人気ブログランキング |
C.N.UDON
4月22日月曜日。
 昼から龜鳴屋さんにて本作りのお手伝いの続き。
 龜鳴屋勝井さんに連れて行っていただいたうどん屋、大黒屋さんで食べた「カレー鍋うどん」でぼくの短くて浅いカレーうどん史が一気に塗り変わった。うどんの上にカレーが載っているのではない。うどんがビーフカレーの中を泳いでいるのだ。鍋仕立てだったので、内側の壁に熱されてへばりつく焦げを箸でこそげ落として口へ運ぶ愉しみも味わえた。普段まったくカレーうどんを食べないので、金沢市長土塀のうどん亭大黒屋にしかカレーうどんというものは存在しないのではないか、と思う。

 金沢の地名の由来になったとされる「金城霊沢」を見て、オヨヨさんを通りの向かいから眺め、金沢文舗閣さんで紙モノにクラクラし、駅ビルの中にある居酒屋黒百合でおでんを食べて帰る。
 用水路ぐらいの規模でいいから、池袋に水が流れていればいいのにな、と金沢を羨ましく思う。

4月23日火曜日。
 金沢のことを思い出しつつまったりと番。旅行前、病院で寝たきりの父親が懐かしそうに、金沢では大雪対策のために水が噴き出る装置が道路の真ん中についているのだ、と言っていたそれを確認できたのもよかった。

 夜、ハッチ橋本倫史さんがゲスト出演した「マツコの知らない世界」と観逃していた「いだてん」を観る。ハッチを観て、落ち着いてものを喋ることができるということはなんと素晴らしいことか、と思った。

4月24日水曜日。
 夕方、ポポタムさんで『銭湯断片日記』刊行記念トークショーを催すムトさんの会場設営をほんのり手伝う。額縁を運んで釘を抜く、など。

4月25日木曜日。
 午後、古書ほうろうさんがツイートなさっている画像を見る。移転のためのお片付けが完了しがらんと何も無い店内。すごいことだ。物体はなんとかすればなんとか動かすことが出来る。しかし壁や床や天井、空間に染み付いた想念の汁のようなものを剥がすのは、どんな頑健な重機をもってしても、難しいことだと思う。いや、決心ということは、そういうことなのかもしれない。お疲れ様でした、という言葉の射程範囲では捉えきれない。

 ショーウィンドウを削るなど、市場で売るものをひねり出して出品へ。夕方、市場への準備をする時間が取れず運べなかった写真集を、ムトさんのトークショーのためにわざわざ仙台から来てくれていた水ちゃんがまとめて買ってくれた。水ちゃんは帰りのバスの時間がギリギリで、トークショーの打ち上げの場から急いで出たので心配だったが、「ずっとチャック全開君だったけど間に合った」とメールが来てほっとした。

4月26日金曜日。
 開店前、ゴールデンウィークに備えた両替をしに極近所の西京信用金庫へ。受付後しばらく待っていると、両替作業を終えた受付のお姉さんが「じゅうらいざさ〜ん」と呼んでくれた。”「従来」座と間違えられることが多い件”が少し久し振りだったので嬉しい。ツイッターで店のことをめずらしく良く言ってくださっている方がいらっしゃっても「従来座」だったりする。
 
 夕方、ムトさんトークショー二日目へ。南陀楼綾繁さんが版元と著者双方向に音信が無い状況を「音無しの構え」と例えていらっしゃり、帰ってから検索すると字義通りの使われ方をしながら、『大菩薩峠』の机竜之助の技でもあるらしい。<「音無しの構え」とは相手が討ってくるまで動かずに、相手がしびれをきらして斬りかかってきたところを討つ技である。>(wiki)。

 特選市の最低入札価格が変更されていたことを知らず、店で売るならちらりとトピックになるものが安く売れてしまいボディブローが肝臓にあざを作る。

4月27日土曜日。
 タケちゃんがおみやげにくれた鯛焼きを頬張った瞬間カスタードクリームがはみ出して、ぼくのズボンのちょうど股間部分に落下したので見せびらかして笑う、など。
 「作務衣」と「サブウェイ」は似ている。

4月28日日曜日。
 ゴールデンウィークで古書組合が休みなので、市場準備をしなければと同じ台詞をささやき声でずっと繰り返すこころのホラー音響に脅されることがなく気が楽。
 午後、ご近所様へ出張買取り。予想外に早く終わったが休みたくて帰宅。アマゾンプライムで「ドキュメンタル」を観続け、夜に「いだてん」。

