カテゴリ:工作( 90 )
2010/10/1      せと
f0035084_0272322.jpg 410円のマイルドセブンを買った。買いだめしてもそれを携帯してなきゃ出先では意味が無い。この値上げをどうとらえようか。煙草は嗜好品である。煙草を喫する。吸い味わうことに愉しみがある。しかし、やっつけで、口寂しいから、だって手がそう動くから、なんとなく吸っていることが多い。それは愉しいこと、というよりも、勘違いした楽、であろう。それを減らす。すると、1日1箱300円だったから、2日で600円だった。半分ぐらい減るだろうから、2日で410円になる。うれしい。そうなる。


 こんな簡単な工作でも、切ったり打ったりはめたりすることには、胸の濁りをマドラーでかき混ぜて溶かすような爽快感がある。定期的に必要なことだ。


 店番中の一瞬のすきに、夏葉社さんから復刊された関口良雄著『昔日の客』の見本として置いた一冊を少しずつ立ち読みしている。店番中に本を読むことは普段まったくないのだが、昔一冊だけ、高見順の詩集を読んだ、その興奮を覚えている。その興奮と似たものを、ここ数日の『昔日の客』の立ち読みに感じている。
 入手しづらかったから、古書価が高かったから、珍しいから、復刊されてよかった、というよりも、やはりこれは、美しくて、面白い。
 文章を追う目と意味を解する脳のシーソーが傾かない、優しい、易しい言葉。静かな、小声の抒情。
 易しさはどこから来るのか。難しい漢字や用語を使わないというだけのことではないやさしさ。誰にでも染み込みやすい水分のような。古書現世向井さんの『早稲田古本屋日録』(右文書院)にも確固たる易しさがあった。


全日空機内誌『翼の王国』 35冊1括
No.78(昭和50年12月)~No.102まで通し
No.178~No.229(昭和63年7月)までとびとび
No.100・101・102 に100号記念付録「空からのエアポート」(封筒に入った各地空港の航空写真集)付き
3500円  販売中!!!!!

 この1括の前半部にはおおば比呂志の連載がありました。
f0035084_027352.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-10-02 00:39 | 工作 | Comments(0)
木村衣有子写真展    せと
f0035084_21405977.jpg食べものエッセイ集
『味見はるあき』刊行記念

き   む   ら   ゆ   う   こ
木 村 衣 有 子 写 真 展

9/1(水)—9/20(月)
於/古書往来座小景
(古書往来座小景は古書往来座店内2.5メートルの板の上の小さな展示場です。)


「木村衣有子の野営 ~観音うらメモ」

f0035084_21434576.jpg 木村さんが往来座を雑誌に紹介してくださったり、木村さんと仙台で飲んだり、目白で飲んだりしていたら、ポポタムさんでの飲み会中に、木村さんと立ち話をしていたうちでアルバイトをしてくれている古書文箱うすだ王子がすっとぼくの横に来て、「あの、木村さんの写真展、やりませんかやりましょうよ」と言った。んえ!と驚き、意表をつかれた。そういう大胆なことを思いつけなくなって数年経つ、という自覚がある。そういう、店内における今までにやってないことでやってみればできるんじゃないか、ということを唇を開いて口に出すまでに、のどの奥のマンホールのフタが重くて持ち上がらない自覚がある。どうしてこう固くなっていくんだろうか、それはとてもいけないことかもしれない、と内心思っているので、木村さんの写真展の話が、とてもありがたく思えた。
 以前、なんの流れだったか、木村さんが持参なさっていたスナップ集をみせていただいたことがある。とても驚いた。ぼくたちが何気なく写真だ記念だ景色だきれいだ、と言っているものとぜんぜん違った。何気なくない木村さんをなかなか想像できないので、木村さんも何気なく撮っているのかもしれない。しかしなんというか、意味がある、というか物語がある、というか、狙いがあった。考える意味でなく、冗長な物語でなく、あけすけな狙いではなかった。ぼくは今までが恥ずかしくなった。少し前に刊行された『大阪のぞき』(京阪神エルマガジン社)の写真、知らずにうわいいな、と思ったのだが、それらも木村さん御自身による写真だった。
 王子ががんばって、武藤良子さん文字書、星燈社山本さんデザイン協力、のちらし(右画像)が近日中にできる。

