<   2010年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
2010/12/29    せと
 年内の営業が今日で終了いたしました。今年もたくさんのお客様のお世話になりました。誠に、ありがとうございました。来年もなにとぞ、よろしくお願い申し上げます。
 今年は今までで最も、自分で書いた値段の文字を書き直したなあと、このあいだはっと気付きました。¥500と書き、その筆跡がなんとなく嫌で、消しゴムで消してまた¥500と書く。特に「8」と「5」と「3」と「0」が良くありません。
 反省することがたくさんあり、明るいことがなかなか思い出せない1年の暮れ、この1週間ぐらいのあいだに、なにかぽつりぽつりと、あの人この人が締めくくりのように訪ねてきてくださり、ほんのりと、やはり1年は1年として1年でありよき1年だったな、と感じます。重々、ありがとうございます。
 店すぐ近くの信号機。
f0035084_2053928.jpg

吉田初三郎作 鳥瞰図
「白浜湯崎温泉」昭和8年 約15.5×53cm
3500円
「広隆寺を中心にせる洛西名所図絵」大正12年 約18×78cm
4000円
販売中!!!!!

(画像はクリック拡大いたします)
f0035084_20532679.jpg
f0035084_20533462.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-12-29 20:58 | Comments(0)
落選    せと
 「都電荒川線マスコットキャラクター イラストコンテスト」があった。最優秀賞30万円。その情報を得てからひそかに狙っていたのだが、構想を練るまとまった時間が無く、アイデアも全然無かった。締切前日の店番中、仕事よりも大事なことがこの世にはある、と一念発起して精一杯描いていたら、偶然店員の王子が遊びに来て、王子も応募することになった。深夜の郵便局から速達でだした。以降毎日受賞の連絡がくるんじゃないかとどきどきしていたのだ。
 いつの間にか発表されていた結果
 受賞作をみると、王子の「あらかわさん」はすごくおしい線いってる、と思う。

せと作 チンチン猫
f0035084_2137171.jpg


王子作 あらかわさん 
f0035084_21372766.jpg



f0035084_2154455.jpg『虚栄の市』中原弓彦 昭和39年初版 河出書房新社
ビニールカバー欠 帯欠
4000円 販売中!!!!!

[PR]
by ouraiza | 2010-12-27 21:37 | Comments(0)
台所大賞1012  (第60回)
■■■台所大賞とは古書往来座の前店舗時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。日常的業務のなかで、なんとなく気になることがある。それに対処するための小さな小さなたあいない思い付きが、本屋に流れる時間の隅で、生まれては消え、消えては生まれ、しています。■■■
今月の台所大賞は

「rolling tape cut vol.1」

 ポスターやチラシを壁面に貼るとき、セロテープをくるっとまるめて両面テープ状にして使うことがあります。あれは何と呼ぶ行為でしょう。テープ輪っかにして、とか、まるめて、とか。ちらし一枚二枚のことなら指でやってすぐにできます。しかしもっと貼るべきちらしが大量にあり、輪テープがちらし枚数×その四隅分必要なとき、輪テープ作りはとてもめんどうなものです。
 鉛筆(など)2本を使い、リズミカルに楽しく輪テープを作る方法がありました。熟練すればとても速いのでしょうが、まだ未熟です。動画(1分44秒)にてご覧ください。
 輪テープをそんなにたくさん使う機会もないもので、もしもそういう機会があれば、大活躍するでしょう。



 今年の台所大賞納め。発表もこれで60回目(うち受賞作無しが17回)。今年は去年より受賞が1コ多かった。誠に、ありがとうございました。
せと
[PR]
by ouraiza | 2010-12-27 20:28 | 台所大賞(休止) | Comments(0)
2010/12/26 みみふん うすだ
f0035084_1326559.jpgf0035084_13333165.jpgf0035084_13362451.jpg




「エイソー モイソー」スズキコージ 
北宋社 S.54 初版 2500円 販売中売切れ



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今年最後の通信。本年もお世話になりました。来年もよろしくどうぞ。

