かしめる    せと
 半雨シフトで開店して諸事。
 近所の音大の学生カップルが楽しげにフルートを二つお買い上げくださる。本来トランペットを専攻なさっているそうで、フルートは余興で使われるとのこと。試し吹きからとても楽しそうで、嬉しい。きれいな太い音だった。
 森銑三の共著を含む著書既刊文庫を調べ、2冊足りない20冊を一括セットにして配架。
 病院へ見舞い。新しい建物できれい。
 数日前、転院前の年季の入った病室で父のベッドサイドに座っていたら、病室を出てすぐの廊下で高齢の患者さんと看護師さんが話しているのが聞こえてきた。
「夜ぱっと目がさめるとさ、廊下の端のあの扉が開いて、そこの階段にさ、見えるんだよ」
「え、なにが、、、?」
「鎧を着た若い男が座ってんの」
「そういう幻覚がみえるってことね、、、」
「んー幻覚かどうか知んねーけどよ、鎧着てんだよ。」
 とても興味深く近くでもっと聴きたくてぼくは椅子をたって廊下に出たのだがそれが突然すぎたのか、患者さんと看護師さんはハッと目を見開いてぼくを見つめ、ゆっくりと立ち去った。
 店に戻って外に掲示する『名画座手帳2018』のポスター作り。キンコーズでパウチしてもらい、四隅にハトメを装着する。開けた穴にハトメ金具を通し、ハトメパンチャーでぎゅっとつぶす。この、接合部を密着させるためにギュッとすることを、「かしめる」と言うのだと知る。
 ふくやさんでチャーハン。太って誰だかわからないなんだそりゃ、と御店主フミさんに言われる。
f0035084_12181288.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-09-29 12:26 | Comments(0)
よーと    せと
 なかなか覚えられないヨートとヨーオレ。壁に刺すネジがついた、つながっていない丸い(C型)フックがヨート。直角(L型)のフックがヨーオレ。つながった丸い(O型)のがヒートン。ヒートンはとりあえず置いておき、ヨートまたはヨートーはつまり「洋灯」吊りのことで、ヨーオレは「洋折」釘。この際覚えたい。
 遅番での出勤前にハンズに寄ってヨートを買う。
 落ち着かずにそぞろな番。
 5冊ほど値段付け、配架をしたのみ。「アカシアの大連」、「パテェの赤い雄鶏を求めて」、「赤頭巾ちゃん気をつけて」所収の群像など。
 Sさんとチャーハンにおけるパラパラ系とテラテラ系のおはなし。ベイスターズファンのSさんが今日の結果を携帯でチェックなさって、11回表阪神の攻撃ツーアウト満塁、まで。
 OZが遊びにきてくれて氷結、極搾り、本搾り。
 かなり前に入荷して売り切れですが、年代場所不明、外国街角定点スナップアルバム。
f0035084_01583862.jpg
f0035084_01585861.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-09-28 01:52 | Comments(0)
stallion    せと
 金曜日。町の静かなる郷土史家・原さんの発見をどのように管理していくのか、原さんと少しかんがえる。例えば島村抱月の遺骨が郷里に移され(たという噂があるが)ていないことなど。
 高田馬場レコーズ・ハリー店主、または「郷ひろし&友美」の郷ひろしさんと明るくない商売のお話。キンゲンゴ!
 パーカーのフード部分だけ頭に被り背後にぶら下げ、原色の上下、サングラス、左手を上げてずっと外国の牛乳の瓶(白い液体が入っている)を掲げているお客様。
 土曜日。六本木のギャング風な大きな男性が店に入ってきてぼくに近づいてくるのでなんだろうと思ったら、バシトン(近所の居酒屋新橋ヤキトン)の店長Yさんで、別店舗への移動前今日が最後の出勤日だから飲みに来るでしょ?と鯛焼きをくれた。それ以降の記憶が無く、夜バシトン。
 日曜日。草野球団ホトトギスの試合。打てないと胸の隅で想いながら打席に入ったし、飛びつくべき鋭いゴロを動かずにじっと見ていたし、なんだろう、全般に通底する自信の無さがイタい。切腹したい。キャプテンの命により、ジャージではなく初めてちゃんとしたユニフォームのズボンをはいた。それにしても、バットは上から下へ振れ、上から下に振ったバットに当たったボールが上に飛んでいくのである、と執拗に教わってきたのだが、あれは違う。なかなか治せない。
 ダウンスイングを染み込ませていた少年時代に観て以来のロッキーⅠとⅡを観賞。10年も無視していたのにビッグマッチが偶然舞い込んできた途端擦り寄ってきたトレーナーのミッキーに大声で悪態をつきながらも許容するロッキー・バルボア。そしてなるほどあれがエイドリアンの赤いベレー帽。泣く。ロッキーⅠが1976年に公開された映画だと知り不思議だったが、1977年に日本でも公開されはしたが、我々ダウンスイングボーイズが熱狂したのは1983年以降のテレビ放映だったことを初めて知った。「イタリアの種馬」、種馬が英語でスタリオンで、イタリアン・スタリオン。
 月曜日。急に決めた『名画座手帳2018』の営業上の変更点を整理して連絡など。
 実家で翌日の父の転院に備えた準備。
 テレビゲームの篠塚がいかにも篠塚みたいな流し打ちで猛打賞だったのでもう眠る。
 火曜日。車の窓を開けて秋の空気を取り入れつつ心地よく運転して信号待ちをしていたら、スズメバチかと思われる大きめな蜂が左の窓から入ってきてフロントガラスにぶつかりながら暴れ回る。不運極まれリ、もうダメだ、といろいろを諦めて一応ハザードランプのスイッチに手を伸ばそうとした時に、目の前を大きな羽音とともに通り過ぎ、右の窓から出て行ってくれた。信号が緑になった。
 遅番で店に戻って久しぶりに集中して、一部を途中で配架しながら中山の値段付け。

