人気ブログランキング |
塩の中の米    せと
 薬局で猫の缶詰や砂を買った際、中身が見えないビニール袋に入れるかどうか問われ、それは共同住宅のルールをかいくぐるため、と以前学んだことがあった。
 もうひとつ。
 近所にあるコンビニの一つで猫の缶詰を買うと必ず「お箸はお付けしますか?」と精算しながら店員さんに尋ねられる。初めはぼくが食べるための道具として箸が必要かどうか、というなんて鋭いジョークだろうと可笑しくて笑っていたが、先日ハッと気付いた。猫の食事どころに缶詰の中身を取り出して置くための箸、のことを仰っていたのだ。家の中で、特に外で。
 袋も箸も、説明が無くなんとなく小声、なところが店の妙技。

8月24日月曜日。
 定休日のため徹底休み。地下を書く。
 夕方散歩に出てブックオフにてプレステ2の「鬼武者3」と「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」を買う。鬼武者1:2001年、鬼武者2:2002年、鬼武者3:2004年、新鬼武者:2006年、と、たいていは新シリーズが新ハードに移行するのに、鬼武者はプレステ2だけでゲームの進化を体験できて楽しい。2004年の鬼武者3でついに主人公のスティック操作ができるようになった。

8月25日火曜日。
 先週末にお預かりした大山の整理。別荘として賃貸なさっていたアパートの一室を御本人不在でお片付けした一件。隣県のお住まいへお送りする本4箱分を抜き出し、数日後に引っ越し屋さんが荷物をまとめるアパートの部屋の前に台車で持っていく。

 細かなメール連絡や諸事。

 夜、プレステ2にて鬼武者3。進行から角が取れている。

8月26日水曜日。
 数件の電話連絡と乾いたセロテープを貼り替えるなどの諸事。

 夕方神田川方面へ散歩に出てめったに行かないスーパーマーケット「よしやセーヌ目白高田店」へ。高田方面のお客様お二人をお見かけする。猛暑のなか雑司が谷と高田をつなぐ宿坂を上がる。

 夜、ムトさんが仕事の資料として「銀座カンカン娘」を観るために動画配信サービスU-NEXTの無料体験に登録。「銀座カンカン娘」の岸井明という俳優の体格の大きさが面白い。旧作邦画内にでかい人、というイメージが無かった。古今亭志ん生も噺というより佇まいを観ているだけで非常に可笑しい。
 さらにドラマ欄でみつけた「傷だらけの天使」を観始める。
 さらに大量のアダルト動画のめくるめく世界を血眼で探索。
 約束された寝不足。プロミスドレッドアイ。

8月27日木曜日。
 雨予報だったので屋外ガードシフトを組むが降らず。
 『名画座手帳2021』の表紙と扉についてかんがえる。

 夜、めずらしいことりさんがエコバッグの追加を納品にいらっしゃる。
 深夜、傷だらけの天使。

8月28日金曜日。
 昼、焼き鳥母家さんのテイクアウト焼き鳥丼を買ってきてもらい食べる。

 なんとなくネットサーフィンをしてなにも憶えていない数時間を過ごす。

 去年ご近所に移転してこられたIさんからお電話をいただく。「あの、実は、、、ちょっと相談したいことがあるのですが、、、今からお邪魔します、、、」と仰るので、少し心配になりつつお待ちしていたら数分後に
いらっしゃった。
 Iさんはカバンから厚い函入りの学術書を取り出して「本体が函から出なくて、、、」と仰った。なんだか安心しながら、ちょっとした引っかかり、もしくは時の運の問題だったのだろう、函を振って本体を出し、函にOPPを被せる応急処置。

 夜、印刷屋さんを交えて名画座手帳2021の会議。編集部のIさんから西武ライオンズ森友哉選手のプロ野球チップスカードをいただく。とても嬉しい。昨日のネットニュースより、森友哉選手の涙
塩の中の米    せと_f0035084_23220571.jpeg
 仙台出身の新担当の方から「北辰鮨」の名称変更についてお聞きし、最後はキャプテン翼のテーマをYOUTUBEで流し終会。

8月29日土曜日。
 暑すぎてぐずぐず。暑い時に暑いと嘆いても涼しくはならねぇぜ!と去年まで威張っていたが、午後中ずっと暑い暑いと嘆く。

 昨日をコピペしたかのように、なんとなくネットサーフィンをしてなにも憶えていない数時間を過ごす。
 オリコン3つを仕分け。

 夜、古書信天翁センパイと近藤十四郎さんと久しぶりの「ハマナナイスデイ」(近藤さん造語)で東池袋サン浜名さんへ。父の逝去などがあってなかなか会えなかった勝手に国宝指定ベーコンエッグを抱きしめる。「魚ーザ」「シャービック」「ウェス(布)・モンゴメリー」「体温計の計り終わりの音が聞こえない」「短期間しか存在しなかった和式水洗便所」「うんこが立ったという友からの電話報告」「レストランや喫茶店のテーブルに常備してある塩の瓶に、米粒が入っていた件(ぼくは生まれていない)」など。

8月30日日曜日。
 午後から板橋の実家にてお香典や返礼品の事務。父が趣味で収集した骨董品がたくさんあり、どうしようか皆で悩む。まず母が父の遺したメモをもとに調査を進めることにする。

 深夜、傷だらけの天使第4話「港町に男涙のブルースを」(柛代辰巳監督の回)を観て驚く。今よりも、自明か暗黙かを問わず放送規範がかなり少なかったのであろう1974年に放送。毎回そうだが特にセリフが聴き取れないし、物語の流れも判然としないが、なんたる熱さだろう。くらくらした。
塩の中の米    せと_f0035084_23222762.jpeg

by ouraiza | 2020-09-03 01:14 | Comments(0)
<< ノーマット    せと 胸の渚    せと >>