540✕785mm
f0035084_02405275.jpg

# by ouraiza | 2019-06-02 01:50 | Comments(0)
シワなしPiT G
4月15日月曜日。
 雑司ヶ谷霊園にて、茅野蕭々雅子、織田政雄墓所を撮影。ラファエル・ケーベル、久保勉、ジョセフ・ストラッサー墓所を確認する。ジョセフ・ストラッサーについて検索すると、研究なさっている方の記事があり、とても興味深かった。勝手にリンク失礼します。「従僕の自殺」。ケーベル先生に連れられてドイツからやって来た十代半ばのストラッサー少年は、日本に居続けたままやがて自殺してしまう。ケーベル先生、その書生だったストラッサーさん、一番弟子の久保勉さんのお墓が、ハナニラが隆盛の雑司ヶ谷霊園中央近くに、それぞれ手を伸ばせば届く距離で立っている。
 やらねばならぬことを無視して雑司ヶ谷霊園についての検索行脚を続行。

4月16日火曜日。
 通勤時、雑司ヶ谷霊園を突っ切りジョセフ・ストラッサーの墓石に書かれた文字を確認する。「1913」のみ。生年月日はわからない。

 手近なものをまとめて市場準備。

 夜、自分が少年の頃流れていた懐かしコマーシャル数個をふとユーチューブで観て、あれ?あの頃の無邪気な楽しさってなんだったんだ、、、その楽しさを忘れ去り、このように苦しむためにぼくは年齢を重ねてきたのだっけ、、、と、なんだか哀しくなる。「いまのキミはピカピカに光って」。賃貸契約更新問題の副産センチ思考に陥ってしまった。とりあえず換毛期の猫にブラシをかける。がんばって現状を脱出し、GOGOダンスを踊りに行きたい。

4月17日水曜日。
 戦前の探検家であり石仏研究家の三吉朋十(ともかず 『武蔵野の地蔵尊』)、実業家で丸善創業者の早矢仕有的の墓所を雑司ヶ谷霊園ルートで出勤しながら確認。シャッターを開けて店に入ると、スイッチを切り忘れられ一晩中闇に送風し続けた扇風機が小さな駆動音とともに首を回していた。

 タイタイに日本古典文学の小さなコーナーを、日本文芸コーナーの先端に作ってもらう。歴史コーナーを縮小したらどうもバランスがおかしい気がして、少ないけれど古典文学が必要になった。

4月18日木曜日。
 約100箱ほど入荷したなかから約20箱を店で使うために残すことになっていたのだが、急遽資金が必要になった賃貸契約更新問題のため仕方がなく市場行きに方針転換。滅多にないことなのでとても辛い。あぁ店に出したい、、、入荷したものから選んだ精一杯の精鋭なのに、、、と胸をしくしくさせながら分類、市場準備。断ち切れない蓄えの無さ故の悪循環。一部を車に積んで出品へ。

4月19日金曜日。
 哲学者で文部大臣で獨協大学初代学長、学生野球協会会長でもあった天野貞祐の墓所を霊園で確認して出勤。稚拙な卒業論文のために九鬼周造の一部を読んだことがあったので、そうだ天野貞祐は九鬼周造の親友だったはずだ、と思い出す。そして九鬼周造といえば、月曜日に墓参したジョセフ・ストラッサーが自死する直前に久保勉に相談を持ちかけたが、来客があって久保勉はストラッサーの話を聞けず、その来客というのが九鬼周造だった、と前述の記事にあった。3年前の5月に訪れた京都法然院の鬱蒼たる九鬼周造の墓所と雑司ヶ谷霊園の3つの墓所が、なにか結界の際のような透明な糸でつながっている気がして不思議。

 市場準備の続き。やはり我慢ができず、気になる数冊をすでに市場出品準備済みの縛りから抜き出して、すぐに店で売れればそのほうがいいに決まってるじゃないかと無理な言い訳をしながら急いで商品化。

