「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2014/9/29    せと
f0035084_125516.jpg 『名画座かんぺ』 最新2014/10月号 完成いたしまして配布開始しております。

 調理前、生物学的な意味だと「卵」。食材としてなら「玉子」。なのだそうだ。今回のカットのモチーフは茹でてあるので玉子である。

f0035084_1253355.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-09-30 12:05 | Comments(0)
2014/9/28 みみふん うすだ


Aphex Twin - Iz Us


『高松次郎 「影」の絵画とドローイング』
国立国際美術館 1999  販売中
 売切


f0035084_14434957.jpg


f0035084_14304793.jpg

f0035084_14302626.jpg


その他、新入荷の商品たちです。

f0035084_1435106.jpg

f0035084_14352171.jpg


==================================================


Start as you Mean to go on - Aphex Twin



f0035084_2318914.jpg


f0035084_14573784.jpg


うすだ

[PR]
by ouraiza | 2014-09-29 00:00 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2014/09/27       のむ
『映画と演劇』
1950年~1951年
左から並木路子、轟夕起子、高峰秀子、山田五十鈴
各1000円 販売中!!!

遠近法、じゃないような気がしないでもない。
f0035084_21342991.jpg



♡今週のシネみち♡

今週はイベント続き&かんぺ制作期&風邪につき、劇場鑑賞は1本のみ。お粗末。

1)◎◎『吹けよ春風』@ラピュタ阿佐ヶ谷
 

f0035084_22484588.jpg

旧作邦画界の灘高レベルの問題
河津清三郎と田崎潤
奇跡の写真
あ、でもこうして一枚の写真に並んでると逆にわかりやすいかもしれない。
共演作で別々に出てこようものなら混乱必至だし、時代劇での共演はまず区別は諦めたほうが吉。
(と、Kちゃんが言っていた)
[PR]
by ouraiza | 2014-09-27 21:38 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
2014/9/26    せと
 確認しておかなければならない。
 バトミントン、ではない。バドミントン、である。
 アボガド、ではない。アボカド、である。
f0035084_12263177.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-09-27 12:19 | Comments(0)
2014/9/25    せと
 この時期、店の近くの幼稚園も、自宅近くの幼稚園も、毎日運動会の練習をしている。どちらも気合いが入っていて熱心なので、毎日今日が運動会の本番なのだろう、と思っている。
[PR]
by ouraiza | 2014-09-26 18:17 | Comments(0)
2014/9/24    せと
 川柳川柳さん(敬称は師匠が適切なのか、疎くてわからない)の落語を聴く。2回目。前回は2年前だったが、少しお痩せになられた気がする。83歳、高らかに軍歌やパフィーやジャズを歌う。実演昭和歌謡史。ちょうど自伝的エッセーと自作落語集『寄席爆笑王 ガーコン落語一代』(河出文庫)を読んでいて、面白いのだが、少年時代、自慰における射精を仲間と競い、木にとまっていたセミを撃ち落としたそうだ。ついたあだ名が「鉄砲魚の利ちゃん」(本名利男)(174頁)。あー可笑しい。雑司が谷在住であり、雑司ヶ谷霊園にて飲酒運転で連行されたりなさっている。雑司が谷本でもある。落語会、前回同様終演後の抽選で色紙が当たらなかった。残念。欲しい。



f0035084_0284254.jpg『<創立百周年記念>学生歌応募作品集』
1981年 東京理科大学学生歌制定委員会
44曲収録 校正書込みあり B5判51頁
500円
販売中!
f0035084_0295230.jpg
f0035084_0305850.jpg

[PR]
by ouraiza | 2014-09-24 22:28 | Comments(0)
2014/9/22    せと
 ここ数日、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権をYouTubeであさって鑑賞、気付くと外が明るくなっていて、寝不足だ。面白い、、、
[PR]
by ouraiza | 2014-09-23 19:02 | Comments(0)
9/21 みみふん うすだ

新入荷がたくさんあったので画像をiPhoneからアップしようとするもエキサイトブログの不具合でiPhoneの新しいOS8からは画像などがアップできなくなっている様子もう濁点も打つ気にならないですがっかり

=================================================



APHEX TWIN新作はアナログ(3LP)で購入


Aphex Twin - minipops 67 [120.2][source field mix]

うすだ

[PR]
by ouraiza | 2014-09-22 06:00 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2014/09/21        のむ
『国枝史郎伝奇文庫』全28巻揃
装丁:横尾忠則
1976年①③のみ2刷、他初版
⑨カバーしわ、本体背に折れあり
販売中!!!

