わめぞマッチ・・・目白編(中)
仕事中、かけている曲を変えようとパソコンをふと触ったら、画面上に大混乱がおき、一度与えた指示が止まらない事態に。ウィンドウは無限増殖、iTunesは同じ曲の最初の部分を繰り返し演奏、IEの「お気に入り」リストに沢山空のフォルダが出来たためそれを消そうとしたらそのまま他のブックマークまで消そうと画面がゆれる。本気で青ざめました。今もなだめすかしながらこの記事を書いています。あああカーソルが後方へ逃げていくよ。
・・・どうやらキーボードの不調だったらしいです。店長が振って治してました。なんて力技な治し方・・・。

f0035084_034929.jpg

気を取り直して、昨日のこと。母の日なので母と外で夕食を、ということになり、待ち合わせの高円寺へ向かう車中、ハッと先日荻原魚雷さんのブログでオススメされていた西部古書会館での古本市「ちいさな古本博覧会」のことを思い出しました。時計を見ると5時前、まだ間に合う!急遽母を引っ張って、携帯で位置を調べた古書会館に向かいました。到着すると、想定してなかった建物のたたずまいに圧倒され、おそるおそる入ります。そういえば私催事じたいまず滅多に行かないし(高校の時くすのきホールにちょっと通ったぐらい)、古書会館にいたっては多分初めて。まだまだ知らない世界があることを実感しました。みなさん真剣な方が多かったように思います。私はおとなしく学術書を1冊買っただけでしたが、意外にも母がバンバン購入していたのが連れてった者としては嬉しゅうございました。


さて、目白マッチご紹介のつづきです。(前編はこちら
<<クリックすると拡大します。>>

f0035084_0495326.jpgf0035084_050093.jpg

14・・・ハミングバード(国電目白駅 協和銀行裏)
15・・・M'ZAP
16・・・CoPain
17・・・LEFTY(目白通り)
18・・・カフェ・ド・ボルドー
19・・・かぱ~ら
20・・・雅(目白3-13-3)
21・・・ルポン(千歳橋際)
22・・・西譜音(サイフォン)(寿楽2F)

14のハミングバードは徳川黎明会の手前あたりにあったらしいです。紙の赤がいまだに鮮やかで素敵です。21のルポンは今は「熱烈上海食堂」になってますね。建物が橋のふもとギリギリまで建っていて、窓から都電が見えます。

それではここから、現在もあるお店のマッチを見てきたいと思います。・・・が!なんだか画像処理ソフトの調子が悪い、さらにはもう時間が遅いです・・・。すみません!続きはまたもや来週に。

