「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
2011/10/30 みみふん うすだ
Kraftwerk - Tanzmusik - Ralf and Florian - 1973


最近、i tuneに入れている曲をランダムにして聴き、お、あ、などいいながらそのときどきで気になった曲を別でリストをつくっている。そうしないと、おなじのばかり聴いてしまうもので.. でも、お、あ、と思ってしばらくリピートで聴きだしてしばらくそのまま、すすまない。Kraftwerk - Tanzmusik、やっぱりいいですね。meredith monkもここのところよく聴きます。季節ですかねー。

meredith monk - the tale



音楽の書籍がまとまって入荷してます。その中から、こちら。販売中です。

f0035084_11502256.jpgf0035084_1150545.jpg


『音楽のピクニック』小杉武久/著 書肆風の薔薇 H.2 初版 1570円




f0035084_11551421.jpgf0035084_11554764.jpg


10/30、夜、鬼子母神にておこなわれた、唐十郎による唐組、紅テント公演を観てきました。年に2回、鬼子母神にやってきて、おおきなテントをはり、芝居をうつ。自分の住んでいる街にそういうことがやってくる!、というだけでわくわくします。芝居の最後は、舞台の背後が、バッとなくなり、鬼子母神の闇がぽっかりと開けます。あの瞬間はなんともいえないです。テントの醍醐味でしょうか。今回、唐さんは大きなタワシを頭にのせていました。声を発さず、舞台の隅にいるだけなのに、可笑しかったです。存在感です、ね、たぶん。




f0035084_11571173.jpg



すこし前から、「小鹿田焼」(おんたやき)の陶器が気になりだし、すこしずつ買いはじめました。大分県のほうの窯で焼かれているそう。あんぱんも美味しそうです。

うすだ
[PR]
by ouraiza | 2011-10-31 01:00 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2011/10/28       せと
 店横の道路に「止まれ」が書かれ中。白い塗料はかなりな速乾性で、アスファルトに着くとほとんど同時に乾いているようにみえる。乾くまでのほとんど一瞬に、塗装機を操作する作業員さんにつきそっている作業員さんが、ぱらぱらっとガラスの破片のような、光る粉を白の上にふりかける。監督さんによると、夜など、白だけでは見えづらいことがあるので発光させるのだそうだ。やってみたい、と申し出ると、一発真剣勝負で失敗すると取り返しがつかないので作業中の人には話しかけられないし、とてもセンスを要する作業、とのこと。
f0035084_12481635.jpg
f0035084_12482885.jpg


切子硝子電傘(ペンダントライトシェード)
3万円

青聲社(せいせいしゃ)さんにて販売中!!
12:00〜21:00 不定休
112-0015 東京都文京区目白台1-24-8
TEL・FAX 03-6902-2580
twitter
地図
 ふぁー!かっこいい電傘。
f0035084_0283634.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-29 00:28 | Comments(0)
2011/10/27      せと
 おととい、郵便局へ向かう道、鬼子母神横、ひぐらし文庫さん前の道が、建築解体現場の足場が道路側に倒れたとのことで通行止めになっていた。封鎖テープの先に、道路がジャングルジムでとうせんぼされているような変な状況がみえた。そんなことがあるのだなあ。
 青聲社さんの本棚作製中、外枠だけの状態で横になった本棚があまりに寝るのにちょうどだったので休んでいるところ。
f0035084_4393696.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-28 04:39 | 工作 | Comments(0)
2011/10/26        せと
f0035084_05542.jpg FC東京のボールペン。去年味の素スタジアムに行って、記念に買った。ぼくのサッカーテレビゲームの師がFC東京の熱烈なファンで、いろいろ教わっている。J2からJ1に昇格できるかどうか、今、正念場らしい。そうこうするうちに、だんだんFC東京が好きになってきた。しかしそれにしても、サッカー(テレビゲームだけど)とは不思議なスポーツだ。強いから勝つわけでなく、弱いから負けるわけでなく、なんなのだろう。


『綴方風土記』本巻全8巻揃(別巻欠)昭和27~29年初版 平凡社
付録冊子「えんぴつ」①③⑤⑥にのみあり
カバーいたみ多 ⑧カバー背断絶あり
2400円 販売中!!

