<   2013年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2013/10/31    せと
バッテリー(battery) ・広く電池と呼ばれるもの・電池、乾電池のこと。・二次電池、組電池のこと。
バッテリー(battery) ・野球用語の一つ。投手と捕手の組を指す。投手陣の火力を砲台の列(英語でバッテリーという)にたとえたもので、のちに捕手をも含む語となった。
 バッテリーの語源はラテン語のbattuereで「打つ」という意味。バッターとかバトルなどと同じ語源です。そこから砲台のこともバッテリーと呼んだので、電気を発するものとか、ボールを発するものということで、電池や投手のこともバッテリーと呼ぶようになりました。後に野球のバッテリーは投手とその球を受ける捕手の組の意味に変化しています。http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/12/battery.htm
他参照/wikipedia


f0035084_15434386.jpg『漫画アクションコミックス 同棲時代 第三集』
上村一夫 1973 双葉社
表紙に上村一夫署名入り
扉に映画「同棲時代」主演/由美かおる と もう一名(読めません・・・)(教えていただきました)主題歌歌唱/大信田礼子 の署名入り
4500円 販売中


f0035084_15435964.jpg

[PR]
by ouraiza | 2013-10-31 22:43 | Comments(2)
2013/10/30    せと
f0035084_12511730.jpg『かわらの小石の図鑑 日本列島の生い立ちを考える』 千葉とき子・斎藤靖二/著
1996 2刷 東海大学出版会
カバー欠 380円 販売中


ああ投げたい。投石したい。ちょっとだけ。

f0035084_12514010.jpgf0035084_12515222.jpg
f0035084_1252644.jpg

[PR]
by ouraiza | 2013-10-31 12:57 | Comments(0)
2013/10/29    せと
f0035084_17452157.jpg 都内名画座スケジュール表「名画座かんぺ」 最新 2013/11月号 通巻第23号 完成いたしました。できたてのため今のところ古書往来座のみにて配布中です。

 今回も「名画座かんペ」内にVHS目録があります。板橋区ときわ台にあった伝説のレンタルビデオ屋さん、13号倉庫さん(twitter@bokurasouko)の旧在庫、前号は邦画特集でしたが、今回は洋画です。店頭にも配架しております(下画像)。

 さて今回の木版判子による表紙カット。ほとんど原寸大です。

f0035084_1818483.jpg

『古本の時間』内堀弘 2013 晶文社
2310円(税込)複部数販売中!!

 石神井書林・内堀さんの最新刊。内堀さんがなさっていることは、とても専門性の強いこと。なのに、その道に暗いぼくなんかにもするするとしみじみと、おもしろさが伝わってくるのは、内堀さんがいつも、新鮮で得体の知れないものにまっさらな状態で対峙する立場を貫くからだろう。文章の透明感。柔らかさ。凛々しさ。ほんと楽しい本です。青猫書房さんのことが書かれているものを初めて読みました。版画家岡田龍夫のこと、俳人大岡頌司のこと、など、気になることもたくさん見つかりました。
f0035084_17453976.jpg

[PR]
by ouraiza | 2013-10-29 22:15 | Comments(0)
2013/0/10/26      のむ
f0035084_1233781.jpg 『伴淳三郎 道化の涙』田山力哉著 1988年初版 教養文庫 450円 販売中!!!売切



f0035084_12342535.jpg絶賛かんぺ期中につき、今週のシネみちはお休みさせていただきます・・・。
来月オーディトリウム渋谷では、16日より森崎東特集!先日緑魔子を初体験した者としては、何本か観に行きたいところ。
右はかんぺ来月号を制作するにあたり、一番泣かされたタイトル。
以前代表が新入荷アップしておりますが、まだ残っているので、再掲!
映画ポスター
「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」
ポスターサイズ 約515mm×730mm
額付き 3500円
額無し 2000円 販売中
 


