<   2017年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
MOIST    せと
 土曜日。念願の楽天コボスタジアムにて、楽天対西武。観覧車がテレビ画面でみるよりもかわいらしく、球場全体も近代化されすぎていない親しみやすい印象。ピンクのシート。応援の雰囲気がサッカースタジアムの一体感に似ている、と思った。

 ひいきの西武・森友哉選手が、ケガからの奇跡の早期復活で代打、球場中が森コールで沸き返るなか逆転ホームランを打つだろうと夢想していたが、そりゃそんなことにはならない。となりの仙台のおじいさんがずっとビールを飲みながら相づちをうつときに「んだべやー」と言っていた。「んだべや」には表情がたくさんあって、深く納得する「んだべやぁ」、軽く納得する「んだべやっ」、強く肯定する「んだべや!」、緩やかに肯定する「んだべやぁぁ」、よく聞いていない話題を適当に流す「んだべやー」、などである。2、3、4番が全員外人なんて楽天すげぇっすね。んだべやぁ。2番ペゲーロの場外満塁弾で楽天圧勝。おじいさんの出汁の効いた「んだべや」が耳に棲みついた。棲みついたといえば、楽天茂木栄五郎選手の応援歌もそうで、モギ、モギ、モギエーゴロー、を連呼する。ここ数日の日常脳内BGMは「んだべやー」と「モギエーゴロー」のトランスである。

 夜、仙台のゴッドマザー火星の庭・前野さんに長州という居酒屋に連れて行っていただき、前野さんの肉食系ガーリートークを聞くなど。前野さんの大笑する破顔の口角からギラっとした鋭い牙がでていてクラクラしつつホヤ酢など。酒場のご主人や店員さんもそうだったが、出会った楽天を応援している全ての仙台の人が、楽天の首位は交流戦までしか続かないだろう、とその強さをまったく信用していない様子が可笑しかった。

 日曜日。午後に少し仕事的諸事をこなしてからブックカフェ火星の庭・健一さんにご挨拶。藤牧義夫展図録を買い、郷愁のバナココ。やはり美味くてぼーっとする。

 夜に友部正人さんのライブを観る。ライブ後に、久し振りに会い居酒屋に連れて行ってくれた今は仙台に拠点のある元店員うすだ王子に、仙台の空気のよさってなんだろう、と尋ねると、「なんか・・・モイスト?」とのことで、モイストというのが妙に「んだべや」なのだった。近くの山と川と海や、大街路樹、太い道などの東京に無い要素が澄んで爽やかなモイストを生成しているような気がする。

 月曜日。前野さんに先導してもらい石巻にて蓬莱寿司、石巻まちの本棚さん、観慶丸さんで遊ぶ。「第6回 石巻一箱古本市2017」!!。

 6年前に震災の影響で一部不通になり、ちょうど2年前(2015・5・30)に全区間再開通した仙台と石巻を結ぶ仙石線の車窓からは、新しい街の新しい道路の白線がまぶしくくっきりと見えた。リズミカルな茂木栄五郎コールがずっと頭の中で鳴っている。


[新入荷]
f0035084_02103676.jpg
f0035084_02131187.jpg
f0035084_02131821.jpg
f0035084_02132781.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-31 01:27 | Comments(0)
2017/5/30    のむのノミムメモ
twitterより。

5月30日
で け た …ばたっ、、
【名画座かんぺ6月号】配布開始は、古書往来座含め、明日5/31(水)夕方〜夜にかけて、とさせていただきます。
f0035084_14594378.jpg

5月20日
愛の歴史って、、、マジ?!?!またノブエに会えるのかーー!
宝田さんの出演作がなんと11本!お二人のトークショーはないのかなあ。>司葉子特集
https://twitter.com/hirotomilkyway/status/865728247278977024

5月21日
にほんぎスイッチバックバッグ超可愛いーーー!
f0035084_14593874.jpg


地元のファミレスでかんぺ作業。隣の男子高校生の会話から学んだ言葉。隠キャと陽キャ。最初、隠居かと思って、シケた会話してンなあ、と思ったら違った。
でも音楽の話で出てくるのは尾崎豊とか氷室京介とか甲本ヒロトとか岡村靖幸とかX JAPAN とか。へえ!

5月22日
全身全霊を傾けてヴェーラの6/5と6/8の欄を書く!

