たいくつ   2015/12/16
1年くらい前に見つけた、古本に挟まっていた紙。とてもかわいい。Twitterにあげたら好評で、数日たっても反響がつづいている。「日曜日は自由」、がいいよね。
f0035084_15192443.jpg


反響、といえば、古書五っ葉文庫・古沢和宏さん。以前の持ち主の痕跡が残されている古本を「痕跡本」と名付け、その「痕跡」から何事かを読み取り(=妄想)、語りあげる芸風ですでに2冊の著書を出し、メディアにもたびたび登場している古沢さん。
テレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」の名物コーナー「3大○○調査会」に出演し紹介したときの「痕跡本」について、
放送後にその持ち主が判明したとのこと。すごい。

そんな話を知り、いま私が気にしていることは、「日曜日は自由」を書いたひとが「日曜日が自由」な生活をいま送っているんだろうか、だなぁ。



群馬の塩山芳明さんから往来座に下仁田ねぎが届いた。ひとりサイズの小鍋があるので、スーパーでまぐろ赤身を買って、夜はねぎま鍋だなと楽しみにしながら仕事に出る。帰りはうきうき、少し高い缶ビールを買って帰宅。葱のことを忘れてまぐろの赤身でビールを飲んでしまい、けっきょく冷蔵庫にあったセブンイレブンの75円のベーコンで葱ベーコン鍋。いやぁ、おいしかったです。
f0035084_1514860.jpg




たいくつ
(今週読んだ本:小林まこと『ホワッツ マイケル』1〜4)
[PR]
by ouraiza | 2015-12-16 15:39 | たいくつ | Comments(0)
<< サトウ製薬リングルアイビー  ... 2015/12/12 ... >>