 図版、写真多数、素敵な本。特にカットとして使われている小学生の版画がいかす。残念ながら状態かなり悪。
f0035084_19485710.jpg
f0035084_194992.jpg
f0035084_19491958.jpg
f0035084_1949308.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-26 19:54 | Comments(0)
2011/10/24      せと
 今日はわめぞTV(特集:出張わめぞ・小布施「まちとしょテラソ一箱古本市」報告会)での盲本道対決。挑戦者のブルゴーニュさんは、例えば古本祭りの時、準備から片付け、またその片付けまで獅子奮迅のご活躍をなさりながらも、あえて表には出ない職人気質の濃いお方。無類のグルメで仕事好き。下町ホット古書店の3代目若頭でもあります。本や本の束を動かす、ということを、とんでもなくたくさんなさっているのではないでしょうか。ブルゴーニュの盲本、たのしみです。
 そしてホン・マンプクにとっての初防衛戦。過去3回試合があり、マンプク以前のチャンピオン2名は、初防衛戦で敗れました。乱世。防衛戦には独特の落とし穴があるらしく、それが何なのかまだ解明されておりません。前回防衛を失敗したヒグ仙人も、ティラノサウルスを目前にした子鹿のように、その件に関しては黙したままです。どうなるのか、ホン・マンプク。今日もあの「しぇいしぇい」をぜひお聞きしたいところです。
f0035084_2220338.jpg

竹の定規
100円 販売中 売切

 曲尺(かねじゃく)というらしい。尺貫法。他に鯨尺(くじらじゃく)があり、着物の仕立てに使われた。これらがまた日本と中国では長さが異なり、日本では曲尺は1尺約30.3センチ。ああ、難しい!!これは多分、日本の曲尺の定規。
f0035084_22154971.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-24 22:20 | Comments(0)
2011/10/23 みみふん うすだ
f0035084_1128511.jpgf0035084_11293185.jpg

「音楽と建築」ヤニス・クセナキス/著/ 高橋悠治/訳
全音楽譜出版社 S.55後刷 極僅かなページ切れ1カ所 古書店レッテル貼付けあり
7350円 売切

目次(一部抜粋)
第1部・音楽
第1章/確率論と作曲
第2章/三つのたとえ
第3章/作曲の形式化と公理
他、第6章まで
第2部・建築
第1部/フィリップス館
第2部/電子的身振りについて
他、第3章まで


////////////////////////////////////////////////////////////////////

Supersilent - 7.6


http://www.runegrammofon.com/artists/supersilent/supersilent_7_jap_ed_ntsc/
http://www.runegrammofon.com/


うすだ
[PR]
by ouraiza | 2011-10-24 11:46 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2011/10/22       のむ
f0035084_15283242.jpg

f0035084_15262249.jpg


f0035084_21564257.jpg

新刊の取り扱いとなります
ペドロ・コスタ 
『溶岩の家』スクラップ・ブック
2010年 シネマトリックス社発行 限定800部!
3990円(本体3800円+消費税)
当店にて絶賛販売中!!!

http://www.cinematrix.jp/casadelava/
ズシリと重い!製本は美篶堂さん。何と手製本です!
特殊な作りゆえ、元々シュリンクパックが施されております。



**************************************************************************************************


♡今週のシネみち♡

◎『明りを灯す人』'10キルギス仏独伊蘭(アクタン・アリム・クバト監督・脚本・主演)@イメージフォーラム
○『天晴れ一番手柄 青春銭形平次』'53東宝(市川崑監督 伊藤雄之助 大谷友右衛門 杉葉子 三好栄子 山形勲)@ラピュタ阿佐ヶ谷
◎◎『がめつい奴』'60東宝(千葉泰樹監督 三益愛子 森雅之 森繁久彌 草笛光子 高島忠夫 団令子 中山千夏 原知佐子 安西郷子 藤木悠 小川安三 加東大介 沢村いき雄 )@神保町シアター
◎◎1/2『春雪』'50松竹(吉村公三郎監督 佐野周二 藤田泰子 志村喬 英百合子 高橋貞二 東山千栄子)@フィルムセンター
◎◎『この愛のために撃て』'10仏(フレッド・カヴァイエ監督)@新文芸坐
◎1/2『誘惑』'48松竹(吉村公三郎監督 原節子 佐分利信 杉村春子 山内賢 殿山泰司)@フィルムセンター


f0035084_0215171.jpg『明かりを灯す人』キルギスの小さな村の明り屋さん。無償で村人たちの電気周りを助けながら、胸には風車発電という大きな夢を抱く主人公。彼と対照的な強欲な政治家たちが村に入ってきて、悲しいラストへ。空の青さがハンパなく美しい。悲しいラストとはいえ、観た後悲しくなるというワケでは決してなく。むしろ、それこそ小さな明りが灯るような、ほっこりとした気持ちになります。ただ、個人的には女性たちの顔の識別ができなかった箇所があり、人物関係がはっきりしなかったりで、都合がつけば、もう一回観たい。監督で主演のアクタン・アリム・クバトが素朴でいい味。他の作品も評判高く、観てみたくなった。