5月23日
はー、文芸坐のスクリーンで大木実の顔を見られる幸せ。布団シーンのエロさ。あのちょび髭でこちょこちょされたい。>極悪拳法

5月23日
ルムセンアンコール特集(@小ホール)、UPされたようです!
http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/kyobashi-za35/#section1-2
あっ、清水宏の大佛さまのやつ、やる〜!(←未見の人)と思ってスケジュール見たら10月って…( ̄∀ ̄)
長〜い特集なんですね。。毎月かんぺ書くの忘れないようにせんと。。

6/24のその他欄が1番キツかった、、、
f0035084_14593224.jpg


5月24日
ロスパペさん…!!
https://www.honeyee.com/art-culture/170517_bukatsu-do-3

5月25日
神火101!100点…!!100点〜〜〜!!!(昇天) 海面からにゅーって出て来るシーンで、ゴーグル外してそれが実だとわかった瞬間、あまりのカッコ良さに椅子から転げ落ちそうに、、

キノハウス近くのライブハウスに、報道陣がズラーっと。何かあったの?

きゃ〜〜〜〜!
https://twitter.com/toshiakis/status/867625081207312384

木村衣有子さん『のんべえ春秋5 どこでもビール号』(税込864円)古書往来座でも販売開始いたしました!!ブックデザインは横須賀拓さん。のんべえな著者とのんべえのデザイナーさんが作ったのんべえのための小冊子を、のんべえだらけの古本屋で売ってます☆
f0035084_14592596.jpg


\新☆new☆荷/『映画芸術 No.396』「日活ロマンポルノ30年の興亡 第二弾」
篠崎真紀さんの寄稿エッセイを発見!すんごく、イイ!
f0035084_14591454.jpg


5月26日
大人気!おかしな(いろんな意味で)フリーペーパー、『縄文ZINE』6号、古書往来座にて配布開始いたしました!!
表紙はインタビューもある坂本慎太郎さん、見開き写真は個人的に超楽しみにしてた「カップ焼そば文化圏と縄文土器文化圏」やっぱおかしい!
f0035084_14590769.jpg


面白そうー
https://twitter.com/honeyee_com/status/868070250620764160

5月27日
\新☆new☆荷/いろいろ!
f0035084_14585932.jpg


5月28日
\新☆new☆荷/
f0035084_14513254.jpg


かんぺ作業するために入ったファミレスのオペレーションが悪すぎて、気になって作業どころじゃない、、

激レア写真!(多分)これが杉原よ志だ!
f0035084_14512332.jpg



[PR]
by ouraiza | 2017-05-30 14:57 | のむのノミムメモ | Comments(0)
ナビ    せと
 金曜日。雨シフトで開店して諸事。
 遠方への出張買取り予定だったので昨晩から緊張。高速にのろうとしていたので雨がいっそう憎い。22km先まで。
 Kさんに教えてもらったスマホでのグーグルマップのナビ機能が抜群で、音声が壊れてまったく出ずトンネルに入るとフリーズする車載のナビを使わずに済んだ。行きは中央道を使って約40分、帰りはなんとなく下道を使って90分。高速は偉大だった。キネマ旬報6〜700冊、など。
 きのう捕まらなかった猫、モズをなでなで詐欺でたぶらかしてキャリーに詰め込み運搬。
 森山大道小山を案配。
 嵐くすぐる先生が持ってきてくださった原稿を『名画座かんペ』次号に配置。

1983年刊。 
f0035084_15105399.jpg
f0035084_15105816.jpg
f0035084_15110428.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-27 03:00 | Comments(0)
キャリー    せと
 木曜日。
 今にも降り出しそうな気配があって最初から雨シフトを組んで開店。
 中山を方向付け、値段付け。
 『名画座かんペ』最新号の表紙を案配。
 夕方、預かっていた猫4匹を戻すための運搬。1匹がどうしてもキャリーに入ってくれず、延期。
 夜、何度も前を通りかかりながら入ってみたかった居酒屋うな達へ。地下にこんな空間が広がっていたのか、とびっくり。ボリビアでの高山病、小林先生、渡瀬恒彦、Aさんが”車輪の一歩”で涙がブワッと噴出してかけていた眼鏡の内側が濡れたこと、など。テレビでは前日の鼻の骨折をガードする黒いマスクをつけた阪神鳥谷が代打にたちサードゴロ。ぼくの周囲における巨人の人気の無さたるや。普通の顔をしてるのにおばちゃんが「変顔だ」とウケてくれてうれしい。
f0035084_15095395.jpg
f0035084_13205824.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-26 13:16 | Comments(0)
13    せと
 今朝、バースデイウォッチャーの豆子ちゃん@kiribari_mamekoからLINEがきて、店の開店記念日だと思い出した。13年。10キロ以上太り、年金を払えず、離婚し、ハゲが進行し、父が倒れ、本や音楽に親しまなくなり、ずっと怠惰で、あいかわらず貯金ができない。しかし、坂を下りながらも小さな光が無いこともなく。おめでとうございます。検索すると安藤昇とボブ・ディランも誕生日でうれしい。
 なにかトピックが迫りつつあると、仕事をやり残さないように焦る気持ちが強くなった。トピック後にまた普通の日々が続くのに、その前にすべて片付けねばならない焦燥感に襲われる。今週末の仙台行きに備えてあたまが混乱。
 開店前にご近所様へ出張買取り。レコードとCD一箱半。ばたばたと開店作業をした後のアイスコーヒーがおいしい。
 ブログとツイッターでの広報や経理面での入力、梱包、セロテープ貼り替えなどの諸事。
 昨日お預かりした中山を査定、方向付け。
 準備済みの極小山を配架。
 雨が降るか降らないか、行ったり来たり。
 レコードとCDの小山を方向付け。
 キリン本搾りを飲みながら『名画座かんぺ』次号の表紙カット作り。過去作に数個お気に入りがあるが、これはそれに入るかもしれないと思った。
 うまく呂律が回らず、ホッチキスをホッチキチュ、総集編をショウチュウヘンと言い、今日の作業が終了。
f0035084_15082976.jpg

