<   2009年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
第14回 外市  =軒下の古本雑貨縁日=  (最新通信はひとつ下です)
f0035084_14281163.jpg「外、行く?」 →ちらし画像クリックにて拡大いたします。
第14回 外市
古書往来座の外壁にズラリ3000冊の古本から雑貨、楽しいガラクタまで。包丁研ぎの実演もあります。敷居の低い、家族で楽しめる縁日気分の古本市です。
6月に「外市」は仙台の「杜の都を本の都にする会」のイベント”Book ! Book ! Sendai”に出張します。そこで、まずは東京の外市へ”Book ! Book ! Sendai”をゲストへ迎えることになりました。仙台から東京へ。東京から仙台へ。本と雑貨の二都物語をお楽しみください。「「古本を売る」より「仙台を売り」に参加するつもりです」(火星の庭・前野氏談)
■日時
2009・5月30日(土)・31日(日) 
30日(土)⇒11:00ごろ~19:00(往来座店内も同様)
31日(日)⇒12:00~18:00(往来座店内も同様) 雨天決行

前日の5月29日(金)は準備のため古書往来座の営業は20(夜8)時までです。
▼メインゲスト
Book!Book!Sendai杜の都を本の都にする会
「リトル・ポエツ」(*B! B! S代表/詩人・武田こうじおすすめの詩集、小説など)/「book cafe 火星の庭」「書本&cafe magellan(マゼラン)」「ひとさじや」(*ジュン・ジュンのほんわかだけどマニアなセレクト)/「風の時」(*ご当地出版いろいろ 「仙台地図さんぽ」ほか)/「ふきながし」(*『ふきながし』創刊号~最新号)/「プレスアート」(*役に立つ地元情報誌いろいろ)/「週末の本棚」 (*仙台のたそがれライター大泉浩一の著書、プロ野球本、美術館本など)/「蝸牛庵」(*カタツムリ社、加藤哲夫著書など)/「パピヤメント書房」(せんだいメディアテーク企画・発行書籍、映像、美術など)
▼スペシャルゲスト
古書荒川/丸三文庫/文系ファンタジックシンガーPippo(チンチロリン商店)/九蓬書店(目黒・無店舗)/にわとり文庫(西荻窪)/やまねこ書店(on line)/嫌記箱(塩山芳明)/文壇高円寺(荻原魚雷)/ハルミン古書センター(浅生ハルミン)/ふぉっくす舎伴健人商店(晩鮭亭)/古書文箱/他、お客様オールスターズ(朝/Y‘s/さとみの本)
▼わめぞオールスターズ
古書現世(早稲田)/立石書店(早稲田)/藤井書店(吉祥寺)/旅猫雑貨店(雑司が谷)/m.r.factory(武藤良子)/リコシェ(雑司が谷)/ブックギャラリーポポタム(目白)/琉璃屋コレクション(目白 版画製作・展覧会企画)/貝の小鳥(目白 紹介ページ)/退屈文庫(名誉わめぞ民)/魚月
古書有古堂(雑司が谷)▼「本」だけじゃないのです!
ハチマクラ(高円寺)/刃研ぎ堂(包丁他各種刃物研ぎ)/古陶・古美術 上り屋敷(会場では特選ガラクタを販売)

■主催・古書往来座 ■協賛・わめぞ

特報パーフーパーフー!!
『わめぞのフリーペーパー』創刊準備号(武藤良子・豆惚舎/編)配布開始!!!
・豆惚舎製「雑司が谷てぬぐい」(840円)販売開始!!
・メインゲストはook! ook! endaiご一行様
ハルミン古書センター(浅生ハルミン)さん「極秘漫画家ルート仕入れでいい感じ!!」
 (映画「私は猫ストーカー」7月4日土よりロードショー!!特別上映は6月29日
・古書現世向井さん~~「『彦龍』(日本一まずいラーメン屋として有名)の署名入り出すよ!!」
・m.r.factory(武藤良子さん)~~「おいら本出せねーよ」『わめぞのフリーペーパー』に専念。ということで専用什器チョモランマも無し。
・初参戦古書有古堂さん~~「「共産主義ぷち特集」をくみます!現代に甦る共産主義、その愉快で陰惨な世界を古本で楽しもう!!その他、「そんな見ない古新書」も割と出します!マンガも少し出してみようかと思う!」
・文系ファンタジックシンガーPippo(チンチロリン商店)さんの新商品は『~welcome to B! B! S 記念!~文系Fantasicマスク東北Version』!!!

