<   2010年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
のむみちが往く in 九州     のむ
f0035084_22332058.jpg文藝別冊 『追悼特集 須賀敦子』 河出書房新社 ¥550 販売中!!! 売切
先日、晩鮭さんが載せたツィッターを見た代表から慌てて電話が入り、めでたくETVの「須賀敦子特集」再放送を観ることができた。身の引き締まる思い。生まれて初めて須賀敦子の生声を聴けた。





f0035084_2248820.jpg今週は火曜日にお休みを頂き、3泊4日で九州へ。
一番の目的は兄の初子に会うこと。
ほんのおむすびだった彼女もこんなに大きくなってました!




f0035084_22532784.jpg福岡の兄の家の次は、柳川の姉の家へ。



f0035084_22565356.jpg北原白秋の生家が記念館になっており、町の数カ所に詩碑が建てられていた。



f0035084_2258885.jpg驚いたのが、柳川が壇一雄のゆかりの土地だったこと。祖父母の家があったそうで、小さい頃はよく遊びに行ったらしい。




f0035084_2302213.jpg 有明海陸五郎のうた
  ムツゴロ、ムツゴロ、なんじ
  佳(よ)き人の湯の畔(ほとり)の
  道をよぎる音、聴きたるべし。
  かそけく、寂しく、その果てしなき
  想いの消ゆる音



そして最終夜は実家都城へ。
今回の旅にはたくさんの心の収穫があったが、
一番の収穫は、自分で買った『THIS IS IT』を誇らしそうに見せてくれた父親かもしれない。



今週のシネみちは旅みちのため休みち。

『くらやみの速さはどのくらい』 エリザベス・ムーン著 ハヤカワ文庫 読了


九州(くす)みち
[PR]
by ouraiza | 2010-02-27 23:36 | のむのノミムメモ | Comments(0)
2010/02/26    せと
Go to   Dog Mountain ity !!
ブックマークイヌヤマ
ちらし絶賛配布中!!!→詳細はホームページへ

 いぬやま・・・犬山・・・かっこいい・・・。その犬山という場所で本のお祭りがあるという。「読んでない本大賞」なんてとても楽しそうだ。ところでマイク・タイソンはNY州キャッツキル出身である。犬山とはいったいなになのかとても気になり、自分なりに近付くため地図を描いた。とてもわかりやすい地図ができた。
f0035084_1939121.jpg
f0035084_19391664.jpg
f0035084_19392990.jpg

 吉祥寺・藤井書店リボーさんが外市の商品を持ってきてくださった。催事がたくさん重なりお忙しい中、早めに来てくださった。「元気すぎて困るんすよ~ しかもカラ元気じゃないんすよ~」とのこと。新しい髪形がキュート。なでさせてもらうと気持ちよい。
(リボーさんはドアップで、と言うのだが、こわいので!)
f0035084_19562749.jpg

『女の匂いのする兵隊』平野威馬雄 昭和34年初版 東京書房 カバー
装幀/高橋忠弥  2500円 売切
『紳士放浪記』吉行淳之介 昭和38年初版 集英社 カバーいたみ
装幀/六浦光雄  650円    販売中!!!!
f0035084_21505066.jpg
f0035084_2150592.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-02-26 19:41 | Comments(4)
2010/2/25    せと
 夜7時頃鬼子母神横を歩いていると「3時から飲んでる」というギャラリー三愚舎大塚さんが揺れながらギャラリーから出てきて教えてくださった。ぶらり雑司が谷文学散歩、という感じの本が刊行準備中とのこと。ひじょうに楽しみ。
 南池袋小学校の前を岡島さんと歩いていると、「ここさ、あれ? へちま? 昔あれ切って風呂で体洗った。硬い。はさみ折れた。あたったら死ぬ。」とおっしゃる。翌日王子と歩いていたら、あの、あれって、ですね。だよね。となった。通勤路なので、あれは、と前から思っていたやつ。きゅうり。うり。ひょうたん。やっぱりへちまなのかな。網のフェンスの上の方、高いのは7、8メートルぐらい上か。
f0035084_2244363.jpg

未使用切手シート
だいたい20枚1シート たまに10枚1シート
だいたい額面+α円 たまに額面どおり円 販売中!!!!!!!

