開かない
f0035084_114476.jpg 外市の二日目、5月6日日曜日に上り屋敷(あがりやしき)会館にて作品上映とお話(ご予約受付中です!)をして下さる河内紀(かわちかなめ)さんから届いた、外市の一箱部用の本。太平洋戦争開戦直後の新聞や、資料性に娯楽性が交わった戦前の本もろもろなど、紙力が強い、と申しましょうか、眺めていると自然にこころがうずいてくるような、とても魅力的なラインナップです。本日は古書現世向井さんがそれらに値段付け。うわうわ『ドレッス・メーキング』は上下揃いで1500円!当日が楽しみです。
f0035084_1232449.jpgf0035084_1241123.jpg たいていの陶芸教室には体験レッスン、数時間だけやってみない?のようなものがありまして、のっぴきならぬ付き合いで2度ほどやりました。一昨年夏に作ってみた本の置き物が左。とてもよくできて気に入り、さて今回もと挑戦し、サイズも大きく厚く、と欲張ったのが右、焼成時、人知及ばぬ火の働きによって開いていた本が閉じられてしまったようです。開かない啓示を負ったこの置き物、なんともあいまいな存在感です。
せと
[PR]
by ouraiza | 2007-04-24 01:24 | 工作 | Comments(0)
<< ねば 健康診断 >>