<   2007年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧
f0035084_2573141.jpg 朝から雨。開店準備の際、おととい出したばかりの断食関連の本がほとんどなくなってることに気付く。時代を感じました。
 昼。お客様があまりいらっしゃらない。誰もいない店内、どんなもんだい、とひとり呟き、番台で作業。先週買い取らせて頂いた本の整理。リーコニッツの「INSIDE HI-FI」を掛ける。曲のはじまりと終わりがよく分からず。よく分からないから聴いていても飽きない。店には合ってる。
 ひと段落すると棚を触りに立つ。ついでに外の本もお触りしに。外に出てみると、先週に引き続き持ち主に置いていかれた哀れなキャリーバッグが雨に打たれてました。ドキッ、これで二回目。次会ったら友達になろうと思います。
 今日番台の上で考えたこと。
 卒論がやばい:資料を読むので終わりそう。夏休みはミスタードーナッツでひたすら子連れ親子の生態を観察していたので、あまり作業は進まず。どうなることやら。それにしても同級生はすごい。ただでさえ卒論で忙しいのに、その上就職活動もするなんて。と、以前そのことを往来座代表にぼやいてみたところ、いいこと教えてあげようか?と一言。「それね、みんなやってる」。
 石ちゃんの通りの達人:土曜日「メレンゲの気持ち」を何気なく見ていたら、「石ちゃんの通りの達人」コーナーで、ホンジャマカの石塚英彦がわが地元の葛西を歩いていた。葛西地区は、都内に住むインド人の数が一番多い事で知られている。また他にも、合気道の道場に通っていたときは、イラン人(の方も葛西には比較的多いが)、アメリカ人、ブルガリア人、ロシア人と一緒に稽古していた。せっかくなので脱線しますが、いつも稽古が終わると、イラン人のSさんに軍隊で教わったという技を毎週のように掛けられました。観覧車のようにぶんぶんと振り回される自分を顧み、おれは投げるよりも投げられる方がうまいのだという唯一の才能に愕然とした覚えがあります。毎週死ぬ一歩手前まできた時、こんな目にあうのはいやだ、戦争はしてはいけない、とひそかに思ったのでした。そしてみんな英語がペラペラ。あるとき、例のSさんに「なんで英語で出来ない?」と聞かれ、いや~むずかしいっすよね、と答えたら。日本語で「恥を知れ」と言われた記憶があります。
 で、その番組では地元が小松菜の産地である事を知らされ驚く。そしてとあるお店では、小松菜を練りこんだ蕎麦やうどんを食べられる場所がある事も知る。探してみよう。
 夜。ご飯を食べ、閉店。片付けの作業を済まし、扉を閉め、誰もいなくなったところで、朝から欲しいと思っていた八木義徳「風祭」を棚から引き出し、番台へ運び、レジを打ち、少しだけ安くし、そして少しばかり引け目を感じつつもバッグに押し込み、逃げるように店を出た後で、ふと棚を埋めるのを忘れたことに気付きました。やったのは俺だ。
 こにぎり
[PR]
by ouraiza | 2007-09-30 21:08 | こみにぎり(終了) | Comments(0)
仕事人Sちゃん
f0035084_754390.jpgおなじみY様の元教え子Sちゃんご来店。早稲田穴八幡青空帰り。Sちゃんの好きなタイプ(そりゃなかなかいないよ・・・)は、などと女の子トークを堪能させていただいていたら、番台で動く私の手をじーっと見つめるSちゃん。「・・・ひょっとしてやってみたい?」の一言に目が輝く。仁木悦子の絶版文庫数冊にパラがけしてもらったところ、まだまだやってみたそう。今度は藤原審爾の絶版文庫にパラがけの後、パック、刊行年書き、バチコン(値札)、配架という一連の作業を経験し、すっかりご満悦。写真は華麗にパラがけするSちゃん。古本街道をまた一歩進み、大喜びで帰って行ったのでした。

f0035084_7373620.jpg今度何と雑司がやんの仲間入りが決定した、友人うーちゃんにいただいた柿の束。こんな風にまとめてあるのを見たのは初めてです。上手に各枝の長さをずらして房状にしておる!柿ぶどうだ。このまま飾っておきたいー。すっかり秋です。というか今日明日の気温は11月下旬並みとか。どうりでさみぃはずだ。

