2018/6/4    のむのノミムメモ
twitterより。

6月13日
ここのところお世話になってた、旧作が結構置いてあったTSUTAYA。昨日行ったらコーナーが丸ごと見当たらず、訊いたらやめて解体になった、と、、、ショック。一部は残して普通の邦画に混ぜたらしいが、それでも解体前にはあったはずのお目当ての作品は、在庫なし。むーん。

6月15日
よき日じゃった。


6月21日
『いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。』(3240円)
売場完成いたしましたー!
商品はシュリンクパックされておりますが、本紙サンプル数枚、手に取ってご覧いただけます☆
f0035084_02324043.jpg
6月22日
古書往来座、『縄文ZINE』どかんと入荷いたしました!絶賛配布中です〜
ドキ♡モテヘアアレンジやってみたい。
顔ハメンドラ・太郎バリさんもご寄稿なさってます!
お早目にどうぞ☆
f0035084_02261277.jpg
6月23日
「ワカキコースケのDIG!聴くメンタリーvol.8」
\featuring濵田研吾(脇役盤)/
日時:7/15(日)19時開演 場所:ポレポレ坐(東中野) 料金:2000円(1ドリンク付)
チラシ絶賛配布中です!
f0035084_02260591.jpg
入荷しました。
小島ケイタニーラブ「It's a cry run.」。
2016年のアルバムですが、出会った今が、わたしには新譜です。小島ケイタニーラブの音楽を聴くと、好きな人に会いたくなる。
店でかけてたら、早速売れました。嬉しい。あと4枚です。
3曲目「走馬灯はハイウェイ」で、去年中村佳穂を知った時以来の鳥肌。これ誰これ誰これ誰〜ってジャケットみたら、優河、という人でした。
中村まりさんに似たテイストの方かな??深い声で、ちょいアメリカンフォークな。
f0035084_02255872.jpg
6月25日
本日発売の雑誌AERAで、宝田さんと一緒に『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』のインタビューをしていただきました☆
北條さん!ほんとにありがとうございます!
f0035084_02255150.jpg

みちとあきら、のツーショット写真はコチラです

\週刊ポスト本日発売/
今週のチームPCRは、パツキン秋本先生が『女と男の観覧車』のケイト・ウィンスレット、妄想碇本(イカリモト)さんが『パンク侍、斬られて候』、週かんのむが『椿三十郎』、です!
そして今号で、週刊名画座かんぺも丸1年続いたことになります…!母さん、わたし頑張ったよ…
f0035084_02315984.jpg
6月29日
いよいよ発売!祝
梅雨明けたらしいって聞いて白目。
こんな暑さが?これから?毎日?

6月30日
横尾忠則さんの『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』評、こちらから全文読めるみたいです!
ほんとーーに、ビックリしました。。
朝日新聞の書評の威力。。
なお、担当A木氏によれば、昔なら朝日に書評が出れば週明けの増刷決定は確実だったそうな。昔なら……

うおーーーっ!!!>かんぺ完成

7月1日
【名画座かんぺ7月号】
出来たよーーん
配布はすみません、退勤後夕方17時以降となります!古書往来座は開店(12時)より配布開始いたしますー。
f0035084_02320735.jpg
キノハウス着いたら、1Fのイベントスペースのスクリーンにでかでかと小池タマ雄が映ってて、ギャっとなる。
頼光さん出演イベントやってたのか今日!

