<   2006年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧
台所大賞0604
■台所大賞とは古書往来座の前身である古本大學時代から続く古書往来座内のみで制定された伝統の月刊賞。本屋は台所です。買い物袋をぶら下げた奥様が旦那様への不満を胸に沸騰させつつ夕暮れの信号待ちで思いついた生活に根付いたアイデア、発明、かかとの無いスリッパ、亀の子タワシ、パスタつかみ機、のようなものが日夜本屋の中では生まれ死に、歴史を刻んでいるのです。もちろん細かすぎたり意味不明だったりするのでしょう。勘弁してくださ~い■さあ、輝ける今月の台所大賞は!!

せと作
「無料しおり配布における機会均等化を目指すくじ箱」
f0035084_19215661.jpg


しおりってびみょーなのです。「どうぞご自由にお持ち下さい」とアナウンスつきで置いておくと、「あら、すてき、ほんと、いただいてヨロシイのかしら~~」とおっしゃり、無料のしおりだけをあるもの全部、2百枚くらいもってっちゃうお客様がいるのです。全然間違ったことではありません。いっそすっきりして気持ちいいぐらい。この辺、非常に池袋的、と申しましょうか、まったくもって千差万別、計り知れぬお客様の層の広さ。でもでもでも、「自由」とはあるものの、他のお客様に遠慮をし、店員のわれわれにまでもお気を使われ、ま、次回にでも、と身を引いていかれたお客様、声に出さずとも、うむ、ここはひとつ触れずにゆこう、という方たちもいるのです。それは、無理矢理言ってみるのなら、心の置き所の無い自由、が原因しているのではないでしょうか。この問題は、ぼくが常々感じていたことと同様の要点を持っていました。
「座り読み自由」と用意された椅子。「立ち読み自由」という親切な空間。でも、大好きな岡林信康の歌がぼくの胸中のどこかでささやくのです。「それで自由になったのかい?」
さあそこで登場したのがこの「しおりクジ箱」。長い長い研究の末、人が一番手を突っ込んでみたくなる穴の大きさは直径11センチである、ということを発見し、東急ハンズにすっ飛んでいって加工していただきました。丸くくりぬくこと、自分じゃできないのです。設置して約1週間、おおむねご好評を得てはおりますが、ぼくのノミの額よりもケチな心にがっかりなさる方ももちろんおいででしょう。もももも、申し訳ございません。あのーですね、融通はもちろん効き過ぎるほど効くものですので、ちゃんといろいろ選んだりたくさん欲しい場合はいっこうに構わないのです!何卒いつでもお伝え下さい。むしろ、系統だって集めて楽しまれている方、しおりにオツな楽しみを見出している方にたくさん持って行っていただきたいためのグッズです。全然、構わないのです。「自由」のひとつ前に、なんとなく楽しそう!な仕組があるということだけで、もう、いいのです。えへへ。
自由とはほんとに自由なのかお悩みのフォークシンガーの方!お買い物後のお客様とウフフくじびき愉しいわね、不足でお悩みの方!今日の占いで満足いかずなんでもいいから穴に手をいれて占いたい方!是非是非どうぞ。それにしてもこれ、箱が大きすぎますってば……
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-30 19:51 | 台所大賞(休止) | Comments(2)
のむみちが往く in 谷根千
f0035084_21422833.jpg今日は一箱古本市の日。お店は最近無事復帰した(パチパチ)まこちに任せ、せと梅郎氏と共に日暮里へ。途中雨が降ってきたのは残念でしたが、ぃや~、いろいろと勉強になりました。一番のメインイベントはやはり、岡崎武志さんにお会いできたことでしょうか。かなりキンチョウしていた梅郎氏。サイン入り彷書月刊、最後の一冊をゲットできて良かったね。往来堂書店はウワサ通り、素晴らしい新刊本屋さんでした。本好きのハートをくすぐる見事な品揃え。池袋が職場だとジュンク堂やリブロがあるので、もちろん往来堂に置いてある本を入手するのはできないことではありません。けれども大型書店で往来堂に置かれている本を全部探すととんでもない時間のロスになります。近所にこういった本屋さんがあると、すごく助かるんだがな~。オヨヨ書林さんは、雨のため本来なら外に並ぶはずの一箱たちが店内に並んでおり、その持ち主様たちとお客さんで、ほとんど入れない状態。大盛況。最初に行った古書ほうろうさんもやはり、さすがだなぁという感じ。文庫新書もきちんと面見せの工夫がされており、見習わなければ。広くとられたバックスペースがうらまやしいかぎり。そこで箱を開いていらした、退屈男様にご挨拶。箱の上にアルバムが乗っかっており、なんじゃなんじゃと開いてみると、なんと退屈男さまオススメの古本屋の写真がぎっしり!愛を感じましたね~。我らが往来座も大プッシュしてくださって、本当にありがとうございます!
今回の谷根千の旅、もちろん古本市も楽しかったのですが、それよりなにより、極上の散策でした。やっぱりあの空気はいいなぁ。雰囲気のある喫茶店はいっぱいあるし。のむみち引っ越しちゃいたいぐらいです。幸せな気分でふらふら歩いて日暮里まで戻る途中。ぅおおおお!出た。「質屋 おぢさん」・・・!ううう、入ってみたい。ブランド品も扱ってるそうですが、やはりおぢさんブランドなのだろうか?気になるよぅ。
のむみち

