<   2007年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
赤・犬
f0035084_2057484.jpgのむみちが帰り際に気付いた。まこちとぼくの上着の色がおなじ。写真を撮ってもらう。まこちってさけを飲むと口調が男っぽくなる。あらっぽくもなる。ときどき兄貴かと思わされる。分からない方の為に、強そうな方がまこちです・・・。





f0035084_2123270.jpg 未来社の天野さんより、犬のぬいぐるみを頂く。他の店員が自分に似てると言うので、店番の相棒になってもらうことに。名前はまだない。ので、どなたかインターナショナルな名前をつけてくださる方、募集します。ちなみに、特技はしっぽがメジャーになります。
こふか
[PR]
by ouraiza | 2007-04-29 21:10 | こみにぎり(終了) | Comments(4)
ちう。
先日、保険証の更新があって、古いモノを提出した後に戻ってきた新しい保険証。何気なく眺めていたら、住所がミッキーマウス。本当はミッキーハウスなのに・・・。文部科学省の方でも、こんなミスがあるのですねぇ。感動。ところが、やはり、訂正するので一度返却してくれ、とのことなので、記念にパシャ。
のむんちf0035084_2232347.jpg
[PR]
by ouraiza | 2007-04-28 23:22 | のむのノミムメモ | Comments(0)
 前回に続き第2回「外市」に「朝」名義にて出品して下さる朝倉さんが出品物整理のためご来店中、使いこんだサイクリングスーツに身を包み日焼けしたお兄さんが文庫本を番台へ。ぼくが「遠くから自転車旅ですか?」と思わず訊いてしまうとお兄さんは「いえ、メッセンジャー、仕事です。」とのこと。お兄さんがお店から出て後、朝倉さんとの会話。
    「メッセンジャーって、車道をピューっと走って、危険な職業ですね」
朝さん「ええ、でも自転車は車道を走んなきゃいけないんですよね」
    「あぁ、歩道を走っちゃいけない・・・」
朝さん「・・・・補導・・・されますね」
    「?、んあ・・・」

 その後買取った本の処理中、月報が不揃いの全集の処理を完了し次の『ルソー全集』に移った店番ルーキーの小峯こにぎり君に「ルソーは月報どう?」と尋ねると、「あ、ルソーはあるそーです」と小峯君が言ったように聞こえたので確認すると「いえ!」ということだった夜8時半。

 高田馬場の火事、すごかったみたいですね。鬼子母神を横切ったときにただすれ違っただけの方々と2度、火事みたいですね、と会話しました。雑司が谷まで煙の匂いが届いていました。f0035084_1373766.jpg

 先日西荻窪から荻窪まで歩く途中みつけた川、ああ、おにきちに流れる川なのですねぇ。善福寺川。名前もいいなー。
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-04-28 01:37 | Comments(0)
屋上行きたい
f0035084_2353392.jpgf0035084_2353472.jpg左:本体 右:外袋
コクテイル書房発行 コクテイル文庫No、2
北村範史写真集『屋上』
以下帯文
石田千「屋上にいた北村さん」収録
石田千「屋上がえり」(筑摩書房)に2年間同行して撮影した屋上の写真集。
1000円(税込み)

コクテイル書房さんより新作新入荷です!屋上いいなぁ。地べたでじっとこの写真集を眺め、屋上気分を味わっております。授業をさぼってビルの上を目指したあの頃、あの場合はなんとかは高いところが好きっていうタイプなのでしょう・・・。屋上、いいなぁ。池袋西武東武も登場します。東上線沿線で少年時代を送ったので、まず手近な遊園地がそこでした。あっド鳩三兄弟が写ってる!(不詳)

