スタンドを整理。60冊ほどツブす。
 看板の下書きの続き。
 隣町へ出張買取り。ご病気と聞いていた懐かしいお客様にお会いできて嬉しい。
 レーザーディスクをどうしようか迷ってとりあえず商品化。
 手創り市とみちくさ市同時開催の賑やかな週末に向けて、5年前に市場で買い、ずっと備品置き場で眠っていた世界各国のトランプが入った箱を引っぱり出す。数えると約100個。

19日土曜。
 「いだてん」に登場する天狗倶楽部によるエール「奮え〜!奮え〜!」がつまり今の応援時の「フレー!フレー!」だと知り驚く、が、そもそもの由来は英語の「hurray」、など諸説あるらしい。
 どうしても必要な備品を要町公徳堂へ買いに行くもすでに営業時間を過ぎシャッターが閉まっている。仕方なく東急ハンズで調達。ついでに新しい看板に使う材料も買う。慌ただしくなり見舞いをサボる。
 昨日引っぱり出したトランプをノムとムトさんが商品化。札を数えたり、手間$。

20日日曜。
 賑やかな雑司が谷サンデイに合わせ一時間半ほど早めに出勤して準備したものを案配しながら開店。雑司が谷サンデイには早めに開店する、という課題が年末会議で挙げられていた。続けたい。

 カゲロウは約3年幼虫として水中で生活し、成虫となって川面を飛翔するのが約2時間だけであり、繁殖のためだけに飛翔するので口がない、とテレビ教授から学ぶ。なんてことだ。
f0035084_13303341.jpg
f0035084_13302298.jpg




# by ouraiza | 2019-01-22 11:36 | Comments(0)
鉄    せと
1月8日火曜。
 開店して諸事後、エクセルで日々の経済を記録する日計表の新年版を2時間ほどかけて一気に作るも、計算式が入ってないなどの根本的な不備が後で発覚し、店番タイタイが全部作りなおしてくれた。
 ご近所様へ出張買取り。
 新年の殊勝さの陣地に日常的怠惰が攻め込んできているあいまいな時間帯にボーっとし続ける。

9日水曜。
 夜、病院へ父の見舞い。ラメで光った化粧の新しい看護士さんが「あーくさい」と独り言を言いながら廊下を歩いていた。

10日木曜。
 ぐずぐずと諸事。
 保留物の大山に手をつけようとするもその大山の周囲にある保留物を触っているうちに時間が過ぎる。
 夜急いで市場へ出品。
 東急ハンズで工作備品を物色。

11日金曜。
 さてついに保留物の大山を削り始めようと頂上に手を伸ばすと、それぞれ別種のちらしなどの薄い紙ものがかたまっていて、削ってはいるのだが山が小さくなる実感の沸かない切ない時間。
 夜居酒屋バシトン。店員さんに肝臓の重さに負担のない料理を尋ねると、肝臓にはレバーが効く、とのことだったので食べる。レバーにレバー説は本当だろうか。

12日土曜。
 セロテープの貼り替え的諸事を繰り返すうちに時が経ち、別に今日じゃなくてもイイじゃんと天使のささやきが聞こえたので市場出品をサボる。一年を通して何回やるつもりだったことをサボるのか数えてみようかと思う。
 実家にて小用。病院へ見舞い。

13日日曜。
 夕方から古書組合北部支部の新年会。43歳にして初のフグ料理。「てっさ」というものを初めて肉眼で見た。牛でも豚でも鳥でも魚でもない、これがフグか、と思った。子供のころ初めてピザを食べたときのような新ジャンルとの出会い感がある。淡さと優しさ。大人になれた気がする。酒席は反省の母体。Don't look back yesterday。

 深夜『ミニオンズ』観賞。

映画「審判」ポスター ドイツ版
f0035084_15390049.jpg



# by ouraiza | 2019-01-13 16:07 | Comments(0)
タブ    せと
1月4日金曜。
 『名画座手帳2018』から『名画座手帳2019』へ移行したいのだが、去年から引きずって未解決な情報をメモしているので書き写す事項が多い。荷物の多い引っ越し。
 それにしても『名画座手帳2019』でついに念願かなって変更できた「赤の色味」が嬉しい。ちゃんと赤い。

 保留物の商品化。

 一昨年の年始に作ったゴミ箱に改良点があったので改造。背を低くしてキャスター装着。
f0035084_14423860.jpg

 夜、古書信天翁さんへ新年のご挨拶。途中立ち寄ったほうろうさんで漏水現場に遭遇しつつご挨拶。漏水、唸る。
 信天翁さんで痛飲、今年一番最初の新しいメモは「リゾバ」だった。

5日土曜。
 保留物の商品化。
 病院へ父の見舞い。
 「古本」を英訳する際の新しい(とは限らないが)言い方を思い付く。もうすぐやるつもりの看板改造時に使える。

6日日曜。
 店でパソコンの作業。
 遊びに来てくれた宮本さんと散歩。東急ハンズで手帳用のペンを物色して購入。DELFONICS、いかす。
 売っていた「ワンプッシュでタブが作れるセロテープ台」の「タブ」とはなにか、皆でかんがえる。商品をいじっているうちにわかった。「引っ張るところ」である。セロテープの端を折ってその部分だけ接着させず引っ張って剥がせるようにしておく時。その折った部分が「タブ」なのだ。「耳たぶのたぶか!」と思ったがそうではないようだ。プルタブのタブ。wiki
 西口の酒場、大都会へ。200円のそばが美味しい。中華食材屋さんで花山椒ピーナッツを買って宮本さんに無理やり持たせ、スタバ。
 去年の11月くらいからだろうか、居酒屋で安上がりに火照った帰路、スターバックスに寄ってシナモンをたっぷり振りかけたホットラテをテイクアウト、「うめぇ、なんだこれは、うめぇぇ」と飲みながらよろよろ帰ることが我々の間で流行している。

 深夜、NHKオンデマンドで「いだてん」鑑賞。大河の調べの中のクドカン節。おもしろい。

7日月曜。
 新年会予約の件とそこから派生する件、父の病院の件とそこから派生する件、取材後の記事チェック、などで方々へメールと電話。
 夕方ご近所様へ出張買取りお預かりオリコン4つ。
 脳がくるくるするので見舞いをサボる。

 ここ数ヶ月の読書。山本ぽてと『山盛りポテト』(踊れないっておもしろい)。『藝人春秋』(2も早く読みたい)。多田富雄『寡黙なる巨人』(そうだったのか、、病後の意志について想う。老後に倒れた後、希望を見出だせるだろうか)。早川義夫『心が見えてくるまで』。森田進『深沢七郎回想録』(回想、というか予想もある)。山下澄人『しんせかい』。
 

高柳重信 俳人宛 賀状。
f0035084_21525855.jpg

# by ouraiza | 2019-01-08 21:49 | 工作 | Comments(0)