【雑誌の「ぴあ」がアプリで復刊!】
かんぺにも書きましたが、「ぴあ」のアプリができてます!スマホのApp Store から無料でダウンロードできます。ぜひお試しあれー
あてくし、その中の「今日の水先案内人」コーナーで案内人をしております!今回取り上げた作品は『恋文』『ひろしま』『愛の歴史』。

清水将夫と三津田健が両方出てると、こっちがシミマサ、あっちがミツケン、と自分に言い聞かせるのに30分くらい要する。まだまだだな。

7月3日
\宝田明・著者インタビュー2連発/
本日発売の「サンデー毎日」(左:聞き手岡崎武志さん)と「週刊女性」(右:聞き手南陀楼綾繁さん)に宝田さんの『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』のインタビューがどかんと載っております!
是非、お手にとって見てみてくださいませ〜。

「AERA」では天使でしたが、「サンデー毎日」では時の氏神になっております>わたす

7月4日
記事中に出てくるフィルムメンテナンス担当の伊藤岳志氏通称タケちゃんは、古本大學時代からの古〜いお客さん(当時は大学生)なのです!古書往来座のブログ「往来座地下」にも登場します(代表も参加の草野球チーム「ホトトギス」メンバーでもあり)。タケちゃんいい仕事してはる〜〜カッコいい!
リツイート








[PR]
# by ouraiza | 2018-07-05 02:20 | のむのノミムメモ | Comments(0)
20世紀末池袋    せと
 22日金曜。サッカー日本代表の次の対戦相手セネガルでは「こんにちは」をなんというだろうと思って検索すると、一応の公用語はフランス語だが多言語国家で、36もの言語があるそうだ。中でも一番話者が多いのがウォロフ語で、こんにちはは「Salaamaalekum」、サラマレクンであった。
 クリックポストを郵送方法の一つとして使い始めたので、おとなりのローソン100の店内レジ端のポストをよく利用させてもらう。梱包が完成してお客様が店内にいらっしゃらなければダッシュで出しに行く。車の通過待ちなど無くスムーズならばレジtoレジの往復で約30秒である。
 事務所権自宅のガスが不払いで停止。あわててお支払するも夜だったので開通は翌日に。
 ドラマ「クロコーチ」鑑賞終了。犯人の告白。真相が少し弱いかと思う。

 23日土曜。メモもメモリーも無し。

 24日日曜。午前中からとなり町にて出張買取。一昨年くらいから3箇所ある書庫とその他書斎などの御蔵書の一部ずつの整理のために断続的にお呼びいただいていて、今回が最終的な全体作業。過去最高の量を少し上回った。数年前に過去最高を記録した買取は、体積は同じくらいだったが段ボール箱での管理だったので、縛りの今回より密度は薄い。ひとまず店横のガレージに積んだ巨大な山脈を3人がかりで店内に運び込む。6回裏ぐらいいった?いやまだ3回裏。え、まだ3回、、、。ついに8回裏にいたり岐阜から上京していてちょうど遊びに来てくれた徒然舎タイコーちゃんにストッパーとして登板してもらって完了。
 店内奥の壁面全部が隠れてしまった。
 ワールドカップ日本対セネガルを何度か寝落ちしながら鑑賞。サラマレクンのサの字も憶えていなかった。
f0035084_20523904.jpg
 25日月曜。休眠して夕方から店で少しでも次の市場に出品できるよう、昨日の山脈から小さな縛り4本を取り出して準備。結局のところジャンルが山脈内に散乱しているので、一つのジャンルを溜め始めても最終段階の縛りをほどくまで待たねばならない。ジャンルで溜める必要のないセットものなどを先に準備したほうがいいと気付く。
 夜、会食。車のヘッドライトの内部は鏡になっているので、荷台が重くて車体が後傾してハイビームになってしまったとき、ヘッドライトの上側にガムテープを貼って光を抑える方法に効果はあるのか問題、など。
 深夜、ワールドカップ、ウルグアイ対ロシアを観ていると、前半と後半の間のインターバルにイオンカードのコマーシャルが流れ、蒼井優さんがニコニコしながらキャッチフレーズとして「人よりトクして生きていけ」と言った。電車シートの卑小な侵略合戦、バーゲンに群がる穢い血眼、こころの隙間につけこむ醜い寸借詐欺師、などなどを思ってしまい腹が立って眠れなくなる。眠い目をこすって一生懸命観戦しているかもしれないサッカー少年が「人よりトクして生きていけ」などという卑しいメッセージを受け取ってしまうのか、とかんがえると煮えくり返る。いくらカード会社とはいえ損得を他者と比較しろという触ると腐りそうな文言が宣伝の企画会議を通過したことが不思議。

