「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
2014映活ベスト10  (2014/12/30~追記予定)  のむ 
【名画座かんぺ】
本年も誠にありがとうございました!

f0035084_187630.jpg


今年のベストを書く予定ですが時間がありません、、、、、、、


ちなみに⇒2012 ・ 2013

みなさま、どうぞよいお年を☆

締めみち
[PR]
by ouraiza | 2014-12-30 18:00 | Comments(2)
2014/12/29    せと
 ザズタロービエ。

 痩せてひげを生やしたロシア人は言った。
 よちよちした英語で、おいしい、をロシア語でどう言うのか尋ねた答えだ。
 1998年の大晦日。ぼくは正月でも嵐でも休まない、文字通り年中無休の古本屋で店番をしていた。3年目にもなれば休みの無さに慣れ、さらによじれて、休日の賑やかな世間に背を向けて古本屋の番台にいることに快感すら覚えていた。

 その古本屋は東京都が運営する大きな劇場にテナントとして入居しており、池袋駅の西口から近く、すぐそばに海外からの旅行者にとっては安いらしい大型のホテルもあったから、外国人客が多かった。外国からのお客さんには旅の途中のほがらかさがあり、少しでも店の雰囲気を明るくしたかったぼくにとってありがたい存在で、その接客が好きだった。国民性というものがほんとにあるのかわからないが、外国人への接客を通して得た各お国柄の印象が確かにあり、それはとてもありきたりなものだ。中国の人はマケろと言い、フランスの人はフランス語に固執し、南米の人は陽気だった。

 大晦日の夜7時ぐらいに来たロシア人は、店の片隅に申し訳程度においてあるクラシックレコードを熱心に物色し、2、3枚を購入してくれた。ロシア人は番台前で上機嫌に話しかけてきた。お互いに英語を文法通りに話すことはできず、とにかく単語を並べる。あなたは日本に何をしに来たのかという問いに、俺はレニングラード管弦楽団でオーボエを吹いている、と彼は応じた。ベートーヴェン、第九、年末恒例のコンサート、などと話は続いた。確かに、店の大家である劇場は毎年末に第九コンサートを大々的に開く。これからの演奏を控えつつ、本番前に散歩でもしているのだろうと思った。

 脈絡を思い出せないが、少し待っててくれ、と言いロシア人はいったん店を出て行き、15分もしないうちにくしゃくしゃの茶色い紙袋を抱えて戻ってきた。ジャパニーズフードはうまいか、などという会話の途中だったか。彼が袋から取り出したのは、サランラップにくるまれた肉のかたまりと、透明な液体が入った瓶。肉のかたまりは、ごわごわと硬い半透明の脂身だった。小型ナイフでその脂身をほんの少し削ぎ、食え、とぼくに渡した。初めて口にする食感だった。しょっぱさに肉の旨味がからみつき、無性においしかった。さらに彼は自分で一口ラッパ飲みした瓶をよこした。みんな。その肉を食う。そして。この酒飲む。ロシア。冬。とても寒い。と寒さに震えるジェスチャーをする。乱雑な店の備品入れから気長に紙コップを探す雰囲気ではなかった。想像通りその液体はウォッカで、きつく、のどが熱かった。塩分の強いなんの動物の肉かわからない脂身とのどを刺すウォッカの組み合わせは、客がほとんど来ない大晦日の古本屋でうつむいて本を拭いているぼくには、目の覚めるようなおいしさだった。デリシャス。おいしい、はロシア語ではなんと言うのか。ザズタロービエ。と彼は教えてくれた。ザズタロービエ。そう。あはは、ザズタロービエ。

 脂身とウォッカとザズタロービエを数回繰り返してから、彼は、自分の仕事が終わったらまた来るから待っていてくれと言った。ホテルの部屋でウォッカを飲もうぜ。よしわかった、10時に店を閉めるから適当に待っている。年が明ける12時までには戻るからニューイヤーパーティーだ、と約束をし、彼は出ていった。

 1998年の最後の営業を終え店を片付けると、いつもどおり閉店を待っていたホームレスさんたちが店のガラスの壁沿いにダンボールのねぐらを建て始める。ぼくは店の前の低い階段に座って彼を待った。そのうち横たわって待った。池袋西口は白々と賑やかだった。二つ折りの携帯電話を何度も開いて時計をみた。1時過ぎまで待ったが、彼は来なかった。新年を迎えていた。

 お客さんと交わした何気ない会話の中の単語を憶えていることはめったにない。しかしザズタロービエは忘れていない。通り過ぎる人の種類が多い、一見のお客さんが多い土地の小売業者は、他愛ない、小さな嘘に囲まれて営業をしている。確かめる必要もない虚と実を抱えてお客さんはやってくる。ザズタロービエは本当においしいという意味なのか。ぼくは馬鹿です、を意味するロシア語なのではないだろうか。ぼくは脂身をウォッカで流し込みながら、ぼくは馬鹿です、と満面の笑顔で何度も言っていたのかもしれない。その後十数年、オーボエ奏者のロシア人が教えてくれたザズタロービエの正体不明さがおもしろくて、時折思い出して口に出すだけで、正確な意味など知らなくてもよかった。

 つい先日テレビを観ていたら、ロシアの家庭の日常風景が紹介されていた。なにかのお祝いだろうか、家族が集って食卓を囲んでいる。やがて全員がグラスを持ち上げた。家長らしき老人の一声に皆が続いた。ザズタロービエ。ザズタロービエ。
f0035084_20382610.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-12-29 22:25 | Comments(2)
2014/12/28 みみふん うすだ