f0035084_155823.jpg往来堂書店様で印象的なテプラを発見。笈入店長にお願いし写真を撮らせていただきました。「棚に無い本は速攻でお取り寄せいたします」。「すぐ」「すみやかに」でも「なるべく早く」「できるだけ」でもなく、「速攻で」。まずお店にしなやかな感性があること、そして何かを打開しようとしていることがよく伝わるものだと思いました。テキパキと近しい言葉で柔らかく接してくれる本屋さん、できそうでできない、根本的な姿勢が問われるいさぎよさ。易々できることではありません。誠にありがとうございました。
大番頭のむみちと営業日真っ盛りに池袋以外の場所にいることが、それだけで特別なようで、夕焼けダンダン上の酒屋さんにてまず発泡酒。雑司ヶ谷目白とは比べものにならない古い町並みの路地を歩き、気持ちが休まりました。
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-29 23:49 | のむのノミムメモ | Comments(2)
ついにノラ様
f0035084_185550.jpg本日ついに以前からの念願かない古書現世様にて店番猫ノラ様に会う。ちょうど向井さんが番台に座ってらして、そのお姿も是非拝見したかったのです!!戻ってきたばかりとのこと、タイミングよかったです。ノラ様テレビ上にてお休み中、画面の亀田兄弟とツーショット、「4兄弟だね」とは向井さん。しかしかわいいです。思っていたよりコンパクトな体格。その毛並み、色艶(あの模様、どこかの方言で「ヨモギ猫」と呼ばれると聞いたことがありますが、正確ではありません)が本とよく馴染んでいました。本屋と猫という関係は想像の中ではベストマッチなのですが、現実に組み合わせを実行しようとしても、爪とぎ、トイレ、夜間無人、餌、賃貸関係などの様々な問題が浮かび、実現は難しいものです。その辺をピタッと抑えたノラ様の所業、お店の恰幅、すごいです。前から探していてなかなか見つからなかった『浅見淵の歌』、そしてご著書『早稲田古本屋日録』などを買わせていただき、おみやげまでいただきなんともはや。向井さん誠にありがとうございました!時間が詰まりあわてていて申し訳ありませんでした。右写真は古書現世様店内に棲息するふくろう2体。非常に落ち着いた風格のふくろうで、写真にはありませんが現代彫刻風抽象的ふくろうも向井さんの真後ろにありました。f0035084_138277.jpgf0035084_1401879.jpg

その後機会あって大学の授業を参観、窓からみえる夕日、モンモンとした学生時代が急激に思い出されまだまだ悶々せねば、と思いました。

日芸古本屋研究会小峯君のペンネーム・俳号問題、「船頭沈(せんどうしずむ)」に代わって「江根留樹立往生(えねるぎーたちおうじょう)」が浮上。「立往生」はまんざらでもないご様子。うんこれにしよう小峯君!f0035084_1461017.jpg
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-29 01:46 | Comments(0)
新入荷熟読中
雑司ヶ谷在住紙人形師西澤康臣様、ご好評につき新製造「福郎」!!今回も黄色い本を読んでます!蝶ネクタイは前回無かった新機軸です。前回同様哀愁の後姿!当店ショーウィンドウにて読書中、12000円です。あの、本のページがちゃんと1枚1枚になっているんです。f0035084_235289.jpgf0035084_2354166.jpg
f0035084_2355112.jpg

f0035084_2361485.jpg昨日に続き我がいとこアーさんより投降写真いただきました。キヌタのウルトラマン第2段。
「商店街が終わって、しばらく行った所を飛んでいるため、気が付いてもらえないウルトラマンの姿。商店街在住の子が「えっ!?、こんなところに、あったんだ~!」と驚いていました。」
とのこと。そういえば池袋西口の要町通りが「乱歩通り」になったんだそうです。え、こんなところにも乱歩、ってなりますでしょうか。アーさんありがとう!!
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-27 23:06 | Comments(0)
ウルトラツツジジョン
f0035084_220510.jpg明治通りに咲いたツツジのピンクはなかなかに鮮烈です。ジョン・レノンベスト盤をかけっぱなして改まってじっくり聴いたのですが「God」にシビれて以降そればっかりです。♪アイドントビリーブinエルビス♪アイドントビリーブinビートルズ!

