ポスト    せと
 店員のむみちは2012年から月刊のフリーペーパー『名画座かんぺ』(現在通巻67号)を作っておりますが、7月3日月曜日に売り場に並んだ『週刊ポスト』7月14日号、通巻2436号より、「週刊名画座かんぺ」という、名画座スケジュールを一週間に区切って御紹介して一文を添える連載を開始いたしました。
 土曜日。外用小山と中用小山を値段付け。完成したばかりの『名画座かんぺ』最新号を配布してくださる場所へお届けするためノムが自由時間出勤。Yさんから根室には地震が多いとお聞きする。テレビでふと地震速報を目にしたときに、その地名とつながる知人の顔が脳裏に浮かぶ。まだ一度も行ったことがないのと「北の国から」を好きだからだろうか、北海道出身の方の知遇を得ると、拙い地理感覚が少しずつ成長させてもらえるような、寂しかった花園にポツポツと可憐な花が咲くような気がして嬉しい。白老。岩見沢。美幌。手稲。函館。根室。
 夜、1km先のご近所様宅へ出張買取り。先端的な棟の構成を読めず少し迷う。フィンランド駅へ、など。
 日曜日。父親の退院に備えて実家の片付け。繁茂して電線を隠している木の枝を高枝切りばさみで切るなど。あれはなんという木なのだろう。
 夜。また実家に戻らねばならない不安定さをまとめたくて、数少ない学生時代の友人の家に突発的にお邪魔して缶ビールを痛飲。6歳の女子からさんざん「あばれる君」とからかわれて嬉しい。似顔絵も描いてもらった。
 月曜日。休眠して午後、店でノムの連載が始まった『週刊ポスト』を読ませてもらう。ジヨン、アン・シネなど。最近の袋とじは刃物がいらないのかと驚く。
 火曜日。約一ヶ月預かっていた猫を戻す。恒常的に鳴り止まないいやな予感のなかにもよき知らせあることもあり。
 上板橋、焼肉店ギュービックの系列店ブービック。台風の日のパパとホステス。
f0035084_16330210.jpg
f0035084_16330754.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-07-04 16:33 | Comments(0)
2017/7/1    のむのノミムメモ
twitterより。

7月1日 3:03
できたーーーー

11:28
【名画座かんぺ7月号、出来!!】
これから折って、午後、各館へ配達いたします。阿佐ヶ谷→渋谷→京橋→神保町→池袋かな〜
f0035084_16034195.jpg


11:59
【名画座かんぺ配布情報】
ラピュタ阿佐ヶ谷さまにて配布開始していただいております!

15:09
【名画座かんぺ配布情報】
シネマヴェーラ渋谷さまにて配布開始していただきました!

15:42
【名画座かんぺ配布情報】
フィルムセンターさまにお届け完了しました!

16:06
【名画座かんぺ配布情報】
神保町シアターさまにお届けいたしました!

16:38
【名画座かんぺ配布情報】
新文芸坐さまにて配布開始していただきました!

これにて本日の行脚終了。シュッキ〜〜ン。

6月27日
フィルムセンターの「逝ける映画人特集」、スケジュールがUPされたようです!!(助かったー)
http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/yukeru2017-7_9/

6月28日
あいすまんじゅうなう!!

6月29日
取材を受けている代表。
f0035084_16031870.jpg


6月30日
嗚呼、名画座かんぺ7月号は、明日の配布開始となりそうです…済まぬ…!

おーい、2分進んでるヨ!
f0035084_16033090.jpg


7月1日
古い新聞の連載小説切抜きの詳細を調べてたら、主題歌研究のサイトに当たって、そこでも『午後8時13分』が。もうええわ!

は〜新聞の連載小説楽しい。。単行本化で挿絵が入らないの、ほんとに惜しいですね、、写真は伊藤整の『誘惑』。まんま轟夕起子!(三芳悌吉・画)
f0035084_16033555.jpg


[PR]
# by ouraiza | 2017-07-01 20:41 | のむのノミムメモ | Comments(1)
三    せと
 家に4匹の猫がいるのだが、その寝相にいつも不思議におもう点がある。縦長の布団に縦に寝るべきところ、皆横に寝そべるのだ。1匹はどこか闇に潜んで寝て、3匹が布団に来る。「川の字」が理想のところ、「三の字」になる。朝目覚めるとぼくは布団の端からはずれ、「I 三」になっている。三を川になおしても、どうしてもまた三になる。
 ‪室内で開催されている催しにビーサンを脱いで参加。終了して出口に向かうと靴の集積所に案内され、すべての靴が家庭用プールの水底に沈んでいるなかから参加者がそれぞれの靴を取り出している。しかしぼくのビーサンだけ失くなっている。主催者が調査すると、他の参加者に105円で売ってしまったとスタッフが言う。「弁償します、いくらですか?」という問いかけに恐る恐る「、、、ご、、50万円です。」‬‪と答えたところで目が覚めた。夢でよかった。
 諸事して書類作成などのデスクワーク。お持ち込みの極小山を方向付け、値段付け。「FEIQE」で「平家」(『天草本ヘイケモノガタリ検案』桜楓社)。
 夜、居酒屋バシトンにて社会勉強。ださい、薄い、軽い、とさんざん罵られて愉しい。

ほとんど不揃いで劣化の激しい新聞連載切り抜き。‬
f0035084_15105313.jpg
f0035084_15110763.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-07-01 15:10 | Comments(0)
亀    せと
 通勤時、雑司ヶ谷霊園の横の細道の真ん中に甲羅だけで20センチはありそうな亀がたたずんでいたので驚いて観察。甲羅にかなり土がついている。霊園事務所の係員さんがきて、墓に住んでるのに出てきちゃったのよ、と亀を持ち上げて園内へ連れて行った。雑司ヶ谷霊園周辺で初めて亀を見たのだが、池などの水場のないところでも亀は生きていけるのか。
 半信半疑な晴れシフトで開店して諸事。お持ち込み買取りの極小山が数件あったが放置して『名画座かんぺ』最新号のカット作り。掘って刷って配置。
 某誌の取材。撮影が恥ずかしいので使われないこと前提でレオマスクをかぶってみる。微妙にウケてよかった。
 夜、十年くらいつづいている恒例の飲み会を十条にて。楽しくて毎回いつの間にか飲み過ぎている。「みんなでフーフーして夜中に東京ドームを膨らます」「倉本聰と敬語」「共有」「スウィートソウルレビュー」など。
f0035084_13164485.jpg
f0035084_13164826.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-06-30 13:17 | Comments(0)