どんどん    せと
 昨日。二日酔いより少し軽い一日半酔いくらいの感じで開店して諸事。VHSの小山を配架。ダイナマイトどんどんて野球モノなのですね。ジャケットの菅原文太がステキ。
 意識的には猛然と、実際は細かくサボりながら中山に値段付け。配架。コンクリートになりかけていた番台前の外用中山を値段付け。ふと思い立って売れない全集を棚から少し降ろして値段を下げて外へ出す。次回もっと大規模に削るための助走。
 この店はなんでこんなにディープなんですか?というお客様がいて驚いたのだが、ほんとにディープな古本屋のディープ度を10だとしたらうちは2くらいですよ、と説明する。
 中国、台湾、韓国からの旅行中と思われる若いお客様が最近急増している。きっかけは何だろうか。
 『団地ともお』読む。
 今日。強風シフトで外のスタンドを縛りながら開店して諸事。中山を値段付け。
 縛り忘れた小スタンドが風で動いて路肩に落ちた。
 市場に出品してからビバホームへ。念願だった電気丸ノコを買う。リョービの”エントリーツール”と銘打たれた初歩入門的なグレードなのだが、どうなのだろう、楽しみ。番台でノムに見せびらかすために角棒を斬ったら周辺に木の粉が乱舞して掃除。
f0035084_13551729.jpg

[PR]
by ouraiza | 2017-04-06 13:55 | Comments(0)
<< チュイン    せと 『なnD 5』    せと >>