本築道2
f0035084_19184219.jpg■本築とは本の建築のこと。茶道は茶を点て、華道は花を活け、本築道は本を築く。段位は厳密適当なる審査のもと自分で勝手に授与される。眼目は構造の高さ、本の内容に無し、ただ熱意と気分にある■

060120
作 のむみち(何にも専務、店長、本棚埋めさせられノイローゼ)
天地 165
身丈 120
胴寸 70
橋渡しの匠さ光る。最上段3本を1の橋にて渡すこと高度。文庫にして型揃え不要で容易なるも天地合せ完璧なのはさすが。中断に立地環境適応のため天地ツイストがあって、全体の立体感を助けている。よくみるとそうでもないが、おおざっぱに版元揃えをしようとした跡あり、加点。難点一つ、糸隠し無し。文庫の場合「新潮社」に注意したいところだが作者もすでにベテランのはず、ひとまず段位2級と判を押しそうになって下写真の妙味にやっと気づき胸撃たれた。別具による大技。
f0035084_19354196.jpg

初段にはあと1歩だが現時点で最高位、1級。
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-21 19:38 | Comments(0)
池袋海峡冬景色
f0035084_18533745.jpg大鳥神社参道入口前歩道橋より明治通り池袋駅方面。右下に包帯巻かれた古書往来座。歩道橋上誰も雪かきなんかしないもんだから滑って手首いたーいです。カメラ無事でよろこばし。
f0035084_1858488.jpg←雪見酒残骸東京音楽大学前バス停ベンチ。大根おろしか、と。店員さんかたづけてーっ はーい。

f0035084_1942029.jpg斜棚本日直棚に交換、お疲れ様でした。よくもってくれました。曲尺あててみました。
せと
ところでこのページ、見てくださってまったくありがとうございます。でもいつもそうなんですが最初は楽しくて楽しくて恥ずかしいぐらい集中しちゃうんですが、すぐ飽きます。そしたら、まあ、のむみちやマコチに無理矢理やらせることになるんでしょう。それまでぼくのムクツケキほんとにどうでもいい報告が続いてしまうんでしょう。すいませんっ、バカっすから。
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-21 19:14 | Comments(0)
物件
f0035084_17371126.jpg個人的に部屋を探してお世話になっている不動産屋さん「みみずくファミリー」に行くとピンク色のおばちゃん二人が留守番中。「先祖を大事にしろ」と忠告いただいてるうちに社長到着。写真は「みみファミ」の置物。それにしてもたのしい不動産屋さん、物件案内の途中「どこ行くんだっけ?」「あれどこでしたっけ」

                          
                      みみファミ様のうで→f0035084_17375622.jpg
東京音大そばの貼り紙、ねこにちくわをあげなさんな、ちくわやるんなら飼うべし!とのこと、ちくわ食いきれず残した猫を思うといとおかし。「あの人がちくわをくれるんですっ」と密告する猫が雑司ヶ谷にはいるはず。
f0035084_17395846.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2006-01-20 17:44 | Comments(0)
あこがれの蒸気
f0035084_024588.jpg念願かない加湿器追加、以前よりの2台崇高なる煙出さず現実味なきこと胸に悲し悲し、此度購買の機械そろそろりと白雲吐き出すにつれ胸満たされり。本に蒸気禁物なれど乾気それを上回り表紙反れに反れ痛痛しく、暖房機直接に本直撃の惨劇をいかに防がんと、やはり眼に見える白き煙なんともはやウレシいな~。
f0035084_074377.jpgマコチ仕事の都合で幹事長に面会署名得るも泥酔に及びドシャ吐瀉番台前にて昏倒、あれは去年暮れだったっけな~。
[PR]
# by ouraiza | 2006-01-20 00:09 | Comments(0)