・藤井書店(吉祥寺)リボーさん~~「『日本の名随筆』と心中します!!」
[PR]
by ouraiza | 2009-05-31 18:42 | 外市情報(終了) | Comments(0)
第14回外市一日目終了。
テルテルロボ「晴ーリー」はこれで1勝2敗(催事期日3日のうち2日が雨)。
もう少し頑張ってもらわなくては困る。

f0035084_0564587.jpg「きみが晴ーリー?明日は頑張っておくれヨ!」






f0035084_0594386.jpg「け、健さん・・(ポッ♥)」




明日は、朝の時点でいけそうな天気であれば、がっつり全開で頑張るつもりです。
天気がなァ、と今日は迷っていらっしゃらなかったお客様も、明日は是非どうぞ!



そとみち
[PR]
by ouraiza | 2009-05-31 01:09 | のむのノミムメモ | Comments(0)
明日は外市
 メインゲストBook! Book! Sendaiさんの出展の一部。
f0035084_0341082.jpg

 刷り上がったばかりの「わめぞのフリーペーパー」を編集長m.r.factory(武藤良子)さんが堂々納入。読み応えと愛らしさの絶妙なシンクロナイズ度。明日外市初日より無料配布開始です。

 でるなんて聞いてない。ハンソク堂ってなんだ・・・・。「販促」だそうです。
f0035084_23392891.jpg

 古書文箱さんからの伝言。届いたダンボール箱に描かれていた。
f0035084_23485034.jpg

 リコシェ豆子さん(祝!退院・現場復帰)今回の大一推しはこれ。「絶対泣いちゃう」350円。
せと
f0035084_094790.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-05-29 23:48 | Comments(1)
外市特報少し
f0035084_172462.jpg・藤井書店(吉祥寺)リボーさん~~「『日本の名随筆』と心中します!!」
f0035084_165425.jpg

 豆惚舎・山本さん作成、「雑司が谷てぬぐい」がついに納入。右画像今日もやらしいチラみせをバ。840円。

 仙台より商品到着!!!9箱(!!) 誠にありがとうございます。
せと
f0035084_1102237.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-05-29 01:10 | Comments(0)
外市暫定配置図 パー! 外市特報いろいろ フー! 塩山さんからの手紙
f0035084_20294490.jpgハルミン古書センター(浅生ハルミン)さん「極秘漫画家ルート仕入れでいい感じ!!」
 (映画「私は猫ストーカー」は7月4日よりロードショー!!特別上映は6月29日。)
古書現世向井さん「『彦龍』(日本一まずいラーメン屋として有名)の署名入り出すよ!!」
 (調べたら来年閉店と・・・・)
m.r.factory(武藤良子)さん「おいら本出せねーよ」『わめぞのフリーペーパー』に専念。ということで専用什器チョモランマも無し。
 (『わめぞのフリーペーパー』、わめフリとは・・・・片鱗が右画像。紙も違い、サイズも違うものだそうです。)
・初参戦古書有古堂さん~~「「共産主義ぷち特集」をくみます!現代に甦る共産主義、その愉快で陰惨な世界を古本で楽しもう!!その他、「そんな見ない古新書」も割と出します!マンガも少し出してみようかと思う!」
 (配置図に名前が無くてごめんなさい。直すのめんどうなのでご容赦。)
文系ファンタジックシンガーPippo(チンチロリン商店)さんの新商品は『~welcome to B! B! S 記念!~文系Fantasicマスク東北Version』!!!
 (うわわーーファンタジックインフルエンザ!!!売り切れ必至!!)