 雑司が谷アミで飲みながら、狭くて小さくて少ないけど一応展示する場所・・・どう名付けようか数名で会議した結果、ヨコチンとかコチンとかチクビとか(他忘却)の候補のなかから、「小景」ということになった。古書往来座小景。横幅2メートル50センチ、奥行き26センチの板の上。本棚を1段はずし、スチール棚の横板に合わせて溝が掘られた天板を乗せた。そして、7回裏の右中間を破るスリーベースヒットぐらい上出来な仕掛けなのだが、防犯用のワイヤーが仕込んであるのです。
f0035084_2141373.jpg
f0035084_316243.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-08-24 21:41 | 工作 | Comments(2)
2010/07/16    せと
 「電源を切ってよろしいですか」「急行は停まりません」「有効にするには再起動してください」「ファイルをダウンロードしますか」「他社機種には適応しません」。ああ、立ち食いそばはなんてすばらしいのだろう。だ!!(月見そば大盛り)が!!(はいどうぞ)ず!!(ずるずるぶは~)ご!!(ごちそうさまでした)ば!!(ありがとやした)。東通り沿い「六花そば」たいてい310円ちょっとめでたくて豚天丼セット500円。午後にはあなご関連が必ず売り切れていてまだみたことが無い。
 看板のキャスター部分一時往生。逆さまにして念入りに直したら今度は蛍光灯が全然つかなくなった。
f0035084_23291141.jpg

 「李朝乳白磁四号徳利」 先端欠け補修あり
5000円 売切 

f0035084_23292323.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-07-16 23:33 | 工作 | Comments(0)
2010/07/07     せと
 棚の整理にともない、踏み台を作った。作り始める前に抱く、完成後の想像内使用感と、実際に完成後に使用した体感が、こんなに違うのはあまり無い。踏み台に昇ったのに、手の届く範囲がほとんど変わらない。という小ささ。29センチ(それはそれででかい)の薄田ミミズ王子の足と。
 日曜日に、藤井書店リボーさんから電話があった。「間違えたっす!!今から撤収行こうとしてましたYO!!」とおっしゃる。リボーさんは先週の月曜日、ぼくが非番の時に、ほんとは今週末にある第21回外市の出品商品を持ってきてくださっていた。おお、早めっすNE、とは思っていた。
f0035084_22262619.jpg

『PERSONA』鬼海弘雄 平成15年初版 草思社 カバー、帯、輸送箱
12600円
売切
『や・ちまた 王たちの回廊』鬼海弘雄 平成8年初版 みすず書房 カバー、帯
マジック献本署名入り 10500円
販売中!!!!

 この魅力を何と言えばいいだろう、引き込まれてどこかへ行ってしまいそうな写真集。
f0035084_22263562.jpg
f0035084_22264317.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-07-07 22:26 | 工作 | Comments(0)
いざ仙台    せと
 さて今週の土曜にはもう仙台での古本まつりで、金曜早朝に仙台へ向けて新幹線に乗る。途中松島を観光する。しかしその前に、どうしても解決しておかなければならない問題があった。かもめとうみねことあほうどりの違いは何か、という問題だ。かもめはかもめ科の鳥たちの総称で、うみねこはかもめの一種なのであった。そしてあほうどりはあほうどり科で、かもめではない。かもめとなにが違うかというと、あほうどりはとても大きい。
f0035084_0553811.jpg

 仙台ブックマーケット出品商品のほとんど全部。もっと増やすもくろみだったが仕入れられなかった。
 店で使わなくなった本箱を、仙台での什器にしようと改造。できあがってみると明らかに大きすぎて本が足りない。重くて運搬してくださる岡島さんに申し訳ない。横幅約90センチ。
 (以下商品の通信販売は受け付けておりません。19日仙台ブックマーケットにて初売り予定です。)
f0035084_19404918.jpg
f0035084_1657308.jpg
f0035084_16574032.jpg
f0035084_16575026.jpg
f0035084_16575834.jpg
f0035084_16586100.jpg
f0035084_16581662.jpg
f0035084_16582522.jpg
f0035084_16583336.jpg
f0035084_16584392.jpg
f0035084_1658517.jpg
f0035084_16585948.jpg
f0035084_1659650.jpg
f0035084_16591466.jpg
f0035084_16592345.jpg
f0035084_21553064.jpg
f0035084_21554718.jpg

[PR]
by ouraiza | 2010-06-16 16:59 | 工作 | Comments(0)
09/12/27   せと
 本棚できた。今までで最大。
f0035084_17255298.jpg

 ダボ穴に挑戦。
f0035084_17255696.jpg

 ちらしのラック「ちらっく」と合体。
f0035084_1726291.jpg

 ホンドラⅠ(ホンドラとは)と合体。
f0035084_1726817.jpg

 改装前。
f0035084_17261385.jpg

 改装後。
f0035084_17261986.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-12-27 17:26 | 工作 | Comments(1)
09/11/11   せと
 ホンドラⅠをひとつ増設。ちなみにホンドラにはⅠ(完全固定式)、Ⅱ(180度回転式)、Ⅲ(全体移動可能180度回転式)他がある。今回は棚と壁の隙間にあった死空間をホンドラⅠでふさいだ。
f0035084_2344445.jpg
f0035084_2345438.jpg 棚に対して水平でなく斜めに置くので突き出す部分が本を抜くのに邪魔になる。今までに無い特定箇所用のホンドラとなった。
小さな棚(文庫新書などいけます)
980円  販売中!!!売切