f0035084_023343.jpg『天晴れ一番手柄 青春銭形平次』時代劇のハズなのに、普通のタバコが出てきたり、ライターがでてきたり、コマの早送りで遊んでみたり、といった市川崑のハチャメチャ系コメディ時代劇。細かいツッコミ部分でもちろん笑えるし、伊藤雄之助も素晴らしいのですが。ですが。全体的にはイマイチのれズ。これまで映活してきてウスウス気づいてきてたのですが、ひょっとしたら、自分はハチャメチャナンセンス系のコメディが合わない体質なのかもしれない。川島雄三のコメディものなんかを観てても感じた事。

f0035084_0242150.jpg『がめつい奴』この作品、三益愛子が同じく強欲婆を演じる、『丼池』の姉妹作品なのだそう。全体的には『丼池』をもっと下品に下層級にした感じ。一番びっくりしたのは、何と言っても森雅之。何しろ下品!京マチ子と共演の『あにいもうと』を観た時も、これがあのダンディな森雅之?と思った柄の悪さだったが、本作はさらに輪をかけて卑劣!声も濁声で。ちょっぴり知恵おくれな女の子役は、あの中山千夏、と!天才子役と言われていたそう。団令子も頭の軽いお色気キャラでいつも通り。三益愛子の息子役の高島忠夫も好演。二人が三益愛子が溜め込んだ札束をめぐって争奪戦を繰り広げるシーンで、三益愛子が何度か正座のまま畳を文字通りツーっと滑るサマがもう可笑しくってたまらズ!笑いだけじゃない、ラストではホロリとさせられ最後はまた笑いで終わる、非常によくまとまった作品だったと思う。ラスト近く、夏木陽介がうどん屋の客で出演してたが、クレジットのってたかしら?カメオ?

f0035084_025184.jpg『春雪』自分には貧乏がDNAに組み込まれているとしか思えないほど、好き。貧乏映画。家がド貧乏の娘が、自分の収入が一家の大切な収入源であるため恋人と結婚できないという悲劇。しかも志村喬父ちゃん失業しちゃうし。そんな時妻に先立たれた裕福な紳士に見初められ、結婚を申し込まれ。両親はそうなってくれたら生活が楽になる、と目論むも、海辺で佐野周二から後ろからガーっと抱擁されて、やっぱり恋人の佐野周二を選ぶ主人公(藤田泰子)であった。正直わたしもネ、佐野周二からああやって後ろからガーっと来られたらネ、一生貧乏でいいんス。英百合子母さんが箸でケーキを食べるシーンがも〜うみすぼらしくって、強烈。原節子の『母の曲』でも裕福なのに貧乏出のみすぼらしい母役でした。主役の藤田泰子という女優さん、初めてお目にかかったと思ってたら『偽れる盛装』とかにも出てるとのこと。わかんなかった。台詞は棒。

f0035084_0261045.jpg『この愛のために撃て』先日、店に「のむみち様」と宛てられた一枚のハガキが届き。映画好きのお客様からのオススメ映画のお知らせで。お勧め下さった二本の映画が、本作と、下の『誘惑』。いやはや、スリル満点、超ド級のエンタメ映画でした!主人公がどことなくもっさりしていて、全然強そうじゃないだけに余計にハラハラ。ストーリーは単純で、看護士の主人公が身重の妻を誘拐されて、もっさり男がひどい目に遭いながら救出に向かうんだが、その誘拐が組織犯罪につながっていき一転二転と・・。警察絡みのストーリーとか、ハードボイルドタッチでもあって、それでいてラストではホロリと涙。は〜娯楽極楽。

f0035084_03252100.jpg『誘惑』自分が観たことのある原節子映画の中でもダントツのブリブリ度。媚びる媚びる。しかも如何せん原節子なんだからたちが悪い。病気の妻と子のある佐分利信との浮気がバレて居場所がなくなると、自分に好意があるのを知っている同級生の所へ走り、一緒に田舎へ来てくれと言われればハイと言い、佐分利信の妻(杉村春子)から死ぬ間際にやっぱり子供たちのことを頼むと言われればハイと言い、次の日駅で同級生をフる。大変自分勝手な女のような気がするんですけれど、なにしろそこは原節子ですので。ラスト、窓の外から両腕を伸ばしての「抱っこして」ポーズ、これでそれまでの身勝手さが全て水に流されるってもんです。終映後、後ろを振り返ると、観客皆「ヤラレた〜」という表情で舌打ちしつつニヤニヤ苦笑い。原節子完勝。その他見所いくつか。殿山泰司が大学生役で登場した瞬間、場内から笑いが。浮気現場を抑えた瞬間の杉村春子のアップ、ホラー映画顔負けの怖さでした。ヒッチコック『レベッカ』のダンバース夫人に通じるものが。