【販売中】
店頭にて販売している為、売切の際はご容赦くださいませ。


『クレオール・ニッポン──うたの記憶を旅する』
松田美緒 CD未開封 アルテスパブリッシング
2014/12/20発行 初版 販売中売切

※刊行間もないですが、古書での入荷です。

f0035084_17312246.jpg


f0035084_17144589.jpg


==========================


泉まくら - 棄てるなどして (Prod. Evisbeats)
泉まくら ワンルーム



DJ Shadow - Perilous Journey (Gab Demo 3)
jel - Sunday Night


Olive Oil - Don't touch us

f0035084_1716124.jpg


うすだ

[PR]
by ouraiza | 2014-12-28 17:17 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2014/12/27        のむ
旧作邦画VHS入荷いたしました!!!
すべて正規市販品、再生チェックはしておりませんが、テープにカビ等は見られません。
「日本映画傑作全集」シリーズは、すべて山根貞男によるライナー付きです。
店頭にて販売している為、売切の際はご容赦くださいませ。
f0035084_2249655.jpg
f0035084_22492422.jpg


NHS(のむ・働け・仕事しろ)
[PR]
by ouraiza | 2014-12-27 22:49 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
2014/12/26    せと
 年末の郵便局本局、整理券を引いて、さて、あと68番目だ。

f0035084_1827115.jpg『友人獲得法』 美並東策 1931年 初版 白揚社
1080円 販売中


 奥付から、発行日は1931年7月21日。高倉健さんの誕生日は同年2月16日。健さんが5カ月先輩。
f0035084_18281145.jpg
f0035084_18282894.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-12-26 22:26 | Comments(0)
2014/12/25    せと
f0035084_1495161.jpg


 以前雑司が谷の公園の壁にあった貼り紙。やってみたい。ゲートボールもとてもやってみたいのだが。

f0035084_1412457.jpgMay Books be with You!
『BOOK5 vol,15 特集:楽しいサッカー』
詳細→http://tomasonsha.com/?pid=84983104
756円 販売中!


 各記事とっても面白いです。サッカー!
 中学に入って野球はかっこ悪いと思いサッカー部に入った。どこのポジションがいい?と訊かれてもポジション名も知らなかった。練習がきつくてゲロ吐いて1年でやめた。ほんとあの頃の”水を飲んではいけない”運動部のルールはイカレテいた。
 プレステのサッカーゲーム、ウイニングイレブンにクラシックチームが登場し編集もできるので、往年の名選手でオールスターチームを作って遊んでいる。まったく詳しくないのでどんな選手なのか検索していると楽しい。ちょっとだけ歴史の勉強ができる感じ。フォワードのトップはファン・バステン。サイドはルート・フリットとジダン。中盤にマラドーナとバティストゥ―タ、ボビー・チャールトンとダーヴィッツ。ペレやクライフは補欠である。進行したものを追うディフェンスではなく予想して受けるディフェンス、が今のテーマである。寝不足は癒えない。
 「手を使わずに、敵陣の端に設置された枠に球を入れる」、ボールがあの線を越えればいい!だけのことに、鍛えられた人間たち各11人ずつが頭と身体を使って必死になるサッカー。ああ面白い。

f0035084_1413460.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-12-26 14:15 | Comments(0)
2014/12/23    せと
f0035084_18643.jpg
 知り合いが雑司が谷に引っ越そうとしているらしく、雑司が谷のことを尋ねられる。いいところ、でまっさきに思いつくのは雑司ヶ谷霊園。

『TOKYOレストランガイド&イベンツ』6冊
1972/9月創刊号・12月号・1973/1月号・5月号・6月号・7月号
『TOKYOレストランガイド Have A Nice Day』2冊
(誌名と判形変更?)1974/5月号・6月号
共にオータパブリケイションズ発行
8冊一括 2800円 販売中
f0035084_0491643.jpgf0035084_049735.jpg
f0035084_0494597.jpg
f0035084_0493866.jpg
f0035084_0493138.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-12-24 00:37 | Comments(0)
2014/12/21 みみふん うすだ
『PURPLE STARS』 Purple Books + Fiction inc. 
2002 英文 Printed In Japan 販売中
売切

f0035084_12403083.jpg

f0035084_12435780.jpg


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎




Machine Drum - jewlea
Syndrone - Tedow
Ital - First Wave
Mi Ami- "Time of Love"



f0035084_12461890.jpg
f0035084_12463740.jpg


うすだ

[PR]
by ouraiza | 2014-12-21 23:59 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2014/12/20     のむ
PK本いろいろ入荷いたしました!!

f0035084_23531087.jpg


旧作邦画VHS入荷いたしました!!

f0035084_122069.jpg



ボー年会シーズン、身体も財布もボロボロでボー然。
身体は肥え、財布は激やせ。
世界は反比例であふれている。

肥えみち
[PR]
by ouraiza | 2014-12-20 23:53 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
2014/12/20    せと
 反省をいかせずに繰り返しやってしまうずっこけ。
f0035084_17453470.jpg
 大雨でなければ車のバックドア、後のドアを開けたままで積み込み、積み降ろしをする。 ドアが屋根にもなって案外濡れないものなのだ。ところが。
f0035084_1746596.jpg
 作業が終わったいきおいでちょっと長く開け放っていたドアを真正面からビシっと閉めようとすると。
f0035084_17462957.jpg
 屋根にもなっていたドアにはけっこうたくさんの雨が溜まっていて。
 頭から雨をかぶって全身ビチョビチョになるのだ。
 今日もやった。
f0035084_17465855.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-12-20 22:28 | Comments(0)