 恒例の嫌記箱・塩山芳明さんからの商品発送通知欄外。(クリ拡)
f0035084_20273119.jpg

 第14回外市 暫定配置図。せと
f0035084_20443661.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-05-28 03:37 | Comments(0)
パーフー!外市特報 メインゲストはBBS!!!
f0035084_19211972.gif 6月のわめぞin仙台の前に、第14回外市にゲストとして「Book! Book! Sendai 杜の都を本の都にする会」御一行様が商品を送ってくださいます!!

「「古本を売る」より「仙台を売り」に参加するつもりです」
「出品本がほぼ火星の庭に集まりました。かなりおもしろい内容、私には」(火星の庭・前野氏談)

「リトル・ポエツ」(*B! B! S代表/詩人・武田こうじおすすめの詩集、小説など)/「book cafe 火星の庭」「書本&cafe magellan(マゼラン)」「ひとさじや」(*ジュン・ジュンのほんわかだけどマニアなセレクト)/「風の時」(*ご当地出版いろいろ 「仙台地図さんぽ」ほか)/「ふきながし」(*『ふきながし』創刊号~最新号)/「プレスアート」(*役に立つ地元情報誌いろいろ)/「週末の本棚」 (*仙台のたそがれライター大泉浩一の著書、プロ野球本、美術館本など)/「蝸牛庵」(*カタツムリ社、加藤哲夫著書など)/「パピヤメント書房」(せんだいメディアテーク企画・発行書籍、映像、美術など)
f0035084_19215112.jpgf0035084_19221794.jpg 画像を勝手に拝借いたしました!すみません!
f0035084_1922059.jpg

 週末西荻窪にて「西荻ブックマーク」の一環、古書音羽館広瀬さんのお話を伺う。めったに無い貴重な機会。ぼくの抱える旧弊、本棚の隙間をなんでもいいから使って埋める、「ヌリカベ症候群」に思い巡る。とにかくいっぱい、ぎゅうぎゅうに本を配架して売れる傾向の時代があり、後を継いでその意識を根深く追い、闇(動かず動かさず売れない棚)を抱える陰気な愉しみから脱せない。高円寺の交差点に落ちていたパチンコ玉。
f0035084_19533152.jpg

 ピッポさん!5周年記念の花、誠にありがとうございます!ラッパ花ですねパーフーパーフー!。画像も撮ってしばらく後、人に言われるまで造花だと気付きませんでした。ああ、御花の香り・・・と感じていたのはつまりファンタジーだったのですね。
せと
f0035084_25542100.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-05-27 03:03 | Comments(0)
5周年、とこれから。
f0035084_23474845.jpg常連の方にお祝いをいただくまで、スタッフ一同すっかり忘れていましたが、昨日5月24日は当店の5周年でした。
早かったような、色々あって濃かったような、不思議な感慨を覚えます。

わたしが往来座の前身、古本大學東京芸術劇場店に初めて客として行ったのは、浪人して予備校生になった18歳の春でした。
単調な授業と自習の繰り返しに心が渇き、予備校の近くに見つけた古本屋をふと訪ねたのです。幅広く身近で買いやすい本のラインナップに惹かれ、また店員のみなさんのひかえめなやさしさと笑顔にホッとして、いつしか週に何度か行くように。少ないこづかいの中からポツリ、ポツリと買った本は、今でもすぐ書名が浮かびます。だんだんと顔を覚えてもらうようになり、私の好きそうな本を薦めてもらったときの嬉しかったことといったら。でもあくまで、無名の客とお店の関係に過ぎませんでした。

翌年の始めごろでしょうか、店が移転することを聞き衝撃を受けました。その後ほどなくして進学先が決まり、古本大學として最後の月となった3月、意を決して自分をアルバイトとして雇ってもらえないかと突然お願いに伺ったのです。今思えばずいぶん無謀です。カウンターの女性(=のむみち)にはじめて自分の名を名乗り、店長に聞いてみますと言われ、その時せとさんの名前も知りました。数日後結果はもちろん駄目でしたが、それをきっかけに親しくなって、閉店当日(H.16年3月31日)もそれ以降の作業中のお店にも顔を出すようになり、引越し作業も手伝わせてもらうようになりました。レコードがつまった箱が重かったこととか、台車で当時の倉庫をみんなで往復したこと、新しい店舗の空っぽの本棚にちくま文庫をつめたことなどなど、そのときの高揚感と共に思い出されます。そう、本当に嬉しかった。年上の方々に仲良くしてもらったことも、古本とこれまでにない距離感で接せられたことも。