f0035084_2212670.jpg右は我がいとこアーさんより投稿写真、キヌタのウルトラマン。
「ウルトラマン前で待ち合わせ…してる人いないです。」
とのこと。んーむ? アーさんありがとう!
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-26 22:12 | Comments(0)
「ちょっと谷根千」
偶然関連もの入荷ありまして、極々小さなものですが期間限定特集「ちょっと谷根千」作りました。あっ谷根千が谷根チになってる!!ぼかぁばかです。
f0035084_1751817.jpg『文京区の散歩道 その歴史をたずねて』 江幡潤著 S50 第3改訂版 函 三交社 1370円
『新編・谷根千路地事典』 上野・谷根千研究会 H7 初 カ 住まいの図書館出版局 1050円
「日本地図選集 安政三年根岸谷中繪圖」 人文社 940円
『東京遺産 保存から再生・活用へ』 森まゆみ著 H15 初カ帯 岩波新書 380円
『昭和ジュークボックス』 森まゆみ著 H15 初カ帯 旬報社 700円 (在庫2冊) 
『明治東京畸人傳』 森まゆみ著 H8 2刷カ帯 新潮社 700円
『鷗外の坂』 森まゆみ著 H10 4刷カ帯 新潮社 840円
『鷗外の坂』新潮文庫 320円
『プライド・オブ・プレイス』 森まゆみ著 H17 初カ帯 みすず書房 1200円
『不思議の町 根津 ひっそりした都市空間』 森まゆみ著 H9 初カ帯 ちくま文庫 ヌレヨレあり 300円
『江戸東京物語』 全3巻揃 新潮文庫 1150円
『東京人』NO133 H10/10 東京の町並み大研究(谷中6頁) 350円
 『東京人』NO151 H12/3 写真が語る東京 (谷根千ナシ?) 500円
 『東京人』NO159 H12/11 東京23区大事典 350円
『散歩の達人』 H9/9 谷中・根津・千駄木 200円
『散歩の達人』 H13/5 谷中・根津・千駄木 200円

まったくほんの少しで申し訳ありません。しかし周辺事項を含めるといろいろとんでもないことになりそうな特集です。急場しのぎ!!ひとまずご報告でした~。
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-26 18:13 | Comments(0)
本築道4 (番外不認可集)
前回の発表よりはや3ヶ月弱、その間、せと梅郎氏(2級)よりの3度の投稿全て不認可とす。今後も新展開期待できずここに万感の期待を込め不認可作品を掲載す。と言いますか、そうか、不認可にして載せれば胸のつかえが降りるぞ!というアサハカな思惑でございます。せと梅郎、一見にして心理的窒息如実なり。今後は現段階にて最高段位ホルダーのむみち(1級)に期待!!

■本築とは本の建築のこと。茶道は茶を点て、華道は花を活け、本築道は本を築く。段位は厳密適当なる審査のもと自分で勝手に授与される。眼目は構造の高さ、本の内容に無し、ただ熱意と気分にある■

0603??
f0035084_2316439.jpgf0035084_23162133.jpg流派を変える趣向おおいによしとするも未だ2級の身を粉にしてその道に精進すべし。浮き足立った先走り。ちなみに本築道史上最重要事件であった流派分割、「縛築革命(ばくちくかくめい)」については追々触れることになるだろう。「個築流」と「縛築流」と今のところは呼ばれ、写真は個築流に専念すべき作者の苦し紛れの縛築流作品。不認可。

0603??
f0035084_2331859.jpgf0035084_23302826.jpg基本形のうちの一つで最も高度とされ、その高度さゆえに長い歴史の中で徐々に禁じ手とされていった「ますらお」作品。現在本築道の本質は競うことに無く、競技会が頻繁に催された本築バブル時代なら通ずるものではあるが、本末転倒。酔いの末の興味本位。酔拳ならぬ酔本築、年季が足りぬ。不認可。

0604??
f0035084_23401449.jpgあちゃーこりゃヒドイ。「変わり積み」という手は地味な本築の世界にあって一閃の光を放つ妙技と成り得るも、この道の第一義は本との心の交流の温度にあり、その交流を全き自然体にて表現することにある。本から聞こえる悲鳴に耳をふさぎたくなるこの変わり積みは本築とは認められず。狙いすぎのアクの強さ、厚化粧、進級を急ぐあまり無垢な気持ちを捨て明日を失う。反省すべし。不認可。