Isan - Akatombo






The Polaroid Song- Allo Darlin
Allo Darlin' - My Heart is a Drummer (Official Video)



最近のこと。
7inchをちょこちょこと、cdをポロポロと。買ってるものは新譜が多く、これは嬉しいことでもあります。あ、グレンスミスも。グループ名は、萩尾望都さんからきているとか。それとAllo Darlin、よく聴いている。今の季節にピッタリ。耳なじみのよいメロディと、自転車こぐような疾走感がいいです。風がたなびいてマフラーが揺れてる、みたいな。柄はたぶん、タータンチェックじゃないかと思う。新譜の日本デビュー版、2枚組の内の「Merry Christmas from Allo Darlin`」のウクレレ弾き語りも、とてもいいです。特典のTGC・SUMIREさんによるcuteなfanzineも嬉しい。
年末年始の間は、もう一度60〜70年代のacid、phyceを探そうと思う。年明けにまとめてガツンといきたいところ。ひとまず、何年も買わずにきてしまったAlice Through The Looking Glassからかな。


edan the dj ft perceep & ultramagnetic mcs fast rap

お出かけするときはこういうの聴きたくなります。徒歩の場合ですが。



先日、やっと上野の鈴本演芸場で、寄席を。3時間って長いのかな、と思っていたけれど、なにも考えず、とにかく缶ビールとピーナッツをたずさえ、着席。結果、月1ぐらい行きたい。面白い!声を上げて気持ちよく笑った。勿論、何度も見に行けば面白いひと、そうじゃないひとがいるのだろうけれど、向いてる気がする。来年は寄席をはじめ、劇場、舞台にもっと足を運びたく。終演後、鴬谷まで歩いて駅前の「S」で1杯。ここまで歩く距離が、ほどよくもある。ホテル街では誰にも声を掛けられず。



Zach Hill「Face Tat」。変態ドラマーの彼のソロ2作目。MVがかっこよすぎて笑ってしまった。この女の子... スプレー缶のキャップ叩き付けて点火のあたりなんて...
ジャケもこの女の子で、音源にあっていて、いいです。NOWAVEが発狂してジェットコースターに乗ってるみたい。とても好き。
音楽はとてもうるさいですよ。お店番中にはかけません。
Zach Hill "The Sacto Smile" (OFFICIAL)






普段、この通信用に使う以外、携帯電話のカメラを使うことがほとんどない。けれど、1年もたてばいつの間にかメモリも満タン。通信用以外で、残っていた写真たち。見返すことがないので、自分で撮った記憶のないものも。時期などごちゃごちゃ気味。では、この約1年の写真の中から適当に。しかし、携帯のメモリって、あまりないのね。
これUPされちゃ困ります、という方はわたし宛にご連絡下さい。

f0035084_1385867.jpgf0035084_1193599.jpgf0035084_13122236.jpgf0035084_13114543.jpgf0035084_1201863.jpgf0035084_13131788.jpgf0035084_13135819.jpgf0035084_13133794.jpgf0035084_13141615.jpgf0035084_1314361.jpgf0035084_13145554.jpgf0035084_1211397.jpgf0035084_1215984.jpgf0035084_123317.jpgf0035084_1235686.jpgf0035084_1245944.jpgf0035084_138398.jpgf0035084_1254711.jpgf0035084_12652.jpgf0035084_1264017.jpgf0035084_1311940.jpgf0035084_1275831.jpgf0035084_1333382.jpgf0035084_1335511.jpgf0035084_137525.jpgf0035084_1373890.jpg



うすだ
[PR]
by ouraiza | 2010-12-27 00:56 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
2010/12/25    のむ
『聞いてくれ みんな 起重機を動かす手で書いた生活ノート』島田武雄編 麥書房 昭和35年初版 販売中売切!!!
f0035084_23492678.jpg




