「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
2015/10/31     のむ
「北斗七星を見てたの」

『泣蟲小僧』(1938 豊田四郎)
男との生活をスムーズにするために母親(栗島すみ子・・・最低!)の姉妹のところをたらい回しにされる
少年が、たらい回しの途中でいう台詞。
これ観た友人らは号泣していたが、あまりに救いようがなくて自分は泣くに泣けズ・・・
栗島すみ子、自分はずっとコワいと思っていたのだが、本作観ると、もう。
『流れる』の栗島すみ子もコワいし。あの目と声音が自分はどうも・・・・。
しかしながら、飯田蝶子は実生活で栗島すみ子をものすごく慕っていたらしいし、
実際、後輩の蝶子に大層目をかけてくれたらしいし、素晴らしい弔辞も読んでくれたので、
感謝(なぜ?笑)はしているのだけど。。。
ちなみに、本作には物干し台がでてくる。
これまでいくつか観た物干し台映画の物干し台は、大体がセットで、
しかし本作はセットではなく、周辺の家の物干し台も併せて、連なっているさまが観られる、
貴重な第一級の物干し台映画であった。
は~こね~のやァまは、て~んかァのけん♪
ううううううう(涙)



少し前に観た『誘惑』(’57 中平康)で、東郷青児と岡本太郎が出演していたのだが、
あの頃や少し前の美術界の空気ってこんなだったのかな、と、商品化しながら思いを馳せた。
美術に興味がある訳ではないが、面白そうな匂いがプンプン・・
『戦後美術盛衰史』針生一郎 東書選書
販売中!!
 売切
f0035084_22451865.jpg



のむ干し台

【今週読んだ本:『こじれたふたり』坂井希久子(文春文庫)、今読んでいる本:以下略】
[PR]
by ouraiza | 2015-10-31 22:50 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
2015/10/30    せと
 都内名画座デイリータイムテーブル表『名画座かんペ』最新2015/11月号、完成いたしまして、ひとまずは古書往来座にて配布中です。
 完成してすぐの編集長。
f0035084_2191973.jpg

 雑司が谷の御会式の直後は・・・特に今年は火事で混乱した御会式だったので・・・鬼子母神のザワメキに疎くなってしまうのだなあと気付く。
 劇団唐組秋公演「鯨リチャード」やっております。先週の土日と、31日(土)、11月1日(日)、2日(月)、 3日(火・祝)。
 唐十郎さん著書をいつも通りほとんど仕入れできなかったので、少しためてあった現代演劇系チラシを出しております。
 68/71黒色テント「与太浜パラダイス」、原画/大友克洋、グラフィック/平野甲賀。
f0035084_2193096.jpg

 鼠派演踏艦22枚一括。
f0035084_2110316.jpg

 など。
f0035084_2110168.jpg
f0035084_21103287.jpg

[PR]
by ouraiza | 2015-10-30 21:10 | Comments(0)
2015/10/27    せと
 新入荷販売中の『BOOK5 18号 特集:はたらくくるま』の特集ページにびっくりわくわくだった。人選も並びもすごい・・・・西荻窪古書音羽館広瀬さんの「音羽館・広瀬洋一さんに聞く サンバーの魅力」(とても勉強になる・・・)、吉祥寺藤井書店リボーさんの「藤井書店 Ride on ハイエース」(かっこいい・・・)、そして草野球団ホトトギスのリーダーでもある内田モーターペッペ(小学生時代”カトちゃんぺ”をやりまくって仇名がペッペになったという・・・)の「内田モーター・内田孝宏さんに聞く車整備の秘訣!」(野球になかなか参加できなくて申し訳ナス・・・)。
 いやーおもしろい。
⇒トマソン社『BOOK5』

f0035084_15125992.jpg



 今週は”雲や空に関する本”を売る週にしよう。そういえばこれら雲や空の本は、配架するときの売れる期待値とその後の売れない度の幅が格別大きい気がする。眺めてるだけでかなり楽しいのだけど。
f0035084_1513949.jpg

1930(昭和5)年、中央気象台刊 『測雲報告 布良測候所観測 昭和2年ヨリ昭和4年ニ至ル』の、翌年刊の英文版。2500円。など。
f0035084_15131754.jpg

上掲書より87年前、1928年10月30日の空。
f0035084_15132225.jpg

[PR]
by ouraiza | 2015-10-27 22:13 | Comments(0)
2015/10/25  たいくつ
【新入荷】
『植草甚一の英語百貨店』(主婦と生活社・21世紀ブックス/1976年) 1080円 売切

水曜の夕方まで売れ残っていたら店員Tが買っちゃうのでよろしく。音楽書の植草甚一コーナーです。(追記:10/27の最初に売れました)
f0035084_2313138.jpg



入口正面のステップ棚、平野甲賀さんの本を数点置いてます。
f0035084_2361514.jpg



たいくつ
(今週読んだ本:……………………。)
[PR]
by ouraiza | 2015-10-25 23:08 | たいくつ (月曜) | Comments(0)
2015/10/24    のむのノミムメモ
☆勝手にWAKUWAKUタイアップキャンペーン☆(シネマヴェーラ編)
せっかくこないだ新文芸坐でロマンポルノにハマったので、このまま小沼勝監督特集まで突っ走りたい。
のはヤマヤマではあるが、ラピュタではホームドラマ特集なのである。好物この上ない、1950~1960年代の家庭劇・・・!
来月はアタマを切り替えつつ、縛られたり団らんしたりすることにする。
「小沼勝 わが映画人生」(10/31~11/20)@シネマヴェーラ渋谷
谷ナオミ関連本入荷いたしました!
f0035084_22202446.jpg