 26日火曜。開店して諸事。どうしても昨晩見たあの気色悪いコマーシャルが頭を去らず、イオンカードに意見をしようとカスタマーセンターのメールシステムに作文したが、記入欄の郵便番号からの住所検索ボタンをクリックしたら長文が全部消えて震える。内省するに、「人よりトクして生きていけ」というメッセージに自分でも不思議なほど腹が立つのは、そんな場面に程遠い自分のトラウマ、もしくは羨望、劣等感、世間への無知、甘え、なにかそんなものがあるのかもしれない、という予感もあり、もっと冷静になろうと思う。
 大きなセットものや1冊でいけそうな本を店奥の山脈から取り出して市場準備、出品。
 夜、「クロコーチ」以降感じていた長瀬智也君ロスを埋めるため「池袋ウェストゲートパーク」を観始める。池袋シーン連発、人よりトクしない主人公マコトとキングたかしに洗われる。傑作。2000年に放送。

 27日水曜。強風のため外のスタンドの一部を壁に縛り付けて開店。
 店奥の山脈を削って大判を取り出し市場準備。
 夕方から降ろしきれず車に乗ったままの山脈の続きを市場準備。
 ふと気になった洋書のシリーズものを店番タイタイに調べてもらうと、ウィキペディアをプリントアウトして教えてくれた。ニコラ・ブルバキは架空の人物。
 深夜1時に作業終了し大判は全て終わったと安心したが、店奥の山脈にかけた布をなにげなくめくるとそこにはまだ大判の大山があった。
 
 28日木曜。強風止まずまたスタンドを縛って開店。スタンドが倒れる悲劇は絶対に避けたい。
 昨日の続きの市場準備をひたすら。顔や手を拭いたギャツビーボディペーパーが真っ黒になるのを楽しむ。
 市場へ数学系大山を出品。後日結果的に場違いな出品をしてしまったと判明。
 夜、ワールドカップ日本対ポーランド鑑賞。

 29日金曜。風の強い日が続いているうちに梅雨明けだとニュースで知る。雨が少ないのは嬉しいが、今後のゲリラ豪雨が怖い。
 夕方、断続的にお呼びくださっているお客様事務所へ出張買取り。オリコン7個。
 夜、居酒屋バシトン。ラグビーの起源が、イギリスでサッカーの試合中に少年がボールを手に持って走り出したこと、と友人から聞いて検索。【ラグビーの起源は、「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている。】(wikipedia)。可笑しい。

 30日土曜。急いで「名画座かんぺ」最新号のための表紙作り。店番交代までになんとか終わる。
 また急いで市場準備。金曜の市場で場違いで落札されなかった中山などをミックス。宗教と数学と新刊系。
 夜、外に吊しているペンダントライトが強風でぶらんぶらん振られ断線したしまったので直す。応急処置はしたがいつか根本的に交換せねばならない。
 I・W・G・P。親友マサがアダルト雑誌を読みながらとなりにいたマコトに「ダウンロードって何?」と訊く。マコトは「あ?下道ってことだろ?あのさほら、高速使わないっつーか」(大意)と答える。

 1日日曜。午後から隣町のお片付け手伝い。予想以上の猛暑で、だんだん意識が遠のいていきそうだったので早めに切り上げさせていただく。ファミリーマートでチョコミントシェイクを買って体内から冷やす。
 I・W・G・P。舞台に使われている喫茶店、かなり以前、当時の上司だった社長と、社長にお金を貸している怖そうな人との会議になぜかぼくも同席した、今はなき喫茶店であった。このドラマには、前回視聴したときには気付かなかった点も含め、そういうことがたくさんある。