f0035084_15083507.jpg
f0035084_15084139.jpg
f0035084_15084792.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-24 15:09 | Comments(0)
アッパー    せと
 土曜日。サブカル系中山に値段付け。みたことのない本が多い。
 夜、石神井のスナックときというお店へ連れて行っていただく。スナックの明るさと大衆酒場の気安さが同居した希有なお店だった。石神井書林さんがやはりかっこいい。
 日曜日。大宮で野球の練習。寝不足と暑さで熱中症の8㎝手前だった。レフトのライン際に大きな蛇の死骸。グラウンド横の田んぼの向こうの空に煙が上がりはじめ、上尾方面が火事だ、と守備をしながら眺める。普通のゴロをグローブがはじいてうなだれる。ぼくはどうも小中学生時代から、バットは上から下に振れ、という暗示にかかっているので、今年の目標はアッパースイング。
 月曜日。休眠、猫と遊ぶ。夕方、店で工作を完成させる。アクリル板を初めて使ってみた。本が前に倒れないための壁。
 夜、もらいものの缶ビールとサワーでふらふらになって自転車で散歩。椎名町の魚屋兼居酒屋正ちゃんのマスターが表でゴルフのスウィング確認をなさっていた。お元気そうでうれしい。
 火曜日。サブカル系大判中山への値段付けを綿々と。夕方3.2km先へ出張買取お預かり。本を詰めたオリコンを玄関から運び出していると、猫が廊下からお客様のお宅へ飛び込んできたのでびっくりする。「レゴちゃんおいで」とお客様。大家さんの飼い猫がたまに脱走して突撃訪問をお受けになるらしい。
f0035084_14345834.jpg

f0035084_14265263.jpg
f0035084_14270055.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-23 14:29 | 工作 | Comments(0)
2017/5/20    のむのノミムメモ
主にtwitterより。

5月15日
取材帰りにお寄りくださった時の人から、時のフィルムを見せてもろた…!わーー!
https://twitter.com/katsudobenshi/status/863954247091503104?p=v

『のんべえ春秋』
5月16日
豚と金魚、2012年に観てるらしい。びっくり。←なにひとつ覚えてない

初めて観る旧作はもちろん新作ですが覚えてない旧作もまた新作です。

映画の古書市
https://twitter.com/marusanbunko/status/865052469511847937?p=v

5月19日
しっかし、今日のダーサチ(左幸子)はうるさかったなー!>おふくろ

5月20日
愛の歴史って、、、マジ?!?! またノブエに会えるのかーー!
https://twitter.com/hirotomilkyway/status/865728247278977024

宝田さんの出演作がなんと11本! お二人のトークショーはないのかなあ。司葉子特集

(経理部の子ヨーちゃん、祝一歳〜)
f0035084_02501224.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-23 02:03 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
坂    せと
 金曜日。アマゾンの注文品をまだ出荷していないのにうっかり発送済みボタンをクリックしてしまい慌てる、など諸事。
 西武地下の食品売り場のチキンカツ。
 サブカル系中山を値段付け。大槻モヨコ(ケンヂ)。ちょうど大槻ケンヂのバンドブームを振り返る『リンダ・リンダ・ラバーソウル』を読み途中なので、インディーズ雑誌の目次が楽しい。
 夕方、ご近所さまへ出張買取お預かり。ポンジョの寮の裏側の細い坂道を台車で上り下り。
 小さな工作を始めたが、板をくり抜くのに時間がかかって進まない。赤いアクリル板と合わそうとしているのだが、どうにもダサい。
 夜、バシトンにてレモンサワー他。噛みきれないしょっぱいなにかの肉の美味。