画像は一部です。(画像を作ったあとに売切れとなったものがあります。)
f0035084_21545677.jpg
f0035084_2155104.jpg
f0035084_21551956.jpg
f0035084_21552679.jpg
f0035084_21553519.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-02-25 21:59 | Comments(3)
2010/02/24    せと
 信濃町の高架下。そのド地下道な気配から映像作品などでよく使われるらしい。
 温かくて腕まくり初め。腕まくりは気持ちいい。
f0035084_2158596.jpg

青い本棚
各 500円 販売中!!!!
(売切)  色剥げ多少あり
大 幅440×高600×奥220
小 幅440×高900×奥220

f0035084_18174232.jpg

3つを組み合わせ。
f0035084_18174776.jpgf0035084_18175314.jpg
[PR]
by ouraiza | 2010-02-24 22:55 | Comments(0)
2010/02/23    せと
 所用にて静岡へ。体感する大気がすごく晴れ晴れしいのに、富士山が見えなかった。近くても見えない巨大なものが不思議。川(安倍川)の川原を探し土手下を車で走り、この辺かと土手をのぼってみると海だった。砂浜のテトラポット。清水港のそば。
f0035084_1402410.jpg

『私のボクシング』ジャック・デンプシー 昭和28年初版 大日本講談社雄弁会
外装欠 1500円 販売中!!!!

 たくさん入っている挿絵がかっこいい。2番目の画像は冒頭の章の出だし。読むとなんだかおもしろい。
f0035084_140316.jpg

f0035084_1405817.jpg

f0035084_1403869.jpg
f0035084_1404439.jpg
f0035084_1405122.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-02-23 14:01 | Comments(0)
青りんご   なつき
f0035084_0573032.jpg新入荷

スヌーピーブックス
さくらももこ訳
全20巻揃
H9~11年 初版

10000円

発売中!!




先週ちらっと書きました、アパートでの水道事故、とそれに伴う体調不良、おかげさまで大分終盤に入ってまいりまして、どちらもぼちぼち・・・終わりが見えてきたような、そんなところです。
心配してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
私は、人との間に、どうしてかどうしても壁が出来てしまって、相手がそれに気を遣って踏み込んできてくれない、というのが、(自分のせいなのに)いつも寂しく、辛かったりすることが多いのですが、今回、ある方がその壁をぶちやぶって、突然私の部屋にお見舞いに来てくれて、長い時間励ましてくれたのが、どうにもこうにも嬉しかったでした。
私の部屋は今半分は商品の倉庫状態で、山積する本、そもそも多すぎるモノたち、ベンジンと化粧水が同居するちゃぶ台、さらに水道事件で大工事中の台所、というまさにカオスな状態を、全て見られて、笑われて、なんかもう突き抜けました。これからはもっと、いろんな方をどんどん部屋に招きたいなーという風にまで思ってます。ただし汚いですが・・・。

と、ここで終われば良い話なのですが、実は・・・、今度は魚月相方みきさんが、ここのとこの多忙などでダウンしました(とほほのほ)。それで、かなり話し合ったのですが、私もまだ体調がちょっと不安定であることもあり、次回の外市、魚月は棚での出店を断念しよう(箱で参加)と思っています。
かなりくやしいし、体調をおしてでも常に同量の出品をキープしてこそプロの本屋じゃないか、という気もするのですが、恥ずかしながら、身体が言うことをききません・・・。
なので、3月の外市は、段ボール箱数箱の出品、と、わめぞスタッフとして沢山働くことに専念しよう(私はプラス往来座店員としても)と思っておりますです。
あ、ちなみに私たちは、いわば「ぱったり倒れ屋さん」(←チェブラーシカの和訳)なので、すぐまた懲りずに起き上がってごそごそ動き出しますので、そんな大した大病とかすごい虚弱とか、そういう訳ではありませんゆえ、ご心配なくお願いいたします~。ただ今回はタイミングが悪かっただけなので・・・。


