どじょうがいいかな
f0035084_22104698.jpgおとつい深夜、古本業界の暗黒に見切りをつけて映画業界セレブをめざすマコチ(当店経理主任)が映画の備品を六本木ドンキホーテで買わねばとのことで、連れて行ってもらいました。初めての六本木はニューヨークのようでした。日本人より外国の人がたくさんいて「クラブ?」と誘われましたが「池袋!」と言っておきました。ドンキホーテ入口に水槽。大きな派手魚が各種一匹づつ泳ぐドンキな水槽、内、なまず。そうだ…水槽…いいかも……。古本屋にはやっぱしナマズですかね。どじょうがいいな。いやストレートに金魚を… ショーウィンドウに水槽置いてマネキンギョ、たはは…。

f0035084_22183942.jpg『星への手紙』 串田孫一 平成8年 初版 カバー 帯 岩波書店 識語・署名入り
3150円

 星 寒
 に い
 何 海
 を 辺
 言 に
 う 立
 の つ
 だ
 ろ
 う 

串田孫一とは関係ないのですが、岡崎武志さんが荒川洋治『文芸時評という感想』に触れています。たてつづけに出た新刊のうちこれだけまだ追いつけないんです。『ラブシーンの言葉』すごかったです。あゝ読みたいっ。
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-03-01 22:30 | Comments(0)
西武コミュニティカレッジ・ルリュール工房生徒作品展
f0035084_21453845.jpg

すみません。画像悪かったです。せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-03-01 21:45 | Comments(0)
台所大賞0602
■台所大賞とは古書往来座の前身である古本大學時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。本屋は台所です。買い物袋をぶら下げた奥様が旦那様への不満を胸に沸騰させつつ夕暮れの信号待ちで思いついた生活に根付いたアイデア、発明、かかとの無いスリッパ、亀の子タワシ、パスタつかみ機、のようなものが日夜本屋の中では生まれ死に、歴史を刻んでいるのです。もちろん細かすぎたり意味不明だったりするのでしょう。勘弁してくださ~い■さあ、輝ける今月の台所大賞は!!

せと梅郎(本棚埋めノイローゼ)作
「折りたたみイスタンド」
f0035084_22303911.jpg

雨や雪の日、屋外に出している特価本のスタンドを濡れないように「雨シフト」に配置します。ちょっとだけ出ているヒサシをたよりにギュウギュウと無理な置き方をするわけですが、普段下の方、ひざの高さの台に置いている雑誌箱が雨シブキで濡れてしまう!どーしよう?で、これ。商品用箱を折りたたみ椅子を利用して腰ぐらいの高さまでリフトアップ。もちろん雨に濡れないことだけが利点ではありません。お客様の手にとりやすい高さに商品を設置することで売り上げ10倍増間違いなし!!地べたにモノが置いてあると気持ち悪くてしょーがない方、ワンボックス内での商品回転率にお悩みの方、是非、イスタンドを!!(責任は持ちません、実際変わらないですけどね)
f0035084_2246446.jpg
f0035084_22473291.jpg
右写真は次点、せと作「無パック函もの面出しにおける安定した短冊値札についての一考案」。惜しい!のかな。

賞品はこれを読んでくださったあなた様、なにとぞご用意くださーい!来月はのむみちに期待。
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-02-28 22:51 | 台所大賞(休止) | Comments(0)
あは!
f0035084_23533358.jpg東武東上線、日光まで直通。その特別切符発売のチラシ図案です。なんと楽しげ。日光の猿と池袋のふくろうなわけですねー。斑点があるのは白フクロウのメスだそうです。フクロウグッズ収集のホッホー文庫様、イカスふくろうありましたよー!
せと
[PR]
# by ouraiza | 2006-02-27 23:56 | Comments(0)