のむみち
[PR]
by ouraiza | 2007-09-30 07:59 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
ゆっくり居たい
f0035084_093675.jpgf0035084_094534.jpg 早稲田穴八幡で行われている早稲田青空古本祭は、夕方と夜、とてもきれいだ。本棚の間をそよと吹き抜ける秋めいた風に、胸きゅんしてしまう。朱色の大きな門、妖しく灯るちょうちん、奥にひかえる低い屋根の本殿、石の階段。毎年木の枝の中に天狗を探してしまう。
 立石書店岡島さんに届けものをする予定もあり、夕方から夜にかけてゆっくり全体を愉しもうと算段していたが、大寝坊。水道橋のドイトまで自転車で突っ走り材料を調達、午前中やる予定だった特価本スタンドのキャスター修理が終わったのが18時少し前。その前に店内の電球がきれたからとさくらやへダッシュ。せめて岡島さんに届けものをと早稲田へ・・・。ここで、変な睡眠による眼の奥のよじれが生じ、頭痛。ああ、夕闇迫り来る美しい神社でゆったり本を探すことができなかった。それでも急いで2冊を見つけました。店員さんたちがこまめに棚をいじり、追加をなさっています。週末はぜひ早稲田へ。古書現世向井さんのレポートはこちら
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-09-29 00:09 | Comments(0)
とるに
f0035084_173781.jpg ああー!告知が遅くなってしまいました!が!やってます!早稲田青空古本祭。2日火曜日まで。古書現世向井さんの詳しい報告が楽しいです。いいなあ初日行ってみたかったなあ。裏山でCだなあ。
 そして便乗企画!穴八幡の真下、お膝元、立石書店さんで「わめぞ青空古本祭」!読書のわめぞの秋わめぞ。穴七萬だなあ。外市ブラザーズがちょっとずつ立石さんの棚をお借りしています。
 おわー池袋東口古本まつりだ!!
2007年9月26日(水曜)~10月2日(火曜)雨天中止
午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)
会場 中池袋公園(豊島公会堂の前の公園)
特集が「豊島にかかわる著名人」となっていて、んんーどんなだろう。

 ある小説を読んでいたら「取るに足りない」という言葉が変にひっかかり、「取るに足りない」って、いい・・・・などと思った。
 松竹映画の松竹のことを「まつたけ」と言う人がいた。松本清張を略して「まつきよ」という人も。うはは取るに足りない。
 終業後に店の電気を半分消してぼけっと聴く徳永英明の「VOCALIST」がとてもいいです。「いい日旅立ち」がいいなあ。
f0035084_1245671.jpg 刃研ぎ堂さんがぱりぱりになった刃研ぎ草を引っこ抜き、ねこじゃらしを植えてくださった。刃研ぎじゃらし。いやいや、もう名前をつけるのはよそう。いい日旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに。
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-09-28 01:17 | Comments(0)
迫りくる棚
本日もささやかにご報告ネタ、用意していなくもなかったのですが、そんなものをふっとばすような出来事がおきてしまいました。

f0035084_0314653.jpg夜10時を過ぎ、今日もつつがなく終わったことを喜びながら、最後のひとふんばり、閉店作業と行きましょう、ということで外に行き、グッと両腕に力を入れ可動棚を抱え込む、ん?変だなあ動かないぞ、えい。・・・・・あ!!あああああ

