102歳
おびょーてるのね、おほほと言って笑ってましたのは以前もいらっしゃった御歳102歳のおじいちゃん。戦記モノ買ってくださいました。帰り際「バイチャ」とおっしゃったような気がしたんですが明治通りの騒音にかき消され……ああ、写真撮らせてもらえばよかったあぁ。
日芸古研の阿部君小峯君バラバラでご来店、そろってレポートに悩みおり。「任せること」と日本人の精神構造、紙の書籍は今後どうなって行くか、ああ時間があればぼくもやりたい。迫る提出期限におののきつつ古本屋に足を運ぶ、んーやっぱりいいや遠慮しとこう。他にも早稲田政治の学生氏から卒論のためちょっとの間こられないというご報告アリ。お心遣いに感謝。卒論がんばってください!(卒業はしないんですけどネ、って言ってましたね)。
f0035084_1938976.jpg多岐祐介先生ライブなんちゃって文学論21回「宇野浩二」あり。こころに真っ白なページを開いて全身で読書をしたい、と先生のライブ後いつも痛切に痛感し、今回はおいしい焼酎を痛飲でございました。「サカゼン・3L」を朱にてメモ。『子を貸し屋』の子供に扮する先生、数ある名役のなかでも忘れがたいです。
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-17 19:42 | Comments(0)
ふたつほしてんとう虫様
f0035084_17523790.jpgいらっしゃいませ。
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-17 17:53 | Comments(0)
本築道1
f0035084_2234643.jpg本築とは本の建築のこと。茶道は茶を点て、華道は花を活け、本築道は本を築く。段位は厳密適当なる審査のもと自分で勝手に授与される。眼目は構造の高さ、本の内容に無し、ただ熱意と気分にある。
060115
作 梅郎(いつも「埋めろ、埋めろ」、本棚埋めノイローゼ、せと)
天地200
身丈130
胴80
スピンしまい忘れ。集中力の欠如がほのみえる。型調合無し、高さのみ誇る浅い技、工夫認めず。バランス、美観もあまい。今後精進すべし。
2級
どうぞご応募下さいませ。
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-15 22:37 | Comments(0)
足場、超合金書店
ビル(われらがニックハイム)塗装準備開始。まずクラックなどを修理するための足場作り。一番上11階まで2日で伸びてびっっっくり。外の本に白い粉が積もっておりました。フケじゃありません、コンクリートちゃんです。落下物からの保護のためひさしをつけてくれるんですが、便利です。雨なんかこわく内臓!
f0035084_2221213.jpg
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-15 22:21 | Comments(0)