ノムサキアズミチ
[PR]
by ouraiza | 2013-10-28 13:03 | のむのノミムメモ | Comments(0)
2013/10/25    せと
 近隣の年間の歳時記のようなもの、何月にどこで何があり、ということがわかるもの、を一年を通して作っていこう、と考えてはいるのだが実行できない。だから何かある直前に毎回あわてる。未来を見ないからだ。うつむき幽霊。いつもうつむいて落ちているパチンコ玉を探しているワーキングメタボリックプアーハゲ。
 劇団唐組による鬼子母神での紅テント公演は毎年4月か5月と10月。
 状況劇場、唐組、少し天井桟敷、のちらしが入荷いたしました。すぐに並べます。
f0035084_12482714.jpg

 紅テント、池袋ビックリガード横にも建ったことがあったのか。「青頭巾」(1979)ちらしより。他、公演場所が今ほど決まっていない印象があり、ちらし内劇場案内地図など、とてもおもしろいです。
f0035084_12483939.jpg
f0035084_13332574.jpg
f0035084_12484820.jpg

[PR]
by ouraiza | 2013-10-26 13:04 | Comments(0)
2013/10/24    せと
 赤いものは窓のサッシを固定するグッズ。チャンネルを回すと金具が伸びて出てくる。これを木片と組み合わせて。
f0035084_14592491.jpg

 店舗マット固定システム。「マットズレン」である。
 店に出入りするその毎回に、斜めになったマットを足で、手で、まっすぐに直していたのだ。マットズレンが成功すれば、それは習慣になっている気兼ねを一つ減らす、気兼ねが一つ減るということは一つ自由を獲得する、という、すごいことなのだ。はずである。
f0035084_14593228.jpg

 入り口足もとの左右に。
f0035084_14593743.jpg

[PR]
by ouraiza | 2013-10-24 22:31 | Comments(0)
2013/10/23    せと
f0035084_17431790.jpg

 今年は、それでも少ないのだろうが月に一度、窓ガラスを拭くようにしている。

個人収集 スタンプ帖 「旅の思ひ出」
1951年頃~1955年頃
京都・奈良・日光・伊勢・二見・鳥羽 など
観光地スタンプ約100個押印
4冊一括 1500円 販売中

f0035084_1448352.jpg
f0035084_14481168.jpg
f0035084_14481992.jpg
f0035084_14482741.jpg

[PR]
by ouraiza | 2013-10-23 22:40 | Comments(0)
2013/10/22    せと
f0035084_13192612.gif


 テレビで観て、どこの国だったか忘れてしまった。サッカーの国際試合で監督が言っていたのだ。
 この試合はビランチェが大切だ。
 と。

 トロント・ブルージェイズ、川崎ムネリンのニュースをいち早く知るにはどうしたらいいのか・・・。

 驚いた。鬼子母神の紅テントは10月26日(土)27(日)、11月1日(金)2日(土)3日(日)。ところが今日の夜、お店にまるで紅テント当日のようなお客様の様相があった。おききしたところ、紅テントで唐十郎さん以外の催しがあったのだ。林海象監督「彌勒 MIROKU」(原作・稲垣足穂)の上映。22日(火)、23日(水)。そういうことがあるのか!

 ほるぷ出版の名著復刻シリーズ。実物は入荷しないし高額。当時の空気などその全部ではないにしても、伝わるものはたくさんある。ふっと並べて売っていて楽しいシリーズ。
f0035084_22344522.jpg
f0035084_22345537.jpg
f0035084_2235515.jpg
f0035084_223516100.jpg
f0035084_22352616.jpg
f0035084_22353643.jpg


 
[PR]
by ouraiza | 2013-10-22 22:18 | Comments(0)
2013/10/20 みみふん うすだ

f0035084_11101525.jpg

当店でも音源を販売させていただいてる、京都の音楽家・川手直人さんが11月の東京で演奏します。
目白/ブックギャラリー・ポポタム(11/22(金))と、立川/ギャラリーセプチマ(11/23(土))の2カ所。
今回は独奏会、たっぷりと川手さんの音楽を体験することのできる機会。
ふだんは在住の京都での演奏がほとんどでしたので、東京で演奏をみれるのは貴重ですね。

往来座で音源を購入してくださった皆さんにお知らせが届きますよう、
往来座店頭でも、チラシを配布中。
先日は、川手さんのHPを見ていて独奏会のことを知り、
チラシがあるかと立ち寄ってくださったお客さまもいました。
f0035084_11284191.jpg