・・・本棚の右前方の車輪が、曲がっちゃいけない方向に曲がってます。これは、折れたな・・。さらに動かすとスルリと抜ける車輪。よろめく棚、と私。不運なことに数ある棚の中でも、箱入り全集の端本という、「重い、硬い、でかい」の三拍子揃った本たちが詰まった大棚だった為、少しやばめ。棚を必死に押さえながら5分ほど放心、ちょっと逃げたくなってきました。
だけどもここで逃げてもただただ本棚が倒れるだけです。ハッと、去年の夏だったでしょうか、やはり別の棚の脚が折れて、同僚ののむみちが華麗に対処したことを思い出し、記憶をたどって応急処置へ(企業秘密です)。ひとまず何とかそれで動かなくさせてから、店長へと電話しそれ以降のやり方の指示をいただいて、無事作業再開、お店を閉めることができました。
たぶん私の力の入れ方がまずかったせいなので、お店のみんなと本棚には申し訳ない限りなのですが、せめて大事にならなくってよかったです。あぁびっくりした・・・・。

写真は骨折した張本人。ごめんよ。

なつき
[PR]
by ouraiza | 2007-09-27 00:38 | ふらふら散歩(終了) | Comments(1)
指で
f0035084_23464888.jpg 鬼子母神横の「雑司が谷 三愚舎ぎゃらりー」さんでは「桂川寛 絵と資料展」の作品展示を開催中。資料展示は千早町の「アトリエ村資料室」で行われすでに終了しています。三愚舎さんでの作品展示は、好評につき会期が延長され、10月6日土曜日まで、とのこと。『壁』の挿絵、芸術運動体「世紀」での活動など、安部公房の前衛美術運動を最初期から共にした方。
f0035084_23562459.jpg


 外市への坂道を登りはじめる。印刷したちらしを配ってくださる方々へ数を分けて配分。ありきたりな一コマ。

全部で4000枚の束を  100枚ずつの束に分けようと  まず正確に100枚数えたものを  ガイドにして  あとは  高さを指で測りながら  作業をすすめていくと  100枚の束が  43個できた  そんなはずはない  もう一度作業を繰り返すと  こんどは  38個になった  もういいや  いいさ  100枚のつもりの束から  少しずつ抜き取って  やっと  40個の束にして  なんて要領のいいことだろう  と  ひざを打った