 午後、南池袋でなんか大きな事故があったらしいよ、とお客様に教わって検索する。そういえばヘリコプターが妙に多く飛んでいる。

4月20日土曜日。
 さらに市場の準備を重ねようと企んでいたが些事にかまけて何も出来ず。

 夕方市場に出品へ。ドS書房Aさんに先日いただいた「ミニ百科事典」が無事売れたことを報告。
 
 明日から金沢お手伝い紀行のため、店内を早めに週末手創り市対応シフトに変更。

4月21日日曜日。
 3時までユーチューブを観るなどグダグダしてしまい5時半に起床。上野駅から新幹線かがやき521号で金沢へ。発車直前に缶ビールを投入して昏倒。
 近江市場近辺を散歩して刺身定食。駅周辺の観光地価格に驚きつつ。
 龜鳴屋・勝井さんとお喋りしながらムトさんの初の著書『銭湯断片日記』の挿絵小片貼り込み作業。勝井さんが吸い取るように心地よく話を聞いてくださるのでぼくが手を動かすより先にべらべら喋り、これではお喋りしにきたことになってしまう、と気合を入れ直す、など。
 龜鳴屋さんが使ってらっしゃる糊はトンボ鉛筆「シワなしPiT G」だった。(そのほんとにシワが出ない感じを教えていただき、帰ってから調べると他にサイズ違いの「シワなしPiT N」と「シワなしPiT S」があり、テープのりのコスパの悪さに悩んでいた我々はすぐに「〜S」を入手した。)
 夜、蕎麦屋さんで勝井さんからとても面白い出版無法伝を聞きながらホタルイカなどの干物を網で焼き、ぼくはしいたけソバで締める。ガルバリウム鋼板。など。あれはなんだったのだろう、食べ物も美味しかったのだが、生ビールの泡が見たことがないくらいふっくら細かくて美味しかった。

『銭湯断片日記』取り扱い店
往来座では残部僅少です。





# by ouraiza | 2019-05-21 19:11 | Comments(0)
更新    せと
4月8日月曜日。
 公的機関の書類にサインなど。書式の誤りを想定して数パターン作る。

 夜、古書会館にて合同会議。偶然お会いした”小鳥は小さな胸を痛めている”さんに更新をしつこく催促できて嬉しい。(あ!更新されてる!5/9に発見)

4月9日火曜日。
 外周ばかりに気を取られている感のあった数週間がやっと終わりに近づき、番台上にたまった細々したものを片付ける。 

 夕方市場へ出品へ。市場での結果を見ていると、例えば5年前の感覚でお客様から買取りをしていたら駄目なのだ、と痛感する。ぼくの背中にエルボーを刺しに近づいてきたドS書房Aさんにそのことを嘆くと、「テメェはよ、良ィもんの口にちょっと悪ィの混ぜっから駄目なんだよボケが」、と詰られる。今まである程度まとめればそれなりに想定通りだった(気がする)”中間層”がまったく駄目なのだ、と教わる。仕入れにもっと強くメリハリが必要だな、と思う。

 夜、裏の浮浪雲さんでラーメンを食べつつ呆然とする。

4月10日水曜日。
 一日中雨。
 開店してから小一時間お客様がいらっしゃらずエアいらっしゃいませでもしようかとドアを見ると、ああ寒い寒い、と傘をたたみながら不動産屋さんが入っていらっしゃり、「更新のお知らせ」と書かれた封筒を手渡された。
 忙しなさに取り紛れて意識下で注意することから逃げていた賃貸契約の更新の通知。普段の経費にさらに賃料一月分と事務手数料が必要になる。消費税も車検代も待ってもらっている。あらかじめ時を数えておけば当然のことなのに、今というタイミングなのか、、、と悄然。いかに突破すべきか、手元に力が入らない。また希望と違った商品の使い方をしなければならないことは確実で。
 
 夜、店番タイタイに経費問題の驚きと悩みを打ち明け、なにげなく、血とか臓器って売れるかなーと言うと、「いやセトさんの血は誰も使わないでしょ、っていうか事前の検査で引っかかって無理っスね。」と、よく磨かれたメガネの端をキラッとさせてタイタイは言った。

4月11日木曜日。
 山脈ふたつを連続で片付けてすぐに新たな高峰である賃貸更新問題が現れはしたが、ちと休まねばならぬ、と意を決めて今週中は遊ぶことにする。

 保留物をちくちくと触る。なるべく伸び伸びと、配架したりしなかったり。

 夜、サンシャイン横のセイユーに立ち寄ると、改装後で内外装に赤い色が妙に増えている。あれ、マークが真っ赤な四角形だったっけ、と驚く。要注目である。

4月12日金曜日。
 しばらくぼーっとしてから、「いだてん」の大森兵蔵がきっかけで再フィーバーしてきた雑司ヶ谷霊園研究。未完成のためこのブログ内に非公開設定で放置していたリストを更新、いじくる。それにしても今のところ誰も見たことのない「岡本潤」の墓所が雑司ヶ谷霊園に存在するという最初の公式な記録はいったい何だったか思い出せない。他にweb上だけに記されてはいるが確証の手がかりがないのは「吉岡信敬」、「大村仁太郎」。

 夕方、実家にて母と合流して病院へ父の見舞い。

 夜、23時半頃ダイヤゲート池袋の横を通ると、外側から乗れるエレベーターが動いていた。ビックリガード側から乗って上がると2階へ直通。池袋らしからぬ広めのデッキがあり、初めて見る角度のビックリガードを撮影。すごい。デッキを横切って階段もしくはエレベーターを降りれば明治通りに出ることができる。過去のあの辺りを知っている人には信じられない新空間だと思う。2階のデッキをしばらくふらふらし、地上に降りて巨大なV字の柱で遊ぶ。
f0035084_22071793.jpg
4月13日土曜日。
 夕方、呆然と番をしていると、棚を見ていた長髪の男性が急にこんにちはと言うのでよく見ると仙台の古書水の森、水ちゃんだった。
 夜、水ちゃんと中華の蘭蘭。「夢ちゃん」という杏仁豆腐がそのままでアルコール強めなカクテルをトライ&ウマイ。ネット専門書店の理解のされなさはユーチューバーのそれに似ているのではないか、など。