ちなみに。
水道工事関連で、修理の業者の方とかなり密に話す機会があり、何回か顔を合わす内に、すっかりうち解けた仲になってしまいました。その方はすごい働き者で多分腕もなかなか、そして業界の人脈がとっても広い。本業は内装屋だけど家に関することなら大体なんでも対応可能。
これは・・・と思い、つい、「あの、何年先か分からないんですが、実は私、店舗を持つかもしれなくて」と、ちゃっかり名刺をゲットしました。その後も工事しながらいろんな話を伺えたりして、なかなか得難い方と知り合えたんじゃないかと思っています。転んでもただじゃ起きねえ、これからもこの精神でふんばっていきたい。


-------------------------------------------------------

今日の話。
私が勝手に大好きな、とても可愛らしいおばあさまのお客様がいまして、たまにいらっしゃるとお互いににっこり微笑んで、楽しく少し会話をするのですが、今日その方がお会計の際、八百屋のビニール袋から、「おひとつどうぞ」と、差し出してくださったのが、青りんご。その方からものを頂いたのは初めてで、その嬉しさと、そしてそのりんごの美しさ、何よりにおいが、すばらしく・・・・。
その後は、ことある毎にりんごに鼻をつけて、においをかいで、ホッとしながら仕事を続けました。



なつき
[PR]
by ouraiza | 2010-02-23 01:01 | ふらふら散歩(終了) | Comments(0)
2010/2/21 うすだ
日曜日も22時まで営業してます。(不定期間)
よろしくお願いします。

f0035084_113334.jpg

「戦争の表象 東京大学情報学環所蔵第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスターコレクション」
吉見俊哉/編 H.18 初版 東京大学出版会 2800円 販売中!



f0035084_12443.jpg

「プロパガンダ1904-45 新聞紙・新聞誌・新聞史」
西野嘉章/編 H.16 初版 東京大学総合研究博物館 8000円 販売中!!

-----------------------------------------------

<きょうの音楽>(店内死闘編)


(L→R)
Tangerine Dream - Ricochet, Part 1 (pt 1/2)
Tangerine Dream - Ricochet, Part 1 (pt 2/2)

曲が長いと、仕事がはかどります。ん、そうでもない、かな。


KRAFTWERK - Kristallo

以前、ある方に『「Psychedelic」とはどういうものだと思いますか?』と質問をしてみたことがあったのですが、『時間や大きさや重さに対する作用みたいなもの』とお返事を頂いて、『ああ』と思ったのです。それまで「時間」や「速度」のズレとか歪みみたいなのに主たる「Psychedelic」を感じていたのですが、聴くでもなしに「KRAFTWERK - Kristallo」を流していたら「あうあ、すごいpsychedelic!」と思った瞬間がありました。今まで自分の中になかった「時間や大きさや重さに対する作用」みたいのを感じたんです。
で、なにを思ったかといえば、「あ、考え過ぎってつまらないな」(わたしに対して)ということで、言葉よりも先に感じる事が大切だな、と。そんな繰り返しですが。ま、「Psychedelic」て言葉にしずらいと思います。だって、「Psychedelic」ですもん。
空に投げたボ−ルは戻ってくる訳ですが、それは必ずしも「落ちてくる」ということじゃない訳で。はい、だから何という話でした。すみません。ボール投げちゃお。

また来週~
[PR]
by ouraiza | 2010-02-21 23:59 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
♪イーリャンサンスー イーリャンサンスー♪   のむ
f0035084_21401011.jpg『修験道の精神宇宙 — 出羽三山のマンダラ思想』 内藤正敏 青弓社 ¥2000 販売中!!

f0035084_0305632.jpg本文より
次に「兎の神事」がある。これは白兎のぬいぐるみを着た役が本殿正面の十二人の山伏の真中に座る。そうして読師に呼ばれた山伏が二人一組で兎の横に座り、一人ずつ扇で机をたたくと、兎がそれに答えるしぐさをする。