のでした!!
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-09-25 23:56 | Comments(0)
刃研ぎ草の2ヶ月
f0035084_3131645.jpg
 さて刃研ぎ草なるものは、店前を掃除してくれた包丁研ぎの刃研ぎ堂さんが、お茶目心で明治通りの植樹帯(の植木鉢)に植えてくれた雑草だ。当初「ブタクサ」ってこれなんだ、と勝手に思い込んだが、少し調べてみて違うことがわかった(「雑草」を検索しようとして、検索窓に「刃研ぎ草」と入れてしまった)。かといって名称を特定することはできなかった。まだ何という雑草かわからない。以前から、道にある「植樹帯」がとても気になった。通行する人には見向きもされず、誰が管理をするべきなのか皆目検討もつかず、ただ無防備に展開されている小さな土の土地。眼の前で店を営業しているからには、日常的に、着かず離れず、植樹帯との微妙な距離感を持たざるを得ない。ただゴミが捨てられるお慰みなだけの妙な空間、と思うだけではいかにも寂しい。都会の谷底の小さな片隅のまた片隅の汚れた土の上にも四季が来るのだ。そんなのんきでバカバカしい思い入れに、刃研ぎ草を使わせていただいた。
 植樹帯には数ヶ月に1度定期的に、管理をする人かどうかわからないが、掃除がはいる。道路工事の人に聞くところによると、「第四さん」が明治通りの管理をしているらしい。「第四道路管理ホニャホニャ」なのだろう。それはともかく、植樹帯に置かれた植木鉢の中は、掃除の対象にはならないらしい、ということがわかった。そういえば、近所にきれいに柵で囲って雑草ではない花を育てている植樹帯がある。しかし以前1度、植樹帯にも植木鉢にもねこじゃらしを植えたが、全部刈られてしまったことがある。それは多分、ねこじゃらし(エノコログサ)が雑草だからいけなかったのだろう。
 ぼくはもうグラフを作るためパソコンと格闘し、灰になりました。ではこの辺でひとまず、刃研ぎ草よ、さようなら。
 あっっ、刃研ぎ堂さんといえば大ニュース、10月13日土曜日(「秋も一箱古本市」の日)放送の「アド街ック天国」に出ちゃうそうですよーーー!!
せと
f0035084_3214739.jpgf0035084_3215855.jpg
[PR]
by ouraiza | 2007-09-25 03:13 | Comments(0)
「ちょっと独り言」
 深夜、自宅でご報告を書こうとしていると、次男が「パソコン貸して」と言ってくる。何するのと聞くと、次男が通っている塾のテストを受けるのだと言う。「2時までに受けなきゃいけないんだよ」、とパソコンを持って次男は部屋を出て行ったのでした。現在の塾では、パソコンをつかってテストまで受けられるのかと驚き、仕方なく一人、ビールを飲みつつ就寝。そして、翌日の昼になってしまいました。
 つくづく「ちょっとご報告」には、その日一日の疲れが重要なのだと思う。夜、ふらふらしながら帰って来て、今日一日の締めに「ちょっとご報告」を書かせて頂く。そのとき、ふっとからだに残った疲れに話しかけてみる。いやな事もたのしい事も、これが直に伝えてくれる。いやな事が伝えられれば、それを笑いとばしてやろうと書き始められる。一日の雰囲気というか、匂いみたいなものが「ご報告」には必要だから、それを伝えてくれる疲れは必要なのだ。いま、むにゃむにゃと眠りから覚めて「ご報告」の文章を書いているのだけど、もう既に話しかける相手はない。「ちょっと独り言」です。f0035084_2332044.jpg
こにぎり
[PR]
by ouraiza | 2007-09-24 12:29 | こみにぎり(終了) | Comments(2)
秋も。
f0035084_22413750.jpg一箱古本市のチラシ&ポスターが届きました~!
【開催日】10月13日(土)
【時間】11:00~17:00
雨天決行となっております。
詳細は、不忍ブックストリート青秋部ブログ にて。

愛猫のちょろちゃんが病気になってしまい、通院やら検査やら投薬やらで頭も心も懐も痛いこの頃。経理主任まこちを始め、周りのみんなの支えが有り難い。ふぅ。
のむみち
[PR]
by ouraiza | 2007-09-22 23:06 | ノミムメモ(土曜) | Comments(0)
坂の下
f0035084_2238527.jpg まだ第5回外市は坂の下。10月の周辺にはたくさんの本にまつわる催しがあり、外市を宣伝させていただく機会も増えるであろうと、外市実行委員会広報部ちらし科はいつもより少し早めに始動。印刷完了、裁断待ち。気分はまだ坂の下です。わめぞネイティブインディアン画家・武藤良子さんに今回も描いていただいたちらし、画面に吸いこまれそうです。誠にありがとうございました。近日、詳細とともに配布開始いたします。
 f0035084_1572350.jpg 『からだのままに』南木佳士著 文藝春秋 を読んだ。学生時代に読む機会があって以来、新刊(年に1,2冊)が出ると必ず読む南木佳士さんのエッセイ集。ファンには気になる、ここ数年の著者の生活感がぽつりぽつりと滲むように語られている。ほんとは「ぽつりぽつり」ではないような気がするが、「しみじみ」とはちょっと違う。「じわじわ」でもない。帯文には「心にしみいる」とあるが、例えば『阿弥陀堂だより』が癒しだけのものではないのと同様、情緒では測れない抑制がある。今まで触れられたことのなかった(と思う)筆名の由来が書かれていた。「ラジオ深夜便」に出演なさったとあり、うむむむー聴けなくて残念。
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-09-21 22:38 | Comments(0)