4月14日日曜日。
 休眠して午後、雑司ヶ谷霊園に茅野蕭々、茅野雅子の墓所の確認へ行く。ネットにあった過去に撮られた画像と見比べ、その背景と合致する箇所を見つけたが、墓域が無くなっていて驚く。過去画像に見える木の生えていた部分に、いかにも木が生えていたらしい地面の表情がある。
 窪田章一郎墓所、織田政雄墓所を回り、リストを更新。

芯棒と台の接合部がゆるくてグラグラする輪投げセット 販売中。
f0035084_22104392.jpg



# by ouraiza | 2019-05-09 19:08 | Comments(0)
朝シャン    せと
4月1日月曜日。
 本の山を店の隅から隅へ移動したりしなかったり。ある程度時も経ち移動を繰り返した本の山に対して、最初よりも期待値が徐々に減っていくという傾向に気付く。自信がなくなっていくのか、動かしてその重量を感じ、付き合いが深まるほど、あぁ多分安いな、と思う。

 収納場所に悩みつつ、買い入れ品を箱から出したりまた入れたり。

 夜、「ビリギャル」観る。

4月2日火曜日。
 市場準備をひたすら。体調の悪さにピンとくる。これは扁桃腺炎への助走路だ、とわかるようになってきた。ビタミンCを多めに補給。

 店番タイタイが別にアルバイトをしているF書店さんは催事などで大量の本の束を移動させまくるスーパーマンなので、ふとタイタイに本を縛ってもらったらとても上手で素早い。新たな地平を見つけた気分。

 夜、ひととおり作業が終わったので誘われて法明寺で花見。テレビ収録を終えたばかりのハッチも合流してくれた。ハッチ橋本さんの『ドライブイン探訪』についての広報運動は、充実していて激しいのに無理がない。勉強になる。なにかを売りたい、と思ったときの心構えとして。硯家にてあなご天うどん。

4月3日水曜日。
 市場準備をひたすら。

 夜、車に積みっぱなしの大山を一旦おろして本郷の巨大な古いお宅へ出張買取り。歴史を感じつつ。戻って下ろしてまた大山を積み込む。

4月4日木曜日。
 午後、調子にのって記事になり辛いことをべらべら喋っても許されるタイプの取材。取材してくれたライターさんが、以前往来座でアルバイトをしていたコミネ君の友人だった。余計軽口を叩き余計記事にはならない。

 読了するつもりで読み進めていた『ベルサイユのばら』だったが、少女漫画的大仰ドラマチック表現に窒息しそうになり断念することにする。アニメは観れたのだが。

4月5日金曜日。
 夕方から一件ご近所様へ出張買い取り。雑司が谷細道ラビリンス。紙袋に詰まった「ふたりエッチ」。けんちゃーん!これ古本屋さんにだしちゃっていいのねー!?と奥の部屋へお尋ねになるお母様。玄関へ出てきて紙袋の中を見たけんちゃんは「し、知らねぇよ!俺んじゃねーもん!」と仰っていた。店に戻ってから確認するとなかなかエロかった。じっくり読みたいが時間が無い。
 
 古書信天翁サキ先輩のお引っ越し手伝い。真っ白な壁を間接照明の灯りが包むキラキラした新居の廊下に立つセンパイがなんだか可笑しくて噴き出す。
 作業を終えて升三にて軽打ち上げ。朝シャンをしなければモテないと思春期の少年少女に刷り込む → ハゲる → 育毛剤が売れる、という業界の一生をかけた作戦。がん保険はがんが直接の死因でなければ適用されない(普通は肺炎や心不全)件。などをセンパイから教わる。

4月6日土曜日。
 夕方から市場へ出品。台に積み上げ途中の束が動いて手前の床に落ちたのでウワーっと驚く。後ろから束を押したドS書房Aさんがニタニタなさっていた。落ちる寸前で止めるつもりだったAさんは謝罪の意を込めて平凡社の記念品「ミニ百科事典」をくれた。

 夜、「この世界の片隅に」観る。涙は浮かぶがこぼれない感覚。もう一度観ねばと思う。

4月7日日曜日。
 徹底的に休みたくて眠る。午後からナイツ、サンドウィッチマン、川柳川柳、他のユーチューブを観続ける。
 夜、山吹を憶える。ハナニラちゃんかわゆい。
f0035084_20303863.jpg

# by ouraiza | 2019-04-30 20:13 | Comments(0)