椅子 3000円 販売中(取置梱包発送不可)
f0035084_19544879.jpgf0035084_19545469.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-09-27 04:40 | Comments(0)
2017/9/26    のむのノミムメモ
twitterより。

9月18日
【名画座手帳2018進化点】 約1000人の映画人情報ですが、前年版までは、欄外に羅列していたのを、2018年版では、その日その日に組み込みました。かつ、誕生日の方々が赤、亡くなられた方々がブルーブラック。これで一目瞭然!しかも各日の時間枠(7時〜26時まで)は邪魔してません!



9月20日
【名画座手帳2018 おNEW点☆】 「その週に縛られることなく、その年のベストになりそうな映画をかんぺ大賞用に書き留めておけるメモが巻末に欲しい」というユーザーの方々の声にお応えし、2018年版では巻末メモを設けました! とはいえオトナの事情により、とりあえず10ページです…!



9月21日
お知らせ遅くなりました… 『縄文ZINE 顔ハメ太郎号』 古書往来座、届いております。絶賛配布中です。
f0035084_03582854.jpg


【名画座手帳2018古書往来座店頭販売ご予約開始!】 古書往来座での予約特典は…… \「おあしす」増刊号/ 孤高のダジャレ漫画作家・嵐くすぐる先生の人気連載(@名画座かんぺ)の特別号外です!! みなさまのご予約、お待ちしてます。(画像は過去号掲載済み生原稿)

【名画座手帳2018古書往来座店頭販売ご予約開始!】 古書往来座でのご予約方法ですが、ツイッター(@、DM)、LINE、メール、電話、FAX、店頭にて、などどんな方法でもお受けいたします。 お名前・連絡先・冊数、をお知らせくださいませ。

自分アピールのために電車で縄文ZINEを音読しようとする顔ハメ太郎を止めている。

顔ハメ太郎、自分の書いたところを電車で読みながら居眠りなう!

斉藤守彦さんの訃報を知る。この記事のご恩は忘れません。 この記事で初めて「お客さん」と「斉藤守彦さん」の顔が結びつき、次に店でお会いできることがあったら、その時こそはご挨拶を、と思っておりました。 叶わず、無念。
https://mobile.twitter.com/morihikosaitou/status/711907044651995136

9月22日
無声映画鑑賞会@新文芸坐!
https://mobile.twitter.com/shin_bungeiza/status/911047285831647232

【名画座手帳2018古書往来座特典付きご予約】 は、地方発送も承ります!(別途送料を頂戴いたします) ふるってご予約くださいませ。

9月23日
電車で読んで、泣きそうになって困った。

「ネット用語 草」で検索。

9月24日
ボストン出身の女性が大河内傳次郎のプロマイドをお買い上げ。 誰だか知らないが見た目がcoolだから、と。名前を教えてあげたら、dangerみたいな音でステキね、と。 デンジャラスな傳次郎。傳ジャラス。

9月25日
ヤバいな、、わたしかんぺのスキル上がっちゃってるわコレ。

(枠に)入りきらないタイムテーブルなんてない!

調子に乗ったら弘法大師
f0035084_03582057.jpg


[PR]
# by ouraiza | 2017-09-27 03:53 | のむのノミムメモ | Comments(0)