 29日、不忍ブックストリートの一箱古本市のための箱が完成(中身無し)。想像を絶してアメファンメル(アメージングファンタジーメルヘン)なものになってしまいました。そういえば完成の瞬間に偶然居合わせた古書現世向井さんが「呪われそうだから早く帰ろう・・・」なんて。持ちきれないほど賞をもらったらどうしよう・・・。大きくて反則になっちゃうかも!!なはは。
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-04-26 23:54 | Comments(0)
目白通り雑感
目白駅の西側

f0035084_22494426.jpgf0035084_22495328.jpg

目白通り沿い、みっちり詰まった建物の間に、ぽそっと抜けたように空き地が1、2。次に何かができるまでのつかの間の空白は、妙に、広く。




目白駅の東側

f0035084_2253739.jpg目白通り沿い、鬼子母神通り商店街そばのサンクスが一旦閉店して改装し、何ができるのかな~と思っていたら先日99イチバと生まれ変わってオープン。開店当日はレジにすごい行列が。
思うに目白雑司が谷近辺で、99円系の(生鮮食品も扱う)お店ってこれまで見当たらなかったように思うので(下落合の方に一軒あったかな?)、とても有用な気がします。となりの酒のカクヤスでお酒買って99イチバで食材調達して、友人の家になだれ込む・・・なんて夢の図式が浮かびます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、大学を出たら雨が降っていて、でも傘を買うのが億劫だったので、そのまま走ってしまいました。結構な距離があったため、家に着くころには身体中、びしゃびしゃに。髪からもしずくが垂れます。
そしたらなんだか、逆に気が晴れてきました。ちょっと前に私事で落ち込むことがあり、どんより目の前がかげっていたため、なんだかそのよどみを洗い流した気分です。
その後あつーい湯船につかって、本もじっくり読んで、お風呂から出るころにはさっぱり良い感じに。そういえばやまだ紫の『しんきらり』や『ゆらりうす色』にも、雨に濡れて帰る楽しさが描かれていたなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もひとつ写真。
f0035084_23244775.jpg
ページの隙間から、はらはらと落ちる押し花数枚。そんな『失われたムー大陸』に思いをはせて。


なつき(今回から水曜に変わりました)
[PR]
by ouraiza | 2007-04-25 23:40 | ふらふら散歩(終了) | Comments(2)
ねば
f0035084_2561047.jpg ねばねばしている。せねば、やらねば。そんなときに限って、大切で楽しげで、ねばとは無関係な出来事がたくさん起きる。焦っている時は、深く息を吸い、脳にある意識を「タンデン」に移行してグッと・・・教えていただいたことを思い出し、思い出したということをすぐに忘れる。
 夜半、不忍ブックストリートの一箱古本市に使う箱を作る。あ、すごく、でかい・・・。入れる本が、まだ無いのに。
 今はすっかり整備された東池袋の巨大マンション工事地帯、工事中の道路の止まれれ。
 「荒川線切り絵葉書」、準備がやっとでき店頭にて発売開始しました!!
せと
f0035084_375799.jpg

