進展
f0035084_22532920.jpg わめぞのシリコンヴァレー(システム開発長)立石書店岡島さんがユラリと現われる。どきっ計算できなくてごめんなさい!ではない。以前触れた「本を寝かすとき頭は左右どっちだ問題」について、すごいお話を。岡島さんも経営員として永く勤めている古書市場で、やはり細かい作法を教わり、何故左アタマなのか、疑問を先輩にぶつけたことがあるのだそう。答えは、左から右に揃った揃い物を「(最初の巻を下にして)こうやって立てるからだ!」ということ(図・説1)だったとのこと。このとき、何故右に立てないか、という点は、岡島さんも不明であるとのこと。そしてもう一つ、なんだかすごく説得力のある岡島さん説をお聞きする。要約すると「日本で最初の背のある本て洋書じゃん。で洋書は左から右にタイトルがある。てことは左アタマじゃないと文字が逆さになる!んで左アタマ」(図・説2)。なななんとヒストリーカル!確かに洋書だったら左アタマですねぇ。ただ岡島さんもおっしゃっていましたが、背の厚い洋書だと、横向きに題が書いてある場合もあります(図・?)
 それにしても、「だってほら、洋書、だから・・・」という一言はヘビー級スマッシュです。解決しました。誠にありがとうございました!!あっTシャツの文字は「磨」でなく「麿」だった・・・。f0035084_23271183.jpg
 新しい看板を作りました。文字を切り抜きスプレーしたのですが難しいですねー。いつも重大事前に激しく現実逃避をし、関係ないことに無闇なエネルギーをそそぐのですが、今回は電動ドリルをウィンウィンばかりしてます。来週の賃貸契約更新・・・ううう・・ドリルを・・・。f0035084_23361217.jpgせとf0035084_23381357.jpg
[PR]
by ouraiza | 2007-06-07 23:09 | 工作 | Comments(0)
<< バス停は生きて 永田町ふらふら >>