ペドロ・ノムタ
[PR]
by ouraiza | 2011-10-22 21:58 | ノミムメモ(土曜) | Comments(2)
東京北部古書会館断片    せと
 古書組合に加盟すると、本店の所在地によって都内での支部に振り分けられる。支部にはその拠点となる会館がある。しかし東部古書会館は去年廃止された。豊島区、板橋区、北区、練馬区、東京の北の、都心からのびる沿線駅の、町の小さな古本屋さんが徐々に無くなっていく。北部古書会館の存続問題も、ここ数年ささやかれている。
 習慣、だと思うのだが、ぼくは北部古書会館を利用しなかった。一度も売買をしたことがない。いろいろを習いはじめたときは、勤めていた古本屋が神奈川組合に所属していたから神奈川古書会館に通い、池袋が本拠になった後は、近いから神田の本部古書会館に行った。北部に行く習慣があれば当然利用させてもらっただろう。だから存続問題が議題にあがっても、なにも言うことができない。北部会館では今でも毎週水曜日、ふり市がおこなわれている。水曜日に行ってみたいと思うのだが時間がとれない。
 もともと北部の組員数が少ないのでどうしても組合内での”役”が回ってくる(困る)。去年から役員を仰せつかった。毎月北部会館に行くようになった。そこは、木製の什器が時間によって飴色に磨かれたような、人が長く仕事をしてきた、清潔感のある、迫力の場所だ。北部会館にはお客さんを招く催事などが無いので、組合員以外には遠い場所である。
 会議では慣例が重視される。必要無い、と思って提案しても、今までみんなやってきたからという理由で、いつも通りに落ち着く。そういう空気が濃い。だから、通信に画像を載せたりすることも、なんとなく、怒られるんじゃないかと思ったりする。でもなんだか、細部を写したいのだ。
f0035084_23161152.jpg
f0035084_23162139.jpg
f0035084_23163299.jpg
f0035084_2316411.jpg
f0035084_23164852.jpg
f0035084_23165581.jpg


『石田三成』尾崎士郎 昭和13年初版 中央公論社
装丁/中川一政
2100円 販売中
f0035084_2317339.jpg
f0035084_2317918.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-21 23:18 | Comments(0)
2011/10/20      せと
f0035084_241918.jpg 1年ぐらい断続的に続いていた店横の道路工事が最終局面。表面全面をアスファルトで整地していらっしゃる。「ずっと絆創膏でしたから」と監督さん。絆創膏か・・・・。また、大きくてきれいな絆創膏を貼っただけなのだろう。かんがえてみれば、店内の、店外の、自分の、あれもこれも、絆創膏だ。
[PR]
by ouraiza | 2011-10-21 02:52 | Comments(0)
2011/10/19       せと
 晴ーリー(ハーリー/古書往来座専属照る照る坊主ロボ)戦記の「晴ーリー写真集(寄贈)」に不忍ブックストリートのとも吉さんからいただいた画像が加わった。先日の「秋も一箱古本市」にて、とてもチヤホヤしていただいたのである。とも吉さんと、現在家庭内最大のブームが晴ーリーである、とおっしゃっていたジャングルブックスさんに、晴ーリー組に加盟していただいた。どうして組員名簿に我が名がないのだ!とお怒りの方、なにとぞ恥ずかしがらずお申し出ください。”空 と あなた が 晴れますように  晴ーリー”

 「迷い靴」を更新。関西中京地区のテレビ番組で、視聴者質問コーナーでの、なぜ靴が落ちているのか、のような流れの中で、迷い靴ブログからの画像を使いたいとお申し出いただいた。放送日が過ぎてしまったが、どんなものだったのだろう。というか、ほんと、なぜだろう。テレビでの見解が聞きたい。自分の捜索能力が足りないのだろう、全然遭遇しないので、今回は捜査員からの報告画像。
 
『科学のアルバム』全104巻揃 平成3年(刷数表記無)
あかね書房 函欠 少背ヤケ
第26巻「イネの一生」にのみ小記名あり
31500円 販売中

 全104巻表紙。ブレすみません。
f0035084_21411084.jpg
f0035084_21411867.jpg
f0035084_21412567.jpg
f0035084_21413350.jpg
f0035084_21414017.jpg
f0035084_21414639.jpg
f0035084_21415348.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-10-19 21:41 | Comments(0)