大学の学年があがるにつれ店との関係性も変わり、気付いたら番台の中にいて、今では沢山働かせてもらっています。本棚も店員目線で見てしまい、客として店の本を買うこともずいぶん減ったような気がします。それでも私の中にはどこか、あのころ、二十歳前後の心もとなさと、古本大學とその周りの人々に対する濃い愛着心の記憶が残っていて、思い出すとあたたかい気持ちになります。ほんとに支えだったのだなぁ・・・と。
それとともに、もちろんもう先に進んで、店を作っていく一員として、これからは少しでも役に立たなきゃ、と思っています。ふがいなさとか限界に心折れることも多いけれど、当時の自分からしたらとても幸せな立場にいるのだから。

写真は、当時自宅に届いた古本大學の移転のお知らせ(左)と往来座としての新装開店のお知らせ(右)のハガキ。自分の物持ちのよさに苦笑です。当初の営業時間が10~22時(※現在:11~22時)など、いろいろ懐かしい。


ところで今日、念願の市場デビューをしました。私もいくつか入札させてもらって、結果は落札できませんでしたがすっごい勉強になりました。たくさんの本の山から気になるものを見つけ出して値踏みして勝負する。狙いのものと共にしばられた必要じゃ無い本の処分方法をも念頭に置きながら、損をせず、でも勝てるように鉛筆に力をこめる。考えすぎて頭がぐらぐら、肩もバリバリに凝りました。
往来座から神保町まで自転車で片道30分。代表せとさんの後ろにくっついて走った初夏の風吹く道は気持ちよかった!くせになりそうです。また日が開きすぎないうちに行きたいです。

なつき
[PR]
by ouraiza | 2009-05-26 01:06 | ふらふら散歩(終了) | Comments(0)
ホシガリマセン、ヨムマデハ。
今、戦時中食べ物に制限があったように本にも制限があったら・・。
想像するだにオソロしい。
今より数倍、大切にしっかりとその一冊に向き合うようにはなるだろうが。


先週の日曜は、同僚なつきに店番交代してもらって、わめぞの呑んべぇディーヴァなべちゃん出演のオペラを観に行った。今回の演目はワーグナーの「パルシファル」。神聖劇と言われるものらしく、宗教色濃いズシリとした作品。
舞台装置やオーケストラの編成など何もかもがこれまでに観に行った公演よりもスケールが大きく、迫力があった。でも不思議と迫力はあっても睡魔は来るもので・・・。
なべちゃんは第2幕に出演。花の乙女の役ということで、可憐で可愛らしいこと!
事情があって最終幕は観ないで退場させていただいたため、公演終了後本人に会うこと能わず。ご亭主のオカジマさんにしつこく頼んで撮ってもらった写真が下。いーえ、観たのは歌舞伎じゃァござんせん、オペラです!
f0035084_146275.jpg




そういえば明日で古書往来座は5周年を迎えるんでした。びぇ!

祝みち
[PR]
by ouraiza | 2009-05-24 02:04 | のむのノミムメモ | Comments(0)
明日の準備ほか
 明日からの鬼子母神での唐組公演に供えて、恒例・紅本棚、できたー。
   ら  ー
f0035084_21318100.jpg

 2RL(2レジライン)によって誕生したミニ番台のために銭皿を作った。
  ら   
せと
f0035084_21351854.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-05-22 21:31 | 工作 | Comments(0)
09/05/21
 NEGI様たいやきおいしゅうございました。誠にありがとうござピッポレ!!。
f0035084_23192360.jpg

 目白(西池袋)ブックギャラリー・ポポタムさんでは下ちらし催しが昨日より。(わめぞブログ記事
せと
f0035084_23193361.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-05-21 23:20 | Comments(0)