2018/6/13    のむのノミムメモ
twitterより。

5月30日
名画座にIT社長いないかなー

5月31日
【名画座かんぺ6月号出来】
本日これから折り、その後午後、阿佐ヶ谷→渋谷→京橋→神保町→池袋
の順(多分)に回りますー。
f0035084_04141803.jpg
やや映画寄りの総合文芸バラエティ誌『トラベシア』vol.3おかあさん号、古書往来座入荷いたしましたーーーっ!!
いの一番に、小西さんのとこと、ムチコさんのとこを読む。最高。
540円(税込)です。
f0035084_04143238.jpg
6月1日
本日の朝日新聞夕刊で、『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』取り上げていただきましたーー!
新聞は、初、かな!
以上、のむみち(41)より、お知らせでした☆

6月2日
わたしも10年後には彼女くらい割烹着の似合う女性になっていたい。
一万慈鶴恵クラブ、明日開会。

かんぺ記載間に合わんかった!

6月3日
昨晩の娯楽百貨presentsの映画案件、ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
昼の部は客として大いに楽しみ、夜の部は二代目一万慈鶴恵a.k.a一万慈ノム恵として登壇させていただきましタ🌟
写真は待機中のアタシ。豪華ナイトクラブを掃除しに来たおばちゃんにしか見えませんが。
来てくれたお友達も一緒に、の打ち上げは、「いつかこんな飲み会がしてみたい」が実現したメンツで嬉しくなっちゃった。
f0035084_04143985.jpg
6月4日
今期、最優先1番気合いを入れて観なければならぬ作品を前に、眠い、眠すぎる、、、

6月6日
わが「銀ゴジ」と同じ担当編集者のお仕事。楽しみだぎゃ。
6月9日
『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』
宝田明さんのサイン入りはおかげさまで完売いたしました!
以降古書往来座での販売は、宝田さんのサインが入っていないものになります(「宝田明かんぺ」はお付けいたします)。
何卒よろしくお願いいたします!

6月10日
生まれて初めての、書評。。
高崎さーん!!ありがとうございます!!!
6月11日
\『週刊ポスト』発売中!/
今週のチームPCRは、パツキン秋本先生が『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の榮倉奈々、妄想の碇本(いかりもと)兄さんが『ブリグズビー・ベア』、週かんのむが『晩春』です!『晩春』繋がり(?)で、大竹省二の撮る原節子(怖いー……笑)も載ってました!
f0035084_04144784.jpg
6月11日
ケサマツ氏と濵田研吾氏と国書の樽本氏が、キティちゃんと同い年という事実。笑撃。

6月12日
『週刊読書人』2018.5.25号の横尾忠則さんの連載「日常の向こう側 ぼくの内側」より。
「夕方まで宝田明さんの自伝を読む。」……!!
それにしても、「平四郎危機一発」はほんと危険な番組だったんだなあ(見たいけど)。
キヨシさん(@travellingswallow)、お知らせ感謝です♡

藤原釜足と藤山陽子が食卓囲んでると、いつ卵が転がり落ちて割れるか気が気じゃないな、、>『女性自身』

あと、『女性自身』で西條悦郎が「おぅ!」って中北千枝子マダムの店に入って来て、一瞬だったけど久々に脇役ウォッチングもできて嬉しかった!
鶴恵も2回出てきたしネ☆やっぱ鶴恵は八百屋とか魚屋が似合う〜

『女性自身』のことばっか書いてますが、赤いブラジャーa.k.a『女のつり橋』も堪能いたしました!カノジュンの輝き。。

ここのところお世話になってた、旧作が結構置いてあったTSUTAYA。昨日行ったらコーナーが丸ごと見当たらず、訊いたらやめて解体になった、と、、、ショック。一部は残して普通の邦画に混ぜたらしいが、それでも解体前にはあったはずのお目当ての作品は、在庫なし。むーん。






[PR]
by ouraiza | 2018-06-14 03:44 | のむのノミムメモ | Comments(0)
<< 暖機    せと 島    せと >>