新サイズ入荷

Neil's Drawing Bag

アメリカ人トランペッター、ニール・ストルネイカーさんがほとばしって直に絵筆を走らせたトートバッグ。

B4(L) 内寸約36×34cm マチあり 肩掛け可 10種
税込1500円 販売中

水性アクリル塗料。洗濯で色落ちはしませんが生地が縮みます。アイロンで皺修復可。
f0035084_17441550.jpg
f0035084_17442274.jpg
f0035084_17460391.jpg
f0035084_17462028.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2018-06-23 17:46 | Comments(0)
鐶    せと
 いけぶくろねっとさんの記事、「池袋西口公園の噴水が撤去作業中」。西口公園という名称ではなく「池袋西口噴水広場」のはずだとなぜか間違って思い込んでいた。近くには「西池袋公園」もある。ドラマIWGPの背景としてよく映っていた印象のある噴水。動画サイトでチェックしてみると早速第1話目の冒頭約1分で出てきた。住所は目白だが池袋西口に近いヨネクラボクシングジムも解体されている。

 木曜日。朝、とぎれとぎれに観ていた『ボーイズ・オン・ザ・ラン』を終える。エモーションはわかるのだが、、、。
 晴れシフトで開店して諸事しながら店内を舞っていた小ぶりな蛾を虫網で捕らえる。
 たった1件のゆうメールと1件のゆうパックの梱包に集中して達成感。
 Neil's Drawing Bagを案配。とても面白い。
 東急ハンズにバッグを吊るすS字フックを買いに行く。S字フックの別の言い方「Sカン」のカンとは何なのか検索してみると、S「鐶」だった。wikipedia「鐶」
 夜、病院へ父の見舞い。ソーセージ、プラム、オレンジジュース。


新入荷

Neil's Drawing Bag

アメリカ人トランペッター、ニール・ストルネイカーさんがほとばしって直に絵筆を走らせたトートバッグ。
A4(M) 内寸約35×30cm マチ無し 今のところ10種類
税込1200円 販売中!

(水性アクリル塗料。洗濯で色落ちはしませんが生地が縮みます。アイロンで皺はなおります。)

ニールさんの絵がたくさん見られる(すごい・・・)インスタグラム ⇒ https://www.instagram.com/neil007_improvisations/
ニールさん主催「ALMO studio」HP ⇒ http://www.almo-studio.com/ 


f0035084_16512714.jpg
f0035084_16513329.jpg
f0035084_16524411.jpg
f0035084_16535331.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2018-06-21 16:54 | Comments(1)
糠    せと
 水曜日。外を小糠雨フォーメーションで展開して開店、諸事。小糠雨に風が交じるとブックスタンドの上層まで水分が届いてしまうことがあるのでややこしい。
 せねばならぬことをリストアップだけしてぼーっとする。昨日の日本対コロンビア。コイントスで決まったはずのサイド(エンドというのか)に間違いがあったのか、コロンビアのキャプテンが審判に談判してキックオフ直前、選手それぞれがポジションについた後にエンドを交代していた。そして前半2分56秒、コロンビアに痛恨のレッドカード。陽が当たってまぶしい部分と影で暗い部分がくっきり分かれていたグラウンド。あのサイド交代がなにかをもたらしたのか。なんとでもかんがえられるが、スポーツは楽しい。
 数日続いた大山との取り組みに疲れ気味で本に触らない。周辺事項にかまけて店番交代少し前から小山の値段付け。
 とても面白い商品Aが入荷する。店で売る際の飾り方や宣伝や値段をかんがえ、配架時の楽しさやキラキラしているAを想う。今月も金がないことをうすうす感じている。やっぱりAは市場に出そうかと思う。そうだ、そんなに店に必要ないかもしれないと強引な言い訳を脳内でする。よしAを市場に出そうと決める。繰り返される悲しいサイクル。
 夜、市場に出すような性質ではない新商品の準備。
f0035084_02355838.jpg
f0035084_02374440.jpg



[PR]
# by ouraiza | 2018-06-21 02:36 | Comments(0)