 今週土日と来週金土日、ご近所の鬼子母神にて唐組公演、「ビンローの封印」。
https://twitter.com/karagumi_pr/status/865136573146202112
f0035084_18455829.jpg
f0035084_18460621.jpg
f0035084_18461217.jpg
f0035084_18461896.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-20 18:46 | Comments(0)
2017年5月18日木曜日    せと
 ベッドが20床以上で「病院」、19床以下で「診療所(医院、クリニック)」と名付けられるのだと知った。

 火曜日。出勤してなんとなく忌野清志郎コーナーをいじくると、ムックや大判雑誌がバランスを崩して前に倒れ、抑えにしていた固定ホンドラ(本のゴンドラ)天板の前面の棒も折れてしまった。その箇所をどう修正工作するか課題ができてうれしい。
 諸事と少しの値段付け。
 夕方極ご近所様へ出張買取り。「セドリ用」と目印が記されたダンボール4箱のうち0.5箱分を買取りさせていただく。お聞きしたお話しを総合すると、amazonに出品する=「セドリに出す」と解釈なさっているようで、不思議な気持ちで帰る。

 水曜日。棚の上から動かない全集を選んで降ろす。以前抜いていた分と買取りで入荷した分とを合わせて市場準備。大小合わせて31セット。縛り終えて抜けたところを整頓。200冊くらい太めの本が棚から無くなったのに、とうていそんなふうには見えない。それだけ普段見えないところに置いてあったということだろう。

 木曜日。天気予報チェックを忘れていて、開放シフトで開店してすぐに雨が降り出す。
 全集整理の続きで、一部の値札を値段を見直しながら新たに作りなおす。12点分、相当値段が下がるだろうと思っていたが、合計で約2万5千円分下がったくらいだった。
 昨日準備した全集などを車にのせて市場へ出品。その足で病院へ見舞い。帰路ビバホームによって工作備品を調達。

f0035084_13060316.jpg
f0035084_12584060.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-18 23:11 | Comments(0)
MT、AT    せと
 土曜日。夕方、33km先へ出張買取り。
 手伝いをたのむ人の都合がつかず一人で遠方へ向かうことになっていたので朝から緊張。徹底的にナビに任せておけば多少の非合理性があっても到着はできる。いざ出発すると、まさか、いつも最大音量でかじりついて聞きながら頼り切っているナビの音声が壊れていて案内音が出ない。なぜか不運が降りかかってばかりでばかにされている『団地ともお』のキャラクター「よしのぶ」くんを励みにする。目的地至近の巨大なダイソーに数年前に来たことがあることを唐突に思い出した。
 お客様に導かれたプレハブ書庫の本棚のガラス戸を開け、宮沢賢治全集の月報の有無を確認するために一冊を函から抜くと、前見返しに挟まれていた6葉ほどの白黒のスナップ写真がすべって落ちそうになった。あ、学生のときの友達の写真、こんなところにあったんだ、、、と動きを止めたお客様。んー、ま、友達って言うか、カレシ。と追って補われた。その男性は若き登山家で、谷川岳で遭難。遺体発見まで半年間現場での捜索に通っていたお客様。男性二人が大きな笑顔で砂浜で海に向かって両手を広げている。背中から受けている陽光が波打ち際にくっきり影を作っている。斜め上からの構図も白と黒のコントラストもスタイリッシュでとてもかっこいい。その一番上にあったスナップに写った二人の男性のどちらがお客様の彼氏なのか、尋ねそびれてしまった。印象の濃い1ページ。
 日曜日。午後から下北沢のB&Bさんで開かれる橋本倫史さんと亀和田武さんによる『月刊ドライブイン』創刊記念トークショー観覧に向かう。予習のためにvol.1とvol.2を熟読。徹底的に一人対対象のルポルタージュだな、と思う。民俗学だね、と同行の友人Uが言った。ドライブインの凋落と古書業界が重なりもする。ふと気になって検索すると、オートマチックトランスミッション、いわゆるオートマの車を最初にトヨタが作ったのが1959年で、免許にオートマ限定という枠ができたのが1991年。だからなになのかわからないが、ドライブイン隆盛期に集った車たちは、マニュアル車が多かったんじゃないか、と思った。Mさんが母の日のカーネーションを一輪かばんに挿していた。
 月曜日。雑司が谷の自宅にショートステイで猫4匹が来る。おとなしい貴婦人。仏のような甘え屋。マッドなブルファイター。内弁慶の暴君。ぼくはトイレの掃除ばかりしていた。

 先々月か、約10年使ったセロテープ台の底が修復不能になり完全に壊れた。猫のシールを作って貼ってくれたのは古本大學芸術劇場店の最初の同僚だった鈴木さん。
 新しく導入したセロテープ台が、切り口がギザギザしない、という機能付きで驚く。下画像、左が従来、右が新しい切り口。
f0035084_15412087.jpg
f0035084_15412665.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-05-16 15:42 | Comments(0)