2011/01/31       せと
 友川カズキドキュメンタリー映画『花々の過失』(ヴィンセント・ムーン監督)を新宿で観た。少し早くついてロビーにいると、前の映画「ヘブンズストーリー」の上映後のトークショーが開かれているようだ。なにか耳に親しみのあるお声の節々が・・・内澤旬子さんがお話しなさっている!びっくりした。新年のご挨拶を。花々の過失。友川カズキさんはまったくとてもかっこいい。でも、「引き、寄り」というところの「寄り」な映像が流れ続け、疑問に思った。「寄り」でこちらに見えるのは、用意された細部だ。寄りばかりだと、細部を発見する愉しみが無く、目が窒息していく。寄ると迫るとは違うことのような気がする。友川カズキさんが立った姿で頭からつま先まで映ったのが3回(座った全身はもっとある)。すべて後ろ姿で一度は真っ暗。シルエットではない明瞭な形で、例えば靴、は一度も表れなかったと思う。好き嫌いの問題なのだろうが、肉薄を絵に描いたかっこいい映像には、無意味で自由な細部が無かった。

 目玉クリップを赤く。手近な日用品的事務用品にもっとカラーバリエーションて無いものか。探していないだけでどこかに売っているのかもしれない。アスクルのカラー目玉クリップは9色のセット販売だった。ビニールシートも青や灰色だけじゃなくてもいいのにと思う。
f0035084_2255413.jpg

『オブジェマガジン 遊』工作舎 1971~1982
創刊~終刊までのうち5冊欠 45冊1括
全体に経年シミあり、小口によごれある数号含む
販売中!!!!!! 売切

 ああ画像ボケご容赦ください。
・9号「存在と精神系譜 上」1976・10号「存在と精神の系譜 下」1977・1001号「相似律」1978・組本3「へ組 糞!あるいはユートピア」1980・臨時増刊「稲垣足穂 野尻抱影追悼」1977
が欠号。
f0035084_226613.jpg

[PR]
by ouraiza | 2011-01-31 16:09 | 工作 | Comments(0)
<< 2011/02/01     せと 2010/1/30 みみふん うすだ >>