なつき
[PR]
by ouraiza | 2008-05-12 22:11 | ふらふら散歩(終了) | Comments(14)
Commented by 端午 at 2008-05-13 09:39 x
はみんぐばーどには何回か行ったことがあったと思います。ここは女性が多いサークルやゼミの方々が使うことが多かったんじゃないかな。むさい男子学生は行きづらかったような気がします。記憶違いかも知れませんが。
Commented by ヴェガ at 2008-05-14 11:37 x
「キーボードを振って直す」・・・。
ああ、あれと同じですね、テレビをたたいて直すのと。
昔よくたたいてました、うちの「白黒テレビ」を。
Commented by ouraiza at 2008-05-15 22:30
どうもキーボード内部が煎餅のかすやこぼしたコーヒー、たばこの灰、消しゴムかす、などで酒池肉林状態のようで・・・ せと
Commented by 多郎左衛門 at 2008-05-16 12:40 x
はみんぐばーどは男だけのときは行きませんでした。
必ず女の子と一緒、というより、
サークルの女の子とどっかでランチ(ぼくはただの昼飯のつもりなのですが)をというときや、午後のお茶をというときに、連れて行かれるというケースが多かったと記憶しています。他の店よりもちょっと高目という印象。
ここのピザはおいしかったという記憶もあるのですが、定かではありません。
Commented by ouraiza at 2008-05-19 23:23
>端午さま、 多郎左衛門さま 
はみんぐばーどの詳細ありがとうございます。マッチに「PIZZA HOUSE」とあったので、ピザ出していたのは間違いないと思います。
異性ばっかのお店って入りづらいですよね。喫茶店ではないですが私は吉野家とかなかなか行けません。
Commented by ひろくに at 2009-01-31 22:22 x
 すみません、オソレスですが、懐かしくなって・・・。ハミングバードは当時(80年代前半)の雑誌で紹介されるお店でした。「エルバーグラタン」というメニューが必ずと言っていいほど紹介されていました。この頃のイタリアンってこんな感じ、という店でした。
Commented by なつき at 2009-02-03 23:02 x
>ひろくにさま 
いえいえ、古い記事なのに見て頂けて嬉しいです。コメントありがとうございます。はみんぐばーど、大人気ですね!お洒落だったのでしょうか。なんだか当時の雑誌を探したくなりました。「エルバーグラタン」・・・むむむ、エルバーってなんでしょうか。気になります。
この投稿を含めて目白のマッチについては3回、あと池袋と早稲田・高田馬場の喫茶店マッチも特集した記事を書いています。そちらもご興味あればご覧下さい。(2008年 05月の過去ログです。)
それにしても、この一連のマッチ記事に対しては他に比べてコメント頂ける回数がとても多いです。それほど、喫茶店やレストランというのが人の記憶に残って郷愁を感じさせやすいのでしょうか。しみじみ。あと学生街というのもポイントかもしれません。
Commented by しだまさゆき at 2010-02-06 01:41 x
M'ZAPを何気なしに検索するとワぉ!26年前にバイトしていた店のマッチが・・・!ぜひとも譲っていただきたい・・・と勝手に思ったのでありました。いい店だったんですよー。場所が悪くて採算取れませんでしたが・・・。いやー、懐かしすぎる・・・。
Commented by なつき at 2010-02-07 01:55 x
>しだまさゆきさま 
わー、こんな昔のマニアックな記事にご来訪ありがとうございます。M'ZAPで働かれていたのですか、それは是非、当時のお店の様子とか、あと住所がどの辺にあったのかなど教えていただけたらとても嬉しいです。マッチには詳しい情報がなかったので・・・。
これらは、知人の大切なコレクションを譲り受けたものでして、残念ながら差し上げることは出来かねるのですが、もし当店にご来店いただける機会などありましたら、実物をお見せできるとは思います。
Commented by Ethie at 2010-09-14 00:35 x
>しだまさゆきさま
うっそぉー、わたしもM'Zapでバイトしてましたぁ~。店のマッチ、今も持ってます!同じく何気に検索したところ、こちらを見つけたんですよ!懐かしすぎて・・・どうしたらいいのか(興奮)・・・とにかくお元気そうでなによりです!
>なつきさま、こんな勝手な書き込みで失礼しました。Copainも懐かしいです。素敵なテーマですネ
Commented by しだまさゆき at 2011-12-06 23:43 x
>Ethieさま
本当ですか!?でもあの頃の女子は入れ替わりがよくあったから・・・。私と時期は被ってますか?私は記憶に間違いがなければ84年4月~85年7月の雇用なんですよ。一体どなたなのだ・・・。
>なつきさま、間借りコメント失礼しました。
Commented by Ethie at 2011-12-10 15:30 x
>なつきさま:
当時の記憶では、M'Zapの場所は目白通り沿いの「田中屋」さんの裏手にあたります。JR目白駅を椿山荘方向へ出て、すぐに左手に折れる小さな階段を降りて右手です。当時は3-4軒のお店の入った2階建てか1階建ての背の低い集合物件でしたが、今地図をググってみると該当する建物がありません。私は今東京在住ではないので、あまりよく分かりませんが、数年前は介護サービスのオフィスらしきものがありました。その建物の右から二件目だったと思います。
当時はカフェバー全盛期で近所には、同業者に「ザナドゥ:X'nado」などもありましたよ。M'zapはマッチのデザインでわかるように、白・グレー・黒のモノトーンで統一したインテリアが当時としては冴えた印象でした。オーナーが音楽業界関係だったらしく、ツウなJAZZを聞かせるアンニュイな空気のお店、というところでしょうか。。(お客は少ない)
>しだまさゆき様:こんな感じのお店でしたよね?また追記してください。
Commented by しだまさゆき at 2012-04-23 02:41 x
>Ethieさま
本当に良い店でした。あのころにスリップしてみたい・・・。立地条件が悪いのが最後まで響き、集客できずに閉めることになってしまいました。
オーナーのK氏は良い人でした。共同経営者に乗っ取られそうになり、手を切って単独で営業したころから客数が激減していきました。
私はレジ、厨房、カウンターを一人でこなす日もありました。
でも・・・良い店でした。
建物はありますよ、まだ。周りが変わりすぎたので面影が確認できないだけです・・・。
Commented by 左大将 at 2017-09-23 19:42 x
『ハミングバード』懐かしいですね。
白と赤の市松模様のテーブルクロスだったような記憶があります。実家にお店で撮った写真があると思います。
ピザが美味しかった。
<< 「花ぐもり」はもう過ぎた プリップリの・・・。 >>