今週のシネみち
◎◎『宗方姉妹』'50新東宝(小津安二郎監督 高峰秀子 田中絹代 山村聡 上原謙 笠智衆)
◎『小早川家の秋』'61宝塚映画(小津安二郎監督 中村鴈治郎 原節子 小林桂樹 新珠三千代 加東大介 浪花千栄子 森繁久彌)以上@神保町シアター
◎◎『最後の忠臣蔵』'10ワーナー・ブラザーズ(杉田成道監督 役所広司 佐藤浩市 桜庭ななみ 安田成美 片岡仁左衛門 田中邦衛)@板橋サティ
◎◎◎『ハーブ&ドロシー』'08米(佐々木芽生監督)@渋谷イメージフォーラム

『宗方姉妹』デコちゃんのコメディエンヌぶりに脱帽。たまらないほどキュート。デコちゃんが新しい時代の先進的な妹役、絹代が旧い時代を尊ぶ対照的な姉役。山村聡が、戦争で仕事を失い終戦後も職にありつけずすっかりいじけくさった絹代の夫を好演。絹代を7回殴った。メインにあるテーマは暗いものだが、デコちゃんの明るさや、猫たちの姿で和む。エンディングも「えーっ、なんで〜?!」と思うけれど、その割に観後感は悪くない。
『小早川家の秋』森繁久彌が出て来る唯一の小津映画。この辺りのエピソードをちらりほらり読んだり聞いたりしていたため、ちょっとドキドキしたが、そこまでのテンションは感じずホッとする。出番もそんなにないし。自分の好きな他の小津映画(『麥秋』『東京物語』)と比べるとそこまでの感動はなかったけれど、印象的なシーンもいくつかあった。原節子と司葉子の立ち座りが寸分も違わないところなど、気持ちが悪いほど、小津だなぁという感じ。新珠三千代がよかった。鴈治郎の愛人役の浪花千栄子もちょっと艶っぽくてよかった。
『最後の忠臣蔵』CSで初日の舞台挨拶を観て泣いてしまった。のでこれは観るしかない、と次の日観た。ちょっと狙い過ぎだろう、とか、音楽がベタ(素晴らしいのだが)で繰り返されるフレーズにしつこさを感じたりしたものの、やはり泣いてしまうし、紅葉や竹藪のシーンは本当にうっとりするほど美しい。役所広司もさすがの演技だったが、佐藤浩市が素晴らしかった。桜庭ななみは初々しくて、一生懸命感が出ていて好感が持てた。あの舞台挨拶をみてしまった後では悪くは言えませんて。役所広司の役は、『十三人の刺客』の役より適役だったように思う。エンドクレジット、メインキャストの後、結構上の方に『どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役』の福本清三の名前が。どれがそうだったのかわからなくてくやしかったけれど、調べてみたら吉良上野介役であった。自分がなれと言われると困るが、武士ってカッコいい。
『ハーブ&ドロシー』いやー、本年度ベストスリーです。間違いなく。NY在住の日本人女性監督によるドキュメンタリーの傑作。マンハッタンの小さなアパートに住む老夫婦。慎ましい暮しを送りながら、40年間の結婚生活の中でこつこつと集めたアメリカの近代アート作品、約4200点。心からアートを愛し、アーティストを尊敬し、作品を愛でる。何と素晴らしい文化との付き合い方だろう。この二人こそ本物の「コレクター」だと思う。何であれ(もちろん本も)、「蒐集」気のある人、それに「コレクター」を相手に商売する人(もちろん古本屋も)、すべての人に是非観てほしい。テーマ、対象、撮影、アートディレクション、音楽、全てにおいて完璧な作品。主人公のあまりの可愛さに笑みがこぼれ、彼らのアートに対する愛情に感動して涙ぐむ。アートがらみだけではなく、理想的なパートナーのあり方という意味でも深く考えさせられた。この佐々木芽生監督、続編の『ハーブ&ドロシー 50X50』を撮影中とのことで、もう本当に今から楽しみ。


まだ一週間ほど残っていますが、今日が今年最後の担当ということで・・・・・

今年のシネみち
総数304本(漏れもしくは数え間違いで若干の誤差はあるかも)
以下ベストテン(鑑賞順、順位なし、()内は監督)

