2017/5/20    のむのノミムメモ
主にtwitterより。

5月15日
取材帰りにお寄りくださった時の人から、時のフィルムを見せてもろた…!わーー!
https://twitter.com/katsudobenshi/status/863954247091503104?p=v

『のんべえ春秋』
5月16日
豚と金魚、2012年に観てるらしい。びっくり。←なにひとつ覚えてない

初めて観る旧作はもちろん新作ですが覚えてない旧作もまた新作です。

映画の古書市
https://twitter.com/marusanbunko/status/865052469511847937?p=v

5月19日
しっかし、今日のダーサチ(左幸子)はうるさかったなー!>おふくろ

5月20日
愛の歴史って、、、マジ?!?! またノブエに会えるのかーー!
https://twitter.com/hirotomilkyway/status/865728247278977024

宝田さんの出演作がなんと11本! お二人のトークショーはないのかなあ。司葉子特集

(経理部の子ヨーちゃん、祝一歳〜)
f0035084_02501224.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-05-23 02:03 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
坂    せと
 金曜日。アマゾンの注文品をまだ出荷していないのにうっかり発送済みボタンをクリックしてしまい慌てる、など諸事。
 西武地下の食品売り場のチキンカツ。
 サブカル系中山を値段付け。大槻モヨコ(ケンヂ)。ちょうど大槻ケンヂのバンドブームを振り返る『リンダ・リンダ・ラバーソウル』を読み途中なので、インディーズ雑誌の目次が楽しい。
 夕方、ご近所さまへ出張買取お預かり。ポンジョの寮の裏側の細い坂道を台車で上り下り。
 小さな工作を始めたが、板をくり抜くのに時間がかかって進まない。赤いアクリル板と合わそうとしているのだが、どうにもダサい。
 夜、バシトンにてレモンサワー他。噛みきれないしょっぱいなにかの肉の美味。

 今週土日と来週金土日、ご近所の鬼子母神にて唐組公演、「ビンローの封印」。
https://twitter.com/karagumi_pr/status/865136573146202112
f0035084_18455829.jpg
f0035084_18460621.jpg
f0035084_18461217.jpg
f0035084_18461896.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-05-20 18:46 | Comments(0)
2017年5月18日木曜日    せと
 ベッドが20床以上で「病院」、19床以下で「診療所(医院、クリニック)」と名付けられるのだと知った。

 火曜日。出勤してなんとなく忌野清志郎コーナーをいじくると、ムックや大判雑誌がバランスを崩して前に倒れ、抑えにしていた固定ホンドラ(本のゴンドラ)天板の前面の棒も折れてしまった。その箇所をどう修正工作するか課題ができてうれしい。
 諸事と少しの値段付け。
 夕方極ご近所様へ出張買取り。「セドリ用」と目印が記されたダンボール4箱のうち0.5箱分を買取りさせていただく。お聞きしたお話しを総合すると、amazonに出品する=「セドリに出す」と解釈なさっているようで、不思議な気持ちで帰る。

 水曜日。棚の上から動かない全集を選んで降ろす。以前抜いていた分と買取りで入荷した分とを合わせて市場準備。大小合わせて31セット。縛り終えて抜けたところを整頓。200冊くらい太めの本が棚から無くなったのに、とうていそんなふうには見えない。それだけ普段見えないところに置いてあったということだろう。

 木曜日。天気予報チェックを忘れていて、開放シフトで開店してすぐに雨が降り出す。
 全集整理の続きで、一部の値札を値段を見直しながら新たに作りなおす。12点分、相当値段が下がるだろうと思っていたが、合計で約2万5千円分下がったくらいだった。
 昨日準備した全集などを車にのせて市場へ出品。その足で病院へ見舞い。帰路ビバホームによって工作備品を調達。

f0035084_13060316.jpg
f0035084_12584060.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-05-18 23:11 | Comments(0)
MT、AT    せと
 土曜日。夕方、33km先へ出張買取り。
 手伝いをたのむ人の都合がつかず一人で遠方へ向かうことになっていたので朝から緊張。徹底的にナビに任せておけば多少の非合理性があっても到着はできる。いざ出発すると、まさか、いつも最大音量でかじりついて聞きながら頼り切っているナビの音声が壊れていて案内音が出ない。なぜか不運が降りかかってばかりでばかにされている『団地ともお』のキャラクター「よしのぶ」くんを励みにする。目的地至近の巨大なダイソーに数年前に来たことがあることを唐突に思い出した。
 お客様に導かれたプレハブ書庫の本棚のガラス戸を開け、宮沢賢治全集の月報の有無を確認するために一冊を函から抜くと、前見返しに挟まれていた6葉ほどの白黒のスナップ写真がすべって落ちそうになった。あ、学生のときの友達の写真、こんなところにあったんだ、、、と動きを止めたお客様。んー、ま、友達って言うか、カレシ。と追って補われた。その男性は若き登山家で、谷川岳で遭難。遺体発見まで半年間現場での捜索に通っていたお客様。男性二人が大きな笑顔で砂浜で海に向かって両手を広げている。背中から受けている陽光が波打ち際にくっきり影を作っている。斜め上からの構図も白と黒のコントラストもスタイリッシュでとてもかっこいい。その一番上にあったスナップに写った二人の男性のどちらがお客様の彼氏なのか、尋ねそびれてしまった。印象の濃い1ページ。
 日曜日。午後から下北沢のB&Bさんで開かれる橋本倫史さんと亀和田武さんによる『月刊ドライブイン』創刊記念トークショー観覧に向かう。予習のためにvol.1とvol.2を熟読。徹底的に一人対対象のルポルタージュだな、と思う。民俗学だね、と同行の友人Uが言った。ドライブインの凋落と古書業界が重なりもする。ふと気になって検索すると、オートマチックトランスミッション、いわゆるオートマの車を最初にトヨタが作ったのが1959年で、免許にオートマ限定という枠ができたのが1991年。だからなになのかわからないが、ドライブイン隆盛期に集った車たちは、マニュアル車が多かったんじゃないか、と思った。Mさんが母の日のカーネーションを一輪かばんに挿していた。
 月曜日。雑司が谷の自宅にショートステイで猫4匹が来る。おとなしい貴婦人。仏のような甘え屋。マッドなブルファイター。内弁慶の暴君。ぼくはトイレの掃除ばかりしていた。

 先々月か、約10年使ったセロテープ台の底が修復不能になり完全に壊れた。猫のシールを作って貼ってくれたのは古本大學芸術劇場店の最初の同僚だった鈴木さん。
 新しく導入したセロテープ台が、切り口がギザギザしない、という機能付きで驚く。下画像、左が従来、右が新しい切り口。
f0035084_15412087.jpg
f0035084_15412665.jpg

[PR]
# by ouraiza | 2017-05-16 15:42 | Comments(0)