f0035084_1713469.jpg

サヴィニャックポスター
販売中!!!売切

f0035084_17131714.jpg


♡今週のシネみち♡
1再◎◎1/2『晩菊』
2再◎◎1/2『流れる』
3◎1/2『江戸へ百七十里』
4再◎◎1/2『秋立ちぬ』
5◎◎1/2『コタンの口笛』
6◎『極悪拳法』
7◎◎『物語る私たち』

1245:新文芸坐 3:角川シネマ新宿 6:ラピュタ阿佐ヶ谷 7:ユーロスペース

ああ、成瀬が終わってしまった。。結局『ひき逃げ』は未見(・・多分・・)のまま、『乱れ雲』『鰯雲』も何ひとつ内容を覚えてないので再見を、と思っていたのに叶わず。
少し前に観た『華岡青洲の妻』でナレーションが無駄に杉村春子で、それ以来杉村春子が見たくて見たくて。『晩菊』と『流れる』の「あ、そ~れ、じゃじゃんがじゃん♪」で杉村春子充120%。『晩菊』の見どころは望月優子リンの究極の品の無さでもあります。『流れる』宮口精二がせっかく怖い声音でがァがァがなりたてているのに、ポン子(猫)が膝の上に乗ろうとしてた。すぐ首根っこ掴まれて放り投げられたが・・・。宮口精二、困ったんじゃないかな?文芸坐は『流れる』やる日にコロッケを出せば飛ぶように売れるのじゃないかしら?究極のコロッケ映画。『江戸へ百七十里』雷蔵の娯楽時代劇。嵯峨三智子の顔が整形(?)でコワかった。。自分は本当にこれまで雷蔵に興味ゼロだったのだけれど、今回の雷蔵祭で何本か観て、ほんのちょっぴり、雷蔵の魅力に気付いたかもしれないし気付いてないかもしれない。舌っ足らずなのか、「りゅう」が「るう」に聴こえるところに萌えている今日この頃。『秋立ちぬ』割に最近観たけども、そこはホラ、文芸坐のスクリーンとあらば、ねえ?大沢健三郎、天才。調べてみると、映画の出演はたったの17本とのことで、やはり、子役で天才だからといって、大人になってもいい役者でいられる人は一握りなのだろうな、と。銭湯シーンにボカシなし。夏木陽介の気のいい兄ちゃんっぷり、原知佐子のいい感じにあけっぴろげなねーちゃんっぷり、良かったです。『コタンの口笛』初見。まさかカラー作品と思わなんだ。素晴らしかったな。久保賢、兄ちゃん(久保明)より好き。学校で差別を受けたことを嘆く姉に向かって、弟がいう一言。「姉ちゃんは自分のことばかり考えすぎてるんじゃないかな」原作にこのセリフがあるのかわからないけれど、自分はここで泣いた。差別にも負けず健気に暮らす兄弟に最後まで容赦なし。これが現実だよな。だからわたしも名画座に逃げるんだ。『極悪拳法』大木実が出てると聞いて、未見であったはずの『ひき逃げ』を、成瀬を蹴ってこっちに行くという・・アカデミックな映画の神様、どうぞお許し下さいアーメン的な気分で観たら、これが、大木実が準主役級で、成瀬のなの字もソッコー消えた。男として一番脂の乗った(当社比)時期で(51歳)、ラストの雨の中で殺られるシーンでは濡れながら呻く大木実にもう、おばちゃんの鼻の下も伸びる、猿も木から落ちる。渡瀬恒彦の役名が鉄拳(てっけん)で、「鉄拳クン、鉄拳クン」という呼び方にも萌えまくり、あー私も「のむみちクン」って呼ばれた~い♡『物語る私たち』友人Yここと。サラ・ポーリーと言われてもよくわからなかった(『死ぬまでにしたい10のこと』とかも未見)のだけど、凄い作品だった。エンドロールで、「・・・えっ?」って思うことがあり、同行者のYここに訊くもよくわからず、さらに翌日(の今日)もっと詳しく説明してくれるも未だよくわからず、でも、確かに揺さぶられる作品ではあった。内容的にも個人的に堪えた1本。映画って、自分の境遇や立場によって本当に感じ方が違いますのでね。


ノムタンの口笛
[PR]
by ouraiza | 2014-09-21 17:30 | ノミムメモ(土曜) | Comments(2)
2014/9/21    せと
 ある方のブログを読み、柔らかく面白い文章構成に感動して引き込まれる。最近用がありお話しした時にその感動を伝え、内容にも触れつつ、楽しませていただいてます!などと言う。すぐ後に、それらが一昨年以前の記事だと気付く。最近のものだと完全に思い込んでいた。恥ずかしくて可笑しい。
[PR]
by ouraiza | 2014-09-21 17:02 | Comments(0)