[PR]
by ouraiza | 2007-04-25 02:54 | Comments(0)
開かない
f0035084_114476.jpg 外市の二日目、5月6日日曜日に上り屋敷(あがりやしき)会館にて作品上映とお話(ご予約受付中です!)をして下さる河内紀(かわちかなめ)さんから届いた、外市の一箱部用の本。太平洋戦争開戦直後の新聞や、資料性に娯楽性が交わった戦前の本もろもろなど、紙力が強い、と申しましょうか、眺めていると自然にこころがうずいてくるような、とても魅力的なラインナップです。本日は古書現世向井さんがそれらに値段付け。うわうわ『ドレッス・メーキング』は上下揃いで1500円!当日が楽しみです。
f0035084_1232449.jpgf0035084_1241123.jpg たいていの陶芸教室には体験レッスン、数時間だけやってみない?のようなものがありまして、のっぴきならぬ付き合いで2度ほどやりました。一昨年夏に作ってみた本の置き物が左。とてもよくできて気に入り、さて今回もと挑戦し、サイズも大きく厚く、と欲張ったのが右、焼成時、人知及ばぬ火の働きによって開いていた本が閉じられてしまったようです。開かない啓示を負ったこの置き物、なんともあいまいな存在感です。
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-04-24 01:24 | 工作 | Comments(0)
健康診断
 二週間前の話ですが、ノームランこと同僚のむみちに店番を頼み、大学の健康診断へ行ってきました。毎年のことながら大講堂がスタート地点。一年ぶりに健康診断表を受け取る。この中には、一年生からの健康データが全部記載されてあり、一応六年生まではこの表を使えるらしい。助かる。「並んでますか」と係りの方に尋ねる。検査を受けるまでに長い列に並ばなければならなかったのは去年の事。「いいえ。すいすい行けますよ」と言われる。
 最初は身体検査。白衣に身を包んだおばちゃんのペアに囲まれ、まずは体重。この日に向けて少し絞った。次に身長。結果は、去年と比べて両方とも減少してた。今日は調子が悪いな、と感じながら、視力検査へ。そういえば、小学六年生の最後の身体検査で、「139.9cm」と言われて少し悔しい思いをしたよな、そんな事を思いながら、目の前の女医さんたちを見渡す。顕微鏡のような機械を前に、五人の女医さんが並んで座っていた。一番手前の女医さんが若くて、なによりきれいだった。ぜひ、と期待しながら順番を待っていると、一番奥の席が空いてしまう。うっ、うっ、と小走りで奥の席へ。「はい、中見てぇ」とテキパキした口調で女医さんが支持する。指定された番号(1~12ぐらいまで。徐々に円が小さくなる)の方向(おなじみのやつ)を答えるやり方。「10番」、といきなり言われてすこし戸惑う。「わかりません」が答え。蚤のように小さなぼんやりした点が見えるだけ。なんだけど、しかたなく「右」とか「下」でごまかす。何度かの適当なやり取りの後、女医さんの「はーい」の一言でおわる。両目とも1.5と書いてある。ほんとかよ。
 次は内科検診。ここはやっぱり少しだけ待たなければならない。しばらくして、「次の方、どうぞ」とかすれたような声が聞こえてくる。白い覆いの内側へ入ると、70歳ぐらいの白衣のおじいちゃんが座っていた。おねがいしますと健康診断表を渡す。おじいちゃんはそれをじーっと眺め、「こ・み・ね・さん・・・、ね。異常なし」と何もされてないのに、名前を読んだだけでそう判断される。そういうもんか、と聴診器をあててもらい、次はレントゲン。
 レントゲンは毎年最後だったから、これで終わりかと少し拍子が抜ける。去年は耳鼻科もあったのに、無くなってしまった。いろいろあちこち手入れをしてきたのに。歯だって・・・。二台車が止めてあり、上着を脱いで、車の中へ。テレビのニュースキャスターみたいな男の人が部屋から出てきて、「あご付けて」と支持される。男の人は部屋の中へ戻り、その後「ピンポーン!」の音が車内に響く。再び男の人が部屋から出てきて、「今日はこの辺りで失礼します」と言われる(嘘)。
 最後に尿検査の容器を係りの方から渡される。ぼけーっとした僕の顔を見て心配になったのだろう、「明日の朝にでも取って頂戴」と言われる。「はい、わかりました」と言葉を交わしたのだが、提出日が19日(この日は12日だった)になってる。約一週間、もつかな。

f0035084_2094415.jpg 朝。眠いまなこをこすりこすり台所へ行くと、白菜が水に浸かってた。なにやってんの、と母親に尋ねる。なんでも、白菜をシャキッとさせるため、らしい。こんなんでシャキッとするの?と疑っていると、母親が、ほら、もうシャキッとしてる、と白菜の背中をさする。
こにぎり
[PR]
by ouraiza | 2007-04-22 20:49 | こみにぎり(終了) | Comments(0)
待望の! (2、3日中に店頭に並びます。それ以前は店員にお申し付け下さい。準備が間に合わず・・・)
都電、都バスなどの乗り物グッズ販売、徳栄商事さんの新商品が入荷しました!!待ちに待った、稲葉祐吉さん作成の荒川線風景切り絵絵葉書です!!カレンダーになったりポスターのように荒川線各停留所に展示されていたりしましたが、ついについに、手に取りやすい絵葉書になりました!東京都交通局都電荒川線ホームページの「都電荒川線切り絵館」では全30駅分30枚が公開されていますが、この絵葉書では、同じ箇所を別角度から望んだ光景や、人のたたずまいなど、未公開の作品が含まれています。少し光沢のあるきれいな印刷で、水分汚れが沁みこまない表面になっています。
全43枚(未発表作品含む)
4セット 各11枚入り(駅順10枚+別枠1枚)
第4集には、駅順10枚の他に、1~3集のなかから無作為に選ばれた一枚が加えられています。ですので、4集全てをお揃えの方は、必ず1枚重複してしまいます。              
各1000円(税込)です!