『砂の女』(勅使河原宏)
『血と砂』(岡本喜八)
『エレキの若大将』(岩内克己)
『青空娘』(増村保造)
『麥秋』(小津安二郎)
『母三人』(久松静児)
『どですかでん』(黒澤明)
『どっこい生きてる』(今井正)
『晴曇』(野村芳亭)
『ハーブ&ドロシー』(佐々木芽生)

去年もそうだったけれど、この作業かなり苦しいです。ウンウン悩みます。
ちなみにとりあえずベスト候補を書き出してみると、36本ありました。
まったくの偶然ながら、10作品全て監督が違うという事実に我ながら感心。
どうしても最近観た作品の方が印象が残っているのと、名作傑作と言われている作品でそれを納得した作品よりも、全く知らずに観てそれが良い作品だったりすると、そっちの方がポイントが高くなってしまったり。難しいもんです。
来年はもう少し洋画にも手を出していきたいなぁ。


閉めみち!
[PR]
by ouraiza | 2010-12-26 05:11 | ノミムメモ(土曜) | Comments(2)
2010/12/24     せと
f0035084_12495446.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-12-25 12:49 | Comments(0)
2010/12/23    せと
 目下大絶賛現実逃避脳内空洞化器具であるプレイステーションのサッカーゲームを死んだ眼でやリ続けていたら、なんかおかしい・・・・コントローラーに猫のうんこがついていたのだ・・・・なぜだ・・・・

 目白。古い集合団地の階段。
f0035084_2220203.jpg

『銀行員の詩集 1954年版』金子光晴・村野四郎/選
1957(昭和32)年 全銀連文化部/編 全銀連文化部長・畔上鉄三/発行
巻末/村野四郎「選後に」・金子光晴「跋文」  ヤケ・少破れ
2000円 販売中!!!!
 
f0035084_22203034.jpg
f0035084_22203675.jpg
f0035084_2220431.jpg
f0035084_22205045.jpg
f0035084_2220581.jpg
f0035084_2221539.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-12-23 22:21 | Comments(0)
2010/12/22     せと
 店の入口に落ちていた碁石。
f0035084_22453925.jpg

 もう年末・・・・気分カレンダーでは5月20日ぐらいなのに・・・・
f0035084_22454792.jpg

 古書往来座 内 古書有古堂にて。秋田雨雀日記全5巻揃。「雑司が谷」っていっぱい出てるかな。索引は無い。
f0035084_22455442.jpg

 フルタの方程式 800円。販売中!!!!
f0035084_2246144.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-12-22 22:49 | Comments(0)
2010/12/21     せと
 おとといのしょうゆ。
 長野県上田市。これは南池袋「福や」さんと同じだ、と気付いた。その場では却下されたが昨日確認した。これは福やの一番奥のテーブル席のしょうゆと同じだ。
f0035084_18552058.jpg

『定本 木下夕爾詩集』 昭和41年初版 牧羊社 限定1000部
前古書店値札貼付
7800円 販売中!!!!
f0035084_215339.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-12-21 18:55 | Comments(0)
2010/12/20    せと
 長野県上田へ遠征買取り紀行。環境によって体得する歴史感覚の個人差(「むかし」は200年前だったり10年前だったりすること)を思う。めずらしい事物に潜む歴史の途方もなさに驚き、空を見上げて月の輪とはこれのことかと思う。城を攻めにきた馬を困らせるために鋭角に曲げて設計された道の角で困っている馬の表情とばたついている馬の足のイメージが脳裏から離れない。馬は急には曲がれない。島崎藤村と池波正太郎をぽかんと思い浮かべつつ蕎麦がとても上手い。小諸なる古城のほとりの細い山道を、同行してくれたHB橋本さんと落葉を踏んで歩いた。24時間に満たない滞在時間にいろいろあった。
 駅前ホテル上階からの眺め。
f0035084_22522186.jpg

 千曲川で千曲川のスケッチ。
f0035084_22523783.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-12-20 22:53 | Comments(0)