今週のシネみち
◎◎◎『エレキの若大将』(岩内克己監督 加山雄三 飯田蝶子 田中邦衛)
◎『俠客列伝』(マキノ正博監督 高倉健 鶴田浩二 若山富三郎)
◎◎『終身犯』(ジョン・フランケンハイマー監督 バート・ランカスター) 
◯『幽霊列車(TVドラマ)』(岡本喜八監督 田中邦衛 浅茅陽子)
◎◎『独立愚連隊西へ』(岡本喜八監督 加山雄三 佐藤允)
◎『山鳩』(丸山誠治監督 森繁久彌 岡田茉莉子 田中春男)
◎『妻よ薔薇のやうに』(成瀬巳喜男監督 千葉早智子)


これまでの人生は『エレキの若大将』前と『エレキの若大将』後に分かれる。
人生が変わる傑作である。蝶子ーっ!

『終身犯』は、60年以上にわたる独房生活の中で、一羽のスズメをきっかけに独学で鳥類学を修め、研究書を出版し国際的権威となるまでに至る、実在の鳥類学者の物語。いろんな極限状態において自分がどう感じるかというのをよく考える。その度に気が狂うという結論にしか達しないが、独房もそのうちの一つ。この人の場合、精神的な強さと研究に対する熱意があったおかげで「独房」という条件が好条件となった希有な例であろう。服役していなかったら、鳥類学にそもそも興味を持ったか怪しいものだし、そうすると彼が発見した鳥の難病の治療法も発見されなかったか発見が遅れたろうし、そう考えていくと、人の運命の巡り合わせってスゴいなぁというところで感慨もひとしお。

『独立愚連隊西へ』は、噂通りの面白さ。皆さんおっしゃるが、やはり一作目より面白い。フランキー堺が中国人にしかみえない。あとやはりテーマ曲はしばらく口ずさんでしまう。♪どこへ行っても鼻つまみ ヘイ!♪
岡本喜八の作品を観ていてよく耳にする言葉に「バッキャロー」がある。時代を感じさせる。使う人は使うのかしらん?佐藤允がよく使う。もう一つ耳にすると笑ってしまうのが、「穏やかじゃねえなぁ」。ギャングものや戦争ものがたくさんあるので、穏やかでない状況がよくあるのだ。これは脇役がオロオロして言うことが多いような。だから可笑しく聴こえるのかな。






愚連みち
[PR]
by ouraiza | 2010-02-21 02:21 | のむのノミムメモ | Comments(2)
2010/02/19    せと
 久しぶりの日射し。
 2ヶ月に1度ぐらい催される友人との定例飲み会。毎回大衆酒場に行く。今日は王子山田屋再訪、ということで都電王子駅前停留所から山田屋へ歩く道すがら、だいたいぼくと同じペースで同じ方向に向かっている人がいるな、と格別に意識することもなく感じていて、目的地についてみるとそれが古書ほうろうのみかこさん!そしてそこに宮地さんもいらっしゃるではありませんか!びっくり!!!急激で妙な偶然がうれしい。歩きながらぼくはパチンコ玉をふたつ拾ったのだが、なんとなく気恥ずかしい。
f0035084_18135367.jpg

桜特集の小特集 各150円 販売中!!!
f0035084_1814068.jpg

『巨樹の風景 「平成の巨樹信仰」を検証する』加瀬雄二 1997年初版 舵社
500円 販売中!!!!

「鬼子母神の子授けイチョウ」。
f0035084_1814561.jpg
f0035084_18141048.jpg
f0035084_18141687.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-02-20 04:45 | Comments(0)
2010/02/18   せと
 Nさんにいただいたポンカン。
f0035084_2265855.jpg

『こんどの休み。 特集 山崎努が行く「夜汽車の旅」』 廣済堂ベストムック59 2003/10
400円 販売中!!!

 「早春スケッチブック」(山田太一ドラマ)観終わり、山崎努が目に入ると焦点がはずせなくなる。あんな登場人物ほかに例えようもなく、そういえば山田太一は寺山修司の親友だったっけ、など思う。1983年1月から3月の放送(フジテレビ)。5月に寺山修司が亡くなっている。
f0035084_2271326.jpg
f0035084_2271892.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-02-19 02:45 | Comments(0)