セット内容
第1集
・三ノ輪橋・荒川一中前・区役所前・荒川七丁目・荒川二丁目・荒川二丁目・昔町屋駅・町屋駅前・町屋二丁目・東尾久三丁目+早稲田
第2集
・熊野前・熊野前・宮ノ前・宮ノ前・小台・西尾久ふみきり・荒川遊園地前 ・荒川遊園地 ・荒川車庫前・荒川車庫前+雑司ヶ谷
第3集
荒川車庫前・梶原・栄町・王子~栄町間・王子駅・紙の博物館・飛鳥山・滝野川一丁目・西ヶ原四丁目・新庚申塚+高戸橋
第4集
庚申塚・大塚駅・向原~大塚駅間・東池袋四丁目・雑司ヶ谷・鬼子母神・高戸橋・学習院下・面影橋・早稲田駅+1~3集内より1枚

下、見本画像です。いやこれ、すごいです。都電グッズの定番になることでしょう。(画像編集の都合でサイズがまちまちですが、全て葉書サイズです。小さな画面では画像がはみ出てしまうのですが、クリックすると全体が別ウィンドウで表示されます。)
せと
f0035084_223256100.jpgf0035084_2233688.jpg
f0035084_22332420.jpgf0035084_22333935.jpg

f0035084_22335274.jpgf0035084_2234186.jpg
[PR]
by ouraiza | 2007-04-21 22:24 | Comments(0)
ほ〜めらん
f0035084_2122216.jpgひょんな理由で縁のある東京ドーム。今回は、日本ハムVSソフトバンクの試合を観戦。写真は1回表、この直後に小久保という人がホームランを放ったのでした。生まれて初めて生で見たホームランは、美しかった。大いに盛り上がったが、その後むくむくと出てくる疑問と困惑の数々。

まず、スコアボード上。
同行した友人C 「ねね、Pっていうのはピッチャーのことでしょ? じゃ、Dって何なのよ。」
のむみち 「え・・・・ダイバー、かな。」
その後、もう一人の同行者Kのダンナ様マルチンに電話で聞いて判明。指名打者なんだそうな。そしてさらに調べてみるに、DとはDesigned のDなんだそうな。

次に、名前の横の番号がてっきり背番号だと思い込んでいた我々は、
「あらっ、どうしてスコアボードに8番って書いてあるのに背番号が30なのよっ?」
と困惑した挙げ句、
「あ、なーんだ、ボード上の番号は打順なのね!」
と思い込み、どうやら、上の人から順番に打順が回ってきていると気づいたのが、8回裏。そこで初めてキャッチャーが2番らしいことに気づき、つまりあれは守備番号なのでした。大収穫。

途中の休憩で、後ろのいかにも野球事情に通じてるらしいお兄ちゃん達が、「おっ、ワンちゃんだワンちゃんだ!」とはしゃぐのを聞き、「あら、犬も球場入れるんだ。」とキョロキョロするのむみち。試合終了後小久保という人が観客席に向かって黄色いボールを投げたのを見て、「あら、今のテニスボールだったわよ。」という友人C。その中で一人、友人Kだけが、周囲の人とシンクロで歓声を上げることができるレベルなのでした。尊敬。

この日の観戦で一番嬉しかったのは、ホットドッグが美味だったこと。は〜ぁ、幸せ〜。むしゃ。
f0035084_331460.jpgノームラン
[PR]
by ouraiza | 2007-04-21 03:46 | のむのノミムメモ | Comments(0)