2011/3/27 みみふん うすだ
f0035084_2343737.jpg

(左→右)
「大正の音色 大正の灯 かぎりなく夢二の世界 開館十周年記念」 
竹久夢二伊香保記念館 800円売切 

「別冊太陽 竹久夢二 子供の四季」
平凡社 S.60 初版 カバー背痛み有り1050円売切


夢二は、雑司が谷霊園に墓地があるので、当店では、入口正面、小特集コーナー「雑司が谷霊園」にて、夢二の本がまとまっています。見てみてくださいね。東郷青児、も、雑司が谷霊園にお墓があります。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どうもどうもいやどうも、毎度の通信翌日更新。困ります困ります、言葉がすっかり詰まります。出てこないですね。そもそも、そのその、小学生時分から読書および感想文なんてえものは、大の嫌手でして、思い出すのはお決まりの夏休み明け始業式の前日の蒸し暑さに、暑苦しい、てえした厚さもないのにあつかましい、あの、本、と、あのフォントでございます。ああ、ホント嫌。でーございまして、毎度の通信でございますが、脳みその中のひだりっかわの、はじっこのほうの、三回転半ひねりしたあたりが、ピコンピコンピコン、と脈打ってるような、それこそ見えるような、ビシーとね、そんな屁にもならない嘘でしかないものしか出てこず、おずおずと退散つかまつり候、so long,so long、困った困った。試験当日、筆箱忘れた!、というのが万年の状況なので、そういう感じでお送りします。最近、休日、昼寝をするようになりました。畳に、敷き布団はしかず、毛布と布団を、太陽に向かってまっすぐ。畳でよかった、と思うひととき。ここまで一息。とりあえずなにかは書けた..

今年の一月、南池袋にライブハウスが出来た。南池袋ミュージック・オルグ。そこで、先日、mmm(ミーマイモー)、見汐麻衣、のライブを見た。mmmはライブで聴いて!とてもいいですよ。こじんまりしたハコで、割と近くでもあるので、これから行く機会が増えるといいな、と思っております。お久しぶりです..、とお声をかけた見汐さんが、ああ!、と、すうと手を差し出してくれたのが嬉しかったです。握手ていいな。聴いてますよ!
来月は、さりとて(佳村萠、杉本拓)、Ett (西本さゆり vo. 渓 gt.) / 佳村萠/秋山徹次/宇波拓 トリオ、見汐麻衣、outside yoshino(from eastern youth) 、などがライブをするようです。
mmm、見汐麻衣、ご両人のデュオ、「アニス&ラカンカ」、はやく音源を欲しいですが、ライブに行けない。4/2の野毛ボーダーライン、行きたかったな..

南池袋ミュージック・オルグ

mmm「あまのじゃく」 (2010.10.9 @横浜・ボーダーライン)
見汐麻衣(埋火)「と、おもった」



アニス&ラカンカ(mmm + 見汐麻衣) 【Rainbow】 at千駄ヶ谷LOOPLINE 2011.2.3


oono yuuki 「サハラ」LIVE@kyoto UrBANGUILD
マリア・ハト - troubled mind
<

The Velvet Underground「Ride Into The Sun」が、わたしは大好きだ!

埋火@苗場食堂 FUJI ROCK FESIVAL 09/07/26
THE VELVET UNDERGROUND Ride Into The Sun



それと、聖蹟桜ヶ丘の古書玉椿さんへお邪魔しました。昨年の8月にOPENして以来、店主の石井さんは、お年が近いこともあり、どんなお店なのか気になっておりましたのが、ようやく叶いました。北欧関連書、洋手芸書をはじめ、絵本がたくさんあります。内装や、ディスプレイなど、大きくはないお店ながら工夫と、本とお店の表情がマッチしていて、あたたかい表情の、素敵なお店ですよ。わたしもまた、お邪魔したく思っております。聖蹟桜ヶ丘の古本屋 古書玉椿
CDもすこしレジ前に並んでいるのですが、そのラインナップの中で、確実に異彩を放っていたChaos A.D.を。いくつかの曲は聴けていたけれど、音源を持っていなかったので嬉しい!
Chaos A.D.は、トーマス・ ジェンキンソンが、Squarepusherと名乗る以前の、初期の名義。
荒々しいドラムンベースと、ブレイクビーツ。

Chaos A.D. (Squarepusher) - Theme From Cumberland Wrestling
Squarepusher - Lambic 5 Poetry



個人店主の小から中規模のお店が、もっと街に増えたらいいのにな。
やはり、応援したいな、と思う店、人のところに、お金を落としたい。書店、アパレル、音楽、もろもろ。お金も、たくさんある訳でもないので。今、あらためて思います。



仙台・火星の庭にて録音されている、yumboの映像が、youtubeにUPされました。今もつづく日々のはじまりの、その日も、とおくとおく忘れていってしまうかもしれません。でも、こうして曲を記録し、聴くことによって、記憶し、思い出すかもしれません。今、この曲を、映像を見て、力強さ、たくましさを、感じ、あの日の先の今にいると思うと、雲が晴れて行くような、明るい気持ちになります。音楽とともに、日々出来るちいさなことと、お祈りを。
yumbo

yumbo「人々の傘」/ 2011.3.27 火星の庭にて


ライド イントゥスダ サン
[PR]
by ouraiza | 2011-03-28 19:12 | みみずのふん(終了) | Comments(0)
<< 2011/03/29     ... 2011/3/26     のむ >>