ひきつづき、往来座店頭にて川手直人さんの音源作品、
『music for the room』、『44』、『new wave』(priblic/CDR/各1000円)、
『komari-irimame』(Shingoster records/CD/2100円)、販売中です。

繙く47曲 川手直人 ギター独奏会

http://kawatenaoto.net/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Jon Gibson - Cycles


Tramp with Orchestra I - Gavin Bryars with Tom Waits (Jesus' Blood Never Failed Me Yet)

うすだ

[PR]
by ouraiza | 2013-10-20 23:59 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2013/10/19      のむ
『映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東篇』キネマ旬報社編 2010年 キネマ旬報社刊
1500円 販売中!!!売切れ

f0035084_20301434.jpg


昭和29年当時、左から順に。
池袋東映、山手映画劇場、人世坐(本文の「生」は誤り!)、池袋日勝&日勝地下、池袋アバン&池袋東洋、池袋日活、池袋エトアール、シネマ・ロサ、シネマ・東宝
f0035084_2036850.jpgf0035084_20363172.jpg
f0035084_20364591.jpgf0035084_20365660.jpg
f0035084_2037821.jpgf0035084_20372153.jpg
f0035084_20373891.jpgf0035084_2037515.jpg

f0035084_2038130.jpg


♡今週のシネみち♡

お粗末。でも作品は満足。

1)再々々々々◎◎1/2『張込み』'58松竹(野村芳太郎監督 大木実 宮口精二 高峰秀子 浦辺粂子 田村高広)
2)◎◎『おんな番外地 鎖の牝犬』'65東映(村山新治監督 緑魔子 原知佐子 荒木道子 中北千枝子 浦辺粂子 清川玉枝 若水ヤエ子 春川ますみ)

1:新文芸坐 2:ラピュタ阿佐ヶ谷

『張込み』
行く前は、一体何度張込めば気が済むのやら、と自嘲気味であったのだけど。ど!始まったらやっぱり夢中で観ちゃって、結局毎回通り堪能。せっかくだから一番前で観てみようかなあとも思ったけれど、ヒヨって2列目で。今回は冒頭の列車車中シーンに注目気味で観た。最初やっと席が空いて座った車両は、刑事仲間がいる車両の「2つ先」と言っていて、空いて宮口精二を座らせたはずの席はボックスの右奥窓側。でも次のシーンでは大木実が右手前通路側(C7)、宮口精二が左奥窓際(D6?)。さらに次のシーンでは刑事仲間も一緒に座れてて、どっちが移動したのかわからないが、何度も席変わってご苦労さんなことです。とどうでもいい細部を。映画観る前、水上勉の『巣の絵』というミステリを読み終えたばかりで、それとも共通する、犯罪と絡むせつなさに胸がきゅうっとする。ピントが右は合ってたのだけど左が甘く、残念だった。そうそう、先週観た織田政雄版『張込み』の『殺人者を追え』、やはりことごとく本作に似てて驚いた。

『おんな番外地 鎖の牝犬』
友人けーちゃんに絶対好きだよ、と太鼓判押されて。・・大好き!自分も罪犯して今すぐこの刑務所入りたい!女囚もので女優だらけ、しかもその面々が荒木道子原知佐子中北千枝子浦辺粂子清川玉枝春川ますみ若水ヤエ子、と個人的脇役女優オールスター!涎もの。みんなそれぞれとってもいいお仕事してました。荒木道子には一生ついて行きたくなったし、中北千枝子も複雑な役を好演、浦辺粂子の安来節にはのけぞった(素敵すぎて)。主役は緑魔子。自分はこの手の東映お色気路線ものをあまり観たことがなくて、緑魔子もちゃんと観たの本作が初めてだったかも(『にっぽん泥棒物語』は観たが緑魔子が全く思い出せない)。いや、可愛いです。好みです。調べてみたら、台湾生まれ宮崎育ちとのことで、俄然親近感。おかげでこれから東映のお色気ものにも楽しみができた。続編もあるようで、そっちも是非観たい。

牝みち
[PR]
by ouraiza | 2013-10-19 20:30 | のむのノミムメモ | Comments(0)