す だ ち
 小峯君、徳島みやげ箱ぎゅうのすだちありがとう!!!まるかじりいけます。柑橘類。ビタミンC、というのは独特な、透明な存在感、がありますね。ビタミンCい、という形容詞。
f0035084_22375985.jpg

f0035084_22381393.jpg 外のクリップライトを電灯に変える。このかたちの傘がなかなか無かった。なかなかなかなかった。
 ううNHKの井上陽水全回観逃した・・・・。
 永田耕衣(ウィキペディア・おお西東三鬼と同年生なのか)が少し集った。以前、西東三鬼をきっかけに、ごくほんのわずか少々俳句の本を読んだ。永田耕衣にもなぜだかしびれた。ウィキペディアの年譜によると「1947年 - 5月13日、西東三鬼を神戸山手の三鬼館に訪問」とある。
せと
『句集 闌位』永田耕衣 昭和45年 限定310部 函
俳句評論社(高柳重信) 墨書署名入り 売切
『永田耕衣全句集 非佛』 昭和48年 初版 函 帯 冥草舎
附録小冊子「田荷軒周囲」付き 小口僅か汚れ 本体背の革イタミ大 売切
『山林的人間』永田耕衣 昭和49年 初版 函 人文書院
函の背、別紙にて激しい虫跡を隠しています。 売切

『耕衣百句』吉岡実編 昭和51年 限定700部 函 帯
コーべブックス 5250円
 売切

『しゃがむとまがり (西脇順三郎小感・近代文学逍遥巻四)』永田耕衣
昭和51年 限定500部 函 帯 墨書署名入り 売切
『錯 永田耕衣書画集』 昭和61年 限定500部 刊行会
函汚れ 売切
『句集 葱室』永田耕衣 昭和62年 初版 函 沖積舎
墨書署名入り 5250円

『洗濯船・別冊 永田耕衣』(通巻第九号)
昭和62年 洗濯船石鹸詩社 売切(執筆 夏石番矢 小林恭二 城戸朱理 高貝弘也 北條一浩 他)
販売中!!!

f0035084_22383123.jpg
f0035084_22384110.jpg
f0035084_22384967.jpg

[PR]
by ouraiza | 2009-08-28 03:30 | 工作 | Comments(0)
<< 09/08/28 外市特報 深光狛犬堂さん >>