いやはやこの道険しいです。でも、だからこそやりがいがあるのです!!キビチー!!
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-25 23:50 | Comments(0)
目白バ・ロック音楽祭!
たまーに考えるのですが、谷中・根津・千駄木をギュッと握って「谷根千(やねせん)」なわけですが、その名称の浸透力ってすごいです。そこで、僭越ですがそのヒソミにならい、池袋周辺で考えるとすればどこで何と呼びましょうか。まず目白。んで雑司ヶ谷。さて…早稲田?んー遠いか。あ、大塚、いや要町、んーー大きくククって池袋にしましょう。規模の順に池袋・目白・雑司ヶ谷。「池目雑(いめぞう)」。池を「い」に無理が。「池目ヶ谷(いけめがや)」。順番にこだわらず「雑目袋(ぞめぶくろ)」。やっぱり池袋は繁華すぎますか。じゃあ早稲田、で新宿からの順、早稲田・目白・雑司ヶ谷。「早目雑(わめぞう)」。「わせめがや」。 ま、決めなくてもいいや!何かいいお考えありましたらぜひお教え下さい。そして何かが始まる…わけではまったくありません!
さて目白最大の音楽祭、「目白バ・ロック音楽祭」のお知らせです!幹部の筒井様、斎藤様がチラシを持ってきて下さいました。池袋でパチンコ屋さんのマーチを浴びすぎた方、ブラリ歩いて15分、目白にてクラシックをどうぞ!!(ブログもあります)

f0035084_2221248.jpg朝様にお借りした「あにきvol.3」鑑賞。(アマゾンより引用あらすじ) 「 高倉健がその長いキャリアの中で唯一主演した連続TVドラマ。脚本を倉本聰が手がけている。1977年放送。東京・人形町で何代も続く鳶職の組頭、栄次(高倉健)は、男性恐怖症の妹、かい(大原麗子)と暮らしていた。路地の立ち退き問題やかいの縁談、そして恩人の娘・恵子(秋吉久美子)に栄次が抱いた恋心など、様々な事件が、変わりゆく町並み、そして人間関係を背景に描かれる。」
おほー、かしら(建さん)に恋の兆し!やっぱりギャっと怒ったとき非常にかっこいいのですが今回はそれほど爆発いたしませんでした。ひそかに世話をする娘(秋吉久美子)の入院グッズを子分に買ってくるよう指示、すねを蹴飛ばしながら低い声、「このこと人にしゃべったらエグるぞこのやろう」。いかす~!
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-24 22:07 | Comments(0)
あの
f0035084_21375020.jpg『バンザイなこっちゃ!』岡林信康著 ゴマブックス (当たり前や)(ふざけてる場合か)(このバチあたりめ)(なにをひとりで陶酔しとるんじゃ)(えらいすんまへん)(ホンマかいな)というのはこの本の随所で見せる著者の著者自身に対する突込みのごく一部。岡林さんの歴史のうらには、文体、文脈に如実にあらわれている「自分への突っ込み」の激しさがトウトウと流れていたんだなあと思います。テンポ良く挟まれる自分への突っ込みに思わずププッと笑うのですが、ああ、これが岡林さんなんだな、と思わせる迫力があります。ライブでのカラッとした可笑しい喋りは、やはり深い内省による渇きによってユーモアにまで昇華されたものなのです。そのお喋りをずっと聞いていられるようなこの本、すごく愉しいです!ライブCD『狂い咲き』で喋りの途中歌われた、曲名の無いとても短い曲が大好きでぼくは時々ふと口ずさみます。これも自身への自虐的突込みでした。「♪飛べもしないのにニワトリが トサカの先まで赤くして 飛ぼう飛ぼうと悪あがき かわいらしいじゃありませんか♪」
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-23 21:39 | Comments(0)
昨日
f0035084_2120271.jpg夕、西口公園ふくろう大書林にて久しぶりに古本大學社長と立ち話。社長の口調、身振りに触れ、あらためてぼくはほんと数え切れぬことを社長に教わったなあと感慨。まだこれからも、これが社長の言っていたことだったのか…と気付くことがたくさんあるのでしょう。古本大學社長は奇跡の人。底抜けに寛大で底抜けに強い。アド街っく天国に出演、3万円と宣言したコピー機もバッチリ売れたそうです!写真は社長のあらゆる山を登り続ける右手。
f0035084_21183681.jpg夜、マルチンと小峯君と子供の飛ばす紙飛行機が乱舞(マルチンが拾ってあげるのに何も言わない子供が怖い)するラーメン屋さんにて会議。句会のための俳号をひねり、マルチンは円鎮、本棚埋めノイローゼのぼくは梅郎、「船」という漢字を使いたいという小峯君は船頭沈(せんどうしずむ)にいったん決まる。結局、たけし軍団みたいだね、ということで白紙に。写真は帰り道早稲田まで歩く途中寄った大学にて大隈重信候にご挨拶する日芸古本屋研究会小峯君。ぼくはあの学生会館の変貌ぶりにア然。ぎゃギャギャ、ギャラリー!?
せと
[PR]
by ouraiza | 2006-04-22 21:18 | Comments(0)