【今週読んだ本:『崖っぷちの鞠子』坂井希久子(光文社文庫)、今週の読みかけ本:『独学でよかった』佐藤忠男(三交社)『キルプの軍団』大江健三郎(同時代ライブラリー)『こじれたふたり』坂井希久子(文春文庫)】
今週は坂井希久子という作家に出会った。夜中の3時にどれどれと読みだしたら止まらずそのまま読了・・・。「欲しいのはこんなものじゃない!渇望する女たちの身を焼く焦燥感、切ない喪失感。」と帯の惹句。身につまされて身につまされて、最終話で泣いた。ちょいエロラインと非エロラインがあるのかな?エロくないやつもそのうち読んでみるつもり。

谷ノムミ
[PR]
by ouraiza | 2015-10-24 23:05 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
2015/10/23    せと
f0035084_1555611.jpg

 イラストレーターの武藤さんが立ち寄って取り憑かれたように作っていたのがこれだった。
 ドラフトごっこ。
 あほか、とばかにしていたら、
 とても楽しかった。
 なんで楽しいのか不思議だ。
 たいてい特に誰かを指名するでもなく、がっかりしたり、ガッツポーズをしたりする。
 ラーメン好きの友人が第1回選択希望選手「ラーメン大(だい)」の交渉権を4チーム競合したなかで得た。


『谷川晃一の世界 SCRAP BOOK』 1983年初版 邯鄲アートサービス
1580円 販売中
f0035084_1562584.jpg

[PR]
by ouraiza | 2015-10-24 15:06 | Comments(0)
2015/10/22    せと
 鈴木卓爾監督よりちらしをお預かりいたしました。配布しております。
  『ポッポー町の人々』では全編雑司が谷とその周辺ロケで素敵な群像劇を観せてくださった鈴木卓爾監督の最新作。必ず観に行きます。

⇒ ジョギング渡り鳥

f0035084_20203299.jpg

[PR]
by ouraiza | 2015-10-22 22:25 | Comments(0)
2015/10/20    せと
 ”六畳半フォーク”シンガー世田谷ピンポンズさんからチラシをお預かりいたしました。配布中です。
f0035084_2073380.jpg

 今週は"何について書いてあるのかなんとなくわかるようなわからないようなロシア刊行の本"を売る週にしよう。辞書や地図、医学辞典(多分)、観光案内(多分)、自然環境の紹介(多分)など(多分)。いちいち調べる気もおきなくて、売っていて楽しい。
f0035084_19552071.jpg
f0035084_19553162.jpg

 これは多分、『家庭の医学』みたいなものかな、、、
f0035084_1956511.jpg

 いやどうなのだろう、、、
f0035084_19561762.jpg

[PR]
by ouraiza | 2015-10-21 00:52 | Comments(0)
2015/10/19     のむのノミムメモ
「女房のところへ行ってやんな」

『残菊物語』('39 溝口健二)
父親尾上菊五郎が息子の菊之助(花柳章太郎)に向かっていう台詞。
駆け落ちした主人公たちが父親に許される瞬間。
落涙。
「雑司ヶ谷の鬼子母神」も出てきた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

153cm・・・セーフ!
小娘・・・アウト!!
池袋「お若くないんデス」なら働けます。

銀座「お若いデス」チラシ
販売中!!!

f0035084_1313505.jpg



尾ム上菊之助

【今週の読みかけ本:『独学でよかった』佐藤忠男(三交社)『キルプの軍団』大江健三郎(同時代ライブラリー)】
今ちょっと動いている企画で頭がイッパイ。本読めない!
[PR]
by ouraiza | 2015-10-19 21:49 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
2015/10/14    せと
 北海道からのお客様がおっしゃっていたことが興味深い。以前東京に来たときは、東京の人は歩くのが速えなー、と驚いて恐かったが、今はみんな携帯電話を見ながらゆっくり歩いているので邪魔くせー、とのこと。変化。

 男女混成の若者グループが店に入ってきて番台前でおっしゃる。職業訓練学校の授業の一環で、無料でホームページを作らせてもらいたい、と。
 現行のものが古すぎて(多分5年くらい更新していない)すぐにでも一新したいと思って一年以上経つこと。
 イメージやなにかを知人に伝えてあって待っているがいっこうにやってもらえないこと。
 それもめんどうになって数週間前から”工事中”にしたこと。
 だれかサラサラと作ってくれる人が現われるのをジットリと待っていたこと。
を伝えると、グループ内の若い女性が、「カモがネギしょって来たってわけですね♪」と言うので可笑しかった。

 今週は”ソビエト刊行の本”を売る週にしよう。
『ソビエト地理地図』1960(売切れ)、『ソビエトの劇場』1967。
f0035084_2333013.jpg
f0035084_2331874.jpg
f0035084_2331192.jpg
f0035084_2325311.jpg

(最近読んだ本、マンガ:志賀浩二『古本屋残酷物語』平安工房〈底抜けに面白くて言い回しが頭に残って鳴り響いて一晩眠れなかった〉、卯月妙子『人間仮免中』イースト・プレス〈いやはや、、、〉、新井英樹・山田太一『空也上人がいた』小学館  今読んでいる本:穂村弘『世界音痴』小学館、樋口毅宏『雑司ヶ谷R.I.P.』新潮文庫)

[PR]
by ouraiza | 2015-10-14 23:03 | Comments(0)