 譲ってくださったお客様が「どこどこのなになにで買ってきたんですよ!」と仰っていましたが残念ながら忘却。名産的。
f0035084_23451362.jpg
『戸隠の絵本』津村信夫 奥付欠(S22?・最初版はS15ぐろりあ・そさえて)
信濃郷土誌出版社 装幀/木村直俊 最終6ページ欠落(津村秀夫「再版に寄せて」途中)
300円 販売中!!!!売切

くっきりしてきれいで雄渾な表紙だなあー。著者唯一の散文集とのこと。最後欠落残念。
f0035084_2345246.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-11-12 02:12 | 工作 | Comments(0)
09/11/01
 くほーさんできたよ!!九蓬書店さんに期限無しで依頼されていた値札入れ。あらかじめ決まった価格が印字された値札を、その価格ごとに分けて整理できる。あるところからたくさんもらった和本保存用の木箱を再利用。年月を経て乾いた木が加工しやすくずいぶんいろいろに使えた(だーめんわめぞ催し値札入れ)。「第五三号」とあるフタのようなものには今のところ想定する用途が無い。

せと
f0035084_1850100.jpg
f0035084_18588.jpg
f0035084_185171.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-11-02 00:18 | 工作 | Comments(2)
す だ ち
 小峯君、徳島みやげ箱ぎゅうのすだちありがとう!!!まるかじりいけます。柑橘類。ビタミンC、というのは独特な、透明な存在感、がありますね。ビタミンCい、という形容詞。
f0035084_22375985.jpg

f0035084_22381393.jpg 外のクリップライトを電灯に変える。このかたちの傘がなかなか無かった。なかなかなかなかった。
 ううNHKの井上陽水全回観逃した・・・・。
 永田耕衣(ウィキペディア・おお西東三鬼と同年生なのか)が少し集った。以前、西東三鬼をきっかけに、ごくほんのわずか少々俳句の本を読んだ。永田耕衣にもなぜだかしびれた。ウィキペディアの年譜によると「1947年 - 5月13日、西東三鬼を神戸山手の三鬼館に訪問」とある。
せと
『句集 闌位』永田耕衣 昭和45年 限定310部 函
俳句評論社(高柳重信) 墨書署名入り 売切
『永田耕衣全句集 非佛』 昭和48年 初版 函 帯 冥草舎
附録小冊子「田荷軒周囲」付き 小口僅か汚れ 本体背の革イタミ大 売切
『山林的人間』永田耕衣 昭和49年 初版 函 人文書院
函の背、別紙にて激しい虫跡を隠しています。 売切

『耕衣百句』吉岡実編 昭和51年 限定700部 函 帯
コーべブックス 5250円
 売切

『しゃがむとまがり (西脇順三郎小感・近代文学逍遥巻四)』永田耕衣
昭和51年 限定500部 函 帯 墨書署名入り 売切
『錯 永田耕衣書画集』 昭和61年 限定500部 刊行会
函汚れ 売切
『句集 葱室』永田耕衣 昭和62年 初版 函 沖積舎
墨書署名入り 5250円

『洗濯船・別冊 永田耕衣』(通巻第九号)
昭和62年 洗濯船石鹸詩社 売切(執筆 夏石番矢 小林恭二 城戸朱理 高貝弘也 北條一浩 他)
販売中!!!

f0035084_22383123.jpg
f0035084_22384110.jpg
f0035084_22384967.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-08-28 03:30 | 工作 | Comments(0)
09/08/05
 スツールを作った。脚立のように見えるが、ちょっと腰かける椅子なのだ。2RL(2レジライン)にしてから中央のレジスターを挟み左右で分業体制がとれるようになってきた。番台に二人いて、二つ手許の作業を要するときのために。狭い立地に応じた奥行き13.5という薄さ。まず尻が激痛。全体が激震。
 月末の支払いに足らずたくさん市場に本を出さねばならず、仕方なく一新の気も込めて店の棚から抜いた。すっぽり空いた棚をながめたu-senさんに、「せとさんてこういうのが嫌で催事に出ないんじゃなかったんですかぁ?」とからまれた。
f0035084_20161215.jpg


『御宿かわせみ』平岩弓枝(文藝春秋)1~31巻 32冊1括 4000円
田辺聖子の文庫バラエティセット 125冊1括 3000円
ハンバイング(販売中)!!

せと
f0035084_20261027.jpg

f0035084_20262158.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-08-05 23:24 | 工作 | Comments(0)